FC2ブログ

共謀空間FC

正論とはすなわち、誰かの都合に阿らないこと。

覚悟の値段。

 購入してはや3年。
 ついに最初の車検に臨むことになった我が愛車。

 結果特別な修繕などはなく基本的な料金のみで済んだが、
 それでも6桁仕事に。
 明細見たら大方は自賠責の保険料なのな。

 重量税と任意保険と並ぶ、車に関する物入り案件である。


 自動車の維持費というものの大方を占めるのが整備と保険。
 「安全と責任」にかける費用だ。

 それだけ、個人の裁量に任せるには大きすぎる力を持ったものなのだ。
 人間なんて自分自身を含め容易く死に至らしめ得る機械なのだから。

 努々忘れるな。
 車に乗るという事は、実は刃物や爆弾を持ち歩くのとさほど変わらないのかも知れないということを。
スポンサーサイト



暖簾移し。

IMG_4822.jpg
 「…ああ…またこういうところでこのロゴを見ることになるとはね…」


 というわけで。
 MMSからマシーニカボディに河岸を変えて『武装神姫』が帰ってきた。


 実質上の後継シリーズ、壽屋のプラキット『メガミデバイス』に、
 ついに臆面もなく武装神姫の名を頂いたアイテムが登場したのだ。

 IMG_4823.jpg
 猟兵型神姫エーデルワイス。
 例によって島田フミカネ氏のデザイン。どうせならFRONTLINEのロゴも欲しかった。
 正直神姫である意味合いは薄い気がしてならないんだけれど。
 名前だけでも復活した価値はあるのかな。

 今後はデジタルコンテンツでの展開がメインになると聞いたけれど。
 またどんな形かで立体化の目もあるのかねぇ。

おかしいくらい。

 やっぱり挙動が悪いなぁ。
 ブラウジング中度々応答が途絶えるのはどうしたわけだか。

 動画なんか再生してても。
 「環境がナローなので読み込みに時間がかかっています」とかいうメッセージ。

 ……いや、一応光回線なんだけど。


 グラフィックドライバー更新してハードウェアアクセラレーションってやつを使えば改善されるとか言われてやってみてるけど、
 さて、効果があるかなぁ。

君の未来は、始まったばかり。

 IMG_4809.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズの新作として、
 『仮面ライダー響鬼』に登場する関東猛士のルーキー鬼・トドロキこと仮面ライダー轟鬼が登場。
 これも魂ウェブ限定商品。

 IMG_4801.jpg
 音撃斬を使う弦の鬼・斬鬼の弟子で後継者。雷属性の攻撃が得意。
 音撃弦を相手に突き刺し直接清めの音を送り込む音撃斬は主に堅牢な防御力を誇る魔化魍に有効。

 IMG_4802.jpg
 やはり素体は響鬼と共通で今の目で見ると大分ほっそりして見える。
 深いメタリックグリーンのグロス塗装もイメージ通り。

 IMG_4803.jpg
 マスクも塗装で再現。

 IMG_4804.jpg
 絶妙な構成のマスクだがよく再現されている。

 IMG_4807.jpg
 ベルトには音撃震・雷轟。

 IMG_4808.jpg
 着脱可能。
 外した跡も再現されている。

 IMG_4810.jpg
 左腰のホルダーはディスクアニマルを装備した状態に差し替え可能。
 今回ベルトの差し替えギミックはこれだけ。

 IMG_4821.jpg
 左手首には変身音弦・音錠。

 IMG_4812.jpg
 展開して弦を引き出した状態に差し替え可能。
 差し込みが浅くポロリしやすい。真骨彫には珍しい詰めの甘さ。

 IMG_4813.jpg
 ディスクアニマルをセットしての情報再生も何となく再現できる。

 IMG_4811.jpg
 ディスクアニマルはコガネオオカミ、リョクオオザル、セイジガエルの3種が付属。
 3体リリースされてキハダガニがないな。今度リリースされる斬鬼に付くのか。

 IMG_4814.jpg
 そして轟鬼と言えば武器の音撃弦・烈雷。

 IMG_4815.jpg
 逆手で使うのが轟鬼の自分流。
 先端の鬼石はクリアパーツで再現。

 IMG_4816.jpg
 装着用の雷轟を取り付け…

 IMG_4817.jpg
 音撃モードに差し替えなしで変形。

 IMG_4818.jpg
 「音撃斬・雷電激震!!」
 右手首親指にはピックのような弾き爪が再現されている。細かい。

 IMG_4819.jpg
 流石の可動性能で音撃ポーズも自然に再現。

 IMG_4820.jpg
 これでメイン三鬼の音撃セッションが再現可能に。

 詰めの甘さは散見されるものの、必要十分な出来栄え。
 平成随一の斬新なスタイルを如何なく再現。

 

みんなそろそろホントのことを。

一月って何やかんやで師走と同じくらい慌しい月かも知れんなぁ。
 バタバタしてるうちに過ぎ去ってゆくように思える。

 立春前の寒さに震えつつも。
 日曜恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。突如現れた新ファクターである白ウォズに登場人物すべてが翻弄される。現時点誰も敵わない強さというのが歯がゆい。その暗躍と表立った動き共に胡散臭くて「ゲイツを未来の救世主にする」というお題目さえ疑わしく思える。他所で見た考察だけど、ミライダーたちがゲイツが作った未来の時間軸から来たというのならばクイズがゲイツをそういう存在として見ないというのも分からない話なんだよね。クイズこと門土が求めていた「正解」を得るというソウゴやゲイツの思惑は果たせたとはいえ事態は白ウォズの筋書き通りに進んでゆく。それはゲイツがどこかで共感と好感を覚え始めたソウゴを斃してしまうという未来に流れてゆくことを意味し、ゲイツはそれを恐れているのだろう。巡る因果の物語、どこへ流れてゆくのやら。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。ビストロ・ジュレの3人組とお得意さんの警察官3人の蜜月の終わり。だがそれは魁利にとってはずっと負い目を持っていた圭一郎にようやく隠すところなく本音をぶちまけられる契機でもあったわけで。その立場を超えて魁利の力になりたいと願う圭ちゃんと、それでも突っぱねざるを得ない魁利。ギャングラーの前に快盗警察手を取り合えられればというノエルの願いは叶ったようでそうそう叶わない。立ちはだかる敵はあまりにも強大で、事態はあまりにも絶望的。人の願いと使命感は果たしてそれを凌駕できるのか。

もう誰にも止められねぇぜ!!

 ブォトルルブァァン!!クルルルォォズマグマァ!!
 IMG_4798.jpg

 グォクゥネツキンニクゥ!!クルルォォォズマグマァ!!アァァァチャチャチャチャチャチャァ!!
 IMG_4799.jpg
 『仮面ライダービルド』に登場した万丈龍我=仮面ライダークローズの本編中最強形態、
 仮面ライダークローズマグマがS.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品。

 IMG_4790.jpg
 破壊されたスクラッシュドライバーから生成されらドラゴンマグマフルボトルを戦兎が開発したクローズマグマナックルにセットし、
 ビルドドライバーに装填することで変身が可能になる仮面ライダークローズの強化形態。
 炎熱攻撃を得意とする。慣用的にも物理的にも熱すぎる。

 IMG_4791.jpg
 基本はビルド系素体だがかなりディティールが追加されている。
 グラデーションのかかったオレンジ塗装が美しい。

 IMG_4792.jpg
 基本構造は同じながら何気に新規造形のフェイス。

 IMG_4793.jpg
 ベルトのビルドドライバーにはクローズマグマナックル。
 ドラゴンマグマフルボトルがセットされている。

 IMG_4794.jpg
 ノーマルクローズと。

 IMG_4796.jpg
 ボトルはもちろん着脱可能。
 活性化前の黒いボトルも付属。

 IMG_4795.jpg
 クローズマグマナックルも着脱。
 グリップを起こして持たせることが可能。

 IMG_4797.jpg
 前面を閉じた状態にして攻撃形態にも。ボルケニックフィニッシュ!!

 IMG_4800.jpg
 「力がみなぎるぅ!魂が燃えるぅ!俺のマグマが迸るぅ!!」

 暑苦しいキャラにマッチした暑苦しい形態ね。

 本編中の主役ライダー以外の形態も出そろいつつあるやね。
 出来としては相変わらず安定。

 

タダでもいらん。

 最近聞いた時事から最高にマヌケなものを覚えたトピックから一くさり。



 日本が世界に誇る輸出品の一つが工業製品。
 最高水準の性能と品質が保証された日本製品は戦後の経済発展の大きな原動力となり、
 今尚世界に通用するブランドであるという。

 そんな日本が、政府肝煎りで満腔の自信をもって売り出したとある製品に、
 ただの一つも買い手がつかないという事態が起きたそうな。



 その製品とは、原子力発電。



 日本企業が世界各国で計画していた原発の建設。
 そのすべてが頓挫・凍結の憂き目を見たという。
 もちろん性能は折り紙付き、3・11の教訓を踏まえて安全性も極限まで追求、と大々的に売り込んだ結果がこれである。

 理由はごく簡単。
 その性能と安全性を満たすための設備を設営維持するために死ぬほどコストがかかるから。
 とても元が取れないと判断されてのことだという。

 金の卵を産む鶏でも、一個産むために山ほど食らうとなればそりゃ誰も買わんわな。


 …こんな、ちょっと考えれば子供でも分かりそうなことを度外視してのセールス展開を実行するあたりに、
 この国が原発というものにかけるバカバカしいほどの情熱というか妄執というかが見て取れる。
 全く持って、特定少数の利益だけを都合よく汲みだすためだけのものでしかないのだろう。
 それが世界にも通用すると無邪気に目論んでいたのかね。

 現在停止中で1ワットすら供出していない国内の原発でも、
 その維持にいくらかかってるのかなんて誰も言ってはくれない。

 反対する意見には反体制の国賊呼ばわりさえ向けられる嫌いのある原発というやつだが、
 実情を知るほどに無用の長物とすら呼べない有様が浮かんできて仕方がない。
 

ロートルの悲しさ。

 どうもブラウザに限らず挙動が悪いなぁ。
 電源入れてから動かせるようになるまで数分かかるとか何世代前のOSだよ。

 ブラウザ立ち上がるにも時間がかかるし、
 立ち上がってもIMEが動くまでまた時間がかかる。

 他のシステムを呼び出すのもいちいち重い。

 これはやはりHDDがヘタレかけてるのかねぇ。
 そろそろ深刻に引継ぎを考えたほうがいいのかも知れない。

先触れ。

 大寒過ぎて寒中も後半戦。
 立春まであと十日ばかり。

 久々の晴れ模様の下、蝋梅が開花。
 IMG_4788.jpg
 ひそやかな咲き姿とともに周囲には微かな芳香が漂う。

 IMG_4789.jpg
 また一歩春が近づいた。

社会の迷惑。

 毎度おなじみインフルエンザが猛威を振るう季節である。
 自分の周囲でも感染報告が聞かれ、油断は出来んなと思う次第。
 ここ十年風邪一つ引いてない無駄に健康体なのだが、過信は禁物だぁね。

 容易に形質転換するので免疫が追っつかず、結果毎年のように罹患する人もいるとか怖すぎるだろ。
 そりゃあ新型出現でアウトブレイクの危険も囁かれるわけだ。空気感染だし。
 特にこの時期ありふれてる分あまり重要に思われてない感もあるが、何気に人類の存亡を脅かすウィルス性疾患なんじゃないか。

 防ぐには結局基本的で地道な予防措置しかないんだな。剣呑。

修繕回顧。

 何となく、目についたので。
 壽屋HMMブレードライガーを触ってみる。

 IMG_4786.jpg
 知ってのとおりほぼHMMゾイド最初期のアイテムなわけだが。
 この時期はまだまだ模索期であり非常に意欲的な構造の割にスナップフィットキットとしては作りが甘く、
 組み立てる傍から瓦解するという有様だった。
 重要なはめ込み部がやたらと狭く浅い作りだったりして。

 こいつも普通に飾ってただけなのにいつの間にかバラバラになってたからね。

 あまりに不憫なのでしょぼすぎるはめ込みには接着剤を使い再構成。
 どうにか簡単に解体するほどではなくなった模様。

 IMG_4787.jpg
 …しかしこれ、もう11年前のキットなんだぜ。信じられるか。

見えない明日へ。

 受験生の皆さんがセンター試験に臨む、という話を聞くと、
 もう1月が過ぎるなぁとか思ってしまう。

 受験の一区切り。心せよ。合格は到達点ではなく出発点なのだと。
 暗黒の未来に漕ぎ出す若者たちを見送りつつ、今日のニチアサヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』。ゲイツを救世主に祭り上げたいという白ウォズさん未来からライダーを引っ張ってくるという暴挙を敢行。こちらもまた過去に用事があった未来のライダークイズもうかうかとそれに乗ってくる。21年後の未来から父親の真意を問いに来たという彼は歴史など変えても仕方ないと嘯き、ただ自分には知りえなかった真実を求めてウォズの誘いに乗ったという。過去ではなく未来に進むために。シノビといいちゃんとライダーたる心のありようを持たされてるあたりが細かいやね。急転する状況によりただただ翻弄される形になっている未来の魔王(暫定)常盤ソウゴ、何となく蔑ろになってる気がするがどこかで一石を打てるのであろうかね。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。いい感じに大詰め展開。出張って来たビッグボス・ドグラニオが状況すべてをぶち壊す。多分ボスを引退するというのもブラフで、自分の発言で部下たちがどう動くのかを楽しみたいだけだったんだろうね。鷹揚なように見えて実際は全てを見下し弄ぶだけという非情さは正しく悪意の頂点。かくして割と好き放題やって来たゴーシュ・ル・メドゥは最後の最後で自身をも上回る悪意によって斃れ、快盗3人組は面が割れて逃亡者となる。もう優しかった昨日には戻れない。警察と快盗の明日はどっちだ。

享受中。

 ここのところ殊更に日差しが得難いものに思える。
 寒さが緩いのはともかく、晴れが少ないのは寂しい。

 故に今日のように晴れ間が出ると何やら目が開いたような気分になる。


 IMG_4785.jpg
 姫様も陽だまりを満喫。
 猫はお日様の友達。

持て余す。

 生まれも育ちも現在在住も関西圏であるが、
 家では普通に納豆を食う。

 まぁ、体に良さそうだからっていうのが主なる理由であるが。
 別段嫌なものでもない。
 朝食のお供にちょうどいい。

 ただ。困ったことが一つ。
 市販の納豆には大体タレが付いているが、
 これをあまり使わない。
 2パック空けたら、一つ使うくらいだ。
 当然余ってゆく。

 結果、使わない納豆のタレがどんどんたまってゆく。

 捨てるのも忍びないので置いておくのだが、
 どうにか使い道がないだろうか。

 添え付け調味料って案外余ってゆくものなのはうちだけなのかねぇ。

祈り備えよ。とはいうけれど。

 24年。



 うかうかと過ごしてもうすぐ四半世紀。
 あの末世が来たかと思われた激動の1995年がまた一年遠ざかった。
 歴史的な天災と人災が連続した年だったんだよな、つくづく。


 災害なんてものは。
 人は日々そんなものは起こりえないと無根拠に信じ込みながら暮らしている。
 杞憂と呼ぶには信憑性が高すぎるにも拘らず、そうしていないと心がすり減ってしまうから。

 だから。予め備えるなんて実は大変難しいこと。
 喉元を過ぎてしまえば、教訓となる前例も忘れてしまいがちだから。

 故に起きてしまえばただ泣き叫ぶしかできないのだ。何度同じことを繰り返しても。切ないね。

今そこにある悲劇。

 「平成最後の横綱」は、
 結局「悲劇の横綱」ともなってしまった。


 …仕方ないよね。ここ半年勝ってるところ見たことないもん。
 誰よりも痛恨なのは当の本人だろうけどね。こんな蝉みたいな横綱人生になるとは思わなかっただろうし。


 スポーツであると同時に神事。格調高い儀式であると同時に大の男が闘争心をぶつけ合う格闘技。
 故に荒ぶる勝負師と清廉なる神官という相反する性質を兼ね持つことを要求される大相撲力士その頂点。

 ちょっと常人には計り知れない境遇ではあるしあらゆる意味で継続するのは生易しくはないのだろうけれど。
 此度の結果は何とも寂しいね。どうしてこうなった。

灰と帰す正月。

 遅ればせかもしれんが、我が家の左義長行事。

 IMG_4784.jpg
 注連飾りや祝箸といった正月用品を焼く。
 学校などでは書初めの書き損じなども焼いてるよね。

 正月気分を焼き捨て、また一年息災で過ごせることを祈る。
 また次の正月が祝えますように。

春前哨。

 暖冬とはいえ寒いものは寒い。
 天候が優れん分たまの晴れ間が嬉しい。

 縁側でシンビジウムも春を待つ。
 IMG_4783.jpg

見えない明日。

 どうやらいわゆる松の内というのも終わり。
 いい加減世の中も正月気分が抜けた頃かな。

 全体的にお祭り気分を起こそうという風潮の年ではあるけどどうなることやら。
 それはともかく、日曜恒例ヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』。どうやら命名白ウォズの行動方針も垣間見えた今回。2019年現代から見た未来のライダーたちの力を手に入れようとしているわけね。それを手にするには「将来仮面ライダーとなる人間」の明確なモチベーションが必要になるようで、そのためにソウゴを利用しようという魂胆のようだ。何のかんので未来の魔王に依存してることには変わりない。だがソウゴとしては、過去にしろ未来にしろライダーたる人間がその根差すものを守り切れればそれでいいと考えているようで。それは黒ウォズの思惑にも少しずつ影響を与えてゆく。もしかしたらそれが白ウォズ出現の契機なのかも知れない。様々な要素が因果の掛け変わりに影響してゆきそうな逆理の物語。行きつくはいかなる未来か。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。ザミーゴとゴーシュが結託した結果どちらも手が付けられない状態に。快盗の正体バレ危機も並行していい感じに終盤の絶望感が出てきた。二つの相容れぬ戦隊が並び立つという特殊な構造ゆえ元よりどのような着地になるのか窺い知れぬ本作はそれにも増して先の読めない状況になってゆく。願いと使命の物語、そのいずれもが叶ってこそのヒーロー番組なのだけれども。

一杯気分テイクオフ。

 昨今の時事から気になることで一くさり。


 あちこちで航空機パイロットの酒気帯びが取り沙汰されるこのところ。
 検知に引っ掛からないよう替え玉を立てるなんていじましい真似をしていた方もいたようで。
 飛行機の操縦なんて車の運転よりはるかに難易度高いだろうに。どういうつもりなんだか。
 近年は操縦機器の進歩が目覚ましく人間は気を抜きやすいという事なのか。
 それても飲まなきゃやってられないくらいの激務ということか。


 …でも。
 考えると、ちょっとおかしくないか?


 最近になって急にパイロットが酒抜けないまま乗務するようになったとは、ちょっと思えないんだよね。


 これまでもままあったのに結果オーライでスルーされてたのが、
 何らかのきっかけで取り沙汰されるようになっただけなんじゃ、って気もしてくるんだよね。


 そのきっかけがどういう背景のどういうものなのかは知る由もないけれど。
 飲酒運転が本当に昔っから絶えることがないように、
 飲んで飛んでた人も昔からいたんじゃなだろうか、ってね。

 航空黎明期複葉機パイロットが酒瓶持って飛んでた意識を引きずってるような感じでね。

 もしかしたら、今までにも。
 酒が残ったパイロットなんていっぱい飛んでて、
 乗客とかも知らぬが仏で乗ってたことなんてザラにあったのかも知れないよ?

ルックミープリーズ。

 今年初姫様。
 IMG_4782.jpg

 最近とみに。
 わざと叱られるようなことをして見せるようなきらいがある姫様。
 人がいる場所でいちいち悪戯をして見せてるように思えるのだな。

 猫は案外空気を読む生き物だという人もいる。
 何となく変わった家内の雰囲気を察して気を引こうとかしてるのかねぇ。

掌ミッション。

 先日書いた通りなんやかんやで積みの一つも崩せなかったこの年末年始だが。
 それでも何か手を付けたいと思い、ひとつちゃちゃっと組み立ててみた。
 モノはこれ。

 IMG_4773.jpg
 壽屋の1/24オリジナルメカキットシリーズ『キットブロック ヘキサギア』より
 パイロットフィギュアキット・ガバナーの新商品、「アーリーガバナーVol.1」。

 IMG_4770.jpg
 アーマータイプが主流になる以前の兵士装備を表現したものである。
 現代にも通じるプロテクター装着兵士の出で立ち。

 IMG_4771.jpg
 今回塗装済みパーツは一切なく、ヘタレパチ組ユーザーとしては色が足りんかなとも思ったが。
 組んでみると案外気にならないものだな。

 IMG_4772.jpg
 アーマータイプと比較すると本当に信頼性の高さだけが取り柄って雰囲気。

 IMG_4774.jpg
 古臭いが実はキットとしてはガバナーシリーズ最大級のボリューム。
 オプション豊富で頭部のパターンだけでも実に5種。というか5段階。
 さすがにゴーグル付きの頭部などには色を足したいところ。

 IMG_4775.jpg
 武器も豊富。
 ライフル、小銃、サブマシンガン、拳銃、ナイフ。
 拳銃とナイフはホルスターや鞘に収めて装備した状態も再現可。

 IMG_4776.jpg
 大きな背嚢アリスパック。

 IMG_4777.jpg
 腰アーマーは予備弾倉や手榴弾を取り付けたものに差し替え可能。

 IMG_4778.jpg
 これでフル装備。
 潜入工作から野戦までこなせそう。

 IMG_4779.jpg
 IMG_4780.jpg
 豊富な手首も魅力。
 ハンドサインなど再現できる。

 IMG_4781.jpg
 バルクアームやスケアクロウなど旧式のギアに似合いそうね。(これは代用)
 旧式装備のガバナー、というよりガバナー規格の特殊部隊兵士フィギュアって感じもする。

 渋いデザインと豊富なプレイバリューでいじってて楽しい一品。
 何だか大勢並べたくなる。
 Vol.1という事は違う装備のものも出るのかな。

蘇る彩。

 枯野色したお庭にも、
 花の色が少しずつ戻ってくるこの時期。
 雰囲気が明るくなってくるのは嬉しいね。

 IMG_4767.jpg
 開き始める胡蝶侘助。

 IMG_4768.jpg
 一時期暖かかったせいか返り咲きも見られた木瓜。本番はこれから。

 IMG_4769.jpg
 蝋梅はあと少し。

 冬の終わりの春の初めのその境目のひと日ひと時。
 日向の祭りが恋しい。

寝床と身の丈。

 先秋導入した新レコーダーの扱いにも少しづつ慣れて行ってる感じ。
 (実はレコーダ自体さほど使用頻度が高くないのだ)

 ディスクへの編集ダビングも先任との違いに戸惑いつつもやってみている。
 意外にやりやすくて進歩を感じたり。

 さて、ちょうど一年前くらいも「編集した番組のディスク1枚に入る本数が中途半端だ」という事を書いたが。
 画質を放映レベル(DR)でダビングすると、編集済み一本約24~5分が12~3本で容量いっぱいになることに気づく。

 つまりアニメなどちょうど1クール分が1枚に収まるわけだね。
 ちょっと勿体ない気もするが、きりが良くて始末がつく。

粥腹で初出勤。

 ドラティアさん今日が仕事始めですだよ。
 こいつを掻き込んで出かけて行った。

 IMG_4766.jpg
 本日日付の定番、七草粥。
 実は畑のスズナとスズシロ、庭に生えてたハコベラとゴギョウの4種しか入ってないけどね。
 もう少し探せばセリとナズナもあったかもしれない。

 スーパーに行けばセットで売ってあるのは知ってるけど、
 その辺に生えてるやつを使いたいじゃない。早春に七草摘みというのも乙なもの。

予定は未定。

 …ああ。
 結局何もできずに、正月休みが終わろうとしている。

 何だか想定外のことばかりで積み一つ崩せなんだわ。
 こんなやりきれない気持ちを抱いたまままた二級社畜に逆戻り。

 まぁ言うても詮無いわ。
 今日は寒の入り。今年最初の日曜日。

 2019年一発目の、ヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』は驚天動地の超展開。前回のソウゴの決意が文字通りの転機となったか、枝分かれした別の未来から未知なる存在が訪れる。オーマジオウが立って以来生まれなかったはずの2019年以降の仮面ライダー「ミライダー」、そしてタイムジャッカーたちが送り込むアナザーミライダー(今までと違いこれから仮面ライダーになる者本人なのがミソ)。さらに、オーマジオウを倒し時の救世主となったゲイツリヴァイヴを奉じる、と称する別未来のウォズ。過去の遺産に阿るだけでは済まないことになって来た過去と未来の物語。予定調和を超え、混迷の世界をなしてゆく。

 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』は年末年始恒例の総集編にして最終章の幕開け。ギャグタッチでこれまでの両戦隊の活躍を振り返ると同時についにほぼ警察サイドに面割れしてしまう快盗、そしてザミーゴとゴーシュの危険な結託。ギャグとシリアスを同時進行させるのはこのツインサイドドラマの得意技になった感が。こちらもどういう着地になるのか読めないわね。

現状好転か?

 暮れあたり妙に挙動の悪かったブラウザさんだが、
 昨今結構軽やかに動いてる感触がある。
 レスポンスが滞ることもずいぶん減った感じだ。

 ヘルプにメモリの負担を犠牲に挙動をよくする方法が載っていたのでそれが功を奏したか?

 ハードは型落ちのロートルを騙し騙し使ってるような状況。
 だが気付くと歴代使用してるマシンの中では深刻な故障もなく一番長く使えている。

 このまま穏便に、使い続けていられるといいのだが。

仕事でなくとも愚痴りたい。

 ああもう。何というか。
 休みだというのに雑事が多くてなかなか自分の時間がとれない。
 その上その雑事もなかなか捗らない。
 自分がアホでマヌケで要領悪いせいなので人に文句も言えやしない。

 何もかもが上手く運ばず、
 息をしている間は自己嫌悪に苛まれるばかり。そんな一日。


 明日はもうちょっといい日になるかなぁ。

幸先はお世辞にも。

 三が日も今日で終わり。
 世間も徐々に通常モードへと移行してゆく。

 まぁ我は週明けまではお休みが続くけどな!
 総操業時間が減るのは今後不穏しか感じないが、まぁせいぜい英気を養わせてもらおう。

 この年末年始はちょっとばかり波乱があって出端を挫かれた感があるが、
 どうにか巻き返しを図りたいところ。

今年のマレビトたち。

 在所生まれの猫兄弟もこの年末年始里帰りしてきたよ!

 だが普段暮らしてる土地より寒いのか閉じこもりがち。
 IMG_2803.jpg
 呑気なアニキは主に布団の中。

 IMG_2802.jpg
 内気な弟は見慣れぬ人が来るととりあえず降参の構え。敗北主義者、嫌いじゃないぞ。

 両方それなりに愛想してくれたよ。
 猫たくさんと過ごす年越しも良き哉。