忘れてた年中行事。

 なんとなく、ここのログを遡っていると。 セキュリティソフトのバージョンアップを毎年この頃にやっていたことに気づく。 ・・・はて。 何時もなら新バージョンがリリースされたらメールなどで告知が来るはずだが。 もしかしてバージョンアップも自動で終わってる? 念のため調べてみると。 やはりバージョンアップが必要な事が判明。 遅ればせながら済ませたのだった。 告知を見落としてたのかなぁ。 インターフェイス...

Post image

畑のホラー。

 明日はハロウィン、という事で。 最近お茶菓子がカボチャ系。  ・・・内容がワッフルなのにパケに描かれてるのがモンブランなのは何故なのか。 すっかりハロウィンのシンボルとして定着したカボチャだが、 元々は「カブ」を使ってたと聞く。 カブといえば、 昔読んだ童話で「魔女がカブを運んできたと思ったら人間の頭だった」という内容のものがあり、 提灯に彫りぬくまでもなく、生首に擬えることのあった野菜であった...

早いけど弱い・・・・・・のか?

 何だか寒くなる寒くなると気象庁が脅すものだから。 万聖節も越さぬ先から、ストーブを出した。 ・・・灯油をまだ買ってないので点けられないけどな!! いい気候の期間が短くなる傾向があってか、 何だか冬の訪れが早くなってきてる感じがする。 今はまだ日中は暖かいが、これが日に日に冷えてきて冬になるんだろうな。 今年は暖冬になるとも聞くが、 長期予報は当てにならんからなぁ。過ごしやすい事を祈るばかり。...

一杯じゃないのにいっぱいいっぱい。

 急に、デジカメに画像を保存できなくなって焦る。 容量にはまだまだ余裕があるはずなのに。 調べてみると、SDカードに作れるファイルの番号がカンストしてしまってファイルが作れなくなってしまったのが原因らしい。 これ以上保存するには、最近の画像を削除してファイル番号(ファイル数ではなくて)を減らすしかないのだ。 これってえらく融通が利かなくできてるのな。 番号が古いファイルを削除してファイル数自体を減ら...

Post image

死神の帷子。

  「・・・チェイスが、魔進チェイサーだった頃用いていた戦闘装備、武装チェイサーセットがS.H.フィギュアーツ対応でリリースされましたね」 「やはり魂Web限定商品だったな。 あれに散々痛い目に会わされた身としちゃちょい複雑だけど、レビュウにひとっ走り付き合うか」  「クリムが言うには、プロトドライブのコアドライブシステムにロイミュードのボディの大本であるバイラルコアを用いる事でロイミュードの戦闘能力を...

Post image

相克の向こう側で。

  平成仮面ライダーシリーズ第4作『仮面ライダー555』。 人と、人より生じた異形との確執を描いたこの作品のもう一人の主人公とも言うべき存在、木場勇治の変化するホースオルフェノクがS.H.フィギュアーツで登場。 アーツ化希望コンペで上位に食い込んだものの実現にはかなり時間がかかった。魂Web限定商品である。  自力で覚醒に至った「オリジナル」の一人である、馬の性質を備えたオルフェノク。 魔剣を武器とし、近...

先触れ到達。

 好天にも関わらず寒風吹き荒んだ日曜日。どうやら木枯らし1号だったらしい。 もう聞こえてきた冬の足音。それを聞きながら今週の特撮レビュウ。 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。切れそうで案外切れないキンちゃんの闇堕ち伏線、やっぱり生きてた九衛門により復活。何というか、雑な伏線を雑に回収してるようにしか見えんのが難だなぁ。同時に気配り上手キャラ凪ちゃんにもスポットが当たった回でもあったけど、別段彼が居てく...

Post image

夢を追いかけて、全てが変わる。

  平成ウルトラシリーズの中では「Nプロジェクト」シリーズとは真逆の意味での異色作だと個人的に思う『ウルトラマンコスモス』。 ただ敵と戦い倒すのではなく、共存する道を模索するという基本理念を持つウルトラマンコスモス、その基本形態であるルナモードがULTRA-ACTで登場。 やはり魂Web限定商品。  宇宙の平和と秩序を司る神秘の巨人。 地球に飛来する邪悪な精神体カオスヘッダーを追い、かつて地球を訪れた際出会っ...

地味に不便な話。

 ―とても、どうでもいい話だが。 使っているマウスの右ボタンの効きが悪くなってきた。 ご存知のとおりWinPCのマウスは左ボタンがメイン。 右の使用頻度はそんなに高くはないはずなのだが。 それでも様々な便利メニューを呼び出せる右クリックは重宝なものだ。 それの効きが悪くなってきたら、 ちょっと引っかかりを覚えてしまうもの。 頻度低いのに何でこっちが先にいかれるかな。 使い慣れたデバイスの使い心地が変わっ...

相棒の黄昏。

 もう7年以上乗ってる自動車の走行距離が、 あと800km足らずで10万に達する。 走行自体には影響しないものの所々不具合も出てきているので、 恐らくは次の車検は通せまい。 買い替えを考えねばならない。 前も書いたかも知れんが、 正直車に関しては道具以上の思い入れを持たない性質なので、 単純に使い勝手や用途のみが選択基準になる。 車庫周りが手狭で、家族も少ないため小型車で十分。 経費関係を考えると軽...

Post image

定時報告。

  秋後半を代表するツワブキが、すでに盛り。  ドウダンツツジなど庭木の紅葉も進み、 今年の秋はちょっと足早。 昼夜の温度差大きいしね。 でも最近雨が少ないのがちょっと気になる。 もう少しお湿りがあってもいいんだけど。...

Post image

クッキングライブ。

 ―唐突だがここで昼飯を作らせてもらう。 毎度昼何食うかなー、と懸案の時間なわけだが。 今日は以前既製品で食った明太フランスパンっぽいものを、手ずから作ってみよう。 ミニロールパンを二つに切り、バターを塗ってその上にほぐし明太子を乗っける。 さらにピザチーズを乗せ、オーブントースターで約3分。  見た目はともかく、まぁまぁ食える。 明太子とバター、チーズって相性いいよね。...

Post image

緑化条網。

 天気がいいのでね、庭木の剪定とかするわけよ。 庭木の中には柑橘の果樹なんかもあるのだが、 ああいうのって「枳殻(カラタチ)」に接木して株を作るらしい。 根元のあたりからは、カラタチ本来の枝が出ていることがある。 カラタチといえば北原白秋もビックリの棘があるわけだが―   ・・・・・・これもう凶器だろ!? 剪定くずとして燃えるゴミに出しておいたら、回収の人が怪我するレベルだよ。 ちょっと対策を考え...

ファイティング忍者降臨。

 穏やかな秋晴れが続くねぃ。 広範囲で雨だった昨日もここいらは晴れてたし。 行楽したいのは山々だが諸事情で家にこもるしかない日曜日。 恒例・ヒーロータイムレビュウ。 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。毎週毎週破天荒な忍ばない忍者共の大暴れにあはは何これと他愛なく笑いながら見てるこの番組だが、今を去ること27年前にもっともっと破天荒な忍者ヒーロー番組が存在していた事を不覚にも失念していた。その名は『世界...

Post image

荒野を蹴って。

  S.H.フィギュアーツ対応ライダーマシン昭和仮面ライダー用バイクの第7弾は、 元祖『仮面ライダー』の愛機サイクロン、その改造Ver.である。  サイクロン号を強化改造したマシン。 ジャンプ力は40mに強化、垂直登攀やワイヤー射出も可能に。 作中ではもともと特に旧サイクロン号とは区別されていなかったり。  アーツ用バイクとしての仕様は今までどおり。 最近は交換ハンドルさえ付かなくなったなぁ。  造形、質...

Post image

何したって許される。

 朝夕はずいぶん冷え込むようになった昨今。 姫様は人が座った椅子を強奪する事が多くなった。  夜中には人の寝床に潜り込みたがるし。 猫が人肌要求しだすと秋が深まってきたって感じするねぇ。...

Post image

♪ 寛容さと根気がアップ。

 ―何故だかわからんが、 「鶴を折ってくれ」と頼まれる。  別にお見舞い品にするとかじゃないみたいだし、何なんだろう。 折り紙の代名詞のようになっている折鶴だが、 きれいに折るのは案外難しいものだね。 嘴や尾の先に折り目が集中するので、ここがなかなかきれいにまとまらなかったり。 ・・・しかし、正直。 我々の知る生きた鶴とは、似ても似つかないよね?...

柔らかい時計。

 ユネスコの世界記憶遺産にシベリア抑留に関する資料が選ばれたということで、 引き揚げ港のあった近隣在住で知人にも抑留経験者のいる身として聊かの感慨を禁じえないところである。 だが、まぁ。 とある国が申請したとある事件に関する記録も同時に選出されたことに猛烈な反発が挙がっているとも聞く。 随分と長いこと、あったいやなかったと議論を呼んでいた事件ではあるのだが。 ―ただ。 「そんな捏造史を正当視する機...

Post image

神域の供物。

 ちょいとお使い物にする所用があるということで、 稲荷寿司が作られていた。 ご相伴ゲット。  こうやって四角い寿司揚げで包み、 三角の耳が二つ立つものを「きつねずし」って言うそうだねぇ。 なかなかに気の利いた、そして可愛らしい名称。 世間一般では寿司飯にはせいぜい胡麻くらいしか混ざってないが、 うちではいろいろと混ぜ込む所謂五目稲荷にすることが多い。 なんていうか、そのほうが楽しいじゃない。見た目...

邪道な休日の過ごし方。

 3連休の最終日。 普段世間一般的な休日とは少々縁のない我も、カレンダーどおりの休みが頂けた。 それで何をしたかというと・・・ 特に何もしなかったりする。 出掛けたと言えば。以前も何度か取り上げた総合リサイクルショップに赴いたくらいで。 実はああいうところって、意外と丸一日でも居られたりするところなんだよね。 休日には結構広い駐車場が満車になるくらいの人気だし。 ・・・なんて言うと、何と娯楽の少な...

Post image

秋真っ盛り。

 昨日は栗ご飯を頂きました。 今日は秋刀魚を頂きます。 こんな風に秋を代表する味覚も楽しみつつ世の中は3連休。 その中日の日曜日は特撮レビュウなのであるよ。 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。敵味方に分かれたもの同士の悲恋パターン・・・・・・を徹底的に皮肉ったような、どういう顔して見ればいいのか分かんないお話。蜂だけに脳内お花畑なチョロいなんてもんじゃないくの一の独り相撲にお人好しやっくんちょっぴり付...

 えっこれって普通じゃないの。

 ―生半可に、ネット界隈などうろついてみると。 お馬鹿さんな我にとっては時々「これはマジなのかネタなのか?」と判断に困るようなことが書いてある。 いろいろあるが、とりあえず。 「カレーにジャガイモを入れるのはアリかナシか」で議論されてる、って、マジなの? いや普通入れるだろ?スタンダードだろ? うちなんか煮崩れて形がわからなくなるのさえ嫌だから、わざわざ別に茹でておいて仕上げに入れるくらいだよ? ...

不屈のお節介。

 web上のセキュリティツールではあるのだが、 疑わしきはポップやアドボードのみならずページ丸ごと拒絶する上、 ブラウジングをやたら重くする困ったちゃんなツール。それが摩訶不意ウェブアドバイザー。 効能よりはそういったデメリットばかりが目立つので、 悪いが普段はアドオンコマンドで無効化しているのだが、 それでも何かの拍子に勝手に有効化されていることがある。上ツールバーの右端にアイコンが出るのだ。 今...

問題解決。

 PCの漢字変換に不具合が起きているとは以前も書いたが、 どうやらその概要がつかめてきた。 「~い」で終わる形容詞が、どうやら全く変換できないのだ。 例えば・・・ 「おおきく」→「大きく」○ 「おおきさ」→「大きさ」○ 「おおきい」→× 「かしこき」→「賢き」○ 「かしこい」→× 「おおめ」→「多目」○ 「おおい」→× 他にも色々試してみたがすべてダメ。 こんなのどうやって調べりゃいいんだ、と悩んでとりあえず「変...

未だ探究の途中。

 仮初にも理数系に身を置いていた立場として、 世界に理論的に動いていないものなどひとつもないと考えている。 単純微細なものから複雑極大なものまで。 ありとあらゆる現象、作用は成文と数式で表せる。 -ただし。 人間まだまだ観測も思考も未成熟なものだから、 理論で書き表せるものなど恐らくは一握りにも満たないのだろう。 「極端に進みすぎた科学技術は魔法と区別が付かない」と言われるが、 「極端に複雑に入り...

Post image

白骨騎士団。

 最近ゾイド関連の記事にレスポンスを頂く事があるので、 久々にゾイドで行間埋めようと思う。 「ゴジュラスが好きじゃない」という異端のゾイド好きである儂だが、 「じゃあどのゾイドが好きなんだ」と問われると、まず上げるのが・・・  デスピオン。 ゼネバス帝国軍の24ゾイド。 SFイラストレーターにしてモデラーの大御所横山宏氏をデザイン原案に迎え、それまでのゾイドとは一線を画したリアリティを実現したアイテ...

火星のゴエティア。

 『ガンダムGのレコンギスタ』放映終了から半年。 このすっかりアニメ界のビッグタイトルと化した『ガンダム』の名を冠する作品が、またもや早くもTV画面に登場した。 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。 また、新たなる世界観で以って描かれるガンダムサーガである。 「オルフェンズ」とはorphans(孤児たち)だろうか。 資源採掘のための植民星としては斜陽の時代を向かえた火星。母星たる地球とのつながりが弱ま...

死んでも死に切れない3ヶ月と1週間。

 平成仮面ライダーシリーズももう17作目。「ヒーロー性の再生」をテーマに掲げてきた平成第2期の最新作が本日より始動。 それを含めて、10月最初のヒーロータイムレビュウ。 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。最大のピンチから新ロボ登場で大逆転と言うお約束のパターンではあるが、正直この番組見ててようやく「面白い!」と思えた回だった気がする。方向性は違えど共に「ラストニンジャ」たる存在の影を追い続けてきた手裏...

Post image

安寧と自由の天秤。

  いつもながらお庭の監視に余念がない姫様。 近所も犬猫を飼ってる人が多いのだが、 猫は外飼いもしくは半外飼いにしている人が結構いる。 そんな猫たちの一匹が、車にはねられてしまうと言う事が最近あった。 「家の中に閉じ込めてしまうのはかわいそう」というのが飼い猫を外に出す人の言い分なんだろうけれど。 当然ながら外は屋内よりもはるかに危険が多い。 実際、統計上でも外に出してた猫のほうが寿命が短かいのだ...

退行現象。

 心なしか、最近、 IMEだかの日本語変換機能に違和感を覚える。 非常に簡単な漢字変換が出来ないのだ。 「おもい」を「重い」、「せまい」を「狭い」、「おおきい」を「大きい」などの主に送り仮名が必要な形容表現が出ない。 以前から、こうだったのか? これらって実は、正しい使い方じゃないのか?あっ「ただしい」も出ないや! 普通に文章タイプしていてこの辺がぱっと出ないと言うのは結構ストレスを覚えるもので、 ...