7か国どころじゃない規制。

システム
02 /28 2017
 uBlock Originってプラグインを導入したら、
 ブラウジングがすっごくスイスイ快適になったよ!!


 
 あらゆるページの外部リンクが悉くカットされるようになったがな!!



 いやもう。アフィリエイト広告やらニューストピックなんかが全く表示されなくなってページの画面もすっきり。
 正直トピックを見るだけでも眉を顰めたくなるような情報もカットされてそういう意味でも快適。
 気軽な閲覧には程よい状況だ。
 玉石混淆といっても石ころのほうがよっぽど多いネット界隈、全部フィルタリングするのも手だよね。玉はアクティヴに探せばいいのだ。

 ……しかしどんなページにもこの手のリンクって二桁数ザラに張られてるのが普通なのな。
 そりゃ広告効果にいろんな思惑が群がるはずだよ。
スポンサーサイト

地球最新モード。

見物
02 /27 2017
 IMG_1075.jpg
 実に4年ぶりに見ゆ、明石海峡大橋。

 IMG_1076.jpg
 昨日の遠出先は、国生み神話と玉ねぎの島淡路。

 IMG_1078.jpg
 IMG_1137.jpg
 しばらく行く機会を持てなかった、ここの植物園で行われる蘭展を見に行っていたのだ。


 蘭とは植物の進化上最後期の種族。
 進化の極致と、人の手の丹精が作り上げたその造形美をご照覧あれ。

 IMG_1079.jpg
 IMG_1083.jpg
 IMG_1086.jpg
IMG_1085.jpg
 IMG_1088.jpg
IMG_1133.jpg
 IMG_1121.jpg
 IMG_1115.jpg
 IMG_1114.jpg
IMG_1113.jpg
 IMG_1098.jpg
 IMG_1110.jpg
 IMG_1093.jpg
 花の色や形のみならず、葉や草形などもバラエティに富んでるねぇ。

 IMG_1145.jpg
 珍種「ドラキュラ」は今回も元気に開花。

 IMG_1136.jpg
 IMG_1135.jpg
 蘭だけではなくクリスマスローズの展示も。

 IMG_1146.jpg
 これは「マンドラゴラ」だそうだ。
 そう。引っこ抜くと叫び声をあげるあのマンドラゴラ。ナス科植物なのね。

 植物園って一日居たくなる場所だねぇ。
 今回もこの星の素晴らしさの一端を堪能。

敵か、味方か。(←何か懐かしいフレーズ)

特撮
02 /26 2017
 今日は少々遠出をしておって、
 聊か疲れて戻ってきたため恒例のヒーロータイムレビュウはちょい軽めになるかも。
 どこに行ってきたかは明日報告の予定。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。仲間探しで展開する序盤、テンポよくもう8人目が登場。だがさそり座の彼はちょっとミステリアスで意図も目的も不明といういつもなら追加メンバーのポジションな存在。何故か他のキュウレンジャーとは敵対するが確かに全くの悪人ではない様子。アントン博士を手にかけた(のかどうかもまだ不明)ことを悔恨しているらしいところや、恐らくその毒にやられた5人があっさり回復したのも彼が加減したからだろうし。因縁を持つチャンプと直感的に彼を信じるラッキーとの関わり合いを軸に彼の物語は綴られるのだろうね。付かず離れずで進行するおいしい役どころ登場とともに、すでにキャラが多すぎる事による無理が出始めてる様にも思えてしまったり。

 『仮面ライダーエグゼイド』。スナイプのパワーアップ回なのだが、要は恐怖心から変身できなくなる主人公ライダーに先輩ライダーが発破をかけるパターンのお話だったわけだ。飛彩共々大我先生もただの嫌味な奴からすっかりいいキャラになって来たねぇ。かくしてどうやら自身の罹病に気付いた永夢が、自身の病魔に怯えつつも同じ病の患者に向き合う覚悟を決める、という構図が出来上がったわけだ。……なんて書くと一端の医療ドラマみたいじゃないか!

迷うような時必ず、想いの強さが導く。

特撮
02 /25 2017
 平成第1期仮面ライダーシリーズ後半を飾った人気タイトル、
 『仮面ライダー電王』放映開始から、今年で丸10年である。IMG_1074.jpg
 「電車」と「昔話のキャラクター」という特異なモチーフ、歴代最弱とも言われるひ弱な主人公、あまりにも実写マンガチックな演出と当初これはどうなんだろうなと思わせた作品ではあったが、
 気づけばあらゆるニーズに応えた要素てんこ盛りで多くのスピンオフも生んだ人気作となり、また以後の作品にも多くの影響を与えることになる。
 「時間」を「人が積み重ねてゆく記憶」として解釈し、人の記憶と存在に切り込んでゆくという実はかなり重い作品でもあったわけだ。
 先ほど言った各要素は、その重さを感じさせることなく見る人に受け入れさせるツールだったわけだね。

 実は当ブログで最初から最後までレビュウした最初の仮面ライダーシリーズとして、そういう意味でも思い入れがあったりする。
 それからもう10年経ってしまったという事実にも感慨一入。

決戦は金曜日。

随想
02 /24 2017
 今日からプレミアムフライデーとかなんとか言って、
 半ドンというほどではないが仕事の早上がりをする日を月1回持つとか。


 …我にはこれっぽっちも関係ない話だけどねあーははーはー。
 

 世の中そりゃ9to5で働いてる人が大多数なんだろうけれど。
 そうでない人もいなけりゃ世の中回らない。
 そういう人にはどういうフォローが出来るのかねぇ。
 ちょっとばかり不公平感とか覚えてしまう。

 どうもね、こういう労働対策の類って。
 的外れなことしてる感が強くってねぇ。

食玩侮るなかれ。(セイザ・ドッキング編)

玩具/食玩
02 /23 2017
IMG_1063.jpg
 さて、先日から紹介してる今年の戦隊ロボミニプラ「キュータマ合体シリーズ1・キュウレンオー」。
 本日は残る4機のキュウボイジャーと、その合体についてレビュウ。

 IMG_1058.jpg
 オウシボイジャー及びオオカミボイジャー。
 其々口が開閉する。

 IMG_1059.jpg
 オウシボイジャーはキャタピラの中に車輪が仕込んであって転がし走行可能。
 オオカミボイジャーは毛並み風のモールドまで再現してあるのが可笑しい。

 IMG_1060.jpg
 カジキボイジャー及びカメレオンボイジャー。
 カメレオンボイジャーは口が開閉、若干ながら舌を伸ばすことが可能。

 IMG_1061.jpg
 各キュータマ内部には乗り込むキュウレンジャーの姿がシールとは言え見えるわけだが、
 当然向きなんて変えられないのでえらい体勢で乗ってるように見えたり。

 IMG_1062.jpg
 全5機のボイジャーを改めて並べて。
 こうしてみると、結構伝統的なSFスペースオペラのメカニックの意匠が垣間見え、ちょっといい感じ。

 さて、そんなわけで。
 セイザ・ドッキング!キュウレンオー!!
 IMG_1069.jpg
 この節くれだった感じの体形がなかなかによろしい。
 クリアパーツのキュータマが目を引く。

 IMG_1070.jpg
 ここ数作かなり冒険したスタイルの戦隊1号ロボが多かった中実に王道的デザイン。
 各部に例によって謎の接続穴が。

 IMG_1066.jpg
 可動はここ数年のミニプラの中ではトップクラスに優秀で基本的なポーズは問題なく取れる。
 カジキとカメレオンを両腕にした場合引き出して肘の可動を広げることも出来たり。

 IMG_1071.jpg
 手足のキュータマ接続はボールジョイントになっており、肘・足首をフレキシブルに動かせる。
 後ろ回し蹴りのポーズで自立出来たりも。

 IMG_1072.jpg
 スーパーギャラクシー!!
 …カジキソードが短いのが難。カメレオンの舌共々何かでフォローされないものか。

 IMG_1073.jpg
 手足のキュータマの接続は統一規格なので入れ替えも可能。オウシとオオカミを両腕にしてマッチョなスタイルにも。
 ただしこちらには引き出し肘関節はなし。

 これだけでかなりプレイバリュウも高く、見栄え的にも良好。
 さて来月には残る4戦士のボイジャーもリリース予定。こちらも楽しみ。

キミと話がしたいのだ。

猫のいる生活
02 /22 2017
 猫好きなら誰だってそー思う。俺だってそー思う。


 そんなわけで。2017年のにゃんこの日をお知らせします。
 IMG_1057.jpg
 
 —以前も書いたと思うが姫様は間もなく9歳。
 そろそろ高齢猫の域に差し掛かる年頃だ。
 当人は相変わらずのわがままお嬢だけどね。

 
 猫と暮らす幸せを教えてくれた姫様も、同じように幸せを感じていてくれたら、
 それに勝る喜びはないのだけれど。

食玩侮るなかれ。(キューキュータマタマ編)

玩具/食玩
02 /21 2017
IMG_1052.jpg
 さてさて。快調な滑り出しを見せた今年のスーパー戦隊シリーズ『宇宙戦隊キュウレンジャー』。
 本作の食玩ミニプラも早くも発進。
 「キュータマ合体シリーズ01 キュウレンオー」全6種。


 IMG_1048.jpg
 さて。いつもならばら売りを店頭で買ってくるところなのだが。
 いつもならば店頭用12個入りボックスで売られるミニプラが今回1種ずつ入った「キュウレンオーセット」としてもリリースされたのでこちらをゲット。

IMG_1049.jpg
 スーパーミニプラが成功してる分大人向けパッケージにもGoが出たみたいね。素晴らしい。

 IMG_1050.jpg
 さて。キュウレンジャーのコアアイテムにして各メカのコクピットブロックでもあるキュータマはミニプラでもクリアパーツを用い再現されている。

 IMG_1051.jpg
 各星座のシンボルとコクピットに座るキュウレンジャーの姿がシールで再現されている。ちゃんと各キャラ違うのだ。
 ちなみに丸いガワは回すことが出来るが、絵柄変化ギミックはないのであまり意味はなかったり。

 IMG_1053.jpg
 本体の大部分を占めるシシボイジャーのみ二箱構成。
 スタンド穴もあったりする。

 IMG_1054.jpg
 今年もかなり色分けに力を注いでおりシールは最小限。
 このメカモールドが気持ちいい。

 IMG_1055.jpg
 …さて。本日は時間の都合でここまでの紹介。
 他のキュウボイジャーとキュータマ合体は後日。

花手折る雪。

折々
02 /20 2017
 先月からの雪で庭木にダメージが及んだことは先日書いたが、
 その中には蕾をたくさんつけた木瓜の木も。

 もったいないので生けることにする。
 IMG_1047.jpg
 基に返ること叶わないならば、せめて愛でよう。

メンタルの強さ問われる時。

特撮
02 /19 2017
 ぼちぼち空気にも春の気配が紛れ込んできたかな?
 これが季節の推移なのか、ただの気まぐれなのかはわからないけれど。

 そんな、雨水を過ぎた日曜日。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。新メンバー加入とともに世界観の構図をざっくりと解説。ほぼ全宇宙を支配とか歴代でも最大規模の敵だわね。今後恐らく舞台は地球になると思うのだが、こんな規模の敵相手にどうやって拠点を地球に限定するつもりなのやら。そしてつくづくラッキーは剛運なんじゃなく単に物事の捉え方が無闇とポジティブなだけなんだと再認識。一見能天気おバカなだけに思えるけど、「仲間」という概念を簡潔かつ端的に言い表して見せる等なかなかに侮れない。ああいう境地に至るまで結構色々あった奴なんじゃないかな、とは思えた。あと今回何気に注目株は蛇遣い座の無感情星人ナーガ。種族として捨て去ってしまった感情を取り戻したいと願うのはなぜなのか、そして今後感情を獲得して変わってゆくのか。恐らくは計算高く利用してるつもりだったろうバランスは彼が変えたのだろう。その辺にも注目。


 『仮面ライダーエグゼイド』。遂に自分がゲーム病だと知ってしまった永夢。だが状況から見てバグスターとして後付けになったのは人を救う医師を志す大人しい研修医としての人格のほうなのは明らか。そして本来の享楽的なゲーマーとしての人格共々消滅しなかったということはその二つが断ちがたく結びついているということなのだろう。それまでの症例とは明らかに異なる最初の感染者。とりあえずはその相反する二つの人格が折り合いをつけることが、この2クール目のテーマなんだろうね。そして、その患者を思い遣る研修医の人格に絆されつつある飛彩にとっても、それをただの病巣と割り切ることはきっと為し難くなってゆくのだろうね。

錠前屋奮闘記。

システム
02 /18 2017
 百鬼夜行魑魅魍魎のネット界隈。
 うかうかしてると不正に侵入されデータを奪われる話なんて枚挙に暇がない。

 ゆえに、
 大事な顧客のデータを護るため、各社のシステム担当はセキュリティ管理に神経を尖らせているのだろう。これは分かる。
 誰も責任なんて取りたくないからね。

 …そうとはいえ。
 ログイン条件を弄られるのは正直面倒くさいわよね。
 いつもの調子でマイページに入ろうとして、
 ブラウザの記憶がクリアされてる際の虚しさよ。

 理由を考えると文句もつけられんし、
 こういうのはユーザー側としてはどう管理するのが適切なのかねぇ。

魂の深淵を見ろ!

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
02 /17 2017
 IMG_1035.jpg
 <ゲンカイガン!>

 『仮面ライダーゴースト』に登場する深海マコト=仮面ライダースペクター。
 彼が幼馴染で恩人である天空寺タケルのために手にした力、仮面ライダーディープスペクターがS.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品。

 IMG_1036.jpg
 ディープスペクター眼魂により自身の魂の力を限界まで引き出した仮面ライダースペクターの超強化形態。
 一部ガンマイザーとも繋がっており、その影響でマコトは文字通り自分自身とも向き合うことに。

 IMG_1037.jpg
 とげとげしい姿をシャープに再現。
 シルバーとメタリックパープルの塗装が美しい。

 IMG_1038.jpg
 より複雑になったフェイスパターン。
 胸の紋章はゴースト闘魂ブースト魂と同様レリーフ状の処理に。

 IMG_1039.jpg
 ディープスペクター眼魂が装填された状態のゴーストドライバー。ちょっと怖い。

 IMG_1040.jpg
 ノーマルのスペクターと。
 パーカー以外にも二の腕や脛など大きく変化。

 IMG_1041.jpg
 …終盤この両者が対峙することも多かったね。どういう意味があったのかはいまいち判然としなかったけど。

 IMG_1045.jpg
 パーカーを着込んだゴースト系アーツの常で可動は今一つ不自由だが、
 肩の上の飾りは独立可動して干渉を防ぐようになっている。

 IMG_1042.jpg
 例によってフードを被った状態に差し替え可能。

 IMG_1043.jpg
 武器としてディープスラッシャーが付属。
 闘魂ブースト魂などのサングラスラッシャーのリデコで、色のほかグラス部分の造形も変化。

 IMG_1044.jpg
 ブレードモードに差し替え。
 付属はしていないが、もちろん眼魂をセットすることも可能。

 IMG_1046.jpg
 こちらも終盤の組み合わせが再現可能に。

 さて後はゴーストのムゲン魂。ドライブ・タイプトライドロンみたいに長々と引き伸ばされるのかな。

またもや新野菜。

味覚
02 /16 2017
 また、頂き物の話。
 貰ってばっかりだなうち。有り難いことだ。

 IMG_1034.jpg
 「祝蕾」というそうな。
 別名子宝菜。アブラナ科蔬菜の大きな株から出てくる、脇芽だということだ。

 ちょっと辛味のある柔らかい食感で、炒め物やら天ぷらにすると美味だとか。
 ネットなどで見ても絶賛するコメントを見かける。これは楽しみ。
 
 何かあまり野菜売り場とかでは見かけない野菜に出会うとこう、テンション上がらない?

寝ぼける菌。

味覚
02 /15 2017
 結構久々に、ホームベーカリーに火を入れてみたのだが。

 IMG_1033.jpg
 …やっぱ冬場はダメかなぁ。あまり窯伸びしない。
 イーストが古くなってるせいかも知れんけど。

世界劇場。

随想
02 /14 2017
 某国大統領「ドラえ○んごっこしようぜ!俺ジャ○アンな!」
 各国首脳「はぁ?お前何言ってr
 某国首相「じゃあ僕○ネ夫ー!(とりあえず、ドラ○もんのいないの○太にだけはなってたまるか!)」


 …何となくだが、そういう印象を持った先週末あたりである。


 まぁ偏見に過ぎんかもだが。
 世界中から「あいつ困ったな」って眉を顰められてる輩に揉み手しながら擦り寄ってゆくような様は見ていてあまり気持ちの良いものではない。
 感情論抜きにして実利で考えたらそうするしかない、とかであっても。

 どうも報道番組が笑えない笑劇を流しているように思えてくるってのは世も末だぁねぇ。

誰もいないと思っていても。

玩具/アクションフィギュア(その他)
02 /13 2017
 IMG_1031.jpg
 死にデモ。(何)

 世界の名だたる芸術作品をアクションフィギュアにしてしまう、figmaの『テーブル美術館』。
 新作は特定の作品ではなく、様々な絵画彫刻に描かれることの多い「天使像」。

 IMG_1020.jpg
 天使を「羽根を持った小さな男の子」としてビジュアライズするようになったのは近世以降。
 ローマ神話のキューピッドがそのイメージの元になったようだ。

 IMG_1021.jpg
 figmaとしては歴代最小クラスで、通常のものの3分の2程度のサイズ。
 その分可動範囲もさほど広くはない。

 IMG_1024.jpg
 小さい分本体は2体セット。
 
 IMG_1023.jpg
 あどけない造形の顔立ち。

 IMG_1025.jpg
 背中の羽根もfigmaジョイントと軸で表情豊かに可動。

 IMG_1028.jpg
 繋いだ手首で組み合わせることも可能。
 figmaスタンドは2セット付属。

 IMG_1026.jpg
 ラッパ。左手首と一体。
 吹くために頬を膨らませた頭部も付属。

 IMG_1027.jpg
 弓矢。これらの付属品はブラス風に塗装されている。教会装飾の大理石像などで見かける方式。
 オプションは一つずつしか付属しない。

 IMG_1029.jpg
 ブリュッセルの有名な噴水像「小便小僧」風に仕立てるオプションも付属。こういうことやらかすのがテーブル美術館。
 台座が付属するが固定できないため、実質自立は不可能。

 IMG_1030.jpg
 …ちなみに○○○は左手首と一体で、本体の○○○の上にかぶせるようにする。○○○オン○○○。

IMG_1032.jpg
 愛らしいが何となくイラッ☆とする感じも味わい。

 特定の作品ではない分汎用性も高く様々なディスプレイが可能。
 今後もちょっとクレイジーなラインナップが続くな、このシリーズ。

 
 

幸運のお星様。

特撮
02 /12 2017
 かの偉大なヒーローメーカー、石ノ森章太郎氏が生み出したフォーマットを引き継いで早幾年。
 日本特撮界に確固たるジャンルを打ち立てているスーパー戦隊シリーズも新たな節目を超えて41作目。
 『宇宙戦隊キュウレンジャー』本日より放映開始。
 それを含めて、今週の特撮ヒーローレビュウ。


 で。『キュウレンジャー』である。デフォルトで9人構成、宇宙を股にかける戦隊とやたらとスケール感マシマシの意欲作。敵はすでに全宇宙を制圧している宇宙幕府(帝国とかじゃないのがミソなのか?)、それに対抗するレジスタンス的存在としての戦隊というフォーマットはちょっとスターウォーズ意識してるかねぇ。ロボや人外系混じりな当たりも含めて。主人公はまた超前向きおバカ系レッド。実際は言うほど幸運なわけでもないんだけど何でもともかくポジティブに捉えて道を切り開き、本当の幸運を自分で引き寄せるタイプの模様。とにかく主人公登場からロボ合体まで一気に見せるいつもの戦隊第1話。有無を言わさず勢いだけで押し切る強引さは嫌いじゃない。多分9人そろったあたりで地球に辿り着いていつもの小ぢんまりした作りになるんだろうけれど、地球もすでに制圧されているというのは人外混じりでも受け入れられる下地になってるとも思える。さてさて。これから1年どう展開してゆくのか。


 一方の『仮面ライダーエグゼイド』。何かゾンビ社長の小物化が留まるところを知らない。遂に自分を神とか言い出しちゃった。自身を死なないチートキャラに仕立て、すべてをコマ呼ばわりして親の総取りを目論むイカサマさ加減はゲーム自体をも冒涜するものであり、遂にパラドも愛想を尽かす。どうもラスボスの器でもなくこのクールで消えそうね。その後の展開は分からなくなるけど。そんな社長の逆ギレにより永夢の秘密が暴露され、主人公消失の危機に。何のかんので彼を気遣う飛彩と大我を巻き込みお話はちょいと欝々としてきた。

高千穂の錆釘。

随想
02 /11 2017
 神代に起源を求めるファンタジーな国の同胞たちよ。
 建国のお祝い申し上げる。

 
 この日を機に国威を啓発する催しも多く開かれると聞く。
 この国際情勢の最中、「正しい愛国心」を育もう、と称して。


 いやまぁ、個人的な感覚だけど。
 「愛国心」って、「持て」と言われて持つようなものじゃないと思うんだがなぁ。

 「この国に生まれてよかった。幸せだ」と実感できたなら、
 自ずと生じてくるものなんじゃないかなぁ。
 「国を愛する意識を育もう」なんてお題目になってしまう時点で、何やら別の意図が見えてくるように思うのよ。
 国のための消耗品を量産しようという、何かと敵視してる国々と大して変わらんような意図を。

 最近うっすらと、いやかなり怪しくなってきている感はあるが、
 世界的に見ても暮らしやすい国と言えるだろうし、それを自覚せずに漫然と享受してる輩も多いのかもしれない。
 だがねぇ。無条件に国態を敬えというのも何か違うと思うのよ。
 
 神秘的領域に根幹を封じてアンタッチャブルにしようとする時点で、
 何か生臭い了見が見え隠れすると思うのは穿ちすぎなのかねぇ。

白く塗りつぶす。

折々
02 /10 2017
 2週間ぶりくらいの、雪の週末である。
 しかも先月末より多く降りそうだと散々脅してくれる気象庁。
 在所も夜半前の現在、くらくらと降り注いでいる。

 近年雪は少ない印象だったが今冬は久々に当たり年なのかなぁ。嬉しくとも何ともないけど。
 願わくば前評判倒れでありますように。

美しき変容。

味覚
02 /09 2017
 頂き物。
 
 IMG_1019.jpg
 軽く炙れば日本酒のアテに最適そうな、干魚なんだけど。

 加工の仕方なのか、魚の種類なのか。
 すごく綺麗な色で透き通っている。
 ぱっと見何なのかわからないくらい。

 何というか。
 「食べ物」がいい意味で食べ物らしくない綺麗さを感じさせるって、不思議な感じだよね。
 それで食べて旨けりゃまた尊い。

譲れない一線。

猫のいる生活
02 /08 2017
 要所要所で姫様。
 IMG_1018.jpg
 /ブス顔撮んな!\

 
 家猫生まれで懐っこく、
 物怖じしない性格の姫様。
 人に構うのも構われるのも好きだが、一つだけ決してしないことがある。


 それは、自らお腹を見せること。


 姉のところの猫とかは結構ひっくり返って愛想してみせるのだが、
 姫様は一度もやったことがない。
 ブラッシングなんかする際もお腹側は嫌がってさせない。

 そこまでは許せないっていう気位があるのかねぇ。
 それとも本当には心を許してもらっていないのか。

取捨選択。

システム
02 /07 2017
 …む。広告ブロック系アドオン入れたらだいぶんブラウザの挙動がスムーズになったな。
 最近の広告ポップはGIFとか使って結構リソース食うのもあるし。

 それでも時々発作的にハングアップするのは何が原因なんだろうなぁ。

 ここはもう思い切ってブラウザ自体を乗り換えるのも手かな、とも思ったり。
 Chromeとかどうなんだろうな。PCよりもスマホやタブレット向けなのかも知れんけど。

不撓不屈。

折々
02 /06 2017
 昨日からの雨で先月末からの積雪もほぼ消えた。
 すると、雪が庭木などに及ぼした影響も見えてくる。
 枝がへし折れてるところもあったりして。

 だが、基本。
 冬も枯れない植物は、雪なんぞに負けないように出来ている。

 熨されたようになっていたプランターのパンジーも、息を吹き返す。
 IMG_1015.jpg

 寒い中盛りを迎える侘助。
 IMG_1017.jpg

 こうした花の姿が、
 冬を凌ぎきる気概を与えてくれる。

希望見つめてる、少年の心。

特撮
02 /05 2017
 日本特撮界に燦然と輝くロングシリーズ。
 時代とともに移ろいながらも、人と人との繋がりを歌い上げ続けて早40作目。

 奇抜さはないものの堅実で丁寧な作風で好評を得た『動物戦隊ジュウオウジャー』も今回が最終回。
 それを含め、今週の特撮レビュウ。


 その『ジュウオウジャー』である。戦隊の敵が示すものとは他者との繋がりを否定する意志。その慣例に従い明かされたジニスの本性とは、実際は下等な宇宙生物から構成されているという強烈な劣等感であった。他者への妬み、嫉み、憎悪が自分以外全てを嘲弄し蹂躙する傲岸さ尊大さの根源となっていたという。人間の持つ我執の中でも最も暗くおぞましい側面のカリカチュアとも言うべきか。それはすべての生命が繋がっていることを肌で実感したジュウオウジャーたちに対しては完全なアンチテーゼ。どんなに強大な力を持っていてもそんなしみったれた根性の輩に戦隊ヒーローが負けるはずもなく、順当にゲームマスター気取りの元下等生物は吹き飛ばされたのだった。
 そしてそんな外宇宙からの脅威など実はもののついで、ただの切っ掛けでしかなかったという恐るべき最終回となった。あれ宇宙から侵略者が来るなんてのよりよほど大ごとなんじゃねぇの。かくして分断されてきた二つの世界は一つになり、地球にはほぼなし崩しに新時代が訪れる。大変な混乱はあるだろう。その道もまだまだ平坦には程遠いだろう。だが。ひとりの人間と4人のジューマンが作った小さな小さな群れは、やがて地球一つをひっくるめた大きな群れへと推移してゆく。そんな希望に満ち溢れた、素晴らしい最終回だったと思う。
 残念ながら自然や動物を人間が追いやっていることは否めない現実世界。だが。誰でも動物と話したり仲良くなったりしたいと一度は思うはず。そんな願望を異種族ジューマンとの関わりになぞらえ、他者との関わりにポジティブになることを問いかける。『動物戦隊ジュウオウジャー』とはきっとそんな作品。ありきたりの大団円だとは思うのだが、見ていて何故か泣きそうになったのは年を取ったからなんだろうかね。

 一方の『仮面ライダーエグゼイド』である。こちらは一見ギャグテイストながらお話の根幹にかかわる重要なエピソードであった。友好的怪人の出現はコメディリリーフになりがちだが、そもバグスターの出自とは何か。ゲームのキャラクターをモデルにした怪人。ゲームのキャラクターとはエネミーであるものを含め「人を楽しませる」存在。それが、ある意味バグスターと共存した永夢のあり方とも関わってくる。ゲームマスターの総取りを目論む壇社長の目指すものは実はゲームですらない。それはおそらく、無邪気にゲームを楽しもうとするだけのパラドの叛逆フラグにも。こちらもなかなか、先が見えなくなってきた。

全ては××の思し召し。

随想
02 /04 2017
 現在TVアニメ化もされているライトノベルの中に、
 「自称『神』によって戦乱の異世界に転生させられる」というものがある。(これだけ書いても枚挙に暇がないかも)

 あまりに理不尽で大人げない「神」の意図に抗うべく合理主義を拗らせた感のある主人公が悪戦苦闘する様が人気のシリーズであるが。
 「神」(を称する超越者)というものが具体的な意思として存在することが前提となった作品ではある。

 読者やアニメ視聴者の感想とか見ても。
 現実で言われる「神」も確固として「存在」しているように認識している人が多い。別に宗教の信者でもなさそうなのにね。


 きわめて個人的な認識だが。
 「神」とは「存在」ではない。「概念」である。アルティメット何とかさんである。なんか違うな。
 実利的な目的のために、人間がでっち上げた「ものの見方」の一つである。

 聖書に出てくる「神」が非常に理不尽に思えるのも、
 宗教というものの目的を考えると辻褄が合うことがある。
 特に社会的規模の宗教となるとその第1の目的は「価値観の統一」。
 ムリクリな要求を振りかざして思考の剪定を行っているのだ。
 神の思し召しだ、って言やあ大抵の無理は通るものだしな。

 かくのごとく。
 其々が転々バラバラなエゴを固有している人間という生き物が寄り集まって生きる上で必然的に発生する齟齬を調整するツールの一つが宗教であり「神」という概念。
 ある時は剪定の大鉈として、またある時ははけ口として機能するものなのだ。


 …こんな風に不信心に生きてる我だが。
 とある牧師から「君は大変に信仰深い人間だ」と評されたことがある。何故だ。

北北西に進路をとれ。

味覚
02 /03 2017
 今日は節分。
 何か昨今、「豆まきをする日」じゃなく「巻き寿司を食う日」になった気がする。

 煎り豆よりも利鞘がいいからね。仕方ないね。

 まぁうちは自前で巻いたけど。
 IMG_1014.jpg
 具はオーソドックスに卵、胡瓜、カニカマ、椎茸甘煮、そして干瓢。

 かぶりついて食うと干瓢だけはどんなに柔らかく炊いても残ってずるっと抜けるのが難だな。
 

変わり映えなく幾星霜。

システム
02 /02 2017
 信じられないことに、ね。
 当共謀空間はこの夏にはFC2ブログに草鞋を脱いでからも丸10年になるのよ。

 毎日毎日誰も読んでないような駄文を書き連ね、
 それでも自分自身には覚書程度にはなっていたりいなかったりするわけで。

 だがIT技術は日進月歩。10年も経てばブログ周りの環境も色々変わってきている。
 昨今はスマホでブログ更新する人も多くなったようでそれ向けの機能も追加されていってるみたいね。

 そんな中。
 こういうトラックバックテーマ。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「ブログを作成するうえでどんな機能をよく使いますか?」ですみなさんブログ作成時にそれぞれの思いを込めてブログを作成しているかと思いますが、そんな中でも私がいつも利用している機能はカウンターです自分が思いを込めて作成したブログにどのくらいの訪問者がいるのかって気になりますよね私はカウンターを設置して毎日チェックしています見てくださっている方...
FC2 トラックバックテーマ:「ブログを作成するうえでどんな機能をよく使いますか?」



 いやこれが10年来写真アップロード機能くらいしか満足に使ってなかったりするんだわ。
 あまりコミュニケーションには重点を置かないし。アフィとかにも関わらないし。
 
 あと月毎にテンプレと一言紹介を変えるという謎のこだわりを持っているので月に一度は環境設定をいじる。そのくらい。

 玩具レビュウとかすると写真が大量になるので、最近一度に多数の写真を同時アップロード出来るようになったのは嬉しいところ。

久々買い物懺悔。

見物
02 /01 2017
 …あー。
 買い物するときは「値引き」と「確実性」どちらを重んずればいいのかなぁ。

 特に必然性・切実性が高くない買い物だとどうしても前者に目が行ってしまい、
 うかうかしてると買い逃してしまうことがままある。
 そうなると後悔がどっと押し寄せてくるんだよねぇ。

 たかが数百円の安値とか、気にしなけりゃいいのかも知れないけど。
 貧乏性はどうにもならんなぁ。

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら