命、燃やすぜ!!

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /30 2016
IMG_0214.jpg
 現行仮面ライダー『仮面ライダーゴースト』もついにS.H.フィギュアーツで展開開始。
 第1弾はもちろんゴーストの基本形態、仮面ライダーゴースト・オレ魂。

 IMG_0209.jpg
 眼魔によって命を奪われた天空寺タケルが父の残した眼魂によって変身した姿。
 オレ魂はタケル自身のゴーストによって力を与えられる基本形態。

 IMG_0210.jpg
 フード付きのパーカーを着込んでいると言う独特のプロポーションを再現。
 全身のプロテクター、スーツ部分、そしてパーカーで質感を変え、造形上は全く文句なし。

 IMG_0211.jpg

 全体がクリアフードで目の部分が逆に黒いと言うこれまた独特のフェイス。
 造形上はイメージどおりだが、クリアフードの色合いがやや薄いと不評。
 胸部分にもクリアカバーが被さっており、その上にパターンがプリントされているのはスーツと表現が異なる点。

 IMG_0212.jpg
 ゴーストドライバーにもクリアカバー。

 IMG_0213.jpg
 さすがに開いて眼魂をセットしたりは出来ないが、カバーは外して内部のディティールを晒す事ができる。
 レバー部分は非可動。

 IMG_0215.jpg
 パーカーのフードは変身直後などの被った状態に差し替え可能。

 IMG_0216.jpg
 頭頂部ジョイントのカバーを外して取り付けるためパーカーとは独立しており、首の可動が死ぬ事はない。

 IMG_0217.jpg
 独特の構造のこともあって胴体の可動がいまひとつ。
 最近のアーツとしてはあまり動かないほうかも知れない。

 IMG_0218.jpg
 股関節は引き出し式。

 IMG_0219.jpg
 武器としてガンガンセイバーが付属。

 IMG_0220.jpg
 例によって細かい造形と塗装で表現。クリアパーツも用いられている。

 IMG_0221.jpg
 一部差し替えでガンモードに変形可能。

 IMG_0222.jpg
 この形態でも使ってたっけか。
 どうせならナギナタモードにも出来ればよかったのに。

 IMG_0223.jpg
 また、初回特典としてナビ役のユルセンが付属。
 ブリスターの後ろに袋で同梱されている。

 IMG_0224.jpg
 目にクリアパーツを使うなど作中そのままのイメージ。
 専用のスタンドでディスプレイ可能。首が若干可動する。

 IMG_0225.jpg
 鎧武以降のライダーアーツの再現度は総じて高いねぇ。
 ただ今回、アクションフィギュアとしてはちょっと物足りない気もしたり。



スポンサーサイト

高速のビジョン見逃すな。

玩具/その他
04 /29 2016
IMG_0194.jpg
 S.H.フィギュアーツ対応ライダーマシンの新作は『仮面ライダーカブト』よりカブトエクステンダー。
 真骨彫造形フィギュアーツ対応バイクの第3弾である。

 IMG_0195.jpg
 ZECTで開発されたマスクドライダーシステム専用のスーパーマシン。
 時速410kmで走行し、エクスモードにキャストオフすればクロックアップ状態にも対応可能。

 IMG_0196.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様は今までどおりというか変えようがないというか。

 IMG_0197.jpg
IMG_0199.jpg
 各部にクリアパーツを使用。シールド部分もスモーククリア。
 ヘッドライト内には球も再現されていたり。

 IMG_0201.jpg
 実車プロップのベースはホンダ CBR1000RRだそうで。
 フルカウルのオンローダーゆえ、エンジン周りの造形はなし。

 IMG_0198.jpg
 アーツ系商品としては珍しく、各部ビスが剥き出しだったり。

 IMG_0202.jpg
 今まで代用してたボーイズトイ系エクステンダーと。
 こうしてみるとこちらもなかなか再現度高かったな。

 IMG_0206.jpg
 こっちにはまだエクスモード用としての需要があるのだ。

 IMG_0203.jpg
 真骨彫カブトが搭乗。
 専用に作られているためマッチングは良好だが、ステップに脚をかけるとちょいと尻が浮く。

 IMG_0204.jpg
 底面のカバーを外してスタンド用ジョイントを取り付けることが可能。

 IMG_0208.jpg
 色合いが共通なので併走してみる。

IMG_0205.jpg
 出来としてはまぁ、普通と言うしかないかな。
 それでもまぁ、カブトと絡めると雰囲気はより充実。

ソロモンよ、私は帰ってきた。

アニメ
04 /28 2016
 地元のTV局で何故か『機動戦士ガンダム』OVAシリーズ、『第08MS小隊』を放映していた事は以前も書いた。
 気付けば「ラスト・リゾート」に加え「ミラーズ・リポート」まで網羅した、完全公開になっていたわけだが。

 今週からはこの枠で引き続き『0083スターダスト・メモリー』が放映されるとの事である。
 ・・・これ『08』より更に前、25年以上前の作品なんだよな。

 日曜早朝に『UC』TV再編集版が放映開始されたり、最近のキー局をまたいだガンダム押しは何事なんだろうね。財団Bの仕業か。

 ともあれ。
 『ガンダム』OVAシリーズの中では屈指の熱さを誇ると評判のタイトル。
 これまたちゃんと見た事が実は無かったりする作品なので、ちょいと覗いてみようかな、と思う。
 何やらその後のロボットモノの数々に大きく影響を与えた作品とも聞くので、ネタ的にも楽しみたいところ。

 ……そしてまた、番組紹介データに絶妙な煽りが付いているのだった。ガトーはセガールか。そうか。

俺たちは、友達だ。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /27 2016
IMG_0184.jpg
 S.H.フィギュアーツに久々に『仮面ライダー龍騎』のキャラクターが登場。
 仮面ライダー龍騎の強化形態・龍騎サバイブの契約モンスター、ドラグランザーである。
 魂web限定商品。

 IMG_0181.jpg
 「サバイブ・烈火」のアドベントカードにより仮面ライダー龍騎の契約モンスター、ドラグレッダーが変化する。
 龍騎サバイブを載せて自在に飛行し、口からは7000℃の高熱火炎を放射する。

 IMG_0182.jpg
 全体メタリックレッドの塗装が非常に美しい。

 IMG_0183.jpg
 ・・・全長は最大60cmを超え、正直持て余すほどのサイズ。
 正直いつもの撮影スペースに全く収まらない。
 アーツ龍騎に付属していたドラグレッダーも大概大きいと思ったが、こいつに比べたら全然大した事がない。

 IMG_0185.jpg
 長い身体はさすがにドラグレッダーのようにフレキシブルに動くわけではないが、それでも各部にロールがありそれなりにポージングが可能。
 四肢も可動部が多く、指一本一本まで動かす事ができる。
 一応2箇所ほどスタンド穴はあるが、相当に重量があるのでディスプレイもちょいと困難。

 IMG_0186.jpg
 背中のカバーを外せばスタンドのアーム用穴が現れ、龍騎サバイブを乗せることが可能。

 IMG_0187.jpg
 アーツオリジナルのギミックなのか、尻尾の先端部を外して龍騎に持たせる事が可能。

 IMG_0188.jpg
 ファイナルベント・ドラゴンファイヤーストームの際のバイクモードへの変形ギミック搭載。
 背中のシートカバーを外すだけで後は完全変形。

 IMG_0189.jpg
 ライダー用バイクモデルとしては最大級のボリューム。
 さすがに変形念頭のため、実車プロップに忠実ではない。

 IMG_0190.jpg
 左右後脚部にスタンドを内蔵。

 IMG_0191.jpg
 龍騎サバイブが搭乗。
 ステップは無いが、違和感無く乗せられる。

 IMG_0192.jpg
 デザイン的に倒れないせいか、走行時用スタンドなどはなし。
 若干ではあるがステアリングが切れたりもする。

 IMG_0193.jpg
 ドラゴンファイヤーストーム!
 火球を吐きかけた上で轢いてゆくというのは歴代でも凶悪な技なんじゃないか。

 正直ちょっと今更感は漂うが、出来そのものは良好。
 やはり『龍騎』は玩具的にも美味しいシリーズだったんだろうね。

色々取り込み。

未分類
04 /26 2016
 あー。本日はレビュウ物件などトピックも色々あったのだが。

 回線工事など入った影響で時間切れ。更新は生存報告のみとさせてもらう。

 ご覧のとおりちゃんと接続できてるよー。

便利さと煩雑さと。

システム
04 /25 2016
 ・・・ああもう。
 何やらかんやらの手続きのため半日走り回らなきゃならんかったが。
 
 その半分くらいが結局徒労に終わったことの虚しさよ。

 世の中新しいものには飛びつく人は多いみたいだけど、
 そういう人たちは切り替えにかかる手間なんてものともしないってことなんかな。



 まぁ、そんなわけで。
 我が家の電話線とも、今宵限りでお別れ。
 明日にはグラスファイバーが引き込まれる事になる。
 IMG_0180.jpg
 「光に、なれ」
 「ヒカリに」

見えないものを何処まで読むか。

特撮
04 /24 2016
 在所で『ウルトラQ』総天然色版が放映されている事は以前も書いたが、
 先日の放映は第4話「マンモスフラワー」だったはずが5話「ペギラが来た!」になっていた。

 …そりゃ「巨大植物が生えてきて街が壊滅。人々が地下に閉じ込められる」なんて話、今日この頃ではちょっと放映できないか。
 バス事故の後の「人間標本5,6」でクレームでもあったのかなぁ。

 不謹慎の線と言う奴の引きどころをまた考えつつも、
 今週のヒーロータイムレビュウ。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。ついに顔出し出演を果たした草加雅人謎の鳥男、そのちょっと意外なスタンスが明らかになったターニングポイント回。自身の生まれ故郷なはずのジューランドを敵視するかのごとき発言とこの世界との繋がりを絶つためという王者の資格を奪った理由。それと再び大和を救った行動との間に全く整合性が取れず、結果大和は板挟みの状態になってしまう。それゆえ一人で絶望的な戦いに挑む大和の姿にジューマン4人もようやく本当に覚悟を決め、お定まりのスーパー合体完成の流れに進むわけだが。果たして鳥男の思惑はこの状況を見越してのものだったのか、それとも。謎をまた据え置きつつ、地球を守る群れの物語は2クール目に推移。

 『仮面ライダーゴースト』。父の死により悲しみと怒りを知るアラン、人の世の情けに触れたジャベル、そして自分探しの旅に出る眼魔たち、と、「完璧な世界」の破綻から次々に自我を(恐らくは)取り戻してゆく眼魔の世界の住人たち。これが主題歌に歌われる「我思うゆえに我らあり」ということか。綻んだ理想世界もどうやらどんどん悪い方向に転がってゆく様子で、お話は二つの世界の存続に関わる壮大なものになってゆく。眼魔世界の変革はどうやら事実上無敵のようにも見えたゴーストの強化変身にも影響を及ぼす模様で、その不具合を埋めるためのスペクターの強化変身らしいが・・・今のところ描かれてないけどリスクはあるんだろうねぇ。ともあれ、今年も仮面ライダー3人体制が成立。こちらも次回から新展開か。

オプション手間隙。

システム
04 /23 2016
 また新車の装備品の話をする、と言ったらいい加減「自慢か!」と罵られそうな気はするが。
 今一番リソース振ってる案件である事には違いないので。

 そんなわけで。
 先にも書いたとおり、PCにサポートアプリを入れてSDカードで情報交換を続けているわけだが。
 日々一瞬で終わるUDとは別に、ダウンロードして移し替えるべきファイルがあることが判明。

 最初だからかも知れんが。
 これがまぁ、やたらと時間がかかる。

 カーナビ側のシステム更新がまぁ、終わらないこと終わらないこと。
 出退勤してる間の時間ではまるで間に合わない。
 別段その間使えないなんて事は無いのだけれど、
 ああいうのの進捗がもどかしい速度なのってやはりちょっとイライラする。

 それがどうにか目処が付いたと思ったら。
 次はETC関連でひと悶着あったりして。

 でかい買い物ってほんと、買った後まで色々と質面倒くさいもんだよね。

旬華巡礼。

折々
04 /22 2016
 近隣にミツバツツジが綺麗なお寺がある、と聞き赴いてみる。
 IMG_0179.jpg
 小高い丘の斜面に紫色の可憐な花がたくさん。

 IMG_0173.jpg
 …だがすでに盛りは過ぎていたようで、大分散り敷いていた。

 IMG_0177.jpg
 それでもまぁまぁの見もの。
 周辺には椛やドウダンツツジも多く見られたので、紅葉の時期も綺麗だろうねぇ。

最初の区切り。

随想
04 /21 2016
 九州地方の一連の群発地震発生から今日で丸1週間。
 折りしも雨天。荒廃した風景に雨が降り注ぐ様は映像で見るだけでも無常感を掻き立てる。

 地震そのものやら津波などのインパクトに関しては阪神や東日本ほどではないためか、
 今回は直接的なものではなく所謂「関連死」が取沙汰されてるようにも思える。
 エコノミークラス症候群とか。先の震災でもあったことだろうに。


 ・・・・・・何というか。
 人って、こんなに簡単に死んでしまうものなのか。
 天災に比した矮小さとか以前に、これほどに脆弱な生き物なのか。


 日々普通に寝起きしてごはん食べて仕事に行く。
 そうやって何の気なしに「普通」をこなして生きていることが、何かのお目こぼしの上に成り立っているに過ぎないのではないかって言う、この感覚。
 
 かの地にて今現在実際に過酷な環境にある人々に想いを馳せると同時に、
 そんな無常感を覚えて止まない今日この頃である。


物理的データ移動。

システム
04 /20 2016
 昔、とある特撮番組で、
 「電子データの体裁をした悪の大魔王をフロッピーに収納して持ち歩く」なんて事をやってたもんだが。
 ネットに繋がってない機器にデータを移すには、記録メディアを物理的に持ってゆくしかないのはこの頃から変わらない。
 ハンディなツールなら赤外線とかもあるだろうけど。

 と言うわけで。
 新車のカーナビとPCのサポートアプリでデータ交換を行うために16GBSDカードを購入。
 底値ならば1,000円くらいであるのな。ああいうメディアのグレードって何で決まるんだか。

 ・・・これで毎日車に乗り降りする度にこのカードを持ち歩かねばならんと言う手間が増えてしまった。
 ああいうデータって毎日更新されるものみたいだから、どちらかに入れっぱなしじゃ意味が無いみたいなんよ。

 どうも通話以外の携帯Bluetooth機能が上手く繋がらないので直接通信ができない。
 専用の通信モジュールを導入すれば手間も省けるらしいんだが。

 日々通勤に使うだけの車には無用の長物なのかも知れんけど。
 使える機能は、使ってみたくなるんだよねぇ。

食玩侮るなかれ。(野生開放・そして・・・編)

玩具/食玩
04 /19 2016
IMG_0151.jpg
 さてさて。昨日に引き続き『動物戦隊ジュウオウジャー』ミニプラ第2弾『動物合体ジュウオウワイルド』の紹介。
 ゴリラのラリーさんのパワーを授かることで出現したキューブゴリラとそれに関する合体を。

 IMG_0152.jpg
 ジュウオウキューブ6とワイルドキャノンで2箱アソート。
IMG_0153.jpg

 やはり色分けは優秀で、特にキューブ6本体はゴリラの目のみがシールと言う有様。

 IMG_0154.jpg
 キューブゴリラに変形。
 腕の伸縮は差し替えで表現。

 IMG_0155.jpg
 ・・・こう、ゴリラが大砲背負ってるとどうしてもゾイd(ry

 では、動物合体!
 IMG_0156.jpg
 <4!5!6!>

 IMG_0157.jpg

 ワイルドキャノンを変形させて頭部を取り出す。
 こちらにも顔が現れるギミックが再現されている。

 IMG_0158.jpg

 2号ロボ・ジュウオウワイルドが完成。

 IMG_0159.jpg

 下半身の可動性能は昨日紹介したとおり。

 IMG_0160.jpg

 腕のほうはやはり上腕ロールが無いが、肘に内側にも曲がる関節があるためドラミングポーズも可能。
 手首も回るのが嬉しい。

 IMG_0161.jpg

 ジュウオウキングと。
 肩が広がったデザインになっているため、バランスが取れて見えたり。

 IMG_0162.jpg

 言うまでもないが326合体も可能である。

 IMG_0163.jpg

 そして。
 今回もDX玩具に先駆け、武装キューブがラインナップ。

 IMG_0164.jpg

 やはりジュウオウキューブより二周り小さい。

 IMG_0165.jpg

 キューブモグラに変形。
 基本構造はキューブキリンと同じ。

 IMG_0166.jpg

 鼻先がドリルで安全帽を被っていると言うベタベタのデザイン。だがそれがいい。

 IMG_0167.jpg

 もちろんモグラドリルとして装備が可能。


 ・・・・・・さてさて。
 キューブ1~6と武装キューブ二つが揃ったと言う事は。

 これまたTV本編に先駆けて。

 IMG_0169.jpg

 
<4!3!2!5!6!1!>

 IMG_0170.jpg

 対ギフト戦の切り札、最初のスーパー合体ワイルドジュウオウキングが完成。

 IMG_0171.jpg

 何というか、キューブ積み上げ合体の真骨頂だね。
 それでも何となくバランスが取れたデザインなのがすごい。

 IMG_0172.jpg

 可動のほうは腕の可動がほぼ死ぬ。
 下半身もちょっと関節の負担が大きいかな。

 いや、気付けば久々にすごい写真の数になってしまったね。
 確かに気合の入った今年の戦隊ミニプラ、時期的にまだまだこんなもんじゃ終わらんのだろうね。
 




 

食玩侮るなかれ。(続・本能覚醒編)

玩具/食玩
04 /18 2016
IMG_0135.jpg 

 さてさて。久々に気合の入った出来の食玩ミニプラ・『動物戦隊ジュウオウジャー』ロボシリーズに待望の第2弾が登場。
 「動物合体ジュウオウワイルド」。第1弾のジュウオウキングと同様にジュウオウキューブ3種+武装キューブ1種の内容で、全5種一つ350円ほど。

 IMG_0136.jpg

 今日はそのうち、キューブエレファントとキューブタイガーを紹介。

 IMG_0137.jpg
 やはり色分けはかなり優秀で、シールは最小限。

 IMG_0138.jpg
 キューブエレファント。

 IMG_0139.jpg
 キューブを斜めに置いた状態から動物形態に見立てているのでなんだか不思議な感じの形だが、構造自体は実に単純。

 IMG_0140.jpg
 キューブタイガー。

 IMG_0141.jpg
 やはり合体後可動の都合で後半身の引き出しは差し替えになっている。

 IMG_0142.jpg
 第1話から登場していたキューブアニマルがこれでやっと勢ぞろい。
 それぞれの見立てがユニークで、キューブ形態からの変形の仕方も楽しい。

 さて、早速、
 動物合体!
 IMG_0143.jpg
 <4!5!1!>

 IMG_0144.jpg
 足技主体の形態、ジュウオウキング451完成。

 IMG_0145.jpg
 やはり両脚の接続を外し、足首をボールジョイントに差し替えることで・・・

 IMG_0146.jpg
 下半身のポージングが可能に。

 IMG_0147.jpg
 キューブエレファントの構造が特殊なため、膝から下が全くの非対称という状態に。
 足首も左右で大きさが違うと言うかなり大胆な処理。

 IMG_0148.jpg
 可動には321以上に癖があり、脚の付け根周りがかなり干渉する。
 膝の曲がり方も結構大変な事に。

 IMG_0149.jpg

 無論ジョイントが共通なので本編には登場していない合体パターンも可能だが。
 膝関節の付き方が違うので351だと2重関節になってしまう一方で、

 IMG_0150.jpg

 421だと膝に関節がなくなってしまったり。
 まぁ、あまり違和感はないかな。

 さて。今日のところはここまで。
 第6のキューブアニマル、キューブゴリラを混ぜた合体パターンは明日紹介予定。 








今こそ勇気必要な時。

特撮
04 /17 2016
 例によって日を追うほどに被害の深刻さが露になってゆく九州地震ではあるが。
 それでも阪神やら東日本ほどに放映枠に影響を与えないあたりに扱いの程度が伺える、と嫌な事を言ってみたり。

 だがまぁ。
 大きな災害が発生・進行中の重苦しい雰囲気と言うのは過剰になっても息苦しい。
 不謹慎の線とは何処に引くべきなのか。そんな事を考えつつも日曜恒例・ヒーロータイム。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。放映開始からそろそろ1クール、探し物が見つからない焦りがそろそろ噴出するタイミングを見計らっての大ボス顔見世。お決まりのスーパー合体の前振りとしての難敵出現に帰れない絶望感を被せてくる。だが自分の事ばかりを言ってられないのがヒーローと言う奴。暴虐に打ちのめされる人々を目の当たりにして奮起。それでも超えられない壁を越える契機として満を持して草加雅人(違)登場!やはり王道展開と言う奴は見てて安心感があるねぇ。


 『仮面ライダーゴースト』。唐突にスランプに陥るアカリやら御成やら、そんな御成とジャベルの邂逅、マコトの目覚めとイージス長官の謎の意図、暴走が本格化するアデル、そしてアランと父アドニスの再会と別離・・・といろんなことが同時多発的に描かれた回ではあったが。アドニスの今際の一言がこの回の全てだったのかも知れない。タケルやマコトとアランを隔てていた意識の相違にして完璧と信じていた世界に欠け落ちていた最大のもの、それにアランは身をもって気付かされることになる。結局何事も説明せずに逝ってしまったアドニスだが、一番アランに伝えたかった事を教える事は出来たのだろうね。

知るも知らぬも花は咲く。

随想
04 /16 2016
 阪神以来の都市直下型で相当の被害が出ている模様の一昨日からの地震であるが。
 やはりというか、阪神東北ほどに人的被害がない分世間も幾分冷静に見てる感があるような。

 当事者にとっては、規模で言うようなことじゃないだろうけれど。

 つくづく何時足元を掬われるのか判ったもんじゃないって土地柄で暮らしている事をまざまざと知らしめてるのだが、
 地震大国と言われつつも、相応の備えがあると言えるのだろうか、この国。

 やっぱりね、資本主義社会ってのはこういう場合ネックにしかならんと思うのよ、ってのは的外れな意見なのかねぇ。


 辛気臭い話題なのも何なのでお庭に咲いた春後半戦の主役、牡丹でも。
 IMG_0133.jpg  
 あと、初夏を呼ぶモッコウバラもほころぶ。
 IMG_0134.jpg

忘れた頃に。

未分類
04 /15 2016
 ―昨夜発生した熊本地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げる。
 
 本当にね、この狭い島国に住んでいる限り全く他人事ではないんだよね。
 対岸なんて、無いんだから。

 人の世に起きる禍事なんて天災だけで充分。
 せめてそれ以上のことは何とか起きないようにしてほしいものなんだが。


 何とかしようとするほどに、他の禍の種が芽吹く。
 人のやることなんて、そんなもんなのかね。

新しい革袋に古い葡萄酒。

システム
04 /14 2016
 同じくFC2ブログ使ってる人なら知ってるだろうけれど。
 記事編集画面が新しくなった。

 ・・・・・・Google chromeでの使用を想定してるらしいけど、
 慣れないことを差し引いても、微妙に扱いづらいなこれ。
 ブラウザがFirefoxだからかも知れんけど、ファイル挿入用のポップがブロックされちゃうし。

 やっぱスマホとかでの利用に便宜してるのかねぇ。
 こう、環境がそういうシフトするのを感じると毎度やるせない気分になるわ。

 ・・・何か意地みたいにスマホにするつもりも無いし。

 やっぱ旧画面使い続けるかな。頭の堅いロートルにはそれがお似合いだろうよ。

沐浴必要。

玩具/アクションフィギュア(武装神姫)
04 /13 2016
 IMG_0132.jpg
 久し振りに、神姫の画像を貼ってみる。
 いや例によってべたついた可塑剤の掃除をしたものだから。

 IMG_0131.jpg
 本当に、4弾5弾が殊更に酷いんだよね。
 塗装が剥げてしまった部分もあってかなり切ない。

 ・・・まぁ、実質10年近く昔の(!)玩具だし仕方ないのかな。

 ・・・・・でもこれから暑くなるとまたべたつきだすんだろうなぁ・・・
 夏場は冷蔵庫にでも入れといたほうがいいのかしらん?

その後について回るもの。

システム
04 /12 2016
 今回は、トラックバックテーマに関連して。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「最近高価なものを買いましたか?」です。最近買い物をしていないですしたいんですけど物欲が減ってきているのかもしれないです洋服やバックは欲しいのですが買いに行くとほしいものが見つからないのですよね~今月買って一番高かったものはゲームかもしれないですみなさんは最近高価なものを買いましたか?たくさんの回答、お待ちしております。トラックバ...
FC2 トラックバックテーマ:「最近高価なものを買いましたか?」



 ・・・一月くらい前から書いてるが。
 庶民にとっては人生3番目くらいにでかい買い物。車買った。

 まぁ所謂コンパクトカーで大した車じゃないけどね。
 家周りの状況や主な用途で考えての選択なのよ。
 車無いと便が悪い片田舎在住なもので、物欲っつーか必要経費。

 そんな車でもね、
 職場の駐車場とかに停めてるとやはりこう、色々言われるわけよ。
 やっぱり世間一般でも車を買うってのは一大イベントなんだなぁと実感。

 あと今のところ高価な玩具程度の扱いにしかなってないカーナビだが。
 PCと連動するため専用のSDカードを設定する事を推奨されている。

 ・・・・・・必要最低容量16GB。
 SDなんてカメラのデータくらいにしか使ったことのない自分にとっては割と未知の領域だよ。

 保険の変更なんかのこともあるし、
 でかい買い物ってのは、買った後もいろいろと物入りになってくるものなのかね。

リリーフエース。

猫のいる生活
04 /11 2016
 ネタのないときは姫様のお力を借りよう。

 IMG_0129.jpg
 卯月も中旬に差し掛かろうというのにまだ火の気が恋しい日もあったりする昨今、
 それでも日の差す縁側は暖かく、姫様お気に入りの場所なわけだが。

 同時に陽の当たる庭先は外猫さんたちもやってくるので相変わらず気になって仕方ないのであった。

本当の勇気。

特撮
04 /10 2016
 ―聞くところによると。
 「難病を治療中の男の子が『仮面ライダーゴースト』を励みにしている」というツィートを『ゴースト』の役者さんが取り上げ、自身のツィートで励ましの言葉を送ったそうな。
 まるで特撮番組の中のお話のようだが、本来ヒーローって大人がこねくり回すんじゃなくてこういうものだよね。
 以前速水亮さんにお会いした際「一度ヒーローを演じたならばその気概を忘れてはならない」という旨のお話をされたが、そういう境地にも通じる話題であった。

 そんなわけで。
 今日も大人の拗けた目線でちょっと申し訳なさそうに斬る、ヒーロータイムレビュウ。


 『動物戦隊ジュウオウジャー』。お話としてはエンドレスエイト状態を家族への想いで抜け出す、という感じのものだったが、そこから大和の家族に関して触れることになった。考えてみれば大和がジュウオウジャーとなる切欠となった幼少期の鳥男との出会い、あのシチュエーションはいかなる理由で至ったものだったのか。そしてそれはお話の根幹に関わってくる出来事なのか。次回、1クール目終わりの大ボスお目見えで、ひとつの区切りを迎えるのだろうか。

 『仮面ライダーゴースト』。何かめんどくさい奴だったアランが紆余曲折を経てどうにかこうにかタケルと手を握り合う。やはりね、父君のアドニス大帝は自分の作った「完璧な世界」が完璧でもなんでもないことにとうに気付いてたんだろうね。だからアランには人間界に行かせたり深海兄妹と触れ合わせたりしていた。その下地がようやく生きてくる。かけがえの無い友のため、そして自身の存在意義のため、凝り固まったアランもようやくにして自分自身の心と向き合う。『仮面ライダーゴースト』もどうやら大きな転換期に差し掛かる。

わかっちゃいるけどやめられない。

随想
04 /09 2016
 ―あまり、言いたくはないが。
 パチンコも競馬もやらない、と言うと「こいつ何が楽しみで生きてるんだ」って感じの顔されるような職場で働いている。

 別に上品ぶってるわけじゃない。
 不確定要素につぎ込むほどの余銭を持ち合わせていないのと、
 余銭とはもう言えないほどの分をつぎ込むと言う概念がないのだ。

 まぁそれはさておき。
 世に賭け事の種は尽きない。
 それこそ上記の同僚たちのように、賭け事の無い人生なんて考えられないと言う輩もいるほどに。

 昨今賭博に手を出して社会的な意味で身を持ち崩すスポーツ選手が頻出する昨今ではある。
 ・・・だが、上記のように自分自身はまるで賭け事をやらない身を以ってしても、思うことがある。


 「賭博はいけないこと」なのは何故なのか、と問うても、明瞭な答えを誰も出せないのではないか、と。


 のめり込んで負債を積み重ねる恐れがある、と言う事はもちろん弁えている。
 だが、余銭を払って多少の刺激を楽しむと言う事ならば、他の趣味とさして変わらんのではないか。

 結局は胴元(とその背後にいる反社会的な自由業の皆様)ばかりを儲けさせるシステムであろうから、
 そういう輩に金をくれてやらないように、って訓戒もあるのかも知れんが。
 そもそも誰もが「のめり込んでしまう」事前提に「いけないこと」になってしまってるんじゃないか。

 自身は関わるつもりが無いがゆえに肯定も否定もするつもりのない賭博と言う行為ではあるが、
 変に禁止事項にしてしまうからこそ、かえって社会的ステータスを持ってる人が憧憬するような事柄になってるんじゃないのかな。

油買い顛末(愚痴。

随想
04 /08 2016
 昨今下げ止まってた感のあるガソリンの値段が急に跳ね上がる。
 ・・・・・・と言ってもリッター7円ほどだけど。

 -そろそろ給油せねばな、ってタイミングで上がるなんて!と身勝手な嘆きを晒してみる。

 それでもまだまだ110円台で一頃からしたら随分と安くはあるのだが。
 しばらく100円台だったのを知ってたらどうしても、ね。
 あれか。同じ気温でも季節によって感じ方がちがうようなものか。

 何時までも安いとは限らないとは思っていたが、
 実際来てみるとちょっと切ない。

急場凌ぎは否定できない。

システム
04 /07 2016
 えー、唐突だが。
 部屋が片付いた。

 もう何年かぶりってくらいに片付いた。
 ほら、ゾイドが余裕で歩けるくらいの片付きっぷり。IMG_0127.jpg

 それもこれも光回線を引くために工事の人を入れる準備なわけで。
 本工事が入るまでこの状態をキープせねばならない。

 ・・・・・・まぁ、散らかってたものを別の部屋に放り込んだだけとも言うが。
 おかげでその部屋のほうが今は大変な事になっていたり。
 「片付け」あるあるってやつだな。(ねぇよ

やはり知らぬ間に来ている未来。

システム
04 /06 2016
 家電の類はシンプルで使いやすく、が主流と思われる昨今。
 逆に前世紀末のようにやたらと多機能が付く方向に進んでる気がするのが、携帯端末とカーナビ。

 単なる道案内マシンなはずのカーナビにAV機能が付いてるのはちょっと解せないが。
 車の中でDVDとか見る奴なんているのか?

 そんなカーナビに、
 「Bluetoothとかいうもので携帯と接続する機能」があるそうなので、設定してみる。

 音声入力マイクとスピーカーで電話を受けたり発信したりできるそうで。
 運転中電話がかかってきてもわざわざ携帯を取り出さずボタンひとつで対応できるとか。

 ・・・なんというか。
 「通信機付きの車」みたいで特撮チックなイメージがあったりして。

 やはりね。
 昔のSFの小道具がだんだん具現している感覚は、あるわけよ。
 それはこんな風に、割と予想もしなかった方面からのものになってるわけで。そういうものなのかねぇ。

庭先だって本番。

折々
04 /05 2016
 近隣の桜はもう満開の様相。
 まさしく春真っ盛りの時候、桜以外にも。

 IMG_0121.jpg
 蘇芳が開花。

 IMG_0122.jpg
 花壇の主役チューリップ。

 IMG_0123.jpg
 今年はこんなチューリップも。

 IMG_0124.jpg
 ・・・スミレは何故か今年は不調。

 IMG_0125.jpg
 後半戦の主役ツツジも咲き始めた。

 IMG_0126.jpg
 だが、もうモッコウバラに大量の蕾が。

 早くも、夏の足音が聞こえてくるのかなぁ。

恐怖劇場アンバランス。

特撮
04 /04 2016
 昨秋より、突如として元祖『ウルトラマン』のデジタル・リマスター版を放映していた地元TV局だが。
 今春からはその後番組でも何でもない枠で以って『ウルトラQ』の放映を始めている。

 それもモノクロのオリジナルにデジタル彩色を施した所謂「総天然色」版を。

 実は案外ちゃんと見た事のない作品だったりするわけだが。
 これもまたどうして、今の目でも十分鑑賞に堪えるものだな。

 何と言っても、巨大ヒーローなんて便利なものも居ないのでお話の緊張感が違う。
 自然界のバランスの崩れが生み出す怪異に人は人の力だけで立ち向かわねばならないのだ。

 そして、そんな怪異を当時なりの工夫を凝らした特殊技術で以って表現している。
 彩色してあるとはいえシックな色合いの画面もまた、その雰囲気を妖しく醸し出している。正直モノクロのままよりも妖しさが増しているんじゃないだろうか。

 かの有名なナレーションどおり、見るものの目を誘う不可思議な世界。
 これはまた、1週間の楽しみが増えたな。

 

一雨ごとに春。

特撮
04 /03 2016
 あー。めっきり暖かくなったねぇ。雨降り模様だけれど。
 だけどまだまだ寒さがぶり返す余地が残るようで。皆様においても体調など気を付けられたく。

 そんな、新年度最初の日曜日。明日から年度本番。
 恒例・特撮ヒーロータイムである。

 『動物戦隊ジュウオウジャー』。今まで大和以外とはあまり人間との接点を持たなかったジューマンたち、その中でもお気楽な一人であるレオに生じた交流のきっかけ。その起こりが音楽だったというのもらしいとえばらしい。レオのスタイルって音楽やってる人っぽいしね。彼だけでなく他のジューマンにも個別に人間との交流があるとお話に深みが出ると思うんだけどな。その辺今後に期待。

 『仮面ライダーゴースト』。内心がすぐ顔に出るポンコツアラン様の所為でお話が進みませんよというお話(多分違う)。そして願いの数を増やすという願いは叶わないというお約束でもあった(違わない)。ともあれ、まだまだアデル派眼魔の目的が明瞭にならない分見ててもやもやするものばかりが残るわね。今回でジャベルにも造反フラグが立ったようにも見えたが、彼の場合造反の果てに死にそうだよね。それもまた、アランのスタンスを決定付ける一因になるんだろう。きっと。

日本の心を求めて。

折々
04 /02 2016
 近隣もすっかり桜が開花。
 もっとよい場所はないかと、少々足を伸ばしてみることに。

 IMG_0118.jpg
 山中のとあるダム湖公園周辺の桜が有名なので。

 IMG_0119.jpg
IMG_0116.jpg

 IMG_0117.jpg
 うーん。まだちょっと早いかな。山中だけに遅めか。
 夜桜ライトアップの点灯セレモニーの準備もされてたんだがな。

遥かな歴史(とき)に名を馳せた英雄みたいに。

玩具/ゾイド
04 /01 2016
IMG_0101.jpg
 先日より紹介していたゾイド久々のビッグアイテム、MPZ-01シールドライガー。
 外装を組み付けついに完成したため、改めてレビュウ。

 IMG_0102.jpg
 惑星Ziにおける地上戦の戦術概念を一変させたゼネバス帝国軍のサーベルタイガーに対抗すべくヘリック共和国が開発した大型高速戦闘ゾイド。
 電磁障壁E-シールドを装備し、高い防御性能も実現。

 IMG_0103.jpg
 カラーリングは2000年版準拠のビビッドなコバルトブルーとオレンジキャノピーである。

 IMG_0104.jpg
 旧キットと比較するとたっぷり二回り以上は大きい。
 スケールは同じ1/72なのだが、実は設定上の大きさ自体が変わっていたり。(全長21.6m→29.5m)

 IMG_0110.jpg
 IMG_0111.jpg
 大まかなデザインは似通っているのだがディティールは全く違う完全なリデザイン。
 この辺は「拡大解釈」に留まっていたHMMとは違うところ。

 IMG_0105.jpg
 コクピットキャノピーの展開。
 アニメ準拠なのか、複座式になっている。

 IMG_0106.jpg
 パイロットフィギュアは金メッキながら、新規に造形されている。

 IMG_0107.jpg
 頭部Eシールドジェネレータおよびラジエータフィンは手動展開。
 というか、側面部分は展開させないと電動アクションに干渉してしまうため必ず開かねばならない。これはデザイン上致し方ないところか。

 IMG_0108.jpg
 四肢基部のラジエータフィンも可動。

 IMG_0109.jpg
 もちろん内蔵式武装のパルスレーザーガンやミサイルポッドも展開。
 ミサイルポッドは横向きになったのね。

 IMG_0112.jpg
 ディスプレイや電動アクション鑑賞に便利なスタンド付属。

 かくして。
 度重なる発売延期の末に満を持して発売されたマスターピースゾイドであるが。
 確かにクオリティは高いもののちょっと詰め切れていないような部分もちらほら。
 特に個人的には前脚の滑らかな動きに対し後脚にほとんどアクションが無いのが気になった。
 何やら死んだスライド可動もあるので、オミットされたギミックもあったのかも知れない。

 第2弾は今夏発売予定のセイバータイガー。構造が共通している分順当だろう。
 こちらではどのくらい詰めてくるかな。

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら