Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 暑くなってくると水気が恋しくなるもの。
 だが自動販売機なんかの缶ドリンク類などを買って飲む習慣の付かなかった我などは、子供の頃家に帰って冷蔵庫を開けるまで飲み物にありつく概念がなかったりする。

 そして当事冷蔵庫の瓶立てにほぼ確実に立っていたのが、
 某白い乳酸菌飲料。何となく商品名は書かない。贈答品なんかの定番でもあった水で薄めて飲む奴ね。
 白地に青い水玉のパッケージで人権団体のクレームで廃止になったマークの付いてたあれが、夏の飲み物のスタンダードだった世代なんだな。


 ―時は流れて21世紀。
 買い置きのドリンクと言えば2ℓペットボトルが主流となり、当該の商品も薄めずそのまま飲むものが一般的な現代。
 昔みたいな希釈タイプはもう絶滅したのかなー、と思ってたら。

 どっこい生きてた。
 何故か健康食品コーナーに。
 以前みたいなごつい茶色のガラス瓶ではなく小さなペットボトル入りになっていたが。
 ちゃんとフルーツタイプも健在だったよ。

 何か懐かしくなって買ってみた。
 味も変わってないのかな。む。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply