Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 山椒の若芽を賞味する季節は過ぎてしまったが、
 これからはその実がある。

 うちの木はまだ小さいので実は取れないが、
 他所から頂いたりして。

 IMGP2675.jpg
 軸を取るのがちと面倒だが、
 煮物などに使うと濃厚な香りと抜けるような刺激が楽しめる。

 これもまた、初夏の味わいだぁねぇ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply