続・平賀源内の大罪。

 「ウナギがほぼ絶滅状態」という記事を書いて早一年。
 この一年の間にも状況は更に進んだ様子で、そろそろ国際的な規制も始まるんじゃないかという昨今ながら。

 それでも土用の丑が近付くと、
 「ウナギ予約賜ります」の宣伝が流れるのがこの国。

 「この時期にはウナギを食う」というのは、
 もう理屈とかじゃあないんだろうね。
 根付いてしまった、社会的文化の一種。

 そんな文化習慣が「物理的に」不可能になることが間近に迫っていたとしても、
 もはやどうすることも出来ないのかもしれない。
 世界最後の一匹を食うのも、きっと日本人なんだろうね?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索