FC2ブログ

共謀空間FC

正論とはすなわち、誰かの都合に阿らないこと。

わが心にも雨ぞ降る。

 遅れに遅れた入梅宣言のあとは、
 本当に梅雨らしいしっとりじめじめした空模様。

 それもまぁ悪くはない。
 暴れ梅雨にさえならなければ。


 そんな雨の6月末日日曜日。
 恒例のニチアサヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』。最終章の冒頭は最強の力を手に入れて後その他のすべてを奪われるという急展開。その存在そのものがなかったことにされた上ただ「ジオウは世界の敵」という意識だけが残った孤立無援状態に叩き込まれる常盤ソウゴ。彼が目指す王への道の最大難関となるのか。以前の別れ際の言葉がまるっきりちゃんと伝わっていない飛流(これはスウォルツの示唆もあるだろうけれど)に加え、「こいつが魔王になるわけがない」とまで言ってくれたゲイツさえ以前にも増した憎悪むき出しで歯向かってくるんだからそれはつらかろうねぇ。士も真価の量り時として手は貸してくれんだろうし、正しく最後の正念場。因果の書き換えによりヒーローの苦境を打開する「これまでに培ってきた絆」というガジェットが使えないこの状況、どう推移するのやら。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。どうやら同じリュウソウ族の間に横たわる陸と海の確執が示された今回。恐らくカナロ、オト兄妹は海の一族の中でも最も若い世代故その確執の意識が薄いんだろうねぇ。だが太古より海を守ってきたのであろう騎士竜のほうはずっと頑なで、その溝はそうそう埋められそうにない。好奇心旺盛な若者はその打開の糸口になるのか。現代を舞台に、なかなかにファンタジーのお約束も進めてるねぇ。
スポンサーサイト



母なる身の上。

 先日言及した勝手口のヤモリさん。
 よく見るとどうやらお腹に卵が。

 IMG_2921.jpg
 そうか。こうして密かに繁殖もしてるんだねぇ。


 築ン十年のあばら家ではあるけれど、
 こういう人たちにとって住みよいのなら何より。

世界に敵対。

 この年中一番不快指数の高い時期にわざわざ世界からお集りのお歴々お疲れ様。

 さて、今回の国際会議では環境対策として廃棄プラの削減についても話し合われるそうだけど。
 (またどこぞの赤ら顔おやじがゴネるんだろなぁ…)


 そんな風潮に絶賛非迎合中。
 IMG_2917.jpg
 また届いたよ!今回また妙に分厚い箱ばっかり!
 そして最近この手のプラモばっかり買ってるなぁとか軽くへこんでも見たり。


 IMG_2918.jpg
 IMG_2919.jpg
 こういうスピンオフ系は元ネタのほうも欲しくなるので困りもの。
 いやそうでないと意味がない気がするんだよ。

馬鹿がAF1でやってくる。

 大阪市民大迷惑。
 世界に冠たる20か国の首脳が台風忍て絶賛集結中だそうである。

 この20か国だけで全世界の総生産の実に9割を占めてるとか業が深いよ資本主義。


 さて。
 とりわけ世界財産のこれまた9割を所有してる全人類中の1%が全員住んでるらしい某大国。
 そこのジャイアン面の下品なおっさんは再選に意欲を示してるそうで。

 何やら良くも悪くも戦後日本の形を決めることになった安保条約に難癖をつけ始めたとか。
 こちらに益のない不平等な条約だとかなんとか。


 …我あれってあちらの都合だけで出来たもので本気で日本防衛するつもりなんざさらさらないと思ってたよ。



 自分のことしか考えてないことを隠そうともしないやつがまかり通ると、
 結局周囲の誰も彼もがそいつのことばかり考えてしまうようになる、とは何で見た話だったかな。


 大国の頭に馬鹿を据えると他の国がその面倒を見ざるを得なくなる、というのは案外的を射た見解なのかもなぁ。

窓明かり食堂。

 勝手口のガラスを餌場にしてるヤモリはいつも同じ個体なんだろうなぁ。

 IMG_2915.jpg
 家の内外に住み着いてる生き物たちにもそれなりのテリトリーがあるのかな、とか思うとちょっと楽しい。


 そしてそんな生き物たちのボス気取りなこの方。
 IMG_2916.jpg
 住人の動向が気になって仕方がない。

祝え、補完を!

 IMG_2894.jpg
 最近の通例としてほぼ本体のみの低価格販売となっていたS.H.フィギュアーツ・仮面ライダージオウ。
 これまた例によってオプションセットがようやくリリース。
 「ライドストライカー&ジカンギレード/ジカンザックスセット」。魂web限定商品。

 IMG_2895.jpg
 まずはライドストライカー。
 バイクライドウォッチが巨大化変形する仮面ライダージオウ/ゲイツのバイク。最高速度298km/h。
 タイムマジーンが足として優秀過ぎるのでいささか影が薄いライダーマシン。

 IMG_2896.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様は以下略。

 IMG_2897.jpg
 IMG_2899.jpg
 各部にクリアパーツも使用。
 露出少なめのバイクながら再現に抜かりなし。

 IMG_2900.jpg
 実車プロップのベースはHONDA CRF250RALLY。
 何気にライダーマシンのベースには初使用だそうな。

 IMG_2901.jpg
 ジオウが搭乗。

 IMG_2902.jpg
 例によって車輪用スタンド、魂STAGE用ジョイント付属。

 IMG_2903.jpg
 もちろんゲイツを乗せてもOK。
 両者のハンドル用手首付属。

 IMG_2904.jpg
 そしてジオウ、ゲイツの基本武装であるジカンギレードとジカンザックスのセットが同梱されている。

 IMG_2905.jpg
 ジカンギレード・ケンモード。
 
IMG_2906.jpg
 小物の細密さ、塗装の細かさはやはりお手の物。

 IMG_2907.jpg
 ライドウォッチの装填も可能。
 ギリギリスラッシュ!

 IMG_2908.jpg
 ジュウモードは別に付属。

 IMG_2909.jpg
 単純な変形だが文字の都合があるしなぁ。

 IMG_2910.jpg
 ジカンザックス・おのモード。

 IMG_2911.jpg
 武器持ち手もそれぞれ付属。

 IMG_2912.jpg
 ライドウォッチ装填はこちらも同様。

 IMG_2913.jpg
 やはりゆみモードは別に付属。

 IMG_2914.jpg
 撃針を引き出し引き絞った状態は差し替えで再現。

 IMG_2893.jpg
 これでジオウ、ゲイツも完全版。
 プレイバリュウは一気に広がる。


使用頻度。

 唐突だが。
 どうやら「突き指」というものを起こしてしまったようだ。

 躓いて転倒しかけたのを庇った際無理な力がかかったようだ。
 左手薬指を痛め、付け根がぱんぱんに腫れ上がってしまった。

 利き手ではないとはいえ思うように動かせなくなるのは不便なものだね。
 普段どれほど左手に依存してるか思い知らされてしまう。
 
 思えば、箸と筆以外は左手メインで使ってないか?

 かばいつつなので仕事などの精度も下がってないかと不安な今日この頃なのだった。手は人間の生活上最重要器官。

節目到達。

 どうやら暦は夏至を過ぎた。
 これから昼間は短くなる一方と考えるとちょっと寂しい気もしたり。


 やはり人間は基本昼行性。
 そんな光求める気持ちに応える今日は日曜日。二週間ぶりに恒例・ヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』。TV放映最後のレジェンド編にして最強フォームお披露目。お話のプロットとしては『電王』の基本プロットそのまんまであり、相変わらずのモモタロスはじめイマジンたちのわちゃわちゃなどを懐かしい気持ちで見られたのだった。かくして探し求めていた19ライダーの力は全て揃い、ソウゴはいきなり最終ステージに招かれるわけだが…別れ際に侑斗が残した不穏なセリフ。お前は誰だ。お話を根本から覆しかねないファクターをぶっこみつつもどうやらこの因果の物語も最終章に突入する模様。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』は追加戦士投入の季節。またまた仲間入りまでに一波乱ありそうな新戦士は使命とかそっちのけで生涯の伴侶を探し求めているとかいう子供番組に出していいのか首をかしげたくなる奴。恐らくは単に惚れっぽくて結婚願望が強いとかではなく子孫を残さねばならないとかいう生物的にいささか生々しい理由があるんだろうなぁ。前回の首相なんかは彼を出すための前振りみたいなものかもしれない。敵側にもブラック上司新登場でクレオンが社畜と化すなど、単純明快な勧善懲悪ヒーローものなのにおかしな方面でダークな要素を盛り込んでくる妙な番組と化しつつあるのだった。

破壊の掌。

 さて、今日は思いがけず仕事が急に休みになった。

 前触れなくブランクになった予定をどうしようかと考え、
 積みプラに手を出してみるかと思い立つ。

 だが大仰なキットに手を付ける気力まではわかない。
 考えた末に選んだのが―

 IMG_2880.jpg
 壽屋のモデルアクセサリMSGヘビーウェポンユニットのひとつ、オーバードマニピュレータ。
 可動式大型ロボットハンドである。

 IMG_2881.jpg
 サイズは実にリアル赤ちゃんの手くらいは十分にある。

 IMG_2882.jpg
 これは右手として組んだがもちろん左右どちらとしても組むことが可能。

 IMG_2883.jpg
 もちろんすべての指がわきわきと自在に可動。

 IMG_2884.jpg
 人間の手で言うと甲の中の骨まで再現されているのでかなり自由度は高い。

 むろんこれを違和感なく手として使えるロボなどどんなサイズになるか想像もつかないわけだが…
 同梱される様々なオプションを駆使して、

 IMG_2886.jpg
 どっかのフランケンが変形するようなスレッジハンマーにしたり、

 IMG_2885.jpg
 四連装ビーム砲に見立てたり、

 IMG_2887.jpg
 はたまたインパクトナックルの打突部分にすることもできる。
 …いずれもちょっと持て余し気味だけどね。

 IMG_2879.jpg
 だがまぁ、自由自在に動く手のモデルというのはそれだけで楽しかったりする。

 

コンパクト時代。

 今年畑に植えたキュウリが、
 小さな実を付ける「ミニキュウリ」だった。

 IMG_2874.jpg
 成長過程ではない。ほぼこのくらいで収穫。

 丸漬けとかするのに便利そうね。
 あとピクルスとか。

足元注意。

 大阪の地震からちょうど丸一年で、
 今度は新潟山形で津波を伴う地震が起きた。

 こう、人災と天災が相次ぐと世も末感高まるなぁ。

 この世の終わりというのはある日ある時突然やってくるのではなく、
 気が付いたら終わってましたってくらいのものだと思う。

 それが漠然と怖いから、
 いっそスパッと終わってくれと無意識に思ってしまうものかもしれない。人というのは。
 大きな災害だの大戦争だのを、ある意味待ち望むところがあるのかも?

原罪主義。

 うちが猫のプチ家出に大騒ぎしている一方、
 世間ではもっともっと大変なことが起きている。


 …とりあえずは。
 今週初っ端から関西圏を震撼させた交番襲撃事件。
 何かと不備不調法が取り沙汰される府警だがさすがに舐め過ぎ、って感じで丸一日でのどうやら解決に至った。


 容疑者は「俺は悪くない。病気のせいだ」などとまたぞろ世間の少々心が風邪を引いた人たちの肩身を狭くするような事を言ってるようだが。
 引き籠りと神経内患は犯罪者予備軍なんて偏見が広まりそうでよろしくない風潮だ。


 実は、
 社会的適合失敗や神経疾病なんて数多あるファクターの一つでしかないんだろうねぇ。
 それに限らず何かしら不調法があると当たり前のように暴力的になるのが偽らざる人間の本性なんだってことを踏まえたほうがいいのかもしれない。


 顔だけは愛想笑いを交わしつつ両手は後ろに隠してる状況をとても平和とは呼べない、と以前から書いてるのだが、
 現状人間社会においてはそういう平和擬きしか期待できないのかも知れんね?

喉元過ぎて。

 昨夕お出掛けしたまま帰ってこれなくなってた姫様。
 無事帰還してからはいつもの調子。
 IMG_2873.jpg
 外へお出かけしても家からあまり離れられないヘタレな姫様のこと。
 「なかなか帰ってこない」ということは「帰ってこれない」ってことなんだよね。
 迎えに行かなきゃ軽く命にかかわる。


 だから。いい加減懲りてくださいよ。もうそんなに若くないんだから。

一悶着。

 …失礼。
 姫様がぷいと出て行ったきり今まで帰ってこなかったものだから。


 いつもならお腹がすけば帰ってくるのに全然その様子がないと思ってたら、
 よその建物の屋根に上がって降りられなくて困っててやんの。アホか。


 てんやわんやでどうにか降ろして無事生還したのだった。ああ疲れた。

手持無沙汰。

 IMG_2872.jpg
 「チャー…

 シュー…



 てなわけで。
 件のごとく6月第3日曜はニチアサヒーロータイムはお休みなのだった。

 某虎ノ森さんが復調してきたとか聞くがまぁそんなことはどうでもいい。
 安定して使える更新ネタが使えないのはちと困るのであった。


 ネタ画像を張ろうにも弾がないしなぁ…
 IMG_2871.jpg
 結成!てらそまーズ!くらいしか。

上辺主義。

 金融庁が出したとある試算報告を財務省が受け取らなかったという報道が物議を醸している昨今である。

 当の政府筋は「無根拠なデータによる風評被害」を言い立て、
 提出した金融庁に謝らせたりしてるわけだが。

 世間的には「選挙前で悪いイメージの流布は避けたいんだろうなぁ」として当の報告内容に関してはそんなに疑ってないって姿勢が大勢であるように見える。


 結局、これは。
 「かくも政府は国民に対し冷たい」という空気が拭い去れないくらいに蔓延している、
 ある意味政府筋の敗北と言っていいんじゃないだろうかね。
 外面の取り繕いにばかり躍起になって根本的な不信感をどうにも払拭できずにいるような。

 暗黒の未来に向かってひた走っている現実と、
 その現実から目を逸らそうとすることばかりに血道をあげる虚構。

 その構図に、誰もが薄々気づいてるんじゃないかねぇ。
 「世も末」とははるか昔から使われてきた慣用表現だが、そろそろシャレにならなくなってきてる。

不可視鎖。

 要所要所に姫様のご尊顔。
 IMG_2869.jpg

 …聞くところによると、
 ペットに認識用マイクロチップを埋め込むのが義務化の運びになっているという。

 物言わぬ者たちのこと、迷子や虐待防止の一手にはなるのかもしれないが、
 どうにも「持ちもの」扱いにするようなニュアンスにはちょっと複雑なものを感じる。
 法的な区分はまさにそれなわけではあるけれど。

 人とペットの関係って、そういうもんじゃないだろうってのはただの感傷でしかないのかねぇ。

定期返済。

 …いかん。眠い。


 夜勤期間中だがそれ差し引いてもずっと寝ていたいほど眠い。
 またこれあれか。睡眠負債ってやつが溜まったか。

 眠さを忍てやることのクオリティを下げるよりは、
 慌てなくていいことは端折って睡眠に充てたほうがマシだよな。

 そんなわけでほぼ一日仕事と食事以外は寝ていたのだった。無味乾燥。

思案時間。

 相変わらず某描画等コミュニティサイトが重いなぁ。
 ほぼ毎ページ「ウェブページが動作を遅くしています」の表示が出るよ。

 ページによっては何回読み込み直しても改善しないことがあるくらいで。
 一方でほかのサイトではまず起きない現象なので、やはりここの仕様が原因のようだ。

 最近より閲覧しやすいように何度もマイナーチェンジを繰り返してると思しき当該のサイト。
 機能は便利になっていってるけど、その分ページリソースも増えてしまってるのかな。
 苦情も多く寄せられてる様子なので、改善が待たれる。

雨花定期。

 入梅したならアジサイのターン。
 そんなわけで毎年訪れてる紫陽花寺に今年も訪問。

 IMG_2864.jpg
 IMG_2865.jpg
IMG_2866.jpg
 IMG_2868.jpg
 IMG_2861.jpg
 IMG_2863.jpg
 IMG_2862.jpg
 まだ色づき始め。
 これからも色の変化が楽しめるのだろう。

 だが境内にはこんな表示も。
 IMG_2867.jpg
 ……そういえば周辺の田畑には動物除けの通電線が厳重に張り巡らせてあったな。
 お寺の宣うことでは起こるに怒れない。

悩ましの海魔。

 また可塑剤がべたつきだす前にやっておこう!
 武装神姫リバイバルレビューシリーズ!

 お題はもちろん前回のエウクランテに引き続き発売12周年記念!(マジか
 IMG_2845.jpg
 武装神姫第5弾・マーメイド型MMSイーアネイラ。
 デザイナーの犬ころこと間垣亮太氏が本領発揮した一品である。

 IMG_2838.jpg
 素体状態。
 この段階でも肌色の多い艶めかしいテクスチャ。

 IMG_2839.jpg
 意図的に所謂あらあらうふふなキャラ付を施された交換表情付属。
 まとめ髪はボールジョイント可動する。

 IMG_2843.jpg
 武装モード。
 「ありそうでなかった人魚のアクションフィギュアを実現」とはデザイナーの談。

 IMG_2847.jpg
 長大なテティス・テイルパーツを脚部と差し替えることで何気にかなり大振りの姿になる。

 IMG_2846.jpg
 どうしても目を引く胸部ペネロペイアBCDユニット。一応浮力調整用バラスト装置なのだとか。
 「デザインしといて何だがよくこれが通ったな」とデザイナー自身言ってしまってたり。
 …通るどころかこれ付けて梱包してあったあたり何をか況や。
 因みに当時模型誌上限定販売でリカラー商品も出ていたが、そっちはもっと増量されていたという。

 IMG_2859.jpg
 さらに各種武装を装着することで一気に物々しい姿になる。

 IMG_2860.jpg
 水中用推進器ガラティア・リアユニット装着で機動力もアップ。

 IMG_2851.jpg
 サイのような近接武装、トリアイナ。

 IMG_2852.jpg
 ポール状部品で接続することで三叉戟トリアイナ・ハスタに。

 IMG_2853.jpg
 装着してはビーム砲、携帯しては大剣として機能する様子のスキュラ。

 IMG_2854.jpg
 大型銃器のネプチューン・トリトン。

 IMG_2856.jpg
 銃口以外にマイクロミサイルも内蔵しているのが剣呑。

 IMG_2857.jpg
 リアユニットの一部で構成されたネプチューン・プロテウス。
 魚雷の類を放つランチャーの模様。

 IMG_2858.jpg
 そして大型のキャノン砲、サーペント。

 IMG_2840.jpg
 エウクランテ同様これらの武器は組み合わさって合体武装メイルシュトロームに。
 バイポッド付きの砲座のようなものに。

 IMG_2842.jpg
 さらに武装ユニットの組み合わせで魚型サポートマシン・オケアノスが完成。

 IMG_2841.jpg
 マリンジェット感覚でイーアネイラを乗せることが。

 IMG_2850.jpg
 この手の水魔には付き物の竪琴、オルフェウス。

 メカ少女としての方向性を確立した第5弾神姫としてその後のプレイバリューも方向づけた神姫であるとも取れる。
 何というか、美少女アクションフィギュアに求められているニーズに実に正直に答えたとも言えそうなんだよね。 


 

放浪者達。

 最初に言っておく!
 来週6月第3日曜はゴルフ中継でニチアサは休みだ!


 …毎年もう文句言うのも飽きたわ。
 そんな感じで、今週分ヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。どうやらTV本編では最後のレジェンドライダーEPである様子の『仮面ライダー電王』編。ジオウと同じく時を渡るライダーである電王がどう絡むのかは放映前から気にかけられていたところではあるが、前編の今回はおなじみイマジンズのわちゃわちゃと過去に後悔のある人たちの葛藤という電王本編のフォーマットに沿ったもの。レジェンド出演はゼロノスこと桜井侑斗でちゃんと役者ネタも拾ってくれた。そんな侑斗が改めて突き付ける「ソウゴはやがて最低最悪の魔王となる」という未来。ソウゴもまた改めて最悪の道を辿った未来の自分に打ち勝つ決意を新たにする…というお話の模様。タイムジャッカーやイマジンと関わることで過去の因縁と向き合う二人の男を横糸にして因果の物語は最終章への門をたたく模様。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。リュウソウ族は人間よりはるかに長寿という設定を拾い不老のまま地上を流離う者の悲哀を描く、戦隊ものではちょっと珍しいしんみりしたファンタジー。ドルイドンの介入がなくともリュウソウ族はマイナソーを産むことがある、という何気に重要な情報が開示された回でもあった。そしてガイソーグの正体についてもどうやら目星が。次回登場の追加戦士とは別人のようね。体裁はお気楽単純明快スーパー戦隊ではあるが、1クールすぎてどうやら結構重い背景が横たわっていることを匂わせ始めた。

 

雨季到来。

 どうやら在所界隈にも梅雨前線が差し掛かってきた模様。
 とはいえ今日のところは粉糠雨程度で晴れ間も覗くほどだったが。

 真夏のような暑さが一気に下がり、
 梅雨寒というほどではないが少々ひんやりと感じる気候になったのはいいのか悪いのか。

 去年はあの7月豪雨の後ささっと終わってしまった梅雨だが、
 今年はどうかなぁ。
 
 もう穏やかな季節の推移なんて望むべくもないなんて勘弁してほしいところ。

詩的命名。

 この時期に咲くこの釣り鐘型の花に、
 IMG_2837.jpg
 「ホタルブクロ」なんていうロマンチックな名前を付けたのはどこのどちら様なんだろうね?


 基本的に動物よりも植物の名前のほうがセンスがいいと思うんだ。
 動物にはえらく即物的な名前がついてるのに対し、どこか一ひねりあるような。

南蛮渡来。

 相変わらずブラウザは某キツネさんマークのフリーブラウザを使っているわけだが。
 今回DLしたわけではなく新PCに最初からインスコしてあった。

 そのせいか、どうやら本国仕様である。
 (新PCは某ホルスタイン柄マークのメーカー製)

 大型更新があったりリセットかかったりすると体裁が英語圏のものに戻ってしまうので、
 いちいち直さねばならんのだ。
 使い味も依然と微妙に違うし。

 一度アンインスコしてDLし直したら国内仕様のものが使えるのかなー、とか思いつつ、
 面倒なのでやらない。
 PC新調して2か月、こーゆーものなのかと半ばあきらめつつ使っている次第。

剛力招来。

 窓のサッシのところに、
 アゲハの幼虫が糸で体を縛ってるのを発見。

 IMG_2834.jpg
 この状態って妙に可愛らしいよねぇ。

 次の日には蛹に変わっていた。
 この、昆虫の変態っていつ見ても不思議なものだよねぇ。
 IMG_2835.jpg
 ちゃんとサッシに似た色になるのが可笑しい。

 寄生バチにやられたりしなければアゲハの夏蝶に羽化するだろう。
 どうせ生まれてきたのなら、無事飛び立ってほしいな。

花後始末。

 庭木の一つ、花蘇芳。
 春先には赤紫色の可憐な花をつけ楽しませてくれる。


 さて、この木は分類的にはマメ科植物である。
 花が終わった後には莢に入った種が付く。
 IMG_2833.jpg
 枝いっぱいに花が咲くのだ。
 当然、この種もそれだけいっぱい付くわけで。

 これが熟して落ちるとまた当然ながらうじゃうじゃと蔓延るので、
 その前に摘まねばならない。これが結構な手間だったりもする。

 マメ科植物は強い生命力が売りだが、
 たまにそれが徒となるというお話。

至急桜桃。

 家族が「シーズンだからサクランボ狩りに行きたい」と言い出した。


 えぇ…そんなん遠出せにゃならんのじゃないか…どこでやってるもんなんだよ…
 と調べてみた結果。


 案外近く、というか目と鼻の先でやってて肩透かし。

 とるものもとりあえずアポを取って赴いてみた。
 IMG_2827.jpg
 田園地域に広がる観光農園。
 鳥除けのハウスの中に2品種の桜桃が。
 
 IMG_2830.jpg
 目下食べごろなのは香夏錦という品種だそうな。

 IMG_2828.jpg
 30分食べ放題。
 程よい甘み酸味についつい手が伸びる。

 IMG_2831.jpg
 急に思い立ったが堪能できたひと時なのだった。ご馳走様。

痴話喧嘩。

 今日は一日何だかバタバタしてたので、
 恒例のニチアサ録画をチェックするのが遅れちまったい。


 ちょっと駆け足になってしまうが、
 今週のヒーローレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。カブト編後編にしてツクヨミの出自にまつわる秘密を垣間見せる。どうも3クール目中にレジェンドライダーにまつわるEPは消化する勢いだわね。本編終了後13年経っても事態をひっかきまわし続ける地獄兄弟がひたすら困ったもんだって感じだった。自分に残った最後のつながりなんだろうけれど、あれだけ影山に固執されるのは笑えと言われてもちょっと笑えないよ兄貴。かくして時期のずれた渋谷隕石は落下を免れ(あんな壊し方だとどうせ破片で大惨事な気もするが)、加賀美は遂にカブトへと変身する。レジェンド変身者が現行ライダーと並んで戦うのはやはり胸熱だね。どうやらパラレルだった歴史が絡み合っていっている状況を、次回からの電王編で解説するのかな?


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。参入した新たな仲間との初の共闘…のEPなのだが、嫉妬やらハニートラップやらの痴情のもつれが連続する何とも言えずカオシックなお話だった。何だか楽屋落ち的なネタも盛り込まれてどう反応していいかわからない。子供たちはげらげら笑いながら見て横で親御さんが微妙に引きつった顔をしているような、そんなEP。まぁ子供番組としては正しい形なのかも知れんね。そしてプレ番組最強バトルからの引きでついにガイソーグ登場。どうやら今度の中の人が追加メンバー。もうそういう時期だってことだねぇ。

月初め早々。

 すいません今日は残業確定。
 仕事して飯食って寝るだけの一日で書くことがないので一回休みさせてください。

 日々労働して社会に貢献できるのは喜ぶべきことかも知れんが、
 それを続けるには潤いが必要だよね。