FC2ブログ

サイトオブワンダー。

システム
08 /31 2017
 Win10使ってる人なら、多分。
 スリープからの復帰などの際表示される壁紙画面を見てることだろう。
 最近特にバラエティ豊かな画像が出るようになったわね。

 この世のものとも思えんような風景写真に加え、
 最近は生物シリーズも加わって来たのかな。
 ヤドクガエルとかすっごいカラフルな奴。

 自分壁紙にはまるでこだわらん性質なので
 実際使ってるのはPCデフォルトのものだけだが。
 あの復帰画面の画像は毎回ちょっぴり楽しみだったりするのだよ。
スポンサーサイト

それでも季節は巡り。

折々
08 /30 2017
 IMG_1704.jpg
 この時期はべたんと伸びて寝てることの多い姫様が、
 今日はくるんと丸くなっていた。

 雨空で気温低めだったからね。
 でも湿気は高いので、感覚として暑いのか涼しいのかよく分からない感じ。

 これから徐々に秋めいていくとか。
 ホッとするとともに、一抹の侘しさが。

開き直り精神。

随想
08 /29 2017
 朝からミサイル騒ぎで持ち切りの日本列島である。
 各地で不安の声が上がり、対策は大丈夫なのかとか囁かれている状態だが。


 有体に言ってしまって、
 ミサイルが飛んできたら、どうしようもないと言うのが実際のところじゃないか。

 政府筋の言う「対策」なんて、気休めどころか商品の注意書きみたいな責任逃れでしかなく、
 実際降ってきたら逃げるどころか認識すらできないのが現状なのではないだろうか。


 そもそもこうやって大騒ぎするのは撃った側の思う壺。
 向こうさんは元々乏しい交渉上のイニシアティブをどうにかもぎ取ろうと暴れているが実情なんだし、
 脅されて譲歩に傾くことだけはやっちゃいけないことじゃないだろうかね。

 我々に必要なのは、
 撃てるもんなら撃ってみろ、という糞度胸と覚悟のほうなのかも知れんよ。

十年越しで掴んだ光(兄)。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
08 /28 2017
 IMG_1700.jpg
 「・・・今、誰か俺のことを笑ったか?」

 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形版シリーズの新作は『仮面ライダーカブト』より、
 元ZECTシャドウ部隊長である地獄兄弟・兄こと矢車想が変身する仮面ライダーキックホッパー。
 これも魂Web限定商品である。

 IMG_1689.jpg
 カブトとガタックに搭載されたシステム「赤い靴」への抑止を目的として開発されたライダー。
 マスクドフォームを持たないが、強力なキック力は全マスクドライダーの中でもトップクラス。

 IMG_1690.jpg
 造形に関してはもはや言うこともない。
 マットなメタリック塗装も質感良好。

 IMG_1691.jpg
 シンプルなマスクも良好に再現されている。

 IMG_1697.jpg
 旧版アーツ、真骨彫カブトと。
 発売当時は感動した最初期アーツの旧版とはやはり別物。
 カブトとはやはりスーツ部分は共通である。

 IMG_1692.jpg
 ベルトにはホッパーゼクター。

 IMG_1693.jpg
 取り外し可能。
 裏側はちゃんとパンチホッパーの配色。
 逆にセットすることも可能でここは恐らくパンチホッパーと共通仕様。

 IMG_1695.jpg
 必殺技発動時のアクションを再現したタイプに差し替え可能。

 IMG_1696.jpg
 左脚のアンカージャッキも設定どおり可動する。

 IMG_1699.jpg
 武器の類は一切付属しないので、これだけでポージング。

 IMG_1698.jpg
 今回カブトとガタックで評判悪かった軸はめ式の手首は従来通りのボールジョイントに戻されている。
 おかげで旧版のものを引っ張ってくることで手首の種類の少なさをカバーできたり。

 IMG_1701.jpg
 カッシスワーム戦で見せたトリプルライダーキックの3人も真骨彫で再現できるように。

 ボディに共通部分が多い分カブトライダーも充実していってるなぁ。
 来月にはパンチホッパーも登場。二人並べるのが楽しみ。
 

進むべきLife,生きてゆくだけ。

特撮
08 /27 2017
 歴代でも有数の戯けたデザインで正直どうなることかと思ったら、
 意外なくらいの真摯さで「医療ドラマ」を描き切った平成仮面ライダー第18作『仮面ライダーエグゼイド』。
 
 前作に引き続き生命の尊厳を謳い上げたこの物語も本日ファイナル。
 それも併せ、夏休み最後の日曜日のヒーロータイムレビュウ。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』は8月末恒例、折り返し地点の前半おさらい総集編。時を翔るオリオン号に侵入した戦闘員と振り返る究極の救世主これまでの軌跡。…まぁ正直それだけのものではあったのだが。あっちこっちに細々したネタを散りばめた全編ギャグ編でもあった。地球組の重苦しさと引き換えのドタバタ劇に突っ込みどころ満載なのだった。


 そして最終回の『仮面ライダーエグゼイド』。最終決戦は冒頭10分に片付け、その後の顛末を丁寧に描くというちょっとしんみりしたエンディングだった。ゲームで言うとエンドムービーってところか。同情の余地なくただただ事が思うように運ばなかったことへの負け惜しみを垂れ流しながら消え去った壇正宗だが、彼とて失ったものを取り返したいだけだったのかも知れないんだけれどね。多くの犠牲者を出しながらも終結した仮面ライダークロニクル禍だが、消えていった人々を死者ではなく「患者」と呼び、いずれその病苦から解放することを誓う永夢は堂々たるアスクレピオスの使徒振りなのだった。最初のゲーム病患者でもある彼は、良性に転じたとはいえ自身の病巣であるパラドと一生付き合ってゆくことになる。それだけにその言葉は果てしなく重い。
 総評として。前々作の警察官と並び最も「ヒーロー」と言う概念に近い実在の職種である医師をモチーフにしてヒーロー活動と医療の融合を図り相応の成功を見せたのではないかと。前作の子供番組には少々重苦しい「死」と言う概念に対し、その多くが「生命のやり取りの真似事」であるがゆえに生命の尊厳とは対極にあるゲームと言う要素を敢えて用いることで逆説的に命の尊さを描き出す。生命と言う概念の在り方にまで切り込んだ意欲作。ゲームモチーフが故のポップなビジュアルとは果てしなくかみ合わなかったが、終わってみれば平成2期でも指折りのシビアなプロットの一作だったのではないかと。

 IMG_1688.jpg

二速!

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
08 /26 2017
 IMG_1680.jpg
 「乗れっ、名人!」

 これはライダーマシンと言うべきなのか、ライダーフィギュアなのか。
 明日最終回、『仮面ライダーエグゼイド』より監察医・九条貴利矢の変身する仮面ライダーレーザー・バイクゲーマーLv2がS.H.フィギュアーツ対応バイクとして登場。
 魂Web限定商品である。

 IMG_1674.jpg
 バイクレースゲーム、「爆走バイク!」のガシャットを用いて変身する仮面ライダー、Lv2ではバイクそのものの姿になる。
 単独でも走行可能だが、その能力を十全に発揮するには乗り手が必要。

 IMG_1675.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様はいつも通り。
 造形・質感に問題なし。

 IMG_1676.jpg
 IMG_1678.jpg
 カウルのマスクやブレーキランプにはクリアパーツ使用。

 IMG_1677.jpg
 バイクとしてのベースはマシンウィンガー以降用いられているHONDA CRF250Lのようでエンジン回りなどの造形もそちらに準拠。

 
 IMG_1679.jpg
 タンク部分にLv1フェイス、その後ろにはゲーマドライバー。ここにもクリアパーツが使われている。
 「爆走バイク!」のガシャットが挿入されているが取り外すことは出来ない。

 IMG_1681.jpg
 ライダー搭乗時の干渉を防ぐため薄くデフォルメされたドライバーに差し替え可能。

 IMG_1682.jpg
 どちらもアクチュエーションレバーを動かすことが出来る。

 IMG_1683.jpg
 エグゼイドが搭乗。
 小型のドライバーを付けるとはいえ、お互いのドライバーが干渉して微妙に乗せにくかったりする。

 IMG_1684.jpg
 ハンドル握り手首が付属。
 ハンドルのガード部分が外せるので通すのは楽。

 IMG_1685.jpg
 例によってスタンド用ジョイントも付属。

 IMG_1687.jpg
 最終回前にこの並びを再現出来て感無量。

 出番こそ少なかったが貴利矢さんのキャラクターもあって非常に印象深い存在。
 強いて言えば目のないカウルも付けてほしい気がしたが、遺体みたいでダメか。

 

けじめと禊。

特撮
08 /25 2017
 さて昨日に引き続き。
 関西圏限定『仮面ライダーエグゼイド』帳尻合わせ放映。本日でようやく周回遅れに追いつき。
 何のかんの言って毎年最終回がずれ込むようなことだけはないんだよなぁ。
 怒涛の展開故一週間開いてやきもきさせられるよりマシかも知れない。

 今回のメインは。CRサイドに付いたバグスターたちの末路と言うことになるのかな。思えばポッピーは黎斗の母の死を経て生まれてきたし、パラドもライドプレイヤーたちを消滅させた経緯がある。それで改心したとはいえ生きながらえてきたのは虫が良いとしたのだろうか。命など仮初の概念としてしか持たなかったゲームキャラ出自の彼らが、命の本当の重みを知りそれを護るために全存在を賭ける。前回大我の自己犠牲は回避したがこちらはどうにもできなかったか。しかし。パラドも自分が消えてなくなると永夢が変身できなくなることを重々承知していたはず。あの段階で身を投げ出すのはちょっと腑に落ちない。まだ野望を微塵も諦める様子のない正宗を前にどんな逆転の一手があるのか。生命の尊厳の物語『仮面ライダーエグゼイド』、ファイナルはもう明後日。

ポーズ解除。

特撮
08 /24 2017
 甲子園バグスターはサイタマの勇者がようやく攻略。
 関西圏限定『仮面ライダーエグゼイド』放映休止分の帳尻合わせがようやく解禁。

 今更ではあるがレビュウするよ。
 …とはいえほぼ30分真ラスボスさんが暴れまわってるだけって内容だったような。
 
 もう自分が何をしたいんだかも分からなくなってんじゃないかって感じの元真社長。だが「ウィルス」で「ゲームのエネミー」であると考えれば全くその通りのことをしているわけで。ウィルスは悪意など持たず、ただその在り方が人を苛む。エネミーもプレイヤーを蹂躙するのがその存在意義。もはや彼には人間らしい整合性ある思考などなく、その在り様を全うせんとしているだけなのかも知れない。ただ、以前のパラドなどと同じく自身が攻略されるシークエンスを潰そうとしてはいるが。事態の最初期から関与し続けてきた最初のゲーム医師である大我。ただ一人で全てを終結させんと今の今まで孤独な戦いを続けてきた彼がようやく永夢たちの本当のチームになるのが今回の主軸。見方を変えれば『エグゼイド』の主役は紛れもなく大我なんだよね。そして確かにラスボスのお約束、「りゅうおうがしょうたいをあらわした」シークエンス発動。どうやら同じくウィルス出身であるパラドやポッピーも悲壮な覚悟を決める模様。緊迫の次回はもう明日放映。


 IMG_1673.jpg
 「医者ってのはな、まず自分の身体を気遣わんとな?」
 「…誰だか知らんが凄い説得力だ!?」

期間的保存対策。

味覚
08 /23 2017
 お手軽にカロリーとカリウムを補充できる果物「バナナ」。
 だがこの時期は日持ちがしないということは以前にも書いた。
 室温でも、冷蔵してもぐずぐずに煮えたようになってしまう。どうすればいい。


 ふと、
 「柿はヘタが乾かないようにすれば柔らかくならない」という情報を思い出す。


 これを応用してみよう。
 IMG_1672.jpg
 茎の切り口に濡らしたティッシュを巻き、ビニール袋をかぶせて固定。


 さて。これで上手くいくかどうか。

ただこれだけ。

折々
08 /22 2017
 ・・・先日朝夕過ごしやすくなってきたとか書いたな。
 あれは嘘だ。


 いや、暑いです。
 じっとしてるだけでじんわりと汗ばむほど暑いです。夜半になっても。
 ちょっと和らいできたと思ってた分聊かきつい。

暑いなーと思ってるだけで一日終わる体たらくなので今日はここまで。

母屋を取られる。

猫のいる生活
08 /21 2017
 帰宅すると姫様がベッドの上でこんな寝姿だった。

 IMG_1671.jpg
 ・・・枕取られた…

 猫でも頭は何かに乗せて寝たほうが楽なのね。

未だ続く猛威。

特撮
08 /20 2017
 ・・・本当はね、今日はあるはずだったんだよ一週遅れながら、『仮面ライダーエグゼイド』の放映。

 それがまぁ。雨で日程がずれ込んだせいで今日の予定だった高校野球中休みが明日に。
 『エグゼイド』放映も取りやめになってしまった。

 ホントどうしてくれんだよこれ。世間一般じゃ来週最終回だぞ!?
 どうやら今週木金のイレギュラー放映で帳尻合わせるらしいけど!


 そんなわけで今週もこちらでのレビュウは『宇宙戦隊キュウレンジャー』のみ。
 …なのだが。こちらも何だか大変なことに。心理攻撃系幹部登場によりメンバーの一人が悪堕ちするという戦隊史上でも稀に見る事態。予てより種族として失われた感情を取り戻したいと願っていたナーガ、やっちゃいけないやり方によりダークな感情に目覚めてしまう。思えば彼らの種族が感情を捨てたのは何故か。みんな感情を得ることに協力するとは言っても、制御できない感情は災厄しか招かないことを誰も教えなかった。皮肉にも新幹部アキャンバーが、へびつかい座と言う星座に擬えて初めてそれを指摘した形になった。そんなわけで爆現する悪の戦士。アキャンバーの出番の間この状況は続くんだろうな。これはどうなるんだと思わせつつ次回はドタバタ回か。人数が多いとこういうことも出来るわけだね。

 IMG_1670.jpg

渇かない夏。

折々
08 /19 2017
 残暑厳しい…とはいえ朝夕は随分過ごしやすくなってエアコンないと寝られないなんてこともなくなった今日この頃。
 外のセミの声にツクツクボウシが混じり始め、夜の虫の音も秋のものになりつつあるとちょっと寂寥感だねぇ。

 しかしまぁ。
 雨多いなこの夏。

 関東方面では今月入ってずっと雨とか言ってるが、
 こちらも正直梅雨の時期よりよほど降ってるのが現状。
 何年か前みたいに川が溢れるような降り方ではないがな。

 植木などの水やりの手間が省けるのはいいんだけど、
 合間合間に除草してもすぐ蔓延ってくるのは困りものだな。

一つの戒律。

システム
08 /18 2017
 10年一日。
 横の月別アーカイヴを見てもわかる通り長続きだけはちょっと自慢できないこともなさそうな当ブログだが。
 今回はそれにちなみ、こんなトラックバックテーマ。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の三浦です今日のテーマは「ブログを始めてよかったこと」ですみなさんブログを始めてよかったと思うことは何ですか長く続けられている方、最近始められた方、なんとなく始めた方、目的があって始めた方、色々な方がいらっしゃると思いますブロガーのみなさんの率直なお気持ちを聞かせてくださいみなさんはブログを始めてよかったことは何でしょうかたくさんの回答お待ちしておりますトラック...
FC2 トラックバックテーマ:「ブログを始めてよかったこと」


 
 良かったこと…いいんだか何なんだかわかりゃしないんだけど。
 こう、何一つ長続きしたことがない事では定評のある我々が無駄な義務感を以て10年も続けてることがあるってこと自体がいい事と言えばいい事なのかもねぇ。
 毎日毎日何を書こうか頭をひねってることも悪い事ではない気もするし。
 こんなプライベートを直接には書いてないつもりの記録でも案外備忘録になってたりもするんだよね。当人にとっては。記憶の引き出しの索引くらいにはなってるから。
 物事の考え方とかもそれなりに変遷してるのがわかるのも面白い。10年前の自分なんてほぼ他人だしねぇ。

 経験則の蓄積とそれに基づく最適化。それを人に当てはめたのが「成長」と言うのならば。
 何かを継続するのはそれだけで価値があるってことを体感出来ているのはまぁ、悪い事ではあるまいよ。人間死ぬまで成長。

潜伏警戒中。

猫のいる生活
08 /17 2017
 姫様のお姿が見えないと思ってたら、
 物置棚にある空き箱にスニーキング中であった。

 IMG_1669.jpg
 こう、猫が耳と目だけ覗かせてる様子って可愛らしいよね。
 向こうにしてみれば周囲を警戒する姿勢なのだろうけれど、そんな仕草さえかわいいとか何だか狡い。

男の仕事の八割は決断。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
08 /16 2017
 IMG_1646.jpg
 最近新作コミックも公開が始まり話題の平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』より、
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形版第3作は劇場版「MOVIE大戦2010」に初登場以来映画限定ライダーとしては格別の存在感を放つ仮面ライダースカルである。

 IMG_1647.jpg
 左翔太郎の師匠にして鳴海探偵事務所の先代所長・鳴海壮吉がシュラウドから授かったロストドライバーとスカルメモリにより変身する、Wのプロトタイプとも言える仮面ライダー。

 IMG_1648.jpg
 頭部他各部新規造形だが、ボディは基本真骨彫Wと同一で可動性能も同じ。

 IMG_1650.jpg
 軟質PVC製の帽子はもちろん着脱。顔の造形もイメージ通り。目はクリアブラック。
 今回帽子に色移り防止用のPETカバーが付いているのも気が利いている。

 IMG_1659.jpg
 真骨彫W、旧版アーツと。
 やはり初期アーツである旧版と比べるとかなり別物。

 IMG_1652.jpg
 「MOVIE大戦CORE・仮面ライダースカル」で登場した不完全状態・スカルクリスタルの頭部も付属。
 全体クリアパーツに塗装で再現されている。

 IMG_1651.jpg
 頭部の交換は独特で、前後に分割し中のジョイントにはめ込む仕様。

 IMG_1649.jpg
 実は背中のマフラー用穴までWと共通。
 首回り部分を追加することで差別化している。

 IMG_1658.jpg
 造形と塗装で古びた感じを表現するマフラーはW同様根元のジョイントで可動。
 広がった状態のものにも交換可能。

 IMG_1653.jpg
 ベルトのロストドライバー。

 IMG_1654.jpg
 メモリスロットは可動し、スカルメモリも取り外し可能。

 IMG_1656.jpg
 メモリも例によって緻密に再現されている。
 すっこ抜けやすさは多少改善されているのかな?

 IMG_1655.jpg
 もちろんマキシマムスロットにも挿入可能である。

 IMG_1660.jpg
 武器のスカルマグナム。

 IMG_1661.jpg
 バレル部分の可動を再現。

 IMG_1663.jpg
 メモリの装填も可能である。

 IMG_1668.jpg
 他のオプションは翔太郎に残された形見の破れた帽子と、

 IMG_1664.jpg
 やはり形見ともいえるダブルドライバーに、そのアタッシュケース。
 キーシリンダーまで再現されている緻密さ。

 IMG_1665.jpg
 ケースは開閉。

 IMG_1667.jpg
 ダブルドライバーを収納可能。
 メモリのほうは付属しないが、Wに付属のものなどぴったりと収めることが出来る。

 IMG_1657.jpg
 平成シリーズに登場する中でも一際「大人の魅力」を演出された仮面ライダー。
 その魅力を余すところなく再現した逸品。

対策困難な傾向。

随想
08 /15 2017
 この東洋のちっぽけな島国が身の丈に合わぬ栄達を求めておっぱじめた一連の活動が、
 完膚なきまでに失敗したことが全国民に知らしめられた日から72年。

 いつもなら茹だる様な暑さの中だが、
 今年は雨模様で涼しく静謐な「終戦」記念日である。

 以来、現在進行形のものも含め幾度かの危なっかしい局面も経てきたが、
 どうにかこうにか戦火に巻かれることは一度もなく過ごせてきた僥倖。
 これは何に感謝すべきなのかねぇ。

 今なお海一つ越えれば血と硝煙を含んだ空気は珍しくもなく、
 ご近所に物騒な火種と言われる場所も抱える現状だが。

 そんな今、想う。
 何故、戦争なんてものが起きるのか。


 国を守るため、国体を維持するため、国の繁栄のため、
 理由付けは為されているが。
 そんなものは口実に過ぎないのではないか、と時折思ってしまう。


 人は「したいから」戦争を起こすのではないか、と。


 防衛も、維持も、繁栄も、
 実は戦争など起こさずとも得られるものだ。
 実情はどうあれ割と世界に冠たる国家になりえたこの島国が典型例ではないか。


 それでも。
 国を脅かしそうな連中は、殲滅したほうが安全だ。
 買い取るよりも、奪い取るほうがいい。
 そういう傾向に、人の意志は流れがちになる。

 かつてだって、開戦を唱える当局を、世論は熱狂的に支持したのだから。


 人は他者を攻撃することに快感を覚えるように進化した。
 予てよりそう愚考するところである。
 人の根幹に、そういう性質があるのならば。

 きっとまた、戦争は起きる。そう思えてならない。

食玩侮るなかれ。(伝説の破壊神編)

玩具/食玩
08 /14 2017
 IMG_1635.jpg
 8月は戦隊ロボミニプラにも劇場版登場ロボが登場する季節。
 絶賛公開中の『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』に登場するケルベリオスも「キュータマ合体ケルベリオス」としてリリース。再録込みで全6種。

 IMG_1636.jpg
 6種のうち1・2を組み合わせることで新メカのケルベロスボイジャーが完成する。

 IMG_1637.jpg
 見てのとおりシシボイジャーのリデコ・・・というよりランナー追加アイテムで、かなりの量の新規パーツが足されている。
 ボリューム的にお得感あり。ただ色分けの都合上シール多めになっている。

 IMG_1638.jpg
 シシボイジャーと。
 かなりボリュームアップして見える。

 IMG_1639.jpg
 三つの犬頭がそれぞれ犬種が違うのがちょっと可笑しい。
 すべて口が開閉するようになっている。

 IMG_1640.jpg
 再録されたカメレオン、カジキ、オウシ、ヘビツカイボイジャーと合体してケルベリオス完成。
 無論他のボイジャーでも合体可能。

 IMG_1641.jpg
 合体パターンはキュウレンオーとほぼ同じだが、肩の頭が追加されてる分両腕担当のキュータマは取り外さねばならない。
 構造も同じなので可動もキュウレンオーと同じ。

 IMG_1642.jpg
 キュウレンオーと。

 IMG_1643.jpg
 胸のケルベロスキュータマはクリアパーツにパール塗装が施されている。
 透明度は低いが綺麗。

 IMG_1644.jpg
 IMG_1645.jpg
 DX玩具ではオミットされた背中のジョイントが生きているためリュウテイケルベリオスとかケルベロキュータマジンとか作ることが出来たり。

 元が良い分派生型も文句なし。
 さて、今年の大物枠は10月リリースの模様。此度は如何に。
 

定期罹患。

特撮
08 /13 2017
IMG_1634.jpg
 「よっしゃー!野球ゲーも任しとけ!」

 てなわけで。
 関西圏は例によって野球ゲーム「熱球!甲子園」のバグスターが猛威を振るい『仮面ライダーエグゼイド』はお休み。
 クライマックスの時期にこれが来るのはホント何とかしてほしい。助けてCR!!


 よって今日のレビュウは『宇宙戦隊キュウレンジャー』のみ。
 こちらはこの時期お約束の総集編かと思いきや案外そうでもなく(再生怪人回ではあったが)地球生まれの少年戦士小太郎の決意を問い直すお話ではあった。何か大人になるって説もあったが子役が評判いいのか役者変更はないなこぐま座の戦士。まぁ去年の今頃にもあった亡き母親の幻影が登場するパターンだが(お盆だしなぁ)、子供なだけに重みも違ってくるというか。結局失った過去に別れを告げ未来に目を向けるいつもの結末ではあったが、周囲がどうしろこうしろ言わず決断を見守る様子がキモだったのかなと。ちゃんと一人前の戦士としてみんな認めてるんだよね。お話としてはどうってことない内容だけど、気持ちよく視聴できたのだった。

強者のイニシアティブ。

味覚
08 /12 2017
 酒税が改正されて二月程経つ。
 実際所謂第3ビールとか付近のスーパーとかでは一割ほど値上がりしていることは以前も書いた。

 ・・・小売り救済のためとか理由はついてるけどねぇ。
 某大手チェーンの自社ブランド品とかは妙に安価で出てたりするのよ。
 安めの商品は海外製だったりが多いけど、それは国内工場製って書いてある。
 一般の酒造メーカーのパテントを借り受けて作っている様子なんだな。

 結局、大手の資本と流通、コネがあれば新しい税制下でも安くあげることは可能ってことなんだね?
 救済にも何にもなってないんじゃないのか結局。


 ・・・まぁ、買うほうにしてみれば安いに越したことはないわけだけどね。

悪夢の昼下がり。

随想
08 /11 2017
 こうも暑いと冷房入れて部屋に引きこもりがちな昨今であるが、
 そうなるとうたた寝になることもままある。

 そういう場合大抵はレム睡眠になっているようで、大体夢を見る。
 目覚めた後内容は詳らかに覚えてはいないが、確かに夢を見たという感覚は残る。

 ・・・何と言うか。
 「夢だったんだ、ああよかった」って気持ちになる場合が、結構多い。


 仕事してて深刻なトラブルが起きたとか、
 重大な事故を起こしてしまったとか、
 そういう夢をよく見てるらしいのだ。

 何か昼間っから寝てることに後ろめたさがあって、
 その罪悪感の類がそういう夢を見させるとかなのかねぇ。
 漫画みたいに跳ね起きるなんてことはないけれど、何とも寝覚めの悪い思いをしつつも惰眠を求めるサマータイムである。

毎度のことながら。

システム
08 /10 2017
 UD(ry定期。
 しかも何かさっきから進捗バー止まってるように見えるよ?どうなってるの?


 前から思ってるけど、
 スケジュール前もって予告できないものなのかねぇ。
 予めわかってたら対応も、せめて心構えくらいは出来るだろうに。
 大体毎月十日ごろ、では始まってみないと分からんよ。

 ロースペックマシン使ってる弱者の愚痴でしかないのかも知れんけどねぇ。
 もっとメモリ容量あれば、DL中でもスイスイ動くんだろうか。

有り難かったり迷惑だったり。

システム
08 /09 2017
 いやその。
 ブラウザに使われてるプラグインとかの設定が知らないうちに変わるとか困らない?


 何やらFlashやら動画やらが全く動かなくなったと思ったら、
 プレイヤーが自動更新された際保護モードと言う奴がかかったのが原因だったようだ。

 BGで更新されるうえ勝手に設定弄られるのはどうにかしてくれんかなぁ。
 こういう局面まだシステム的に最適化されてない感触があるよ。

巨大生物上陸の後。

折々
08 /08 2017
 列島各地に爪痕を残した台風5号だが、
 在所近隣は大雨と言うほどでもないまとまった雨を降らせるだけで過ぎ去ってくれた。

 過ぎた後はややさわやかな空気に。
 姫様も過ごしやすそう。
 IMG_1633.jpg
 けどまた暑さがぶり返すらしいなぁ…


 今回の台風は歴代でも3番目の「長寿」なんだそうで。
 温度の高い海水からエネルギーを得つつ海上をさまよい進むとか、本当に生き物みたいだよね。
 そのエネルギー総量は水爆並みとも聞くから恐ろしい。正しく実在するゴジラ。

自転車操業(間違った意味で)。

折々
08 /07 2017
 立秋のこの日、
 絶賛野分中である。

 在所はさほど雨風共に強くはないけれど、
 ずっと降り続いている感じ。
 急に排水溝や河川が溢れるような降り方ではないかな?
 近年大雨には結構懲りてる地方なので大分神経質になってる感はあるけれど。

 時速20㎞のノロノロ運転で進行中らしいので影響は長引きそう。
 何事もなく過ぎてくれれば有り難いのだが。

大人の責任。

特撮
08 /06 2017
 今日が夏の節分であり明日は立秋なわけだが、
 世間では今季最高の暑さだったという。40度近いところもあったりして。

 本当に外になんて一歩も出たくない日曜日。場所によっては台風も来てるし。
 劇場版公開も始まった、ヒーロータイムレビュウ。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。結局は伝説の男ツルギもいつもの仲間を拒絶する奴と同パターン、「かつての仲間を失ったトラウマを引きずってる」タイプだったって話。「楯になれ」ってのは反駁されることを想定しての発言だったわけね。今回はスティンガーと言う前例もあって正直「またか」という意識は拭えないところ。当のスティンガーも最近何だか影が薄くなってしまったという。また失うくらいなら仲間なんてもういらない、と言う奴に対し俺らはそんなに軟じゃないと売り込むのもまたお約束。今回は案外あっさり目に追加メンバー仲間入りとなった。割と長い事ごねてた去年のみっちゃんに比べると何だかちょろい。さて過去の伝説に引き続く新たな伝説を作り上げようって体裁で12番目(0番目?)のキュウレンジャーとなったツルギだが。彼が眠っている間に歴史が変わったのは何故かという解明が次なるクエストの模様。それに乗じて、次回はどうやら夏季総集編だなや。

 『仮面ライダーエグゼイド』。もはや自分が何をしたいのか分からなくなってきたんじゃないかって感さえ漂い始めた正宗社長の余計な一手により街に広がるゲーム病アウトブレイク。CR関係の面々は苦しむ人々のため各々の本領を尽くす。当初は自分勝手なクソガキでしかなかったニコでさえ症状を緩和する唯一の方法であるストレスの軽減と言う形で貢献。思えば彼女は敵視してた永夢やパラドと同じ道を歩んでるようなものなんだよね。そして、裏技のように取り戻した生命を使いつくすかのようにゲムデウス対策を行う貴利矢(と黎斗)。何だか貴利矢には2度目の死亡フラグが立ったようでちょい不穏だが、その尽力により最悪のパンデミックは回避されることに。だがもう理性的な行動もとれなくなってそうな正宗の悪あがきであと一歩で大団円を逃すことになってしまう。本当にどうしようもねぇなこの親子。ゲームの体裁で進められる生命の物語「Ex-AID」も残り3話。


 ・・・だが恐らく来週から関西圏限定で放映がストップするいつもの奴だよ!
 大詰めでこれが来るのは毎年イライラさせられるなぁ。

世界宗教マンハッタン教。

随想
08 /05 2017
 毎年のことながら、聊か辛気臭い話題も出てくる月である。


 第3の炎が史上初めて人類の上に降りかかって明日で実に72年になる。
 ―厨二くさい言い方になるのは勘弁して。世界的なトラウマなんで何だかまともに書きたくないのよ。

 今年は件の国連決議の事もあって殊更に意味を持つ日だと思うんだが、
 周知のとおり「現実に則してない」と保有各国は黙殺の構えだわよね、あの決議。
 困ったことに72年前洗礼を受けた当事者である国もそっち側スタンス。

 前も書いたよね。
 そういうことを言ってるんじゃないんだよ。
 「どうせ決勝トーナメントに出られるかどうかも微妙なんだからワールドカップなんて出ても仕方ない」って言ってるようなもんじゃないか。それじゃ。
 だから、この国の言い分も結局建前に過ぎないんだ。きっと。


 何か示し合わせてるんじゃないかってペースで最近どっかんどっかん花火打ち上げてるどっかの国を例に挙げるまでもなく、
 件の兵器こそが世界の平和を守ってるんだ、と信じて疑わない人の何と多いこと。
 もはや信管を本尊に据えた宗教だろ。教祖にアルバート・アインシュタインの名を掲げた。博士は草葉の陰でさぞや嫌な顔をしてることだろう。
 相手を徹底的に殴り倒すことが平和を切り開く唯一の手段だ、っていうのはね。ただの本能を糊塗してるに過ぎないと思うんだよ。


 アインシュタイン博士は「もし第5次大戦が起きるとすれば、それは石と棍棒で行われるだろう」と言ったとか。
 その言葉の意味をよく考えて、今の我が振りを省みてみようか。

避暑?地。

猫のいる生活
08 /04 2017
 この季節よく上がり込んでいる階段の踊り場での一枚。

 IMG_1632.jpg
 …本当にこの、冷房苦手な暑がりさんはどうしてこんな涼しくもないところにわざわざ行くんだろう?
 風通しだって全然ないんだよ?

 最近はペットも熱中症になると聞く。
 外住まいのノラ猫さんとかから見れば惰弱な話かもしれんが、それもむべなるかなって思えてしまう昨今の暑さ。

 姫様なんかはその辺案外丈夫な方なのかなぁ。

無為な時間の典型。

随想
08 /03 2017
 ―つい、失念していたが、
 この共謀空間とか言うブログがFC2に草鞋を脱いで先月で丸十年と相成った。


 いやぁ、10年120か月分のアーカイヴが並んでる様は見てて結構笑えるぞ?
 こんな毒にも薬にもならんログでそれだけの間サーバの要領を食ってるわけだからね?
 そろそろクレームがつくんじゃないかと戦々恐々としているところだよ。

 
 前にも書いたと思うが、
 サイトを開設したり、SNSに参加したり囀りの垢を取ったりするよりはより適切なネットへのかかわり方だと思うブログと言う形式である。
 この距離感を保ちつつ、いけるところまで行ってみようという所存である。

サマータイム。

折々
08 /02 2017
 立秋まで1週間足らずだが、
 そんなことは知らぬとばかりに盛夏で酷暑である。

 こう、日光に物理的な圧力すら覚えるってのは尋常じゃないね。
 溶けそうというより潰されそうな暑さ。
 日中は外に出たくないので本当に何もできない。

 だけど今日なんか在所界隈は湿気が低めなので、
 陽が落ちると結構過ごしやすくなる。
 こういう暑さならまぁ悪くないんだけどね。寝苦しくないし。

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら