FC2ブログ

共謀空間FC

〜74年目の復習。〜
手慰み。 2019.08.18
残暑凌ぐ。 2019.08.17
彼岸の火。 2019.08.16
嵐の盆。 2019.08.15
鬼門コンビ・白。 2019.08.14

放浪者。

 5月は姫様で締めよう。
 IMG_2826.jpg
 気候の急激な変化についてゆけないのは姫様も同じのようで、
 半日くらいは居心地のいい場所を探してうろうろしてる印象。

 まだ冬毛が抜けきらんうちから暑くなるのはしんどいわな。
 体調を崩さなければいいんだけど。

スポンサーサイト

食玩侮るなかれ。(超超いい感じ編)

 IMG_2811.jpg
 食玩ミニプラ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』シリーズも第2弾リリース。
 第1弾の「竜装合体キシリュウオースリーナイツ」の5種再録と新騎士竜3体追加の全8種、
 「竜装合体キシリュウオーファイブナイツ&ディメボルケーノ」である。

 新騎士竜とそのオフィシャル合体を一気に紹介。

 IMG_2812.jpg
 騎士竜タイガランス。

 IMG_2813.jpg
 サーベルタイガー…ではなく、こういう姿に進化した架空の恐竜がモデルだそうである。

 IMG_2814.jpg
 トリケーンやアンキローゼより二回り大きく、2パーツにしかならない前2種とは違い7パーツで構成。

 IMG_2815.jpg
 キシリュウオーと合体してキシリュウオータイガランスに。
 俊敏さと槍による攻撃力が売りの形態。

 IMG_2816.jpg
 騎士竜ミルニードル。

 IMG_2817.jpg
 こちらも架空の恐竜モデル。とげとげ。

 IMG_2818.jpg
 7パーツに分割。使い勝手よさそうな形状。

 IMG_2819.jpg
 キシリュウオーミルニードル。
 両手にパンチングユニットを備えた拳撃形態の模様。

 IMG_2820.jpg
 そして現状最強の合体と思しきキシリュウオーファイブナイツ。
 
 かなりごちゃっとした姿になるが、これでもパーツもジョイントも随分余っている。
 好きなようにくっつけてOKだろうね。

 IMG_2821.jpg
 さらに登場したばかりのクイズおじさん、騎士竜ディメボルケーノもラインナップ。

 IMG_2822.jpg
 オレンジのクリアパーツが多用されており綺麗な仕上がり。

 IMG_2823.jpg
 こちらも7パーツに分割可能。

 IMG_2824.jpg
 そして本編に先駆けてキシリュウオーディメボルケーノに合体。
 本体がごっつい両肩キャノンになる大胆な発想。

 IMG_2825.jpg
 ディメボルケーノには何やら怪しげなパーツとギミックが。

 さてさて。この手のブロック玩具は種類が増えるほどに遊び甲斐が増してゆくものだが。
 例にもれず際限なく遊べそうな予感。
 今後の展開への仕込みもばっちり。

ひとごろしの話定期。

 Q:人を殺したあとの諸々の厄介ごとを簡単に片付ける方法はないか?


 A:自分も死んじゃえばいい。全部他人に丸投げ出来る。



 個人に成しうる最大級の無責任である。
 後に残った生者のみが煩悶に右往左往し、自身はR.I.P.のご身分となる。
 そりゃあ地獄って概念も作りたくもなる。腹立たしいし。


 凶器を手にし、公の場に現れる。
 それは束の間その場の支配者になることを意味する。
 誰もが自分を恐れ、従い、媚び諂う。それは多分、とても気持ちのいいこと。
 不幸か鬱憤か。そんなものに苛まれる人は時としてその快感を買う権利があると錯覚し、
 一命を代償にしてでも買おうとする。
 何かがおかしくなると、当たり前みたいに攻撃的になる。自己保存の本能すら蔑ろにして。
 人はそういう生き物。


 何か思いに沿わないことが出来たら誰の心をもかすめ通る衝動。



 「ぶっ殺してやる」。



 件の殺人者は、どこにでもいる。

過重積載。

 積みが全く消化できないのにまた増えたよ!!

 IMG_2808.jpg
 そろそろこれ何とか考えんといかんなぁ。
 もはや老後分まであるような気がしてきたよ。業が深い。


 IMG_2810.jpg
 FA轟雷をデザインした柳瀬
 ↓
 それを元にFAG轟雷をデザインした島田
 ↓
 アニメ化に伴いFAG轟雷・改をデザインした島田
 ↓
 それを元にFA轟雷・改をデザインした柳瀬


 …もう結婚しろあんたら。

涼味登板。

 こう、「昼はそうめんでいいや」ってなると暑くなったねぇって気がする。
 IMG_2807.jpg
 市井における「冷やし中華始めました」に似た感覚。


 ……梅雨に入る前にこんなこと思うとはな!去年もこんなもんだったが!

懐古趣味。

 ああ、暑いねぇ。
 夏本番みたいなじっとりと嫌な暑さだ。

 しんどいので一日家でぼーっとしてしまった。
 なんでこういい季節が短いのか。ぼやく日曜のヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。地獄兄弟にカ・ガーミンをゲストにした『仮面ライダーカブト』編にして久々にディケイド士も顔を出してお話の本筋に迫る。たぶん誰もが感じていた「歴代ライダー史の消失設定はどうなったの?」という命題に向き合う話にもなるのか。ジオウ本編では1999年の渋谷隕石は存在しない歴史。なのに加賀美はそれをきっちり覚えている。それはどの時点で生じた矛盾なのか。各ライダーの舞台背景を収束させるのにどうしても発生してしまう整合性のとれなさに説明を付けるという『ジオウ』開始から言われていた予告がやっと現実になるのか。ツクヨミの来歴よりもそっちが気になる。この因果律の狂いがきっちり解明できたら個人的には大傑作。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。最初のパワーアップの時期到来。盲目の少年と恐ろし気な騎士竜との交流という「昭和か!?」と突っ込みたくなるプロットも取り混ぜるが、アクマイザーのガブラの悲劇を繰り返さないあたり何というか「特撮慣れ」した風潮も覚えたり。何か単純明快なんだか意外と深いんだかよく分からなくなってきたよこの番組。下宿先のおっちゃんも何気に謎の多いキャラだなぁ。ドルイドンのクレオンに覚える違和感など、何気なく流されてることが実は大変な伏線だったりしないかこれ。

最終便花。

 早すぎる炎天下、
 八重咲のシャクヤクが開花したので一枚。

 IMG_2806.jpg

 思えば今年は一重咲きのほうが咲かなかったなぁ。
 去年は牡丹が咲かなかったし、なかなか定例通りとはいかなくなったか。

 IMG_2805.jpg

前途多難。

 ぐあー。
 何だこの暑さは。


 毎年この時期は妙に気温が上昇する日があるけど、
 今年はまた殊更だ。
 本番級の暑さじゃないか。湿気が低い分まだましだが。

 季節の便りを書く「折々」カテゴリだが、
 何か季節にそぐわぬ内容が増えてきそうでおっかないぞ。
 これで本来の夏季はどうなってしまうんだろう。

庭先旬果。

 今年も畑の隅に路地もののイチゴが実る。
 
 IMG_2804.jpg
 藁さえ敷かず大して世話もせずにうっちゃってたが健気に実ってくれた。
 ここ数日雨が少ないせいかナメクジの食害もなく、小粒だが結構な量が採れた。

 案外ちゃんとイチゴの味がする。喜ばしい。

夏季入口。

 今日は近場の薔薇園を訪れる予定があったのだが、
 ちょいと都合が悪くなり取りやめになった。

 仕方がないので現在庭でささやかに咲いてる花でもさらす。

 IMG_2801_20190522203444999.jpg
 ツゲ。

 IMG_2802_2019052220344516d.jpg
 ニワフジ。

 IMG_2803_201905222034476fb.jpg
 ウツギ。

面目壊滅。

 ―聞くところによると。
 我らも長年お世話になってるセキュリティソフトの販売元がハッキングの被害を受け、
 重要なデータを盗み取られた可能性があるという。


 …いやちょっと待って。
 ネットの安全を担う会社がその体たらくってどういうことなの。
 警察署に空き巣が入るなんてもんじゃないよ?


 自分のところのセキュリティは甘かったのか。
 それとも専門家の防護も物ともしない凄腕ハッカーの仕業なのか。

 どちらにせよ、いろんな意味でネット上の信頼度を揺るがす事件には違いあるまい。

 この世に絶対なものは存在しないとはいえ、
 その絶対ならざる域まで食い込むのはそう容易なことではないはず。

 窃盗だの詐欺だのの話題を聞くたびに、
 そういう方面に手間暇を費やすってそんなにおいしいことなのかなぁ、とつい思ってしまう。

妖しくない妖鳥。

 承前の通り、
 先の連休中お部屋の武装神姫の整理を敢行。
 ちょっと棚がすっきりとした(手放したわけではない。念のため)

 久しぶりに触ってみてやはりいい玩具だなと再確認したため、
 約4年ぶりくらいにリバイバルレビュウを再開してみたりする。

 お題はこいつ。
 IMG_2791_20190520200806db4.jpg
 武装神姫第5弾の一つ、セイレーン型MMSエウクランテ。発売は今から実に12年前の2007年5月。
 デザイナーはイラストレーターの犬ころこと間垣亮太氏である。
 2弾~4弾で方向性の模索をしていた感のある武装神姫において、「メカ少女」ラインを確立したと思われる神姫のひとつ。

 IMG_2788_20190520200801340.jpg
 素体。
 首から下に肌色部分のないボディスーツ風テクスチャ。
 ウォーターフロント戦を想定したと思われマリンスーツ的な印象も覚える。

 IMG_2789_20190520200803f73.jpg
 顔造作の元絵再現はそろそろ手馴れてきたかな、といったところ。
 何気に初めて表情替えパーツが同梱されたのがこの第5弾から。
 4弾同様PVC系部品の可塑剤吹きがひどい。

 IMG_2794_2019052020081189e.jpg
 武装状態。
 素体のイメージをそのまま継承したヒロイックな姿になる。

 IMG_2795_201905202008120a7.jpg
 やはり大きな飛翔翼、アイオロス・リアウイングが最大の特徴。
 スペースシャトルぽくアレンジされたアーンヴァルのものと違いストレートに鳥の羽のイメージ。
 多くのパーツで構成されており表情豊かに動かすことができる。

 IMG_2797_20190520200815bb2.jpg
 デフォルトとは違う凸型のハードポイントパーツが付属する最初の神姫でもあった。

 IMG_2796_20190520200814679.jpg
 頭部イリス・マスクパーツは目を覆う位置で取り付けることも可能。

 IMG_2798_2019052020081794c.jpg
 両腕のボウガン、ゼビュロス。

 IMG_2799_201905202008181ff.jpg
 カタール型の大型剣、エウロス。

 IMG_2800_20190520200820418.jpg
 そして大型ランチャー、ボレアス。
 武装は基本この3種のみだが武装パーツにはジョイント部が多く設けられ、組み合わせの見立てが様々に可能。

 IMG_2790_201905202008059ad.jpg
 オフィシャルの組み合わせがこのテンペスト。

 IMG_2792_20190520200807bcf.jpg
 さらにほぼすべての武装パーツを組み合わせることによりこの鳥型ライドメカ、プレステイルが完成する。
 第3弾のEXウェポン、ツガルで試みられた武装ユニットメカだがこれで確立された感じ。

 IMG_2793_201905202008099c8.jpg
 エウクランテは上に乗るほか足の裏にグリップを取り付けてぶら下がることも。

 かくのごとく、表情替えパーツや武装の組み替え、サポートメカの導入とその後の神姫に盛り込まれた多くの要素の始まりとなった第5弾。
 このエウクランテは至ってスタンダードなデザインコンセプトによりちょっと主役然とした印象を持つに至った。
 TVアニメにおいては主人公神姫たちのライバルという名のいじられ役というなかなかおいしい役割を振られそちらでも結構印象が強かったりも。


 ……ただ、まぁね。
 他の間垣神姫に比べると普通過ぎて却って浮いてる気もするかもね。
 だって他のは(以下略。詳細はイーアネイラレビュウにて。時期未定

旧態依然。

 日曜日は安息日。
 一週間の疲れを癒し新しい週に備えるべき日だとは思わんかね?

 なのに家にいても雑事があってなかなか休めないのが現状。
 日曜はゆっくり休むべき日なのか。それとも平日にはなかなかできないことをやる日なのか。


 ジレンマに悩みつつ。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。キバ編後半。頼みもしないのに井上脚本の天才ムーヴがこれでもかと炸裂しまくった前後編だった。客観的に見れば骨子は息をするように嘘をつくサイコマンホール女に登場人物誰もが振り回されるだけという内容。ソウゴの初恋の思い出も唐突すぎる仮面ライダーギンガの出現も結局脈絡として繋がらないまま、キバとギンガのライドウォッチだけ投げてよこしてくるようなわやくちゃな2回だった。ひたすら何だこりゃと言うしかなかったがまぁ『キバ』本編も大体こんな感じだったかも知れん。どうしようもないクズが今わの際にだけ良さげなことを言うのも井上的だね。多分あの脚本ヤクザみんな確信でやってるんだろうなぁ。お話として評価はとてもできないがまぁ敏樹だしというある意味人徳。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。キャラ掘り下げ編は脳筋ピンクのアスナのお話。理論派メルトとは対照的に深く物事を考えずに我欲にもあっけらかんと忠実な彼女。それゆえ意見的には軽んじられる傾向がある一方でその深く考えないゆえの素直さ裏表のなさが相手の心にも響いてくるというまぁお約束ではある。何か今回のマイナソーが宿主の心の影の具象みたいに描かれてた分余計にその真っ直ぐさが強調されてたように思えるのだった。やはり奇を衒わない王道ヒーローものである意味安心して見ていられるなぁと。

MAX大変身!

 IMG_2781_201905182333569ec.jpg
 〈最大級のパワフルボディ!ダリラガン!ダゴズバン!〉

 S.H.フィギュアーツ『仮面ライダーエグゼイド』より久々の新作。
 主人公宝生永夢の変身する仮面ライダーエグゼイドの強化形態、仮面ライダーエグゼイド・マキシマムゲーマーLv99が登場。
 魂web限定商品である。

 IMG_2776_2019051823334946f.jpg
 九条貴利矢の残したリプログラミングデータを元に作られたガシャットから永夢が作り出した仮面ライダーエグゼイドの強化アーマー。
 強大なパワーと防御力、バグスターの性質を初期化してしまう能力を兼ね持つ。エグゼイドが分離して単独活動も可能。

 IMG_2777_2019051823335011b.jpg
 歴代有数のごついロボット的デザインを再現。

 IMG_2778_20190518233352a02.jpg
 頭部そのものはエグゼイドLv2と共通。

 IMG_2779_20190518233353547.jpg
 ベルトのゲーマドライバーも今までと共通である。
 「Maximum Mighty X」のガシャットが装填されている。

 IMG_2780_20190518233355cae.jpg
 ボリュームはやはり相当なものでアーツとしてはかなり大振り。

 IMG_2784_20190518233401262.jpg
 要はLv1の低頭身キャラの発展型デザイン。

 IMG_2782_20190518233358162.jpg
 デザイン的に動きにくそうだが結構可動は優秀。
 腕の付け根も大きく引き出して可動域を広げられる。

 IMG_2783_2019051823340096d.jpg
 手首が大きいので、交換は指部分のみという仕様。

 IMG_2785_20190518233402a99.jpg
 脚の付け根の可動だけが難で、足を振り上げるようなポーズは苦手。

 IMG_2786_20190518233404ac2.jpg
 ガシャコンキースラッシャー付属。
 ダブルアクションゲーマーのものと同一。

IMG_2787_20190518233405b05.jpg
 ガシャット装填可能。

 満を持して発売された主役ライダーの強化形態だが、
 商品としてはゲンムゴッドマキシマムゲーマーのリデコという状態に。
 ほんっとうにあの神だか王だか肥やしだかは…

推定無罪。

 最近急に重くなって閲覧にストレスのかかった某描画等投稿コミュニティサイトだが。
 どうやらこちらの落ち度ではなく、先方のシステム改変によるものだったらしい。

 似たような意見は多数寄せられていたようで、
 どうやら修正が入った模様。
 随分マシに見られるようになった。完全に元通りとはいかないが。

 日々進歩して仕様を変更してくれるのはありがたいが、
 受信側にそぐわないことがあるのは困りものだわね。
 こちらに不具合が生じたかと思ってしまうじゃないか。

旬菜手間。

 春の味覚の一つ、蕗をいただいた。
 IMG_2775.jpg
 タケノコ、ワラビ、ウドなど山菜の芽吹きには事欠かない季節だが、
 どれも処置が少々厄介だよねぇ。特に灰汁抜き。

 旬の味わいのためには、一苦労。

未だ不調・2

 特定のページで動作が遅くなる、と昨日書いたが、
 今日はまた調子が悪い。

 度々「プラグインはビジーか応答しません」のポップが出て動作が極端に悪くなるのだ。


 どうもFlashプレイヤーが関係するページで頻発する様子。
 試しにFlashのプラグインを止めてみると問題は起きなくなった。

 どうも件のプラグインの更新が原因のようだ。
 ちなみにこのプレイヤー、もう大抵の動画サイトなどでは使っていないらしく止めてもほとんど影響がなかった。


 どうも前のPCと微妙に仕様が違うので戸惑うことがある。
 総合的には大分使いやすいんだけれどね。

未だ不調。

 どうも某絵等投稿サイトが重い。
 すぐに「ウェブページが表示を遅くしています」とかいうメッセージが出て読み込みが止まってしまう。

 前のPCとはスペックが違うのに!
 光回線の価値もないじゃないか!!

 そんなにリソース食うページなのか?
 それとも広告カットアドオンとかの影響か?

 業を煮やして設定をいじり、
 ハードウェアアクセラレーションを有効にしてみる。
 グラフィックドライバは標準装備だ。使えるはず。


 …どうやらましになったかな。
 とりあえずは、これで行こう。

顔面砂漠。

 もう春を通り越し、
 日中は真夏日にもなろうかという初夏の空模様。


 ……にも、関わらず。
 真冬のようにやたらと唇が荒れるのはどういうことなのか。
 ひび割れて血すらにじむくらいだよ。


 多分空気がからっからに乾燥してるせいだとは思うけれど。
 ビタミン類が足りんとかの内的要因があったりもするんかなぁ。

巨匠降臨。

 いやぁ。何か夏日とか普通になってきたねぇ。
 身体が追っつかんというに気温はずしずし上がるんで敵わんよ。

 そして日が沈むとすぅっと空気が冷えてくる。
 この温度差にも辟易。

 詮無いとは言え困りものな今どきの気候にぼやきつつ、
 恒例・ヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』は『仮面ライダーキバ』編。本編のメインライター井上敏樹を脚本に迎え当時の時間変換演出も再現、相変わらずの尖ったキャラ描写と超展開の連続でもはや何だか懐かしい井上節が炸裂しまくる。ジオウチームの異様なくらいの仲良さげな様子が微笑ましいのと絶えず何か食ってるのも井上的。ソウゴの初恋の思い出だの発現した過去知能力だの何の脈絡もなく現れた宇宙ライダーだの、わやわやな各要素が後編で綺麗にまとまったら素晴らしき青空の傑作編になるのだが。どうも先例からしてあまり期待はできんなぁ。とりあえず、今回見ただけではあははなにこれとしか言いようがないのだった。もうキバとかどうでもよくなってきた。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。5人の騎士の協力体制も固まったということでどうやら各キャラの掘り下げにかかった模様。今回の主役はチームの頭脳にして慎重派のメルト。脳筋気味の二人に引っ張られがちで密かに自信を失っていた様子の彼がそれでも自分の役割を再確認するまで。手のかかる弟子の前に現れた師匠は本物だったのかどうか、という普通にいいお話なのだった。ある意味今回本当に自分の望むものを手に入れたのはメルトだけだったのかも知れない。

裸体群像。

 先日からやってた武装神姫の整理が完了した結果、
 EXウェポンを引っぺがされた素体が残ってしまった。
 IMG_2773_20190511115942420.jpg

 これらのパケはただのブリスターで、
 処分してしまったのか見当たらない。
 さてどうしとくべきか。

 IMG_2774.jpg
 「みゃ!犯人である!」
 「…まぁ、たしかにそういう通称だったけどねぇ」

※ 看板神姫2名は封印を逃れました。

不順錯覚。

 まぁ、たまに吐きたくなるのが愚痴。


 最近どうも何もかもが上手く回ってない気がする。
 仕事もプライベートも。

 自分に落ち度は何もないはず、ないと思うんだけれど。
 どうも順調には運ばない。
 もどかしさにたまるストレス。

 たまたまそういう巡目であって、
 別段何かに見放されたとかそういうのではないのだろうけれど。
 

 こういう巡目に、鬱への入り口が開いてるものなのだろうなぁと、漠然と感じる。


 まだ自分や状況を客観的に見ていられるだけまし、となるべく楽観するようにはしてるんだけどね。

なまえをよんで。

 消沈したブログに姫様が!
 IMG_2771_20190509114605160.jpg

 先日書いた映画を見てから、
 傍らに猫がいてくれる得難さを噛み締める今日この頃である。

 最近聞いたニュースの中に、
 「猫は自分の名前を認識している可能性がある」というものがあった。
 他の言葉をかけるときと、名前を呼ばれている時とでは明らかに反応が違うのだという。

 そもそも「名前」という概念が猫にあるかはわからない。
 だが聞きなれた特定の発音が自分にかかわるものだという認識は、少なくともあるのだという。

 そういえば引き取った際「早めに名前を決めて呼んであげてください」って言われたっけなぁ。
 姫様も名前を呼べばすぐやってくることがあるし、
 来ない時でも「何か自分のこと言ってるな」って意識はあるのかもなぁ。

 猫の反応に一喜一憂。
 それも猫と暮らす悦びの一環。
 IMG_2772_20190509114606d2c.jpg

回復不可。

 (承前)

 …あれからいろいろやってみたが結局ブックマーク以外の回復はならず。
 大半のパスワードを書き換えることになってしまった。何故だ。
 前のPCからの引継ぎはうまくいったのに。

 そしてリセットの原因となった、
 特定のページでの挙動の悪さも改善には至らなかった。
 ほんと、やり損としか言いようがない。

 前のPCではこんなことなかったんだぞ?
 お気軽にリセットボタン押す癖がついてしまってたからなぁ…

 これから履歴もどうにか辿りなおすしかない。
 まぁ、セキュリティ更新の機会をもらったと思っておこう。とほほ。

事故操作。

 ……うげ。

 ブラウザのブックマークや履歴、パスワード類が全部消えちまった。
 ちょっと挙動が悪いことがあるので一度リセットをかけてみたらこれだよ。

 どうにかこうにかブックマークは戻せたし、
 このブログの管理画面などのログインパスワードいくつかは覚えてたけど、
 他のパスワードや履歴が戻らないのは痛い。

 どこかにファイルは残ってるはずなのでどうにか戻せないかと試してるのだが。むぅ。
  

業務再開。

 長かった連休も今日で終わり。
 明日からはまた二級社畜な日々が戻ってくる。

 この連休有意義に過ごせたかというとそうでもなく、
 結局はのんべんだらりと無為に過ごしてしまった。…まぁ、予想通り。
 どこも混んでるだろう、という予測を言い訳にお出かけもしなかったしねぇ。


 部屋で積みプラにも結局手を付けられなかった。
 やったことは先日も言ったとおり、神姫の詰め直し。

 IMG_2770_20190506235122dc9.jpg
 アジトの一角に中古ショップのワンコーナーみたいなのが出来たよ!

 このまま死蔵するのも可哀想なので、時々取り出して遊ぶ所存。
 リバイバルレビュウもまたやってみるかなぁ。
 

健成祈願。

 端午の節句。こどもの日である。

 IMG_2769_20190505231009590.jpg
 いい年ぶっこいてもちまき食って子供番組楽しんでいたい。
 そんなダメな大人の、特撮ヒーローレビュウである。


 『仮面ライダージオウ』。響鬼編後半。前回いろいろとがっかりした桐矢京介、14年かかっても相変わらずのコミュ障的クソガキムーヴに2度がっかり。いい大人になっただろうに劣等感のカタマリな鬱屈少年のままとかどういうことなの。こういうキャラ付でなければ桐矢じゃないだろうという意図があったのかも知れないけれど。そんな彼が資格もないのに弟子なんかとるからややこしいことになる。もしかしたら先代のヒビキさんからの口利きでもあったのかもしれない。人を指導する立場になれば継承に足りなかった何かを掴んでくれるのではないかという。役者が出られないにしろもう少し先代の存在感を出してくれたらまた違ったかも知れないのだが。何かと言葉足らずで惜しいものが残る前後編なのだった。ウォズに関してはまぁ、何も言うまい。


 『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。こちらはまぁ、奇をてらわないオーソドックスなポジティブ指向推奨譚やね。欺瞞に満ちた敵の計略を看破し、その上を行って打ち倒す。その中で頑なな相手の心も少しずつ解きほぐしてゆくという。目下のところ王道過ぎて物足りなく思うくらい。まぁ、安心して見られるっちゃあその通りなのだが。どこかで化けてくれるのかなこの番組。

怒涛境界。

 八十八夜も過ぎ、空模様は初夏のそれ。
 典型的な夏日である。

 この炎天下今日は半日ばかり外仕事してたよ。
 またドクダミの根っこと格闘する季節がやってくる。

 しかしこの時期、
 まだ上空に寒気が入り込むことがままあるそうで、
 天候の急変が起きやすいという。
 実際急な土砂降りや雹なんかもこの時期屡々出くわしたなぁ。
 関東のほうでは荒れたとも聞く。

 これもまた、季節の移ろいの一幕か。風情というにはちと荒っぽいが。

傍猫常在。

 さて。
 あまり出かけたくはないとはいえ大型連休。

 日帰りでもどこかに行きたいな、と検討した結果。
 ちょっと見てみたいな、と思っていた映画が割と近場に配給されていると聞き鑑賞に赴いた次第。


 先日ちょっとだけ触れた、世界最強の猫好きにして猫好かれの動物写真家岩合光昭氏初監督作品、
 『ねことじいちゃん』である。


 全世界に56億7千万人ほどいるであろう猫好き待望の一本。
 何というか、見てて幸せになる映画だった。


 小さな漁村を持つ瀬戸内海の小島。
 人生の黄昏を迎えた人々、少々心に疲れがたまった人、そして島を離れ行く若者などが過ごす1年。
 その喜怒哀楽の傍らにはいつも猫。


 ただ猫が寄り添ってくれるだけで、
 ほんのちょっとでも日々が安らかになる。
 そんな他愛のない、物語というほどでもない物語。


 見終わったら早く家に帰って、
 うちの猫を撫でてあげたい。
 そんな風に思わせてくれる映画だった。

封印措置。

 さて。
 楽しい楽しい超大型連休。
 我ら共謀空間も久々の長い休みを満喫している。


 どこかへお出かけ?
 否。

 じゃ、積みプラなんか崩す?
 …否。

 では、何をやってるかというと…



IMG_2768.jpg
 武装神姫の、パケへの詰め直し。



 …ああいや。手放す準備をしてるわけじゃないよ?とりあえずは。
 そろそろ環境が手狭になってきたので整理の一環として行っているのだ。
 こいつらが占拠していた飾り棚を空ければいろいろと都合がいいのだよ。

 部屋のどこそこに行ってしまった部品を集めて梱包しなおすのは少々骨が折れるけれど…
 これがね、すっげぇ楽しいのよ。何というか、宝探しとパズルを同時進行でやってる感覚で。

 ブリスターが元通りにきっちりと埋まるのには何とも言えぬ快感がある。
 大変なのは確かだが、完遂目指す所存。


 ……しょうもないことやってるのは百も承知さあーははーはー。