Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 ―何となく、タイトル名は伏せるが。
 もう20年以上前に刊行されたとある架空戦史スペクタクル小説が、
 昨今最も人気の漫画家の一人によってコミカライズされている。

 リバイバルなんて最近珍しくも無いが、
 ネットを回ってると原作小説を知らず最近このコミックでタイトルを知ったと言う人の感想なんかも見かけ、
 やはりというか、原作読んだ当時の自分とは全く違う印象を受けているものだなと思うわけだ。
 まぁメディアの違いというのもあるだろうけれど。

 当のコミカライズは連載が始まって結構経つのに未だ原作1巻の半分程度までしか進んでいないと言うスローペースだが、
 その分かなり濃厚な描写で描かれている。
 主人公の成長が主眼に置かれる作品なので、
 当代の読者の印象もどのように変わって行くものか興味深いところではある。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply