Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 ―我には縁もゆかりも無い話だがなあーははーはー。


 毎度の愚痴はともかくとして。
 日曜は例によって特撮ヒーローレビュウなのである。


 『烈車戦隊トッキュウジャー』。放映開始以来「重妄想と何が違うの」とか言われたトッキュウジャーの根源的概念「イマジネーション」についての説明回と言うべきか。それは単に都合のいい状況を根拠なく夢想するようなものとは似て異なり、言わば「可能性の追求」とでもすべきもの。タフな状況、困難な課題。それを打開しうる状態を想定し、それを現実に形にしようと言うモチベーション。そんなところか。現実に打ち負けて諦念に沈むよりも、よりポジティブな未来を想定しうる力。子供たちはそれにまだまだ満ちているからこそ、烈車を見ることが出来るのだろう。

 『仮面ライダー鎧武』。苛酷な現状に打ちのめされ希望を捨てざるを得なかった貴虎と、打ちのめされても希望を捨てず尚も立つ絋汰。立場は違えど根ざしたところは似通っていた二人が遂に手を握り合う。今まで貴虎は自分に似ているからこそ絋汰を核心から遠ざけようとしていたのだろうけれど。逆に新たな希望の糸口を掴むきっかけを与えられろことになる。―だが。その彼らの思惑はそれまで彼らが頼みとしてきた者たちのそれとどんどん乖離して行く。世界と人々をも救いたいと願う心と、ただ自分の周りの小さな世界だけを高めたい者たち。それらの破綻はもう修復できないところまで近付いている。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply