FC2ブログ

悪巧みのターン。

特撮
07 /08 2018
 ああ。散々な週末だったねぇ。
 過去形でなく現代進行形の人もいるだろう。それどころかこの先の見通しも立たない人も多いだろう。

 たとえ現実問題を何一つ解決できる力を持っていないとしても。
 その一助となるべく人々の心に勇気を与えるために。ヒーローたちは今日も戦うのだ。


 『仮面ライダービルド』。エボルトの元にあってその野望を支えるかのごとき悪魔の科学者父・葛城忍。その真意がどこにあるのか垣間見せるようなそうでもないような一幕。かつてなんやかんやで戦兎や万丈を支援しているように見えた(そしてそれはあながち間違いではなかった)石動エボルトが正真正銘の悪だったのに続けて葛城父もそうだとしたらちょっとしんどいが。今回の行いは自分が敵として現れて動揺する息子の迷いを振り切らせるようにも見えたんだよね。美空も万丈も救って見せろ。さもなくばエボルトから地球を救うことなど出来はしないぞ。そんな「課題」を提示し、そして戦兎はそれを見事にクリアしたというのが今回の筋立てではなかったか。いずれにせよ、絶望的な最終決戦に臨む仮面ライダーたちにとってその思惑は決定的なファクターであることは疑いあるまい。


 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。自称アモールの国から来た男・高尾ノエルのキューピッド大作戦。単なる近所のおばちゃん的お節介と取れなくもないが、先週予測したノエルの真意「快盗と警察両陣営の仲を取り持つ」が間違いないとしたらそれなりの思惑あっての干渉とも思える。両陣営のメンバーが親密になるのはリスキーでしかないのが現状だしノエル自身それは百も承知のはずだが。それでもなおそういった確執を乗り越えうる絆が生まれることを期したとすれば。アモール云々とはまた別の方面でのロマンチストだわよね。結果は失敗に終わったようにも見えたが、「振られる際の決まり文句」を口にした初美花も実際にはちょっと心が動いたんじゃないかとも見て取れたのだった。
スポンサーサイト

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら