Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

 さて久々にやってみよう。今やすっかり入手困難玩具カテゴリの一つになってしまった感のある『武装神姫』シリーズリバイバルレビュウ。
 黎明期の神姫を再検証する形になっている今回は、遂に史上最初の神姫の一つであるこやつ。

 IMGP2346_20140306232411876.jpg
 2006年9月デビューを飾った武装神姫第1弾の一つ、天使型MMS・アーンヴァル。
 『武装神姫』レーベルの立ち上げにも大きく関与したイラストレーター島田フミカネ氏のデザインで、これにより氏の名前は広く知られるようになったのではないだろうか。

 後の2008年12月に発売されたリニューアルバージョン、アーンヴァル・トランシェ2と共に紹介。

 IMGP2359_201403062325189b7.jpg
 素体状態。当事店頭でブリスター越しにこれを見た際は結構驚いたものだ。
 首から上以外に全く肌色の無いテクスチャではあるが、胴体の造形を強調するような配色は意外に艶かしかったりする。
 トランシェ2のほうは各部のイエローのラインが少しオレンジがかっているのが特徴。

 IMGP2361.jpg
 顔の造形はこの段階ではまだまだ手馴れない印象。
 トランシェ2は造形自体異なり、「別人やん!」と当事言われてたり。

 IMGP2360_2014030623251959f.jpg
 後ろ髪はショートとロングを差し替える事が可能。

 IMGP2362_2014030623254956d.jpg
 さらにトランシェ2にはちょっとざっくりしたスタイルの前髪とポニーテールの後頭部が付属する。
 目を閉じた交換表情もトランシェ2だけのもの。

 IMGP2347_20140306232413a0a.jpg
 武装状態。「天使」というモチーフをここまで大胆に料理したデザインは空前絶後。
 今見ても全く見劣りしない。
 脚部はランディングギアと言う設定で自立はほぼ不可能。

 IMGP2349_20140306232416eb7.jpg
 天使と言うよりスペースシャトルのようなイメージが強い。
 大きく広がるリアウイングのおかげで聊か場所をとる玩具ではある。

 IMGP2348_201403062324140fe.jpg
 これがトランシェ2になると頭部のヘッドセンサー・アネーロは2TypeS型に差し替え可能になり、脚部ランディングギアにカナード翼が追加される。

 IMGP2350_201403062324175a3.jpg
 巨大なエクステンド・ブースターを装着。より宇宙機のような姿になる。
 付け根で可動しポージング可能。

 IMGP2352_201403062324455d9.jpg
 増加装甲のガードシールド2枚付属。

 IMGP2353_20140306232447df7.jpg
 ハンドガンタイプのサブウエポン、アルヴォLP4。

 IMGP2354_2014030623244857f.jpg
 サブマシンガンタイプのアルヴォPDW。これが主力火器の模様。
 持たせにくそうだがグリップの下部は取り外し可能で楽に持たせられる。

 IMGP2355_2014030623245031b.jpg
 これらの銃火器はトランシェ2ではグレーに塗られている。

 IMGP2356_20140306232451ebf.jpg
 デフォでは上腕にマウントされているM4ライトセイバー。
 ビーム刃は塗装表現。

 IMGP2357_20140306232515c83.jpg
 そして神姫の携行火器としては最大級のGEモデルLC3レーザーライフル、俗称白子砲。
 総ABS製で軽いとはいえこれをホールドできるのは何気に凄い。
 バイポッドは可動する。

 IMGP2358_2014030623251783b.jpg
 さらにトランシェ2ではGEモデルRG8レールガンが追加されている。

 
 さて、華々しいデビューを飾った『武装神姫』はこの後第2~第4弾くらいまで方向性の模索を始めるのだが、仕様としてはこの第1弾ですでに完成している感すらある。
 最後期にはすっかりMk-2系列にその名目を奪われてしまった感のある「アーンヴァル」という機種名だが、個人的にはこちらのほうが好きなんだな。
スポンサーサイト
A.V.S.&ドラティア
Posted byA.V.S.&ドラティア

Comments 0

Leave a reply