Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 IMGP2730.jpg
 「お前の覚悟を見せてみろ」

 S.H.フィギュアーツ『仮面ライダー鎧武』シリーズ3番目に登場は、
 「立ち塞がる斥力としての大人」の役割を担っていた呉島貴虎こと、仮面ライダー斬月・メロンアームズ。

 IMGP2717.jpg
 ユグドラシルコーポレーション開発部主任、呉島貴虎自らが戦極ドライバーとメロンロックシードで変身するアーマードライダー。
 比較的初期に開発されたいわばプロトタイプだが、貴虎自身の戦闘能力が高いこともあって他のアーマードライダーを寄せ付けないほどの強さを見せる。

 IMGP2718.jpg
 メロンアームズのメタリックグリーンが美しい。
 ボディのホワイトは形成色だが、パール風でそこはかとなくゴージャス。

 IMGP2720.jpg
 非常にシャープな造形で再現された精悍なマスク。
 アームズの網目パターンは細やかなモールドで再現。

 IMGP2722.jpg
 インジケーターの横顔ももちろん再現。カッティングブレードの可動も今までどおり。
 左腰には鎧武同様武器用のホルダーがあるが、ロックシードホルダーまではない。

 IMGP2723.jpg
 IMGP2724.jpg
 メロンロックシードの着脱、閉じた状態のロックシードの付属もこれまでと同じ仕様。

  IMGP2721.jpg
 鎧武と。同タイプということで共通部分は多いが、腕・脚のパターンなど微妙に違っている。

 IMGP2725.jpg
 武器の無双セイバー。
 
 IMGP2726.jpg
 基本は鎧武付属のものと同じだがシールのマークが斬月のものに。
 ロックシードを取り付けられるのも同様。

 IMGP2727.jpg
 そしてメロンアームズの専用装備・メロンディフェンダー。
 何気に大型の楯を持つ仮面ライダーは珍しい。他には今のところオーディンくらいか。

 IMGP2728.jpg
 IMGP2729.jpg
 グリップは縦型・横型の2種が付属し、持ち方を変える事が出来る。
 「剣と楯」というベーシックな装備はだが、絵的に非常に見栄えする。

 IMGP2733.jpg
 漆黒のステージもちょっと窮屈になってきたなぁ。

 当初正直微妙なデザインでアーツもそんなにいらないや、とか思っていた『鎧武』だが、発売されてみると歴代屈指の出来栄えで結局手が伸びてしまう。やはり出来と言うのは重要なものだね。

 「立ち塞がる壁」から「大人の良識」へとその役割を変えた貴虎兄さん。真じゃなくこっちで復活してくれないかな。
 
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply