FC2ブログ

共謀空間FC

〜74年目の復習。〜
手慰み。 2019.08.18
残暑凌ぐ。 2019.08.17
彼岸の火。 2019.08.16
嵐の盆。 2019.08.15
鬼門コンビ・白。 2019.08.14

ひとまわり。

 IMG_1962.jpg
 年に一度のお勤めの時が来たぜ!

 というわけで。
 もう11回目になる、共謀空間の年越しである。


 この大晦日は何というかドジの連続で、
 年の瀬に何だか嫌になる様な一日だったのだが。

 これで一年の厄落としが出来たと思っておこう。
 前向きになっときゃ案外何とかなるもんよ。


 では。皆様におかれましても。
 良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

帰省兄弟。

 年末帰省してきた家族に連れられて、
 在所生まれの猫兄弟も一年ぶりに帰って来たぞ。

 IMG_1959.jpg
 IMG_1960.jpg
 両者寒いのと慣れない場所なのせいで毛布に潜り込んだきりだけどな!

 慣れたらまたあちこちうろうろして、
 姫様を脅かすのだろうね?

ちょっと困った。

 セキュリティソフトが真面目に仕事してくれるのは嬉しいが。
 たまに融通が利かないことがあるのは困りもの。

 とある情報発信ブロックが仇となって買い物が出来ない。
 ブロック解除しても何だかうまくいかんなぁ。

 以前はこんな情報要求されたことなかったんだが。
 ちょっと不審。

おとなの冬休み。

 …というわけで。
 今年も仕事納めしたドラティアさんであります。


 どうにかこうにかクビにもならず負債もなく勤めあげましたよ。
 このご時世にありがたいこと。
 
 将来安泰と左うちわしてられるには程遠いけれど、
 とりあえず、無事年越しモードに突入。

 あと三つ寝るとお正月。
 英気を養うとしようか。

第伍拾戦術。

 IMG_1958.jpg
 「斉射!」

 花家大我=仮面ライダースナイプの本編中最強形態である仮面ライダースナイプ・シミュレーションゲーマーLv50がS.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品である。

 IMG_1950.jpg
 二つのゲームが収録されたガシャットギアデュアルβの戦略ゲーム『BANG BANG SIMULATIONS』から召喚されるシミュレーションゲーマを纏った仮面ライダースナイプの姿。
 10門の火砲・スクランブルガンユニットを装備し、長距離射撃や面制圧までも行う重砲火形態。

 IMG_1951.jpg
 基本はシューティングゲーマ―Lv2と共通。
 大がかりなユニットが追加されている。

 IMG_1952.jpg
 制帽のような意匠が追加された頭部。

 IMG_1953.jpg
 ゲーマドライバーにはガシャットギアデュアルβを装填。
 着脱も可能だが、ダイヤルは回らない。

 IMG_1954.jpg
 シューティングゲーマ―Lv2と。

 IMG_1955.jpg
 肩側面の砲塔は回転。
 上面の砲身がそれぞれ独立可動する。
 腕の装備は手首ジョイントに接続されている。そのため交換を含め手首パーツは一切付属しない。

 IMG_1956.jpg
 唯一のオプションはキメワザ再現パーツ。
 腕の装備を外し、これをはめ込んで―

 IMG_1957.jpg
 装備を左右逆に接続すれば、
バンバン・クリティカルファイア!!


 『エグゼイド』ライダー終盤形態のアーツ化第1弾ということになるか。
 今後パラドクスやブレイブ・レガシーゲーマーもリリースされるようだが、エグゼイドの強化形態はアナウンス出ないな。


貴重な彩。

 クリスマスすぎると世間もちょっとだけ落ち着いた雰囲気になるかな。
 まぁ今週は今後年末年始にかけて慌ただしくなること必至だけど。

 飾り付けが片付く分、
 枯野の巷が物寂しい様子になる。花にも乏しいし。

 そんな中目を引くのは、
 やはり葉牡丹か。
IMG_1949.jpg
 …どうでもいいが「はぼたん」と書くと萌えキャラみたいだね。(何を言ってる

自由とその対価。

 近隣には犬猫を飼っている家が案外多い。
 ノラ猫さんに食事と雨風を凌ぐ場所を提供している人もいる。
 (迷惑にならんようにお金出し合って避妊とか予防接種とかしてる。ネコ共済)
 猫飼ってる家は半外飼いくらいがデフォらしく、首輪してその辺出歩いてる子も見かける。

 そういう人には、
 完全内飼いを心がけるうちの姫様はかなり不自由に見えるらしいんだな。
 よく縁側から、外を眺めてるし。

 姫様もまぁ、外に出たそうにすることはある。
 だがこれは基本、恐らくは他の猫がそこらをうろつくのが気になるから。
 テリトリーを決めて生活する猫と言う生き物は、家の中だけでも十分なはずなのだ。

 そう思うと。
 「猫外に出すと覿面に寿命が短くなる」という現実を踏まえ、外に出すのは大いに憚られるのだ。

 内猫が不自由そうだとか言うのは人間側の勝手な了見に過ぎんのじゃないだろうか。
 まぁ、訊いてみなきゃ分からんけどね。
 IMG_1948.jpg

雨は夜更け過ぎに。

 雪へと変わりそうにない。
 そんな天候の聖夜である。

 24日も夕方近くになるとケーキ屋の前に車の列が出来たりするのな。
 パティシエが1年で一番忙しくなる日。何とかうちの分は確保。
 IMG_1947.jpg
 ケーキ喰ってワインでも飲んで。楽しく過ごす日曜日。
 今年最後の、ヒーロータイムレビュウである。


 『仮面ライダービルド』。遂に知らしめるところとなった主人公桐生戦兎の正体…なのだが。こうまでアイデンティティをどうとでもできる奴がいてしまったら何が本当のことなんだかそれでもわかんなくなるのが困りもの。自身が諸悪の根源だと「トータル・リコール」ばりに悩むわけだが。消えてしまった過去よりもそれ以降歩んできた今の自分、と新たなアイデンティティを奮い立たせるわけだね。そもそも記憶を消される寸前の葛城はファウストを抜けたがってたみたいだし、ネビュラガスの魔力に憑りつかれた悪魔の科学者が趣旨を変えることになった何かがあったはずなんだよね。さてもう一方の諸悪の根源たる石動惣一。手に入れたスクラッシュの持ち込み先は何と北都。そうして、事態はライダー史上稀に見る「戦争」状態に突入する。このお話の黒幕の思惑がまた分からなくなってきたところでどうやらお話は一区切り。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。操り人形親父を救い出すも結局別離することになったり、そのおかげで宇宙消滅の危機を逃れることが出来たり。最終局面の山場をサクサク消化してゆく。詰まる所宇宙か親父かという選択肢を両方選ぶことが出来なかったのはそこまで甘くはなかったってところかね。そんな中ツルギの前でその正体を晒すドン・アルマゲ。それが予想通りのものだとしたら、つくづくキュータマ探しと身内の争いでしか話が進まなかったことになるな。宇宙を股にかけながらちっぽけに過ぎる物語。もうちょっとどうにかならなかったのか。

招かれざる。

 最近。久し振りにコメ欄におかしな書き込みがある。


 様々な場所にマルチポストされてる内容で、どうやらとあるアンテナサイトに誘導するURLが貼られているようだ。
 こんな場末のブログに貼ったって大した意味はなかろうにね。

 今のところ放置しているが、同じものが連日投稿されている様子なので近く処置をとる予定。
 特に害があるものでもなさそうに見えるが、ちょっと気持ち悪いしね。

山場というか谷場というか。

 今年も太陽が南回帰線に至り、
 北半球では一番昼の短い日になった。冬至である。

 ほぼ毎年くらい言ってるけど、
 柚子湯に入り、カボチャを食う日である。
 IMG_1946.jpg
 暦の上の節気の中でも、
 この手の生活習慣イベントが多いほう。

 それだけ、この日を凌ぐことが肝要とされてるってことだろうか。


 太陽が死ぬ日と言う概念は多分この国にはないが、
 気候的に一年で最も厳しい時期がこれからやってくるという意識は強いんだろうね。

どうしてこうなった21Century。

 我々の世代にとっちゃあねぇ。


 「リニアモーターカー」と言えば「来たるべき未来の象徴」の一つだったのよ。


 時速500㎞。
 0系新幹線の2倍にもなる超々特急。
 電磁浮行するため騒音も少ない低公害。
 正しく「明るく希望にあふれた未来社会」の代名詞ともいえる、夢のマシン。


 その頃にとっての「未来」が「現代」になり、
 リニアモーターカーの実現も真実味を帯びてきた昨今だが。



 その実情が、夢や希望とは縁遠いドロドロなものに成り果ててるのが、どうやら周知の事実。



 どうやら騒音問題も解決には至らず、
 電磁波による悪影響も報告され、
 用地確保のための開発や買収にも二悶着三悶着。
 その上、事業はずぶずぶの談合まみれと来たもんだ。


 こんな未来に、誰がした?

 (大体は経済資本主義のせい。否定はできない)



 かつて思い描いていた未来には、思うように辿り着いていない。
 こんな筈じゃなかった、って思いに満ちあふれているのが、今のこの国って気がする。

ゴー!ゴー!レッツゴー!!(New spec)

 IMG_1942.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズに遂に昭和ライダーシリーズがラインナップ。
 最初はもちろんこの人。仮面ライダー新1号。

 IMG_1931.jpg
 もはや語るまでもない。人類の平和と幸福を護るため自らを改造した悪の秘密結社ショッカーと戦う仮面ライダー・本郷猛。
 ひとたび日本を離れ、南米で転戦した後舞い戻って以降の姿。

 IMG_1932.jpg
 遂に中屋敷さん演ずるライダーが真骨彫ナイズされましたわよ。
 ライブスーツ的質感の再現に相変わらず余念がない。

 IMG_1933.jpg
 微妙に歪な造形すらもこだわって再現したマスク。
 アンテナは硬質プラ製で、予備も付属。

 IMG_1934.jpg
 ベルトのディティールもより当時のものに近く。

 IMG_1935.jpg
 旧アーツと。
 平成以降のリメイクスーツと放映当時スーツと言うか。

 IMG_1938.jpg
 マフラーはなびいた状態のものに差し替え可能。

 IMG_1937.jpg
 IMG_1939.jpg
 IMG_1940.jpg
 動かしても「中に人がいて動いている」って感じになるのが凄い。

 IMG_1936.jpg
 ただちょっと造形側に重点が傾いている感じはする。
 胸板部分まで動くにも関わらず、腕を内側には動かしにくかったり。股関節の可動範囲も狭かったり。

 IMG_1941.jpg
 おかげでサイクロンに乗せるのにもおさまりが悪く、シートに腰が落ち着かない有様。
 真骨彫規格のサイクロンが出るとも聞くけど。

 何と言うか、最新の玩具なのに半世紀近く過去からやって来た感がするというか。
 色々と造形上のこだわりは見受けられるが、遊びやすいかと言われると今一つかな。

デストラップ。

 この時期。足を踏み入れたら二度と出ることかなわぬと恐れられる悪魔の罠。


 それが、コタツ。


 日本の冬の風物詩なのだが。
 うちでは実は未だ出てなかったりする。

 忙しない貧乏性ばかりが暮らしてる我が家では、
 そも「お茶の間でゆったりする」と言うことがあまりない。
 罠を設営する意味合いが薄いのだな。

 大体今まで使ってたコタツ自体あまり良くないものだったので、
 年末時期を前に買い替えることに。木目の家具調の奴。

 IMG_1930.jpg
 …だがまだコタツ掛けまで出す意味もないということで、
 目下ただのちょっと背が高めの卓袱台にしかなってないのだった。

不安要項。

 何やら久し振りに、BDレコーダが録画に失敗する。

 
 アラート内容を見ると「録画できる信号が見つかりません」とのこと。
 どうもHDDの方ではなくてチューナー関係の不具合のようだ。アンテナの接続が甘かったのか?

 導入してもう6年を超えるデッキだし、
 またこういうことが頻発するようになったら買い替えも検討せにゃならんよな。

 こういうものは物持ちがいいほうな我が家ではあるが、
 どのくらいのスパンで買い替えるのが一般的なものなのかねぇ。

お父さんは裏切り者で心配性。

 公開中の冬休みライダー大戦が各方面で好評みたいだねぇ。
 地元の劇場では集客見込めんと断じられたか時期遅れにでも配給されなくなったんだよねライダー映画。切ない。


 ともあれ。クリスマス一週間前。一年で一番心浮き立つ時期。
 恒例・ヒーロータイムレビュウである。


 『仮面ライダービルド』。正体がばれてなお暗躍を続けるブラッドスターク=石動惣一。どうやら自身の真意には沿わない幻徳に見限りを付けたようで戦兎達や氷室首相に売る形になる。戦兎に「スクラッシュ」なるものを完成させ手に入れるもどこにも売る様子が無かったり、美空にこの期に及んでも嘘をつき事の核心から遠ざけようとするあたりどうも石動の真意は幻徳や難波からはかけ離れたところにある様子(美空はそれとなく察するものがあるようだが)。一方で幻徳を通じ戦兎の正体を伝えることで改めてその覚悟を問いにかかる。お前は何者なのか、人間を兵器化する悪魔の科学者なのか、それとも。この作中最大の大ウソつきの本意が明かされる時がこのお話の最大の転換期なんだろうね。幻徳もこのままでは終わりそうにないし、さて。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。父親を人質に取られた形のラッキー思い悩む。案外メンタル弱いよね彼。一方でドン・アルマゲの目的がどうやら宇宙を丸ごと吹っ飛ばすことらしいと判明。どうせ新しい宇宙でも創造してその神のごとき存在として君臨しようとでもしてるんだろうねぇ。多分その一助にツルギを勧誘しようとしているのだろうと。どうやら死亡フラグが立ってる様子のツルギ、それを誰にも明かさずに一人死地に赴く様は正直ラッキーよりもよほど悲壮に見える。まぁ、自身を伝説=旧時代の遺物と任じる彼はそれでいいんだろうね。汎宇宙的なスケールで進行するちっぽけな物語、終盤間近。

冬眠しない動物(のはず)。

 最近姫様の写真が乗らないので貼る。

 IMG_1927.jpg

 …っておかしいな?いつもの向き自動補正が利かないぞ?


 心地よい場所探しには余念のない姫様。
 朝は人の体温が残る布団の中から出てこないのが困りもの。

 あわよくば食事なんかもここでしたいとか思ってるね君?

上を向いて歩こう。

 今日も特にトピックはないので、
 晩飯のネタを晒す。

 IMG_1928.jpg
 国産ではないけど、ちょっといい肉。


 儂程度の人間でも、
 たまにはすき焼き食うくらいのことはあっても罰は当たらんよな? (謎の卑屈さ

忙殺。

 あー。
 別に年末だからってわけじゃない。

 だがネタもなければ時間もない。
 このところシフトが動かなくて夜型になってる身にはきついのよ。
 仕事するか寝てるかって生活リズムだし。

 トップから写真もなくなってるし、
 こんな生存報告だけの更新からは抜け出したいのだがなぁ。

定期からは逃れられねぇぞ。

 うぇ。先週のバージョンアップUDと月一の更新UDは別か。
 挙動は重いわブラウザはクラッシュするわでストレスフルなこと夥しい。

 月に2回もこういうことがあると何だか損したような気分にさせられるなぁ。
 快適安全なPCライフのためとはいえつい悪態が出てしまう。

 まぁバージョン変わったせいか更新過程の詳細が分かるようになったのは一寸ありがたいかな。
 進捗の数字がなかなか進まんのは変わらんが。


 …最近ロクな内容で更新してないなこのブログ。
 何か日々の暮らしが乾いてきてるようでちょっと悲しい。

冬将軍先触れ。

 今年の冬は寒くなるよ…
 と気象庁が自爆直前のでっかい雪だるまみてぇな事言ってきた。何年使ってるネタだよこれ。

 ここ2年ほど暖冬傾向が続いてた気がするので、
 何か堪えそうだね今季の寒さ。
 空気の冷たさが、12月上旬にして一味違う肌触りだ。


 寒いのはどうにか凌ぐ。
 だが降雪はほどほどにしてくれ。
 つくづく、雪が怖い惰弱な大人になってしまった。

装い新た。

 先週末に来たUDは何だかやたらと時間がかかると思ったら、
 バージョンアップでもあったんだね。
 Win10にした際と同じくらい手間かかったよ。ルータとの接続もリセットされてたくらいなので根本的なシステム改変だったんだね。

 ちょこちょこ体裁が変わってて、
 ウインドウを開くたびにそこでのIMEのモードが一瞬表示されるのが目に付く変更点だけど。
 さてさて。使い味はどんなものかね。

精神攻撃は基本。

 街はすっかりクリスマスムードだねぇ。教会では待降節のキャンドル二本目が灯った日曜日か。
 何のかんので慌ただしくも楽しい年末。冬休み映画も絶賛公開中のヒーロータイムである。


 『仮面ライダービルド』。何が真実で何が偽りか。虚実を取り混ぜつつも使い分ける石動=ブラッドスタークとの決別。その吐き気を催すほどの悪辣な意図も、まだまだ全部が本当のようには思えない。難波と取引中だというのにパンドラボックスとボトルを預けっぱなしにするのは何故か。ローグの正体をわざわざ明かすのは何故か。安直に思い当たる目的とは整合性の取れない行動が多すぎるこの災禍の中心人物にまだまだ振り回されているのが現状の全登場人物。事態を操るマニピュレーターの掌の上から飛び出してこそヒーローなわけだが。石動が目的のために作った道具に過ぎないと称する戦兎は、それでも今回少しだけその意図からはみ出したのかも知れない。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。お気楽おふざけだった前回から一転してシリアス…なのか?もう終わったと思ってた要素を蒸し返しまくる当番組、敵の親玉に操られる父親と対決せにゃならんとか丸っきり某世界一有名な宇宙戦争映画の構図でちょいとイージーすぎやしませんかってつい冷めた目で見てしまったり。それでもまぁ、この期に及んで心理的揺さぶりをかけてくるとか何だか敵側も余裕なくなってきてるんじゃないかとも思ったり。ともあれそろそろ大詰め。宇宙はどのような形で取り戻されるのやら。

例によって。

 何だか挙動が悪いと思ったらアップデートなのだった。
 いつもより早いな。ここでも年末進行か?


 前も書いたと思うけれど、
 こういうのって固めて一気に来ずにノックダウン式に少しずつ来たり出来んのかな?
 しょぼいPC使ってる身には負荷が結構ウザいのだが。

 日々システムの改良に従事し提供してくれるエンジニアの方々には頭の下がる思いだが、
 つい身勝手なことを言ってしまうのもユーザーの性と言うか。

食玩侮るなかれ。(王子と仔獅子と盗人編)

 IMG_1908.jpg
 今年のスーパー戦隊『宇宙戦隊キュウレンジャー』キュータマ合体シリーズもカラバリ合わせて第7弾。
 恐らく最終メカであると思われるコジシボイジャーその他でラインナップ。全6種。

 IMG_1909.jpg
 ラッキー王子唯一の友達、シーサーことコジシボイジャー。二箱を組み合わせ。

 IMG_1910.jpg
 例によってキュータマコクピット付き。
 人が乗った描写は今のところないけど。

 IMG_1911.jpg
 シシボイジャーと比べると大きさはこんなもの。

 この二つが合体して…
 IMG_1912.jpg
 スーパーシシボイジャー完成。

 IMG_1913.jpg
 IMG_1914.jpg
 何かよく分からん形の宇宙船だったのが脚が生えてちゃんとしたライオン型メカになる。

 IMG_1915.jpg
 頭部は鬣を閉じると目が現れるギミック付きのものを選択可能。

 IMG_1916.jpg
 さらにスーパーキュウレンオーに合体。
 最終アイテムが1号ロボの強化合体パーツになるのは去年からの傾向だね。

 IMG_1920.jpg
 肩のキャノン砲は左右どちらにでも付けられる。

 IMG_1919.jpg
 キュータマ部分の規格は同じなのでこんな合体も可能だったり。
 しっかり肘部分に関節があったりするんだな。

 IMG_1921.jpg
 そして今回ミニプラ初の試み。
 巨大戦のレギュラーエネミーであるジャークマターのメカ、モライマーズロボがラインナップ。

 IMG_1922.jpg
 二箱分割だが、パーツ数は少なく久々のシール地獄である。

 IMG_1923.jpg
 そして出来は案外ぞんざい。
 前側のディティールは結構細かいが、後ろから見てはいけない構造だったりする。

 IMG_1926.jpg
 サイズはまぁ遜色ない。

 IMG_1924.jpg
 可動部は顔、首、肩、肘(内向きのみ)、脚の付け根、足首(横回転のみ)。
 最小限と言うにも足りない程度。

 まぁ正直、数合わせのおまけ程度だわね。
 今回の内容はコジシボイジャーとこのモライマーズロボ、そしてミニキュータマセット2種(当方未購入)だが、12個入りボックスの内コジシボイジャーが2種×4であとはモライマーズロボとミニキュータマが一つずつと言う極悪アソート。
 買えなかった人も多そうだが、あんまり惜しくはないかも。

 IMG_1925.jpg
 キュウレンジャーのミニプラもどうやらこれで完走。
 今年も結構楽しめたなぁ。近年はまた力が入り始めてるので今後も楽しみ。

放浪者。

 天気のいい昼間は縁側。
 暖房器具を付けるとその傍。

 どちらもないときはひたすら人にアピール。

 心地よく暖かい場所を求めて彷徨う姫様もこの時期の風物詩ね。
 留守中なんかはどうしているのやら。

 IMG_1907.jpg
 人肌残りなども手ではある。

メタウイルス・愚痴る。

 …いや、分かってるんだ。
 ブラックと言うほど悪辣な職場じゃないってことは。

 基本残業はなし。
 月の時間外労働は20時間もないし。


 …でもね。
 人間「24時間以上仕事で拘束されない日」ってのはそれなりに必要だと思うんだ。
 仕事が分溜まりしてるからってどんどん休日を削られるのは心が乾いてゆくんだ。
 下請けの悲しさで本社の連中が休んでるのを横目に仕事するのも切ないんだ。

 一日が、一週間が長いのにひと月が短い。
 そんな生活は貧しいとしか言いようがないんじゃないだろうか。



 ……よし。愚痴り終了。
 明日からまた頑張ろう。

美味さブースト。

 分かってる。
 九州地方にも美味いものは山ほどあるってことは。


 だが、
 「九州の食材で好きなものを挙げてみろ」と言われると、
 迷わずこれを挙げてしまう。

 IMG_1906.jpg
 「食材ちゃうがな!」言うなかれ。
 これだけ舐めながら酒が飲めるほど好き。

 これからの季節特にね、
 鍋とか、豆腐とか、暖かい汁物とかをほんのひと掬いでパワーアップしてくれる逸品。
 辛いもの好きにはたまらんのよ。

モードチェンジ。

 そろそろ在所界隈にも雪の声が聞こえてくる時期になったよ。
 今年は職場からの指示もあり、ささっと車のタイヤを冬用に履き替え。

 今冬の雪の加減はどうかなぁ。
 雪が降ると嬉しいのなんて子供とスキーヤーだけだよね。ホント。

野球回のある番組は(以下略。

 ぼちぼち世の中も年末進行に突入しつつあるようで。
 身の回りもそこはかとなく慌ただしくなってきた。

 でも天気のいい日曜くらいはまったりしてたいよね。
 そんな感じにて、今週のヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダービルド』。戦兎も、龍我も、そして幻徳すらも手玉に取り、自らの意図のまま転がし続けてきたキーキャラクター・ブラッドスターク。その正体が下馬評通りに石動マスターであるらしいことが今回でほぼ判明した…のか?まだ彼が「蒸血」するところが顕れない分未だ確証はないのだけれど。こうまで嘘吐きばかり出てくるとこれが真実ですって言われてもいい加減疑り深くなってしまうんだな。ともあれ。スタークの意図はライダーシステムの兵器化配備なんて単純なものではないんだろうねぇ。おそらく丹波重工すらも彼の目的の足掛かりでしかないのだろう。それが如何なるものであれ、ただ掌上の傀儡に甘んじていては仮面ライダーではないだろうねぇ。マスターが戦兎に語る想いもまるっきり嘘とも思えない分、その思惑から飛び出す先には何が待っているのやら。

 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。本当にもう、何でいきなり野球始めるんだか聞くだけ野暮なことを敢えて問い詰めたいカオスEP。と思ったら星座が「カシオペア」な分、戦隊シリーズの原点『ゴレンジャー』の、これまた伝説のEPである野球仮面の回のオマージュだったという。キュウレンジャーハリケーンだの敵の死に際のセリフだのお父さん世代でもわかるかどうかってネタぶっこんできてもうどうすりゃいいんだか。お約束の敵主導のイカサマゲームに真面目に付き合ったり努力は必ず報われるってエールを盛り込んだりとこの手のEPのテンプレは踏襲して体裁を作ってはいたわけだが。ちょっと齢いった視聴者としてはこういうネタに他愛無く笑ってしまうしかないのだった。

この時期の風物詩。

 社会人の端くれとして、避けては通れぬもの。
 忘年会って奴のシーズンである。


 無礼講とは言いながら色々と気を使わにゃあならんイベントで社会不適合気味の身の上としては非常に疲れた。
 よって今宵の更新はおざなりである。あしからず。