Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 春は名のみの・・・って歌の歌詞を地で行く今日この頃。
 皆様お風邪など召していませんでしょうか。共謀空間です。

 ここ数年風邪とは無縁でそろそろ正真正銘のバカらしいと思い始めた我ら。バカはバカなりに一生懸命生きてます。
 
 そんなバカ共が日曜にお送りする、
 恒例・ヒーロータイム。


 『烈車戦隊トッキュウジャー』。キャラクター紹介編今回はコメディリリーフ枠と思しき2号トカッチと、体育会系少女3号ミオのお話。要は自分の至らないところを自覚しつつ仲間とそれを補い合おうと言う戦隊ではお約束のノットローンバトルのお話だったわけだが。それが断片的とはいえ記憶の回復にも繋がってゆくのが巧妙なところね。仲間との絆を描きつつ個々のアイデンティティを掘り下げるプロットには定評のある小林脚本。お互いのカラーと装備を入れ替えると言う戦隊では初のギミックは、そのプロットにも一役買っているように思える。

 『仮面ライダー鎧武』。知らないと言う罪と知りすぎる罠。世界がもうすぐ終わると言う事実を知ってしまった者はどうすべきなのか。この世に知ってはならないことなど無い。知ってからどうするかが問題なのだ。それに絋汰は一応の答を出す。全体を救うために一部を切り捨てるなど許されない。それはヒーローとしては正しい選択なのだろうけれど、個人が歩むにはあまりにも苛酷な茨の道。だが、その道を歩もうとする姿は諦めて地獄の住人となろうとするものにとっては聊か眩しすぎるのかも知れない。故に、それは数多の敵意に晒される道でもあるのだ。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply