FC2ブログ

共謀空間FC

〜74年目の復習。〜
手慰み。 2019.08.18
残暑凌ぐ。 2019.08.17
彼岸の火。 2019.08.16
嵐の盆。 2019.08.15
鬼門コンビ・白。 2019.08.14

闇堕ちの季節。

 …「すごい台風が来る」って言われてももう「ほーん…」って反応しか出来なくなってる自分が嫌だ。


 因みに在所は22時ごろは多少ざわついていたが、23時過ぎたらもう静か。
 過去に痛い目にあっている分接近には過敏になるがここ最近は空振り気味なのが在所。まぁ一安心だけどね。


 そんな9月末日日曜日。L字表示が付きっぱなしの本日のヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダージオウ』。誰とでも友達になる、を標榜していた『仮面ライダーフォーゼ』と対人関係の確執が一つのテーマだった『仮面ライダー555』をレジェンドとして取り上げ、将来恐怖の魔王と化すことを予言された少年常盤ソウゴにとっての「仲間」という存在についてを描くEPである模様。今のところ彼の周囲にいるのは魔王と化す前に消してしまおうと目論むゲイツとそうならないように導きたいと願うツクヨミ、そして魔王への導きをすると称しつつ思わせ振りで断片的な関わりしかしてこないウォズの3人のみ。ウォズはともかく、他の二人がソウゴにとって「仲間」と呼べるに至れるのかを描くことになりそうだ。二つのライダーの関わりが複雑に絡み合ってまだまだ事態の真相は見えてこないが、それは前の二人とは別格と思しき3人目のタイムジャッカーの力量を見せつける意味もあるのだろうね。ご本人出演が難しいレジェンドについては今回のようなカメオ出演の形になるのかねぇ。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。つかさ姐さんに「ブレーキが壊れている」と評されたルパンレッド=魁利の、他の快盗3人とは一線を画した「危うさ」を描く。要領よくて計算高く、倫理観も少しばかり欠けている彼。故にどこに出しても恥ずかしくない立派な人格者である兄や正義感の塊のような圭一郎にはコンプレックスじみたものを抱いている。そして今回、取り戻したいはずの兄の幻影を撃ってしまったことで彼は自分が真人間の領域から踏み出してしまえることを自覚してしまった。世紀の怪盗と言われた男の残した残酷な試験にパスした魁利。ダーティイメージの戦隊ヒーローは今までにもいたが、彼の行く末はそんな先達とはまた違うものになりそうな、不安感じみたものを覚える一幕なのだった。

スポンサーサイト

プロの技前。

 空気の甘ったるい時候である。


 言わずと知れた木犀の開花のせい。
 自宅周辺にも職場周辺にも木が多いのでどこ行っても香ってくる感じがする。


 お庭の銀木犀も最近剪定してもらったので花少な目になるかと思ってたら、
 例年よりもたくさん付いたくらいだったよ。
 IMG_2742.jpg
 これが植木屋さんの技術というやつか。

息を吹き返す。

 この猛暑の夏の間は元気がなかったゴーヤーが、
 今頃になって青々と茂り、実もたくさん付けている。

 IMG_2741.jpg
 このクラスが続々。
 もうしばらくは、このほろ苦いビタミン源のご利益に与かれそう。

秋はまた、心ざわめく。

 最近何やらまた、姫様が朝っぱらから落ち着かない。

 にゃーにゃー騒ぎながら家じゅう走り回り、外を気にするのだ。
 人に向けて何かを要求してるようでもあるが、どうにも心情が汲めない。

 今時分は猫の繁殖期ではあるのだが、別に外から盛りの付いた声が聞こえてくるわけでもなし。
 そもそも付近の猫は大体避妊済みのはず。

 それでも何がしかのフェロモンでも匂ってきて、それに反応してるのかねぇ。
 不満げなのに応えられなくて申し訳ない。
 IMG_2740.jpg

 

存在の耐え切れぬ厭わしさ。

 某大手出版社の雑誌が、
 とある国会議員の差別的発言を取り上げた上それを擁護するような文を掲載し、
 物議を醸した末に休刊に追い込まれたのは周知のとおり。

 この一連の流れに対する是非の感慨はさておき。
 どうにも単に「臭いものに蓋をした」感は否めないところ。

 売らんがためにはっちゃけてしまいましたごめんなさい、責任取って休刊とします、って
 商業的意図方面に論点をすり替えて収拾を図ったというか。
 会社にとって損失には違いなかろうが、トカゲの尻尾切りなのではないかというそんな感じ。


 何というか、ね。
 この一件で差別対象の槍玉に挙げられてる人たちに対する嫌悪ってね、実は単純かつ感覚的なものなんじゃないかと思うのよ。
 どれだけ理解してください容認してくださいと懇願され説明を尽くされても、決して拭えないような生理的ともいえるもの。
 件の看板への落書きが語っている。あれは単なるヘイトなのだ、と。

 それだけではそのスタンスを具体化する根拠としては弱いということで、あれこれ理屈をこじつけるのでおかしなことになってゆくんじゃないか、ってね。
 自称文化人たるもの感情に任せて言動するなど立場に悖るという妙なプライドが働いた末のことなんじゃないか。
 性根の卑しさを糊塗しているに過ぎないのではないかとつい考えてしまう。


 複雑怪奇な世の中を単純に考えすぎじゃないかって思われるかも知れないけれど。
 世の中早々立派で高尚な人ばかりが動かしてるとも思えんのよね。

平安の世から巡りくる。

 お庭に万葉花のひとつ吾亦紅が咲いたので一枚。
 
 IMG_2738_convert_20180925232517.jpg
 派手じゃないけれど不思議な存在感があるんだよね。

 IMG_2739_convert_20180925130148.jpg
 シュウメイギクも開花し、空気に木犀の香りも交じり始めた。
 巷はもう秋本番。

 

バラージの青い石。

 IMG_2728.jpg
 『ウルトラマン』に登場した中でも殊更に強い印象を残す怪獣の一体、磁力怪獣アントラー。
 このウルトラマンを大いに苦しめた強敵が、S.H.フィギュアーツで登場。
 これも魂ウェブ限定商品。


 IMG_2729.jpg
 幻の古代都市バラージ付近の砂漠にアリジゴクのように巣食う怪獣。
 強力な磁力光線を放つ能力を持ち、謎の航空事故を引き起こす。

 IMG_2730.jpg
 その昆虫じみた姿を心地よく再現。
 さほど重いわけではないが、やはり幾分トップヘビーなので自立は困難。

 IMG_2731.jpg
 昆虫ともカニともつかぬ独特の頭部。

 IMG_2732.jpg
 アーツウルトラマン(Aタイプ)と比較。
 ボリューミーだがそれほど身長があるわけではない。対比としてはまぁ適当か。

 IMG_2733.jpg
 可動範囲そのものはさほど広いわけではないが、関節が目立たない割にはよく動く。
 ほとんどが二重ボールジョイントで構成され、フレキシブルに動くのもポイント高い。

 IMG_2734.jpg
 大あごもボールジョイントで可動。眼柄や二対の触角もわずかながら可動し表情付けに一役。口吻も開閉する。
 これらの細かいパーツは硬質素材のため破損に注意。

 IMG_2735.jpg
 オプションとして砂の中から姿を現すシーンを再現可能なパーツが付属。
 下半身を外してはめ込む仕様。

 IMG_2736.jpg
 何気にウルトラマンもほぼ歯が立たなかった難敵。
 バラージの遺産がなければ勝てなかったという。

 相変わらず怪獣アーツには外れがないねぇ。
 今後も細々でいいから続いていってほしいところ。


 

ささやかな福音。

 世間では今頃のことをシルバーウィークとかいうんだってなぁ。
 まぁ我には縁のない話さぁあーははーはー。…はぁ。

 まぁ日曜安息日くらい休んでも罰は当たらんだろ。
 恒例のヒーロータイムレビュウだよ。


 『仮面ライダージオウ』。2番目の平成ライダーの時代を経て、未来の魔王たる常盤ソウゴが腹をくくるお話。すべての人を幸せにするために自分は王になる。もし道を誤ることがあればその時は遠慮なく止めてくれ。最悪の未来を阻止するためにやって来た未来人に対し何の衒いもなく言い切る彼は確かに王に至る器なのかも知れんね。アナザーライダーを止めるために歴代ライダーたちの力を奪う(というか託される)、それは確かに魔王へ至る道なのかも知れない。だが。彼と関わることで前EPで選手生命を絶たれるはずだったバスケ選手は永らえ、そして今回病死するはずだった少年もまた救われる。そんな風に本来の歴史とはほんのちょっぴりずつだが変わってゆく。その積み重なりが、未来を明るいほうへ変えてゆくのだろうね。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。割とお約束なのか?な「子供になっちゃった」EP。もしかしたらギャングラーの能力を食らった誰かなのでは…と疑う線もあったかも知れんがそれを問うても仕方あるまい。圭ちゃんが快盗たちの最終目的を詮索しだしたことも垣間見せたが、多くは語れないとはいえノエルにしてみればいい傾向なのだろうね。まぁ今回はそれよりも、子供の姿でもどうにか事態を切り抜けようとする3人の様子を楽しむ回だったかなと。他の作品なら子供状態でも変身したところだろうがそれも出来ないしね。

親しみやすさ。

 ビキッ!ビキビキッ!ワレッナイッ!!
 IMG_2719.jpg
 ようやく今月最初の玩具レビュウ。
 『仮面ライダービルド』より地獄を見た男・氷室幻徳が変身する「西都の仮面ライダー」、仮面ライダーローグがS.H.フィギュアーツで登場。
 例によって魂ウェブ限定商品。

 IMG_2713.jpg
 スクラッシュドライバーにクロコダイルクラックフルボトルを装填することで変身する仮面ライダー。
 ダイラタンシー流体効果を利用した鉄壁の防御力が特徴的。

 IMG_2714.jpg
 造形・質感など映像中のイメージを気持ちよく再現。

 IMG_2716.jpg
 クリアパーツの発色が大変美しい複眼部。
 各部のひび割れ模様はプリントで再現。

 IMG_2717.jpg
 後頭部に輝く「割れ物注意」もしっかりプリント。

 IMG_2718.jpg
 ベルトのスクラッシュドライバーにはクロコダイルクラックフルボトルを装填。
 やはりシリンダーの色がクローズチャージやグリスとは違う。

 IMG_2721.jpg
 クロコダイルクラックフルボトルはもちろん着脱可能。

 IMG_2720.jpg
 イモヒゲコンビ(笑)。
 同じスクラッシュライダーのはずが共通する部分は皆無。
 というかビルド系ともトランスチーム系とも違う何だか浮いたデザイン。

 IMG_2722.jpg
 武器として付属するネビュラスチームガン。
 トランスチームガンにディティールが追加されたもの。

 IMG_2723.jpg
 スチームブレードはナイトローグなどに付属のものと同じ。

 IMG_2724.jpg
 ライフルモードに組み合わせることももちろん可能。

 IMG_2725.jpg
 なぜか鷲尾兄弟が使っていたギアリモコン、ギアエンジンも付属。

 IMG_2726.jpg
 ネビュラスチームガンにセット可能。

 IMG_2727.jpg
 エボルトに対抗する4人の仮面ラダーがこれで集結。
 あとはビルドの強化フォームだな。最近は何か主役ライダーが後回しになるアーツ関係。
 

使いこなせ!ニューアームズ家庭編。

 かかりつけの電器屋さんがやってきていくつか電化製品を更新してくれましたよ。
 こういうまとめて家電を買ってくれるのっていい客なんだろうな。

 固定電話も新しくなったが、
 携帯やパソコンと違って登録情報を簡単には引き継げないのがちょいと面倒。
 いちいち入力しなおさなけりゃならないからね。

 最近の機種は、その辺も利便出来るようになってるんだろうか?外部メモリとか繋げて。

 何にせよ。
 10年近いスパンで家電買い替えると技術の進歩に慄然とするね。
 何でこう何もかもが小さく軽くなっていくんだよ。

秋冷いやん。

 半月ばかり前の残暑が嘘のように肌寒さすら覚える今日この頃。
 我が家で最も季節に敏感なこの方もこれには参ったようで。

 IMG_2712.jpg
 日中でも人の寝床に潜り込んで過ごすように。

 まだ冬には間があるぞ。今からそんなことでどーする。

それでも地球は回っている。

 豪雨で始まり猛暑が続いた今年の夏もどうやら過ぎ去り、
 巷には秋の風。

 …また暑さがぶり返すとも聞くがな。むー。

 異常だ異常だとそればかりを聞く空模様だが、
 それでもまだ、季節の移ろいはそう変わるわけでもない。
 IMG_2711.jpg
 度々の風雨に晒されながらも田圃には稲穂が実り、

 IMG_2709.jpg
 萩をはじめ秋の花も咲く。

 IMG_2710.jpg
 そして、この時期を狙いすますかのような赤い花。

 当たり前の風物が当たり前に巡ってくる、なのになぜだか不可思議。

Rapid Eye Moving.

 昨今眠りが浅いのか夢をよく見る。
 どんな夢かは詳述しない。夢の内容を人に言うと現実になるとかいう。それは困るので言わない。
 その程度には夢見が悪い。

 夢内時間一日以上にもなりそうな内容が、
 実際は1時間にも満たない転寝の間だったりもする。まさに胡蝶の夢。

 それはなぜなのかと考えて、
 ダイジェストのTV番組みたいに編集構成された内容だからかな、と今日の夢を思い返してみて考えた。
 うまく表現できないけれど、画面の中に実際いるような感覚というか。
 そんな、主観と客観が入り混じった不思議な感覚。

 現実もあまり良くない夢の中なのではとか思いつつも、
 夢と現を混同するほどには参っちゃいないはずだと自分に言い聞かせる、
 そんな泡沫の人生。

不法滞在者。

 集合住宅やら今どきの建売住宅などではなく、
 築ン十年の古い家に住んでいる。

 こういう家にはスキマが多いので何やら色々住み着いてるというのは前にも書いた。
 戸袋にはコウモリが住んでるだろうし、軒下にはヤモリがいる。

 今日は家周りの側溝の中から、
 体長30㎝くらいのイタチが飛び出してきた。

 …まぁ、ネズミとか捕るらしいので悪いものではないんだろうけど…

 そんなもので賑やかなのも、
 そう悪くはないのかな、と覆ってしまうのだった。
 
 脊椎動物だけでどのくらい住んでるのかなぁ…



 そしてその全生命(人間含む)の頂点に立っているのは……


 IMG_2708.jpg

人質案件。

 何というか、またじめじめと蒸し暑くなってきたねぇ。
 ちょっと梅雨みたいな空気だよ。

 暑さ寒さの区切りとされる時期。
 さわやかさとは無縁の気候にため息をつくアンニュイな連休中日。ニチアサヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』は未だ記憶に新しい『仮面ライダーエグゼイド』編に突入。ゲームと奇病というかつての本編に沿ったような事態に立ち向かう。ストーカーのごとくソウゴを監視し続けるゲイツとツクヨミが可笑しいが、何のかんので未来の逢魔とは同一人物とも思えないソウゴのお人好しっぷりに引っ張られてしまう善人さ加減もまた可笑しいのだった。さて新たな「未来の王」を擁立すると称してアナザーライダーの力を振りまくタイムジャッカー。人の弱みや願望に付け込んでゆく悪質なタイプらしいね。そんな彼らの関わり用もまた、未来の魔王のあり方を変えてゆくのだろうけれど。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。凶悪な敵を前にまたも協力することになる警察と快盗。それに及ぶためのひと悶着。完全に私的な目的のために行動する快盗サイドとしては、実は完全に警察側にイニシアティヴを取られた取引だったんだよね。圭一郎があくまで突っぱねたら万事休すなわけだったのだから。それでも結局圭ちゃんはノエルの取引に乗り、そしてその意図に絆されてしまった。その無念を噛みしめる。公私の板挟みに煩悶するのもまた、このタイプのヒーローの特徴だわね。

伝家の宝刀。

 もしかしたら、だけど。

 最近の一般家庭には、こういうものの類がもう無かったりするんだろうか。



 IMG_2705.jpg


 さらにまさか、
 これが何に使うものなのか分からない人が多くなってるんじゃないか、というのはさすがに馬鹿にし過ぎだろうか。


 ともあれ。
 今の世の中缶なんて手で開けられて当たり前になってる感もある。
 飲み物の缶でさえ添え付けの鉤爪みたいな道具で穴をあけねばならなかった時代ももう過去の果て。

 でもいまだに、
 この缶切りが必要な缶って見かけるんだよなぁ。

 IMG_2706.jpg
 この辺にも何らかの事情ってあるんだろうかねぇ。

賢者の石。

 北海道の地震から一週間たち、
 全域停電という異常事態からそれでも計画停電もなしに復旧を始めている段階である。
 現代文明社会の基幹としても過言ではない電力。神経質になるのも仕方のないところだろう。


 一方。
 プルサーマル、核燃料サイクルとかいう何だか錬金術の如き技術を謳い上げて巨費を投じられてきた施設が、
 結局モノの役になんざ1ミリも立つこともなくこれまた巨額を用いて解体されることが決まったのも周知の事実。

 名前の由来になった菩薩尊が気を悪くしかねない愚行と言われても致し方あるまい。


 件の技術がどういうものなのかよく知らないのであまり偉そうなことは言えないのだけれど。
 使用済みの燃料を「再処理」すれば使った以上の燃料ができますよ、これでエネルギー問題も一気に解決。やったね。
 …だれも「ちょっと待てそれなんかおかしいぞ?」とか思わなかったのかねぇ。

 そもそも「使えば使うほど増えてゆく燃料」って、
 ゴミとどう違うんだろうか。

 知れば知るほど首を捻りたくなることばかりが増えてゆく「原子力事業」というやつ。
 いろんな意味での「夢」にまみれた、現代の錬金術というところか。

刷新周期。

 BRレコーダーの時にも書いたが、
 基本物持ちのいい家風である。
 貧乏人らしくそうそうの頻度で家財を買い替えたりはしない。

 電化製品に関してもそうで、
 5年以上使っているものなんてざらにある。
 先日の7年物レコーダーだって以来元気に稼働中だ。


 だが。
 耐久消費財ほどにはもってくれないのが電化製品。
 ぼつぼつガタが来はじめているものもちらほら。
 中にはもう現在メーカーが存在しないものもあったりして。諸行無常。

 この度一気に掃除機、FAX付電話、そしてCDプレイヤーを買い替えることに。
 出費は痛いがやむを得ぬ。

 しかしまぁ。
 こう買い替えスパンが長いと新旧での進化に目を見張る。
 CDラジカセなんてSDカードとかに録音できるようになってるのな。

 なのにいまだにカセットテープが廃れていないあたりにも、
 ちょっと不思議な感覚を覚えたりもするのだった。

油断した。

 ああもう。
 月も半ばに差し掛かるとアップデートがあるから能動的にチェックするよう心掛けてたはずなのに。

 気付くとまた動作が悪くなってたよ。
 そしてどうやらインスコ中に電源を落としてたらしく更新エラーメッセージが。
 やっぱバックグラウンドでされると困ることが多いなぁ。

 動作が悪いのとやり直しの手間で時間が取れないため今日はおざなり。
 悪しからず。

時事あれこれ。

 昨今明るいニュースがスポーツ界隈くらいからしか出てこない。
 災害報道中でもねじ込むようにしてテニスの話題を出してくるくらい。まぁ快挙には違いなかろうが。

 そのスポーツ関連からでも指導者役員級の醜聞がまぁ次から次へと出てくること。
 五輪を前にして出せる膿は全部出してしまおうって意図でもあるのかと思うくらい。
 なんか今一番槍玉に挙げられてる体操夫婦がひたすら高露出低姿勢戦略に出てるのは前例になってる各氏の二の轍を避けようと躍起になってるんじゃないかとも見えてしまったり。
 体育会系トップは勘違いするもの、というイメージがもう固まりつつあるのかもなぁ。まだ出てくるかなこの手の話題。


 台風のせいでかの脱走犯がさらに見つかりにくくなってたりしないかなぁ、とそちらもちょっと不安だったりするここ最近なのだった。

箱入り娘(物理)。

 特にトピックはないがトップに写真がなくなるのは寂しいので、
 そういう時の定番で姫様のお姿でも。

 IMG_2704.jpg
 デカネコと言われることもある姫様だけど、
 ブキヤノーマルサイズに収まれるくらいはコンパクトになれるんだよね。

 どうも急に涼しくなったので、
 どこに居たらいいかわからなくなってる模様。

やりなおし要求。

 秋雨前線到来の模様でここしばらくの暑さが嘘のような冷涼さ。
 災害級に降るのは困るがこの程度なら歓迎、ってくらいの降り。場所によってはまた溢れるほど降ってるみたいだが。


 立て続けの災害に蹂躙される日本を元気づける、
 朝のヒーロータイム。


 『仮面ライダージオウ』。今回で各レジェンドライダー時代の攻略フォーマット基本の流れが提示されたというか。ジオウは各ライダーの力を手に入れてゆくことで一歩一歩魔王に近づいてゆき、彼にライダーの力を渡した年代はそのライダーが存在しない、そもそもそのライダーが誕生する前提すら「なかったこと」になってしまう。公式が言ってた「誰も前年のライダーで起きたことを覚えていない、という事柄の理由を説明する」とはそういうことなのか。2017年ビルドの時代で言うとスカイウォールの惨劇からしてなかったことになっているんだろう。まさしく別の意味での「新世界」。目の前でスカイウォールが消滅したりすれば分かりやすかったんだろうけどね。それはそれまでのライダーの活躍を否定するような悲しい筋書きのように思えるが、ビルドでの出来事がなければ何の接点もなかったはずの巧(戦兎)と万丈が知り合いになってるままなど、何かが変わってはいる。その辺が何らかの契機になってはいるのだろう。ともあれ。ジオウ=ソウゴが最悪の魔王になる未来を前提として、すでにその片鱗を見せ始めているソウゴ本人を含めそれを変えようとする物語。まずは滑り出し好調、かな?


 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。国際警察に司法取引を持ち掛けるギャングラーという特殊なパターンに乗じて刑事コントやら学生コントやらを交えるギャグ回…に見せかけたドシリアス展開の前振り。案外油断ならねぇな大和屋脚本。今回ちょっと気になったのは警察の面々とはいささかベクトルの異なるノエルのギャングラーに対する敵愾心。彼もまた快盗サイドと同じく大切なものを奪われた経緯があるとは述べられたが、どのタイミングでそれが詳らかに語られるのか。ともあれ見事ゴーシュの計画は図に乗り事態はほぼ最悪なものに。さて警察と快盗、本編二度目の共闘はいかな経緯をたどるのか。

遅寝遅起き。

 いやまぁ、つまんない話。


 使ってるブラウザは某モジラさんだけど、こいつ立ち上げはもちろん立ち下げにも割と時間かかるんじゃない?
 例によってPCのスペックがうんこだからだけかも知れないけど。

 ウインドウが閉じた後でもしばらくは終了してない様子で、
 直後PC自体を落としたりすると不正終了扱いになることが度々。
 復帰時にお詫びメッセージが出たりして鬱陶しいやら申し訳ないやら。

 最近はその辺改良されたのか、
 復帰後自動的にブラウザが起動するようになったりして。

 バックグラウンド動作って見えないからこそすっきりしてるものかも知れないけれど、
 見えたほうがいいと思うことってないかな?
 表示するようになったらそれこそリソースを食っちゃうのかもだけど。

 

自粛モード。

 こう、あっちでもこっちでも災害とか起きてるとバカなこととか書きづらいなぁ・・・
 7年前の大災害ほどじゃないけど、なんだか地味に気まずさが流れるというか。


 ともあれ。
 あのだだっ広い北海道が一時全域で停電するという前代未聞の異常事態を引き起こした今回。
 土地柄季節が季節ならそれだけで人的被害の桁が違ったんじゃないかとさえ思ってしまうのだが。

 ああいうことっていつどこで起きたっておかしくはないんだよね。
 つくづく文明社会の脆弱さを思い知らされる。

 こういうことは対岸の出来事としてみるのではなく今後の参考にすべき実例として見るべきなのだろうけれど、
 具体的にどう備えればいいのかは考えづらいわよね。一般市民レベルでは。
 やはり、社会構造段階から考えねばならないんだろうとは思うのだけれども。

ハチまで来た日本。

 …昨日あんなことを書いたら本当に足元からも来たよ…
 お、俺のせいじゃないからなっ!


 西が台風の被害にあえば北が地震の被害にあう。
 天災故思惑などあるはずもないけど、こうも立て続けだとなんかもうこの国ダメなんじゃね?って気すらしてくる。
 平成最後の年は、また別の意味で記憶に残る年になりそうだよ…


 天道が人の都合に迎合するはずもなし。
 だからせめて備えよとは思うんだけれど。

 起きてしまえば、もう泣き叫ぶしかないのが人の限界なのかもなぁ、結局は。

泣きっ面日本。

 IMG_2703.jpg
 一過の晴天の下に姫様。


 さて関西圏に大打撃を与えて去っていった台風21号。特に関空に与えたダメージは国家経済に影響するほどの深刻なものだったようで。
 何事もなかった我が身がちょっと申し訳なくなるくらいだったのだが。


 本当に頭の上にも足元にも覚束ない要因がてんこ盛りだねこの島国。
 もう少し災害があること前提にして立国したほうがいいんじゃないか。

 さもなきゃどこか侵略征服して、
 国ごともう少しましな場所に引っ越さなきゃならんのかも、とか胡乱なことを口にしてみたりして。

今から行くよっ💛

 いつもよりずいぶんと早い更新になります共謀空間です。
 あと数時間で今年最強クラス21号さんが呼んでもいないのにやってくるそうなので。

 現在は静かなもの。近隣の学校も休校になったようだし列車も走ってないので二重の意味で静か。
 絵にかいたような嵐の前ってやつか。


 こういうものほど肩透かしで終わってほしいと思うものはないよね。
 強い台風の総エネルギー量は水爆に匹敵するそうで。割と本気でゴジ〇が近づいてるようなもんだな。


 もし無事にやり過ごせたら、今日はまた更新するかも。



 (追記)
 車はまとめて転がされるわビルの外壁は引っぺがされるわ空港は水没するわと大変なことになってたが、
 在所界隈はさほどの被害もなく夕方には静かになったよ。

 豪雨の被害は度々受けるけど、案外台風のコースからは微妙に外れるんだよねここ最近。
 穏やかな空が恋しいよ、ほんと。

どっこい生きてた。

 先日。
 7年間愛用してたBDレコーダーが死亡した、と書いた。
 電源が全く入らなくなった、と。

 そのレコーダーが、



 別のコンセントに差し込むと、何事もなかったかのように起動したりする。



 やはり落雷のせいだったのか、それともどこかに接触不良があったのか。
 コンセントも延長コードも普通に使えたので原因はさっぱり不明。だが何の問題もなく使える。HDDの録画内容も無事。(さすがに電源入らなかった間の予約録画は出来てないけど)

 本来なら生還を手放しで喜ぶところなのだが。
 さて、困ったぞ。



 IMG_2702.jpg
 新しいの買っちゃったんだよ。よさげなスペックのやつがお安くあったから。


 これは返品すべきだろうか。それともこれを機会に乗り換えるべきなんだろうか。
 ちょっと判断に悩むところだ。むぅ。

二度目の十年紀。

 第20作にして「最後」の平成仮面ライダーシリーズ。
 先の19作を振り返りつつ新たな時代へ踏み出す、時空を超える物語。

 『仮面ライダージオウ』が本日より放映スタート。
 それを含め、9月最初のヒーロータイムレビュウ。


 で、早速『仮面ライダージオウ』である。
 何だか導入が10年前と同じだって気がしないでもないが、とりあえず展開としては「逆ターミネーター」なわけね。破滅的世界を改変するために未来から殺しにやってくる。それを様々な思惑から妨げるもの、またそれとは無関係に(?)暗躍する何者か。そして未来で悪逆の魔王として君臨するのは現在は絵にかいたように善人な主人公。「世界を平和で幸せなものにするためには自分が王様になるしかない」という大それた夢を抱く壮大な善人バカである。…何となくそういうのほど極悪支配者に堕するのもよくある話だと思ってしまうわけだが。ともあれ。オリジナルキャストも続々出演する模様の仮面ライダー20年史。まだまだお話の大半は闇の中。1年どう楽しませてくれますか。

 一方の『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』。後半戦に入り本筋に回帰。いつかやってくれないかなと思ってたブラコン魁利くんが兄貴肌圭ちゃんに兄の面影を見る話。要領よくて計算高く、それに自覚がある魁利にとってはただただ人の心に寄り添おうとする兄は永遠の憧憬にして劣等感の象徴。それに重なる言動をとるのが、普段から鎬を削りあう仲の熱血お巡りさん。今回完全に快盗サイドの勝利となったが何とも言えぬ敗北感に打ちのめされるという、苦い後味のお話なのだった。相容れぬ二人に今後待ち受ける未来とは。

R.I.P.

 えー。
 お部屋のBlu-layデッキが、お亡くなりになりました。享年7歳。

 

 ほんの三日前までは普通に使えたのに、電源を入れようとしてもうんともすんとも言わなくなり、ついでに接続しているTVにも全く電波を送らなくなるという有様。
 前述のとおり7年物なので、「修理するより買い替えたほうが安い」と言われるだろうなぁ。

 何の予兆もなくあまりにも突然なため、二日ほど前の至近落雷が原因かなぁとか思ったが、
 それにしては同じ部屋にある他の電化製品(PC含む)には問題がないし。
 7年で終了とはなぁ。長いのか短いのか。

 とにかく録画媒体がないと何かと不便なので、新品導入を検討。
 HDDのデータは惜しいが、まぁ仕方なかろうなぁ。
 決してお安い買い物ではないが、消費税が上がる前に。