共謀空間FC

一度主観を手放してみろよ。世界が見えてくるかも知れんよ。

笑いを嗤え。

 IMGP4462.jpg
 押し迫ったこの期に及んで馬鹿でかい箱が届きやがったよ!


 ・・・とまぁ。
 玩具ばかりで暮れ行く2015年。今年最後の更新である。



 さて。
 今御身らのお部屋のTVは何を映しているだろうか?

 近年人気なのは某深夜番組から派生した長時間バラエティらしいが、
 我が家ではあれどうにも笑えんのでまず見ない。別に高尚を気取るつもりも無いが。

 番組の趣旨としては。
 「笑うことがペナルティになるルール上であらゆる手を使って笑わせにかかる」という、
 言わば「にらめっこ」のようなもので、そりゃ可笑しいだろうとは思うのだが、
 どうも芸とすら言えない「笑わせる」ことと「笑われる」ことを混同してるような品の無さばかりが伺えてしまう。
 低俗なのは仕方ないが、下品なのは許せない。
 個人の自由とはいえ、こういうのを見てげたげた笑ってる様って正直気持ちのいいものじゃあない。

 何というかね。オンライン上でね。
 何かと「wwwwwww」と草生やして世の中を論っては笑いものにしている風潮とシンクロしてるような感覚さえあって、薄ら寒くも思えたりするんだな。

 何かを蔑んでいなければ、アイデンティティさえ保てない。
 「蔑まれ役」が、実は影からそんな輩を指差して嗤ってるんじゃないかって気がしないかね?


 ま、少々辛気臭いお話で今年を締めくくる形になってるかもだが。
 年越しの酔っ払いの戯言と流してやってくれ。皆様よいお年を。
スポンサーサイト

ノーズアート文化2。

 IMGP4446.jpg
 「こんばんは。飛鳥です」
 「アイネスさんだよです」

 IMGP4447.jpg
 「ああー。またフレームアームズですね。アイネスさんのぶそうとおなじやなせデザインの」
 「はい。記念すべきFA第1作、スティレットです。
 これはリニューアルバージョンですけどね」

 IMGP4448.jpg
 「これがやっぱり、私たちの父様島田氏によりFA:Gにされていまして」
 「やなせとしまだのふぎのこふたりめということですね」
 「・・・やめましょうそういう言い方」

 IMGP4449.jpg
 「それがこの秋にキット化されて発売の運びとなったわけです」
 「それをいまさらしょうかいするんですか。ウスノロですね」
 「暇を持て余してる人でもないんです。勘弁してあげてくださいな」

 IMGP4450.jpg
 「いつもながら、みごとにケツまるだしのデザインですね」
 
 IMGP4451.jpg
 「もとえもそうですけど、そたいぶぶんはだいいっさくのごうらいのコピペですね」
 「・・・いえあのまぁ、そうですけど (―聞いてた以上に絡みづらい子です・・・)」

 IMGP4452.jpg
 「・・・こほん。左手足を差し替えればフルアクションモデルとして遊べるのも同じです」

 IMGP4453.jpg
 「アレンジのおとしこみもぶなんですね」

 IMGP4454.jpg
 「今回からディスプレイスタンドが付属して躍動感あるポーズで飾れるんですよ」
 「なぜそれをさいしょからできないんでしょうね」

 IMGP4455.jpg
 「轟雷では固定だったスカートが前面と側面可動式になって、より脚の可動域が広くなったんですよ」
 「なぜそれをさいしょからできないんでしょうね」
 「え、えと、あとほら、表情パーツのバリエーションが豊富になりましたよ」
 「なぜそれをいかりゃく」
 「し、シリーズが重なって進化してるってことじゃないですかー!」

 IMGP4457.jpg
 「轟雷にはM.S.G.シリーズのフリースタイルバズーカがオプションについていましたが、今回同シリーズから日本刀が付いてて・・・」
 「うわー。あんいなつかいまわしですねー」
 「・・・・・・(もうやだこの子)」

 IMGP4458.jpg
 「まだ始まったばかりのコンテンツですけど、確かな進化が感じられていいキットだったじゃないですか!」
 「そうですね。そうでなくちゃつづけるいみなんてありませんし」
 「・・・そろそろ怒られますよ?」

 IMGP4459.jpg
 「某通販サイトを利用したので、限定デカールももらえましたから!」
 「ああ、ぼんのうのかたまりのようないちまいですね」

突っ走れ、空を飛べ。

 IMGP4436.jpg
 S.H.フィギュアーツ対応バイク・昭和ライダーマシンの第8弾は、
 『仮面ライダーストロンガー』に登場したストロンガー城茂の愛機、カブトロー。
 魂ウェブ限定商品である。

 IMGP4437.jpg
 空気中の静電気を取り込み無補給での走行が可能なストロンガー専用のスーパーマシン。
 稲妻のエネルギーを吸収すれば速度は1,010km/hまで跳ね上がる。
 電撃攻撃カブトローサンダーを放つほか、ストロンガーへの電気エネルギー補給の能力も持つ。

 IMGP4438.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様はいつものとおり。
 単品版とストロンガーとのセット版がリリースされたが、これは映像中のアクション用車両をモデルにした単品版。
 セット版のほうは特写やショー用の長いテールが付いたバージョンになっているそうな。

 IMGP4440.jpg
 フロントのライト部はクリアパーツ使用。

 IMGP4439.jpg
 実車プロップのベースは昭和ライダーマシンではおなじみスズキハスラーTM250のようだ。
 エンジン部まで真っ赤に塗装されているためちょっとばかり安っぽく見えるが、実車もそうだったので仕方ない。

 IMGP4441.jpg
 大掛かりなカウルを一切持たないデザインのため、ブレーキチューブの表現が中途半端なのが聊か目立つ。

 IMGP4442.jpg
 歴代のライダーマシンでも飛びぬけてシンプルなつくりなのかも。

 IMGP4443.jpg
 ストロンガーが搭乗。

 IMGP4444.jpg
 ハンドル握り用の手首が付属する。
 問題なく乗せる事が出来る。

 IMGP4445.jpg
 スタンド用のジョイントも付属。

 実車もそうだったのだが歴代マシンでもかなり軽快なデザインゆえ、色々ごまかしが利いてないところも散見される。
 それでも、栄光の7人ライダーのマシンが勢ぞろいした事には感慨も一入。

 さて、次はスカイターボとかブルーバージョンとか来るんだろうか。

デッドゾーンのその先へ。

 IMGP4435.jpg
 「追跡!撲滅!いーずーれーもー、マッ、ハー!!」

 「劇場じゃも一度大活躍!この俺詩島剛の本領!仮面ライダーデッドヒートマッハがS.H.フィギュアーツで登場だぜ!」
 「魂ウェブ限定商品だがな。まだまだ冷めんな『仮面ライダードライブ』。またレビュウにひとっ走り付き合うか!」


 IMGP4428.jpg
 「ドライブと共通のシフトデッドヒートで限界まで出力を高めた仮面ライダーマッハの姿がこのデッドヒートマッハだ。
 強化されてゆくロイミュード共を更にマッハで撲滅してゆくぜ!」

 IMGP4429.jpg
 「仕様としちゃドライブ・タイプスピードとマッハのミキシングなのはドライブ・タイプデッドヒートと同じだな」

 IMGP4430.jpg
 「頭部はまた新規造形だぜ」
 「バイザーの開閉ギミックがない分、再現度は通常のマッハよりも高いかもな」
 「あごの所のウイングのせいでちょっと首の可動が干渉するのは難だけどな」

 IMGP4431.jpg
 「・・・こう、並べてみると見事に混ざってるのが良くわかるな」
 「ぶっちゃけスーツのつかいまw「おおっと、大人の事情はそこまでだ」

 IMGP4432.jpg
 「ベルトのマッハドライバー炎もマッハと同一。シフトデッドヒートが装填されてる。もちろん着脱可能だ」

 IMGP4433.jpg
 「もちろんゼンリンシューターも付属してるぜ」

 IMGP4434.jpg
 「胸のタイヤコウカンギミックも今まで同様だな。バースト状態のタイヤも付属してる」
 「へへん。俺はこっからが本番だってのは進兄さんも知ってるっしょ?」
 
「・・・あんま霧子に心配かけんなよお前」


 「・・・まぁ、いっちゃ何だがドライブ・タイプデッドヒートとほぼ同じだよな。
 正直コンパチにしてほしかったくらいだ」
 「でもまぁ、事実上マッハ専用みたいなもんだったからなデッドヒート。
 それ思えば限定でも買って当然でしょ!」

ヒーロー仕事納め’15。

 各地で早くも春の花の便りを聞く暖冬日本、
 今年最後の日曜日である。

 年越し準備を始める中で朝のヒーロータイムも今年最後。
 どうやら冬休みが2週くらいあるらしい。その分気合入れてレビュウ。

 ・・・・・・と、したいところ、なのだが―


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。年末恒例総集編。何のために出てきたんだシュリケンジャー。『ハリケンジャー』でのフェードアウトにも何の説明もなしってどういうことなの。そしてついにラスボス復活ではあるが大した積み重ね描写もないのでものすごく安易な印象しか残らない。いやもう、いつか面白くなるだろうかと見続けてはいるがちっとも盛り上がらない上斬るに斬れない内容なものでここにも何を書いたものやら判らなくなってきた。「子供向け」と「子供だまし」を混同してるような1年で、このまま終わってしまうのだろうか。

 『仮面ライダーゴースト』。・・・何というか、年末進行そのものな感じでさっさとカレンダーが進んでついにやってきた運命の日。淡々と日々を送るタケルと奔走する周囲の対比はそれなりに悲壮ではあったのだけれど。やっぱり生死を扱うにしては若干軽いなぁ。正直同じ日の晩飯時に流れてるロボアニメのほうがよっぽど生き死に重いよ。そして親父の魂によりタケルの残り時間は強引に延長戦突入。もう1クール伸びる事が決まった。行方知れずの眼魂は残り2個。これは難易度高いのか低いのか。何かもう後1クールで終わっても全然構わない気もしてきたが、次のタイムリミットが尽きた後に驚天動地の新展開が待ってたり・・・するのだろうか?

廃物利用。

 ―クリスマス過ぎるとすっかりTV欄が迎春モードになるねぇ。
 再放送とか総集編とか映像スペシャルとかそういうのが目立つよ。

 年末年始のTVがつまらんとか言うのはもう言われて久しい事だが、
 (1年中つまんねーじゃんへへーwなんていう意識高い系なことは言うつもりは無い)
 だからって何も流さないというのも文句が噴出するんだろうねぇ。

 番組編成だって人間がやってるんだから、
 この時期そうそう手間の入った番組は出来ないのだろう。
 どうしてもストックしてある映像を編集して流すようなものが多くなってしまう。
 
 まぁ、それはそれで悪くはないし需要もそれなりにあるんだと思うよ。
 TVメディアは何のかんの言ってすっかりこの国の生活の一部になっているのだ。

買い物スキル育成中。

 今月は玩具レビュウが無いなぁ、とか思われてるかもだが。
 多分明日くらいからどっと届く。年の瀬なのに。


 さておき。
 根がけち臭いものだから買い物は少しでも安くしたいと思うのだが。
 通販サイトとかの値引きってどう動くかわからないので注文のタイミングを計るのが難しいよね。

 注文してから更に安値を見つけるとか、
 うかうかしてると受注無くなったりするなんてザラ。
 価格比較サイトとかもあるけど、案外穴があるからねあれ。

 まぁ。それでいくら変わるかというとせいぜい数百円程度の場合が多いので、
 結局、ぴんと来たときに買う程度で丁度いいのかも知れんね。

 なかなかそれが難しいのが貧乏性ってやつなんだけどね。

とこしえの緑。

 全国的に聖夜である。

 まぁ我は仕事だけどな!


 緑と赤のコントラストをクリスマスカラーと称するのは多分この時期実をつけるヒイラギの木が起源か。
 元々は太陽の死と再生の節目である季節。変わらぬ緑というのは尊いものだったのだろうね。

 寒い時期にも緑があると。
 それはそれで嬉しいものだ。
 IMGP4426.jpg

 IMGP4427.jpg
 花実が付く様子があると特に。

情報迷彩。

 先日、「某通販サイトのアドボードが閲覧履歴を追っかけてくる」というような事を書いたが、
 そう思ってるとFirefoxに「プライベートブラウジング」なる機能が出来た。

 トラッキングを保護するブラウザを形成するそうで、
 ユーザーを追跡するようなコンテンツはブロックしてしまうそうな。

 開いてみると、
 確かに件のアドボードなどは表示されない。

 他人と共用しているPCで検索履歴などを共有しないための機能だそうで。
 別段セキュリティに関与するようなものではないわけだね。

 正直このPC一人で使ってるし、あまり意味は無いかな。
 ログインパスワードも保存されないので、少々不便になるだけなのだった。

カンボジアから来た凄い奴。

 今日は冬至。冬の底の日。妙に温いけどね。
 柚子湯につかり、カボチャを食う日である。

 瓜の類というのは大体が夏場に実るものではあるが、
 皮が分厚く硬いものはそのまま半年近くももつことがある。
 カボチャもそのひとつ。

 そんな生命力を冬を乗り切るために取り込もうってのが起源だったのかもしれないね。
 結果的に理に適っていたわけで。


 IMGP4425.jpg
 ・・・まぁ、今日びこの時期出回ってるカボチャは南半球産がメインだったりするんだけど。
 ご利益に多分、違いはあるまいよ。

風物詩に異変。

 近所の木蓮に付いた花芽が、
 もう冬越しの苞を脱いでしまったように見える。

 IMGP4424.jpg
 確かに暖かいが、まだまだこれからは判らない。
 ぶり返した寒さで、また花芽を傷めてしまわねばよいのだが。

締めくくりイベント直前。

 都大路を高校生たちが走る様子が放映されるといよいよ押し迫ってきたって感じがするねぇ。
 子供たちが一年で一番楽しみにしている(であろう)時期間近。書き入れ時の子供番組に嫌な大人が茶々を入れる日曜日がまたやってきた。
 そう、朝の特撮番組レビュウである。


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。ストレスフリーなこの番組、前回の絶体絶命場面からなし崩しに大逆転。また出るに違いないと思ってたネコマタをそういう風に使ったか。セキトモ声でゲラゲラ言うのだけがネタになってたキャラだけに面白みは半減だったが。スポンサー的には玩具売り場に奇跡を起こしてほしいという願いの元全オトモ忍大盤振る舞いの巻でその他にはなーんにも無かったりする。爺ちゃんが30分後の番組の主人公と似たような存在らしいのも九衛門の素性も予想通りで何の意外性も無い(・・・側室の子だったりするんだろうか)。どうにもこうにも薄っぺらさの否めない番組ではあるが、次回恐らく最後の過去作からのテコ入れ刺客シュリケンジャー登場って生きとったんかいワレ。時期的にはまた総集編なんだろうなぁ。

 『仮面ライダーゴースト』。全ての眼魂が奪われるという危機的状況から割とあっさり願いをかなえる機会が訪れるも、やはりというかお人好しのタケル殿は自分の事より人の事を優先してしまうのだった。先に自分の願いをかなえようとして資格が認められず喰われた人は実に聖杯に飲み込まれた神父だったねぃ。これでマコト兄ちゃんとも以前どおりの幼馴染の関係に戻れたか・・・と思いきや、実はタケルの仮初の命の問題が解決するまではマコトは逆に多大な負い目をもつ身になってしまうんだな。果たしてここからどう逆転の目があるのだか。敵側の事情はまぁ、どうでもいい気がしないでもない。

オンライン雑感。

 ―以前も書いたかも知れんが。
 閲覧ウェブページの所々にある某にやけた口元印の通販サイトのアドボードに、
 最近チェックした商品が必ず載るのって、ちょっと怖いよね。

 別段IP抜かれてるとかそういうのではなく、
 単に閲覧履歴を反映してるだけなのだろうという事は何となく判るんだけど。
 
 当該の通販サイトっておすすめ商品紹介メールなんかも微妙にこちらを見透かしたようなのを送ってくるからねぇ。
 閲覧ログの蓄積から割り出すシステムなんだろうね。
 やはりログの蓄積以上に個性を分析する要因ってないんだろうな。

 ―IP抜きといえば。
 時々セキュリティソフトが「電話番号の発信を阻止しました」という警告ポップを出す事があってこれもまた心臓に悪い。
 故あって電話帳にすら番号を載せていないのだが、
 他所からその番号を調べようという働きかけがあるということなんだよねすなわち。
 

 「深淵を覗こうとするものは、同時に深淵のほうからも覗かれている」なんて言うけど。
 ファンタジックなニュアンス抜きで。日常的にあるもんなんだよね。

甘えるための試練。

 IMGP4423.jpg
 トップに写真がなくなりそうなので姫様のご尊顔をば。

 寒さを凌ぐために殊更に甘えたになる冬場の姫様だが、
 それでもどうしても嫌がる事がある。

 爪切りである。

 特に痛い事はないはずなのだがまぁ嫌がる嫌がる。
 むずがり噛み付き暴れまくって抵抗する。
 噛むのを防ぐため手術のときにもらったエリザベスカラーを付けるようにしたら、
 カラーを見せるだけで逃げ出すようになってしまった。

 それでもね。
 人にくっつきたがるんだから、爪が尖っているのは困るのよ。

事実上24時間労働。

 こんばんは。
 社畜というほどでもないけど割とタフな条件で働いてる底辺労働者です。

 何かトラックバックテーマでこんな事を訊いてきやがったので答えようと思います。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは 「睡眠時間はどのくらいですか?」です。あまり眠らなくても大丈夫という人も友人にいるのですが私には考えられません夜更かしをしたらその日はずっとボーっとしてしまいます眠っている時が一番幸せです休みの日は1日の半分以上寝てしまいますもったいないとも思うんですけどねみなさんの、睡眠時間はどのくらいですか?たくさんの回答、お待ちしておりま...
FC2 トラックバックテーマ:「睡眠時間はどのくらいですか?」



 前提として3交代勤務に就いているので、
 週単位で就寝時間が変わるという考えてみると不健康極まりない生活をしている。
 24時間中「必ず寝ている時間帯」というのが事実上存在しないという有様である。

 そうなると、「スイッチを入れたり切ったりするようにいつでも寝たり起きたりする」というスキルが必然となり、
 かなり不規則に寝起きしているという生活をもう数年続けていたりする。

 そうなるとね、
 総合の睡眠時間って、実はかなり短くなるのよ。

 せいぜい4時間、長くて5時間ってとこじゃないかなぁ。
 おかげで泊りがけの強行軍などが必要になっても案外何とかなったりもする。規則的に眠くなったりしないから!

 明らかに健康にはよくないのだろうけれど。
 ここ数年風邪ひとつ引かず、健康診断もオールグリーンだったりするのだ。
 慢心は出来ないが、実は結構頑丈だったりするのかな自分。

あなたは来ない。

 ―何か温くね?


 「今冬は暖冬」と予報されて暫く。どうせ長期予報は当てにならんわと思ってたら、
 師走も半ばになろうというのに雪の声さえ聞こえてこない有様だよ。
 こんな時期まで車を冬タイヤにしてないなんて、初めてかも知れない。

 ―だが。
 気圧配置が過去の豪雪の年と同じだとの話も聞く。
 気候の因果は複雑怪奇なので、単純に温いから雪が少ないというわけでもないし、
 用心に越した事はないのだろうね?

 一時期に比べ随分と雪の少なくなった印象のある在所だが、
 降らぬのもいいような寂しいような。

戦術的敗北。

 ISDNサービスがもうすぐ終了する、という話は以前も書いたが、
 先日またそれに関する電話が来た。

 曰く「代替の接続としてご案内したWi-fiは住んでいる地域にはあまり届かない」とのこと。
 故に、他社の接続に乗り換えるか、光回線にするのが望ましいとのこと。

 光は以前しつこく勧誘されるも結局割高になるからと断った経緯があり、
 結局そっちに換えねばならぬという事になると何か負けたような気がしてちょっと悔しい。

 ・・・だが今更他社と契約するとなると携帯と別になってしまうしなぁ。
 既存の電話回線は無用になってしまうとなるとそれも勿体無い気がして、実に悩ましい事になってしまった。

世相の実感。

 こんばんは。
 大阪から帰って以来アンドロイドが感情に目覚めたみたいになったドラティアに若干退き気味の一退です。
 当方演者さんとかは画面越しに見る以上の意味合いを覚えられない性質でね。ファンの集いとかには興味が沸かんのよ。


 まぁそれはともかく。
 Dの土産話とか聞いてると普段報道とかで耳にするのみの世情の類が伝わってくるようでそれはちょっと興味深い。
 黒門市場なんか歩いてると周囲から聞こえてくるの中国語ばっかりだとかね。
 片田舎に住んでると大陸から買い物客がどっかどっかやって来てるなんて実感出来ない物だから、実際そういう人たちが溢れかえってるんだと聞くと何やら空恐ろしいものを覚えたり。

 あと、「アニメ・同人誌ショップの客はほとんどが女性」っていう風に聞いてはははまさかとか思ってたんだが、そんな話を聞きながら見てた朝の番組で今時のヲタ女子の闇の深さを報道しててちょっと慄然としたり。

 ―斯くの如く。
 それなりに人がいっぱい居るところに行けば、伝え聞くばかりの世相も肌で感じる事が出来るのかな、と。
 儂も引きこもってばかりじゃ仕方ないんだろうなぁ。
 

俺はライダー神敬介だ。

IMGP4421.jpg

 何だかうちのXライダーに魂が宿ったような気がするよ!

 そんなわけで帰って来ましたよ速水亮さんを囲む集いから!
 速水さん非常に気さくな上大変にファンを大事にされる方でもう好感度カンスト。

 近年ライブの楽しさにはまり度々機会を設けたいとのこと。
 往年のファンはもちろんご新規さんも楽しめる事必至。機会あらば是非にと宣伝したいところ。



 さて、そんな興奮冷めやらぬうちに。
 本日は日曜日。恒例・特撮ヒーロータイム。

 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。そろそろ終盤戦突入、そしてロボを奪われ最大のピンチに!・・・・・・という局面なのだが。どうにも危機感が伝わってこないのは何故なのか。何か今後の展開が見え見えなのがなぁ。牙鬼の息子というのが実は・・・とか爺ちゃんはもうすでに・・・とか。近年の戦隊いずれも「ど、どうなってしまうんだこれ!?」って終盤だった分特に。色々てこ入れはしている様子が見えるんだが、正直このあまりの薄さはちょっと乗れない。

 『仮面ライダーゴースト』も様々な思惑が絡み合う第1の山場、というところなんだけど。どうもとっちらかってるよなぁ。命の重さをテーマに扱っている割にあまりそれが伝わってこないし。もう少しやりようってないものか勿体無い。今回のイベントを機に平成含む過去作と対比して近作がもう少しがんばれないかなぁ、と不遜にも感じてしまうこの土日なのだった。過去作はてこ入れの道具じゃないぞ!

今回の目玉。



 仮面ライダーX・神敬介こと速水亮氏を招いてのイベント。
 こうなったらここにサイン貰うしかない。

そんな訳で。


 大阪到着。
 ちょいディープな街日本橋界隈。

白い弾丸。

 ―唐突だが。
 我ドラティアは、ひとつお誘いがあって明日はちと遠出をしてくる。
 実に久々にネット上の知人とともにとあるイベントに参加するのである。

 内容次第では旅先レポートも投稿する予定。
 彼らと会うのも実に約2年ぶりなので、精々愉しんでくるつもりである。


 どういうイベントなのかは・・・・・・

 IMGP4418.jpg

オワコン濡れ落ち葉。

 流行に乗らない俺かっこいい!!

 ・・・・・・何て思ってないとは必ずしも言い切れない身の上だが、
 未だに携帯はガラケーである。
 とりあえず不自由も感じないしね。通信元は何か言いたそうにこちらを見てるけど。


 ―このブログの内容がモバゲーの進捗だけになったりするのも嫌ds(以下略  。


 だがまぁ。
 スマホ向けのコンテンツがメインになっていってその他は徐々に廃れてゆくのはちょっとばかり寂しいものだ。
 最近も携帯向けブックストアのサービスが終了して、ニュースアプリがちょっと閑散とした状態になってきた。

 ・・・まぁ利用した事もないサービスを惜しんでも仕方ないけどな!
 バブリーな機能付加を売りにする風潮にはうんざりだが、それに毒されている事も多少自覚してたり。

蒼天のエンペラー。

 最近、道々で、
 やたらめったら背丈の高い、大輪の花をよく見かける。

 IMGP4416.jpg

 「皇帝ダリヤ」というそうな。

 2階の屋根にも届くほどに成長し、薄紫色の艶やかな花を咲かせる。
 ここ最近目立ち始めたので、流行の花なのかな。一時期のエンゼルトランペットみたいに。


 今日みたいによく晴れた日には、
 こういう勇壮な姿の植物が映えるねぇ。
 新しい、季節の風物になりえるだろうか。

大人にならない、なる必要もない。

 ネタのないときの姫様頼み。

 IMGP4415.jpg
 ファンヒーターのそばで幸せ。
 夜寝る場所は人の布団の中一択。


 猫が喉をゴロゴロ鳴らしたり、前足でもみもみしたりするのは子猫が母猫に甘える仕草なのだとは以前も書いた。
 要は赤ちゃん返りしてるのだと。

 ―だが。また別の資料によると。
 テリトリーを固持する猫は本来子別れする動物。ある程度成長したら親に追い出され、自分のテリトリーを持って単独で生きるようになるもの。
 だが飼い猫は人に世話してもらうため、子別れする必要がないので本質子猫のままなのだとか。

 つまり、赤ちゃん返りしているのではなく、ずっと赤ちゃんのままだということだ。

 いい加減成長した猫を引き取ってもなかなか懐かないのもここに理由があるんだろうね。
 だがまぁ、人の近くで生き続けてきた猫たちはその辺随分融通が利くようになってるようにも思える。

 人が怖くない、うまい事利用できる生き物だということを彼らは本能に刻み付けてきたんだろうね。
 まぁ、利用されてうれしいと感じるのが猫好き人のカルマ。

もうひとりの旅人。

 小惑星探査機はやぶさ2が地球の引力を利用して加速している一方、
 金星探査機あかつきが衛星軌道に再挑戦したのは周知の事実。

 主要推力がいかれ、姿勢制御アポジを全開にしての代用を試みたとのことだが、
 どうやら手ごたえがあった模様。
 相変わらずなかなか想定どおりに作動しないものだが、それでも何とかしてしまうのには毎回驚くばかり。
 何万何億km彼方でトラブっている機械をどうにかこうにか操作するには筆舌に尽くせぬ尽力と工夫が必要なのだろうな、と。

 この様子を見てると、
 本当にあのちっぽけな機械に魂じみたものが生じているんじゃないかと思えてくる。

 肉眼はおろか望遠鏡ですら詳らかに見る事の出来ないほどの彼方を彷徨う物体に、
 多くの人々が想いを寄せ、声援を送っている様もまた印象深い。

 やはりこの国の人々にとって、
 科学とロマンチシズムは不可分なものなのだな、と。

最大最後のイベント月間。

 ・・・クリスマスの予定ですか?

 夜 中 ま で 仕 事 で す が 何 か ?


 聖夜に浮かれてられるのも俺らみたいなのが居るからなんだからな、感謝しろよ?


 そんな詮無きことをぼやきつつ。
 冬映画公開間近。今週の特撮ヒーローレビュウ。


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。つくづくストレスフリー番組な本作、霞姐さんの屈託もキンちゃんの煩悶もさくっと解決。いやまぁ何も解決していないっちゃあいないんだけど、視聴者側にはもうビックリするくらい何も引っ張らない様には潔ささえ覚える。―面白いかどうかは別にしてだけど!そうやって天晴兄ちゃんの能天気っぷりで手裏剣戦隊サイドには後ろ暗いところをきれいさっぱりなくしてしまったわけだけど(・・・まぁ最大の懸案がのこってたりはするが)。敵側サイド最大の謎とも言える九衛門の正体にようやく迫る。思えば牙鬼一門を自分の目的のための道具にしようとしてた彼の目論見も、満月の誕生で聊か破綻してきたのかも知れない。・・・だがまぁ。何か小難しい事考えてもある意味悉く台無しにしてくれるこの番組。何か深い仕掛けがあるようで何もなかったりするのかも知れないね。考察するのもなんか馬鹿らしくなってきたよ。


 『仮面ライダーゴースト』。当初区切られた99日のタイムリミットも残り一月足らずということで、年内には第1部完となりそうな展開。今回はその第一部佳境の導入部といったところか。生き返り得るのはタケルかマコトの妹カノンかというアンビバレンツがその肝なんだろうけれど、そもそも眼魂15個揃えたら生き返るってのもブラフかも知れないんだよね。10年前の出来事を知るキーキャラクター登場の回ではあったが、あれあのまま死んでたら何のために出てきたか判らんよね。よってきっと暫く意識不明の重態くらいが無難なところだろう。二者択一のジレンマ発生は、ヒーローもの的にはどちらも助かる最良解発生フラグでもある。そういうメタでいやらしい見方をしていたら、こちらも結構ストレスフリーなのである。

後回し癖。

 すいません。未だにネットへの接続はISDNを用いている分際なのですが。
 来年6月にはサービス終了という事で勧告をもらって早半年。

 未だ何も対策を取ってなかったりする。

 まだ先の事だし不自由も感じないのでついつい忘れがちなのだが。
 先日どうやら痺れを切らしたらしい接続先から御用聞きの電話が。

 そろそろ年貢の納め時かー、と覚悟を決めねばならぬ模様。
 工事とか入れなきゃならん変更じゃなけりゃいいなぁ。

密かに正月準備。

 先日はブロッコリーがよく出来てると書いたが、
 別の畝を覗いてみるとだな、

 IMGP4414.jpg
 カブがずいぶんと大きく。
 根ではなくて茎なので、土の上で膨らむのが正解。


 毎年書いてるが、雑煮のタネに欠かせんのよ。
 こいつが出来ると、正月近いー、って気がしてくる。

オンライン四方山話。

 ネットで見かけた話題を、
 同僚がリアルで話しているのを耳にしたときの何とも言えぬ微妙な気分をどう表現すればよいのか・・・

 まぁそんなつまらない話。

 相変わらず「Win10にしようよー」ってポップが度々現れるマイPCであるが、
 同時に、「Win10ではセキュリティソフトが作動しない」なんていうメールも届いてたりもする。
 まぁ、特定のアプリケーションをインスコしてた場合に限るそうだが。

 あちこちの配布元からDLされるプログラムが詰め込まれているのがオンラインPCの実情。
 時には互いに相性の悪い場合もままある様子だ。
 IT関連の技術職というのは相当に大変な仕事をしているとは伝え聞くが・・・
 電子の坩堝のような状況はもはや如何ともし難いものがあるんだろうねぇ。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん