Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 IMGP2485.jpg
 最高にクールなタフガイには、最強にして最悪の宿敵もまた存在する。

 
 寺沢武一原作の国産スペースオペラコミック最高峰『COBRA』の主人公、宇宙海賊コブラ。
 彼と因縁浅からぬ不倶戴天の敵、クリスタル・ボーイがfigmaで登場。


 IMGP2472_20140405200559cd6.jpg
 海賊ギルド親衛隊を牛耳る大幹部。冷酷非情な性格の野心家。
 全身特殊偏光ガラスのボディを持つサイボーグで、全てのビーム兵器を屈曲無効化するその身体はコブラ必殺のサイコガンさえ寄せ付けない。

 IMGP2473_2014040520060171d.jpg
 金メッキの骨格をクリアパーツのボディで包んだ非常に美しい仕上がり。
 うちのショボいカメラではその美しさが伝わってこんなぁ。

 IMGP2474_20140405200603d58.jpg
 頭部などもピカピカのめっき仕上げで周囲が写りこんでしまうほど。実際手とカメラが写っちゃってるし。
 胸の中の心臓部などにも赤いクリアパーツが仕込まれている。

 IMGP2475_2014040520060491b.jpg
 サイズはfigmaとしてはかなり大きめでコブラよりも上背がある。

 IMGP2476_20140405200605673.jpg
 ほぼ全裸のシルエットゆえ可動も優秀。

 IMGP2477_20140405200634ba5.jpg
 腰部分は見栄え重視の硬質パーツと可動重視の軟質パーツが付属。
 軟質に差し替えると股関節の可動範囲が格段に広がる。

 IMGP2478_2014040520063658f.jpg
 武器の右腕の巨大なクロー。肘関節から差し替え。
 これもメッキ処理。

 IMGP2479_201404052006382f4.jpg
 クロー部分は着脱して射出状態も再現可能。

 IMGP2481.jpg
 「生身の頃の習慣」を再現できるグラス。

 IMGP2480.jpg
 中身を外して空の状態も再現可能。

 IMGP2482.jpg
 主人公の必殺武器が通じない、という天敵感が宿命のライバルには必須だねぇ。

 IMGP2483_2014040520070774a.jpg
 ―だがそれを打ち破る奥の手があるのもまた必須。
 と言うわけで、コブラの切り札サイコロケットパンチ(笑)を食らった状態の腹部も付属。
 コブラのカバー義手をすっぽり差し込む事が可能。

 IMGP2484.jpg
 「まだ・・・そんな手を隠していようとは・・・」
 カバー義手は背中側にも差し込むことが可能で貫通状態を再現可能。

 主役以外にも魅力的なキャラが多い『COBRA』。
 その中でも格別に印象深いキャラを余すところなく再現した傑作。

 
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply