Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 近年充実が進むS.H.フィギュアーツ仮面ライダー対応バイク。
 今月の新作は平成ライダーマシンでも異色のひとつ。

 IMGP2421.jpg
 『仮面ライダー龍騎』に登場したマシン、ライドシューター。
 ミラーワールドで戦うライダーたちの標準装備の一つが、フィギュアーツ対応で登場。
 魂web限定商品である。

 IMGP2412_20140325231126f18.jpg
 仮面ライダーがミラーワールドに突入する際に乗り込む特殊ビークル。
 ミラーワールド内での移動手段にも用いられる。

 IMGP2413_20140325231128178.jpg
 放映当事発売されたR&M対応のトイのリデコなどとは全く違う、完全な新規造形。
 ミラーモンスターたちと言い『龍騎』関連アイテムの力の入れようは相変わらず尋常じゃない。

 IMGP2414_20140325231129f49.jpg
 IMGP2415_20140325231130d3a.jpg
 IMGP2416_2014032523115566f.jpg
 現実のベース車など存在しない未来的デザインを如実に再現。
 各部にクリアパーツを用い良好な質感。

 IMGP2417_20140325231156dc1.jpg
 コクピットのコンソールはシールで再現。
 予備のハンドルがオプションとして付属。

 IMGP2419_201403252311598f9.jpg
 もちろんキャノピーは開閉。

 IMGP2420_20140325231201cf2.jpg
 大きく開くと連動してシートがせり上がる。
 シート下のシリンダーも再現されている。

 IMGP2434_201403282337463e8.jpg
 両サイドのアウトリガーも引き出し可能。

 IMGP2422_20140325231323306.jpg
 フィギュアーツ龍騎が搭乗。
 アーツの可動性能が良好なこともあって違和感なく乗せる事が可能。

 IMGP2423.jpg
 シートの両脇からベルトを引き出し、両腰のジペッド・スレッドに接続する事が出来る。

 IMGP2425_20140325231328a25.jpg
 コンソールからはアドベントカード用のカードスロットを引き出すことが出来る。
 ・・・使ってたっけ、こんな機能。

 IMGP2424.jpg
 (・・・目が光ればなぁ)

 IMGP2427_20140325231458b4d.jpg
 もちろん龍騎系アーツなら今のところ全て乗せる事が可能。

 IMGP2411_2014032523112485a.jpg
 ちなみにfigmaのほうにはちょっとばかり大きすぎだったりする。

 IMGP2426_20140325231459abc.jpg
 乗せるだけでなく、こうバックに配置しても世界観が出ていい感じ。

 歴代アーツライダーマシン最大級のボリュームとギミックの数々で極めて良好な仕上がり。
 お値段お高めだが、ライダー分揃えたいって人もいるだろうねぇ。

 やはり龍騎系アイテムにはメーカーの並々ならぬ思い入れを覚えるのだった。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply