共謀空間FC

Archive page< - 2016年02月

Archive2016年02月 1/1

不慮の領域。

 最近の報道で耳に付くのは、 あのスキーバス事故のショックが覚めやらぬ前に発生した大阪梅田での事故に関してなわけだが。 これ、完全に人災と言えたバスの件と比べると本当にどうしようもないよねぇ。 何処にも責任を問いようが無いというか。 運転手のほうも被害者のほうも、遺族関係者はやるせない気分でいっぱいなのではないだろうか。 これに備えるためには、 「生きている人は車に乗るな」ってことになってしまうじ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

分かり合う第一歩。

 四年に一度のボーナストラックがあるとはいえやはり2月は短いなぁ。 やり残しが消化しきれぬまま終わろうとしているよ。 そんな漠然とした心残りを抱きつつ今日は日曜日。 恒例・ヒーロータイムレビュウ。 『動物戦隊ジュウオウジャー』。別世界から来た仲間が戻れなくなっている、というのは何以来のパターンかなぁ。能天気に見えて案外現実的な?白虎のアムを代表に、そんな立場に陥ったジューマンたちの交々を描く。それ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

その瞳は何を見る。

  S.H.フィギュアーツでも作中スーツの再現に注力した真骨彫造形シリーズ、 第5弾は平成仮面ライダー第10作の記念碑的作品、『仮面ライダーディケイド』より世界の破壊者、仮面ライダーディケイド。  謎の青年、門矢士が変身する異能の戦士。 いくつもの「仮面ライダーの世界」を渡り、「破壊し」、そして繋ぐ、通りすがりの仮面ライダー。  真骨彫の例に漏れずライブスーツと見まごう驚異の造形。 関節部品までき...

  • Comment 0
  • Trackback 0

堕ちた絶望の王。

  『オーガ!!オーガ!!オーガ!!』 『仮面ライダー555劇場版 パラダイス・ロスト』に登場した仮面ライダーオーガ。 クライマックスでファイズと死闘を繰り広げた最強のライダーギアが、S.H.フィギュアーツで登場。 魂ウェブ限定商品である。  スマートブレイン社が開発した2本の「帝王のベルト」のひとつ、地のベルトによって形成されるライダーギア。 村上社長の策略により人類に絶望した木場勇治が変身し、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

憂鬱なニワトリたち。

 ・・・何やら最近、また世間で「いじめ」という行為が取沙汰されているように思える。 正直教育現場においては何十年かに渡る懸案であるとは思うのだが。 この歳になるといじめそのものよりも、それに対応する大人の側に色々と感ずるところがあったりもする。 誤解を恐れずに言わせてもらえるならば。 程度の差こそあれど、いじめの無い学校など、ない。 人間性も社会性もまだまだお粗末なものしか持ち合わせていない年頃を...

  • Comment 0
  • Trackback 0

二日遅れ。

 2月22日は猫の日! ・・・だった。 最近世は猫ブームだなんて話を聞くが、 猫って流行り廃りじゃないだろ?普遍的なものだろ? 何と言うか、犬と違って自己主張が強くて、 一方で人の言うことを理解してるとしか思えない様子を見せるところが魅力的なんだろうなぁ。 悪戯して叱られたあと、何か妙に大人しくなってる姫様とか見てるとそう思うよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(本能覚醒のその先編)

 (承前) さて、昨日に引き続きミニプラ・動物合体ジュウオウキングの紹介。  1、2、3のジュウオウキューブを積み上げて・・・  本編より随分小さいキングソードを突き刺す。  この状態で合体はほぼ完了。  キングソードの上のつまみを回せば顔が現れる。 何気にロボの顔が出るギミックまで再現しているミニプラは珍しかったりする。  腕を出し、胸のイーグル頭部を起こし、頭から小さい小さいキングソードを取り...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(本能覚醒編)

 さてさて。今年もまた新戦隊がスタートしたわけだが。 登場するロボは食玩ミニプラで楽しむのが共謀空間的な凡例なのも毎度の事。  今年はいつもより少々早めにリリース。 『動物合体ジュウオウキング』全5種でひとつ350円ほど。近年ちょっとお高めになったね。  最初のキューブNo.1~3プラス1が内容。 まずキューブ状態で。 独特のドットパターンのデザインの恩恵か今回非常に色分けが優秀で、メタリックシールは必要...

  • Comment 0
  • Trackback 0

 非類型コミュニケイション。

 一人ひとり、雑多な価値観を持ってそれでも寄り集まって生きてゆくしかないヒトという生き物。 それゆえにヒトの世は争いが絶えないのだけれど。 反面、メンタリティの多少異なる相手とも接触交流を試みようという柔軟さも持っているという事なのかも知れない。 だからこそ、 ヒト同士であっても対話がうまくいかない現実を踏まえながら、異種と交流する事を夢見るんじゃないか。 何だかそんな事にも思いを馳せる、今日の特...

  • Comment 0
  • Trackback 0

再録。

 いやまぁ、つまらない話だけど。 とあるアニメを見ていたら何故か山陰本線の餘部鉄橋の話が出てきてたので一枚。 今から7年前に撮ったもの。  やっぱりこれって鉄道ファンには感慨深いものだったんだなぁ。 これ撮った翌年には解体されてしまった古い鉄橋だが、ちょっと思い入れ蘇ったもので。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

チラシ詰め込み状態。

 実は、プロバイダが供するメールアカウントを放置してもう随分になる。 ・・・つうかアカウント忘れちったい。あはは。 ウェブメールページと携帯メールで事足りる上、 迷惑メールが山ほど入ってくるだけなので、開くのも嫌気が差していたのだ。 ・・・今もし開けたら酷い事になってるかもなぁ。 ウェブメールと携帯メールのアドレスには迷惑メールの類は一切入ってこないので、 断然快適ではある。 何がこの明暗を分けた...

  • Comment 0
  • Trackback 0

一足お先。

 空気は冷たいが陽光は燦々と降り注ぐお天気。 こういう日は外も屋内の陰も寒い一方、南向きの窓越しにはぽかぽかしてくる。 その陽気のご利益か、 シンビジウムが一気に開花。  すっかり、「おうちの中に春を呼ぶ花」になったねぇ。 一度咲くと長く楽しめるのも嬉しい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

浮き立ち浮き立たず。

 立春からこっち妙に暖かいかと思えばやたら冷え込んだりする今日この頃。 着るものの調節にも混乱したり。 人間でさえそうなのだから、 より気温に敏感なこの方などはどうしてよいか分からんらしい。  落ち着かずあちこち走り回るかと思えば、 コタツの中で半日過ごしていたりする。 じっとしているとおなかも減らないのか、食欲が落ち気味。 猫も春が来るのを待ち構えているぞー。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

わしアスペやしわからへん(へらへら)。

 今年最初の大事故として大々的に報道されたスキーバス転落から一月。 背景や実情もだんだん明るみに出てきた様子で。 一方で、とある学校法人が国の助成金目当てで不当な「生徒」募集を行ってきたとも聞く。 ・・・・・・いやまぁ、改めて言うことでもないかも知れんけど。 ろくな事ないな、「規制緩和」!! 経済発展するには競争力の強化が一番とばかりに多くの起業参入を期して導入された結果、 雪崩れ込んできた有象無...

  • Comment 0
  • Trackback 0

天使の羽。

 TVシリーズ『鉄血のオルフェンズ』放映、『サンダーボルト』配信、そして『The ORIGIN』限定劇場公開と、 現在実に映像作品だけでも3本が並行しているというビッグタイトル『ガンダム』。 すっかり財団Bの飯の種としての地位を確立したモンスターコンテンツなわけだが。 更に今、関西ローカル限定で、 OVAシリーズ『第08MS小隊』がどういうわけかTV放映中だったりする。 何か郷愁を誘う画面だと思ったら、 すでに20年...

  • Comment 0
  • Trackback 0

本能覚醒。

 通産第40作目。そろそろ「共通フォーマットによるシリーズ番組最多記録」で登録されてもいいんじゃないかっていう スーパー戦隊最新作。 『動物戦隊ジュウオウジャー』がこの聖バレンタイン・ディより放映開始。 それを含め、恒例の特撮ヒーローレビュウ。 で、新番組『ジュウオウジャー』である。「宇宙からやってくる暴虐に、地球の意思を結集して立ち向かう」という戦隊もの王道パターン。現代日本の住人はレッドのみとい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

有効利用。

 自前で焼いては見ているもののあまり旨くは無いホームベーカリーのパンをどうにか美味しくいただけないかと、 フレンチトーストにしてみることに。  卵液に浸して少し電子レンジにかけるとよく浸み込むそうな。 やってみると元が肌理荒いパンなので扱いづらいくらいに。フレンチというよりパンプディング一歩手前。 で、バターで焼く。  ・・・シナモンシュガーくらい振ればまぁまぁ食えたよ。 もう少し研鑽が必要だな、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

迷走の変わり目。

 三寒四温なんて緩やかな変化がちょっと望めそうに無い昨今だが、 それでも季節は春に近づきつつある。 花壇のチューリップもゆっくりお目覚め。  ―だがいつもならとうに出てるはずのフキノトウが、 今年はいつもの場所で見つからない。 年明け前に出てるところもあるっていう今期なのに。何故だ。 ・・・見渡してみると蕗自体が見当たらない。 もしかしたら絶えてしまったんだろうか。寂しい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

インデペンデンス・ディ。

 ・・・この時期になるたび、思うんだけれど。 21世紀にもなって成立を神代にあると公言して憚らない国って、正直どうよ? 何と言うか、進化論を否定するような輩を笑えないレベルだと思うんだがなぁ。 まぁ成立が詳らかではない国である事は確かなのだろうけれど。 良くも悪くも離れ小島だからだろうね。 恐ろしいのは、他所と違って決定的な政治的革命が全く起きないままここまで来てしまっているって点なのだろう。 だか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お手軽園芸流行廃り。

 窓辺で鉢植えのヒヤシンスが咲いたので一枚。  ヒヤシンスといえば水栽培だが、 あれって最近はあんまりやらないみたいだね。 園芸店行っても容器なんて売ってないそうな。 所詮、子供が球根から根が出るところ観察するためだけのやり方だったのかね、あれ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

やさしいどころじゃないアルカロイド。

 今年もまた、あらゆるところできれいに梱包されたチョコレート菓子を見かける季節になっている。 (・・・まぁ松明けた直後くらいからそんなもんだが) 商業的に便乗できそうなイベントには余念が無いのが資本主義日本という奴で。 まぁさておき。 ただの嗜好品に過ぎぬとされたチョコレート。 元々はコーヒーと同じくアルカロイドの刺激を楽しむ一種のドラッグであったわけだが。 最近の研究ではカカオマスに高い抗酸化作...

  • Comment 0
  • Trackback 0

Missile or treat.

 ・・・・・・いや、激しく季節はずれなのは分かってるのだが。 かの国がやってることってつまりそういうことなのかと。 ―ともあれ。 昨日からやたらとTVを騒がせている某国打ち上げ花火。 こんなに騒ぐもんだから向こうも味占めて図に乗るんじゃないかとも思うんだが。 「ふーん、そう(ハナホジー」って反応しとけばいいんじゃないかっていう。 ・・・・・・まぁ、万一実際被害が出たら困るんだろうけれど。 しかし、まぁ。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ぶっ飛ばせ未来へと。

 ミサイルが飛んできたりもしましたが今日も日本は割と平和です。 立春過ぎてから結構本格的に寒いけどな! そんな2月最初の日曜日。 恒例・特撮ヒーロータイム。 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』は最終回。最後の最後にして、これは九衛門の物語でもあったのだなぁと気付かされるというラストだった。最凶の戦国武将の野望の道具として生を受け、その野望のためにラストニンジャの門を敲いた寄る辺無き魂。だがそこで彼は恐ら...

  • Comment 0
  • Trackback 0

人生3番目くらいにでかい買い物。

 7年以上、走行距離にして10万kmをちょっと超えた自家用車を、 ついにこの春、買い換えることになった。 こう、車庫証明や下取り代理の書類が来るといよいよ、って感じがするものだね。 個人的には大きな道具の一つに過ぎない感覚の自動車という奴だが、 世間では財産とか社会的ステータスのシンボルのようになっている代物。 そんなものを買い込む際には、それなりの重さが要求されるような。 予てより言っているように、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お悔み。

 韮沢靖氏、といえば、 その独特のデザインラインで有名なイラストレーター・造形作家。 ダークでビザールでロックテイストに溢れた作風は、 誰にも真似の出来ない世界観を形成している。 そんな韮沢氏が、 まだお若いというのに亡くなったと聞いた。 突然の訃報に戸惑うばかり。 クリエイターの逝去というのは、もうその作品に会えないということもあって殊更に寂しい気がする。  子供番組のクリーチャーにも妥協の無い...

  • Comment 0
  • Trackback 0

いつわりの救済。

 有名音楽アーティストに続き、 有名元スポーツ選手まで薬物使用の廉で検挙されたのは周知のとおり。 こういう話は後を絶たず、 これが米国とかならもういっそある程度の薬物は合法化してしまえなんていう極論にまで及ぶわけだが。 結局脳を騙して仮初の安寧でもって心理的問題の解決をうやむやにする行為に過ぎず、 つまるところいいことなんて何一つ無いのがドラッグという奴。 まぁそんな事百も承知でやっているのだろう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

待望のこの日。

 今日は節分。 節分というと単純には季節の変わり目という意味。 なのに特にこの立春前日を特にそう呼ぶという事は、 この日が旧年越しであるという以上にいかに待ち望まれた日だったかということを表しているのではないだろうか。 冬の終わり。春の初め。 四季のある土地柄では最も心浮き立つ節目であろう事は想像に難くない。  花咲く季節まで、あと少し。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

温度だけでは満たされない。

 極寒とまではいかないがいじいじと寒い立春前。 姫様には居心地のよろしくない季節が続く。 家人がいる間は暖房が入るなり布団に潜り込むなりできるのだが、 出払ってしまうとそうもいかない。 よって、例によってペット用カーペットを用意するわけで。  家人の留守中はもっぱらこの上で過ごしている。 だが。生まれたときから人のいる場所で暮らしてきた家猫出身の姫様、 やはり人恋しくなるらしく。 帰ってくるとしば...

  • Comment 0
  • Trackback 0

めぐり合わせのこの悪さ。

 何となく、一定の周期で、 何をやってもうまくいかない時期って来るように思う。 そんなジンクスみたいなものの所為にするな、とか怒られそうな気もするが、 ここまでやることなすこと裏目に出る結果となることが続くと何らかのバイオリズムみたいなものが働いてるんじゃないかって思えてくる。 今はその谷間の部分にいるのでこんなにダメダメなんだ、とでもして自分を慰めるしかない。 そう思ってたらね、 あとは上向きに...

  • Comment 0
  • Trackback 0