調節範囲外。

折々
04 /30 2015
 4月も今日で終わりだが、
 前半の天候不順が嘘みたいに毎日晴れて暑いねぇ。

 GW前あたりから夏日が目立ち始めるのは例年のことだが、
 割と長らく薄ら寒かった分、ちょっと急激過ぎるようにも思える。
 実際、何着ていいんだか判らないからね。日中真夏みたいにTシャツ1枚で居られるし。

 かといって夏の暑さとは全然違うのも事実。
 日の差さない場所は涼しいし、朝夕も肌寒さを覚えるほど。

 血の木の芽時とは時々この時期に言ってることだが
 原因の一端はこの気候にあるのかも知れんねぇ。
スポンサーサイト

ハイエンドリメイクの時代。

玩具/ゾイド
04 /29 2015
 また、復活すると囁かれていたゾイドであるが、
 こういう形での復活になったねぇ。

 
【Amazon.co.jp限定】ゾイド MPZ-01 シールドライガー 先行予約特典レーザーサーベル(クロームメッキVer)付【Amazon.co.jp限定】ゾイド MPZ-01 シールドライガー 先行予約特典レーザーサーベル(クロームメッキVer)付
(2015/10/10)
タカラトミー

商品詳細を見る


 ―値段を目にした僕は、
 そっとページを閉じ・・・・・・ようとしたのだが。


 某通販サイトでなら3割以上の値引きになるので、
 ちょっと検討する価値はあるかなー、と思いとどまったのだった。

 かつての名作玩具が最新技術で以ってリメイクされ続けるという風潮は、
 「玩具好きな子供だった」大人の懐を当て込んでいるということなのだろうし、
 それに乗ってしまうのは聊か業腹ではあるのだが。

 「『男」と『男の子』を隔てるのは玩具の値段だけ」とは言いえて妙に過ぎるよなぁ、と。
 最近、玩具に対する金銭感覚がおかしくなってきたことを如実に自覚するのだった。


 ・・・にしても。
 IMGP3671.jpg
 これがほんの2,000円程度で売られていたということは。
 今にして思うと凄いことなんじゃないかな、とも思ってしまったり。

 

定番は尊い。

味覚
04 /28 2015
 今時分、端午の節句頃のお菓子といえば、
 ベタだが「柏餅」だろうね。IMGP3670.jpg
 ちょいと調べてみると、柏の木には魔除やら子孫繁栄の霊験があるそうで。
 子供の健やかな成長を祈って食べられるものらしい。
 ちなみに味噌餡のものは柏の葉の表を外側に、小豆餡のものは裏を外側にして巻くのだそうで。
 上の写真も白いほうは味噌餡。ちゃんとそうなってるね。


 だけどね、これ。
 案外当たり外れがあるものだと思わない?

 上新粉で作るのが普通らしいが、
 白玉粉で作られているものもよくある。
 後者はどうにも皮に腰がなく、いまいちだと思うのだが。個人の好みに過ぎないのかね。

Start your Engine!!!

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /27 2015
 「DR-------IVE!!
 T-------ype・Speeeeeeeeeeeeed!!」


 IMGP3660.jpg
 「見たまえ進ノ介!遂に『仮面ライダードライブ』がS,H.フィギュアーツシリーズに参戦だ!
 第一弾はもちろんこの仮面ライダードライブ・タイプスピードだ!!」

 「よっしゃ!じゃあレビュウにひとっ走り付き合うか!」


 IMGP3649.jpg
 「機械生命体ロイミュードの引き起こす重加速犯罪に立ち向かう警視庁特状課巡査・泊進ノ介がドライブドライバーとシフトカーで変身した姿、それが戦士ドライブだ。
 タイプスピードはその名の通り速度に優れた基本形態だ!」


 IMGP3650.jpg
 「どうかねこの雄姿を如実に再現した仕上がり!
 造形も塗装も映像上のイメージどおりではないかね?」

 「お、おう・・・(何か妙にテンション高いなベルトさん・・・)」

 IMGP3651.jpg
 「マスクの造形も素晴らしい仕上がりだ!
 ・・・まぁ、正面からだと内側の赤色が目のシルバーに映りこんでしまうのが気になるという声もあるが」

 「それはクリアパーツの厚みとかの影響で仕方ないんじゃないのか。
 ・・・にしても、そんなことまで気にされるんだな最近は」


 IMGP3655.jpg
 「後頭部のブレーキランプや肩口のウインカーまでクリアパーツで再現されているのだ」
 「・・・・・・何でだろ。子供の頃よく作った車のプラモ思い出す・・・」
 「ふむ。だがそれはドライブフィギュアの質感として適当ではないかね」

 IMGP3652.jpg
 IMGP3656.jpg
 「左腕のシフトブレスにはレバー状態のシフトスピード。
 右腰のホルダーには3種のシフトカーを装填。
 もちろんいずれも着脱可能だ」

 「このサイズでも塗装やディティールが再現されてる!すげぇ!」

 IMGP3659.jpg
 IMGP3657.jpg
 「可動性能は最近のフィギュアーツの標準。即ち非常によく動く。
 作中のアクションが再現可能だ」

 「ほんのちょっと胴体とか関節緩めな気がするけど個体差なのかな」


 「・・・でもベルトさん。俺が言うのも何だけどこれだけってのはちょっと寂しくないか?
 武器の類は何も付いていないし、もう少し走りに幅があってもよくないか」

 「安心したまえ進ノ介。そのための初回購入特典だよ。
 今回キャンペーンアイテムとしてマックスフレアセットが付属しているのだよ」


 IMGP3661.jpg
 「シフトブレスのシフトカーをセットのマックスフレアに付け替えて。
 ターーーーーーイヤコウカーーーーーーン!!


 IMGP3662.jpg
 「実はドライブドライバー本体は着脱可能。
 そしてインジケーター部は別パーツになっている」


 IMGP3663.jpg
 「このインジケーター部を交換して表示を変更可能」

 IMGP3664.jpg
 「そしてマックスフレアタイヤだ。
 ホイルにはスタンド用の穴があって、浮かせて飾ることが出来る」

 「何かいちいち敵にぶち当たりながら飛んで来るんだよなあれ」
 「それはほら、行きがけの駄賃という奴だよ。HAHAHAHAHA」
 「(黒い!黒いよベルトさん!)」

 IMGP3665.jpg
 「ドライブ本体のタイプスピードタイヤはこんな風に分割して外すことが出来る」
 「分割線が目立たないようにしてるんだな」

 IMGP3667.jpg
 「さすがに外した後のディティールまでは再現されてないな」

 IMGP3666.jpg
 「一方マックスフレアタイヤはこんな形で分解してホイルから外す」

 IMGP3668.jpg
 「ドライブに装着すればタイヤコウカン完了だ。
 Ma-------x、Flare--------!!


 IMGP3669.jpg
 「更に火炎エフェクトパーツを付けて炎を纏った攻撃を再現する事が出来るのだ!」
 「おお、一気にプレイバリューが広がったな!」
 「今後の商品にも初回特典は付属するから、更に楽しみは広がるぞ。流石に商売上手だ」

 「質感もギミックも充実の出来栄え。これは待った甲斐があったと思わないかね!」
 「・・・・・・しかし今後もこういう調子でレビュウするつもりかよこのブログ・・・」

GW前の酷く暑い日曜日。

特撮
04 /26 2015
 何かこう、夏日が続くと黄金週間近いなー、とか思わない?
 外仕事とかしてたら汗だくになってしまったよ。

 室内は涼しいので、出来ればのんびりTVとか見て過ごしたかったものだが。
 そんなわけで。今週の特撮ヒーロータイム。


 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。2クール目突入のお約束である追加戦士お披露目EPではあったわけだが、もうひとつのお約束パターン「ヒーロー活動に否定的な親御さん登場」の巻でもあったり。だが、その否定的スタンスの感覚もひと世代変わってるあたりが一寸面白いと思ったわけで。八雲マミーって要するに「古い家の風習に嫌気が差して飛び出した跳ねっかえり娘」のその後なわけだよね。そんなマミーにヒーローとしてのあり方を認めさせたのがその使命を理解させるとかじゃなくて「結構カッコいいじゃない」と思わせることだ、ってあたりも何と言うか。世代が一回りしてるようなおかしみを覚えてしまったり。さてお話の骨子は当面「終わりの手裏剣」なるものの探索に移る模様。賑々しく登場した新キャラクターはそれを巡って敵対的とも取れる行動をする模様だが・・・

 『仮面ライダードライブ』。新生特状課に早くも降りかかる権力の圧力。気持ちはわからんでもないが安い挑発にうかつに引っかかってしまうもんだね進ノ介。何でブレンがああいう局面に姿を現したのか裏を窺えもしないあたり気持ちの余裕のなさが現れてて何とももどかしい。宮仕えの身という立場の弱点を突かれて身動きを封じられる進ノ介に加え、どうやら剛のロイミュードに対する感情を知る手合いの策略により残る二人のライダーも封じ込めに掛かってきたロイミュード陣営。さて、イメージにあった3人のライダーが並び立つ状況が実現するのはいつのことか。


 IMGP3648.jpg
 さて、此方も遂にエンジンスタート。紹介はまた明日。

勘繰りどころ満載。

随想
04 /25 2015
 首相官邸に放射性物質搭載のドローンが飛ばされ、
 その実行者と名乗る人物が警察に出頭してきたのは、周知の事実。

 統一地方選の最中にこういうことが起きるのは反原発論者に対するネガティヴリアクションを期した工作なんじゃないかという陰謀論めいたものを感じなくもなかったりもするが、
 実際選挙関連に混乱を呼び込もうという意図があったとの証言に笑えもしない。

 ―昨今原発やら自衛隊やらに批判的なスタンスを示すと、
 即座に「反日」「在日」呼ばわりが帰ってくるような風潮を感じるが、
 これも何らかの思想誘導を勘繰らせて何ともやりきれない気分になる。

 個人的には核アレルギー気味なところがあって、
 「電力は必要なのだから原発依存はやむなし」という理屈は「どんなに眠くても寝るわけにいかないなら覚醒剤の使用もやむなし」というのとさして変わらないと考える次第。
 原発の安全性なんて、覚醒剤も用法用量を守れば害はないという程度の説得力しかない。
 っていうか安全かどうかなんてどうでもいいから買えよそしたら俺らが儲かるんだから、って魂胆すら感じる。

 肯定否定どっちのやり口も、どちらかの都合のいいほうに誘導する思惑がありそうってのは、それこそネガティヴリアクションに過ぎないのかねぇ。

今年も行ってまいりました。

見物
04 /24 2015
 この春は寒暖の差が激しかったせいもあってあらゆる花の開花が早いそうで。
 うかうかしてると見損なう花もあるかもしれない。

 そんなわけで。
 また近場にある、牡丹が綺麗な寺に行ってみたのだよ。

 IMGP3645.jpg

 よく開いているがまだまだ蕾も多い。
 咲き継がせて長く楽しめるように調整しているんだろうね。

 IMGP3647.jpg
 IMGP3643.jpg
 IMGP3642.jpg
 IMGP3641.jpg
 今年も見せていただきました。

お前はもっと出来る子のはず。

システム
04 /23 2015
 先日旅先からの投稿に添付した写真がどうにもショボい。
 この携帯カメラ、デジカメ並みとは行かなくとも、それなりのスペックはあるはずなんだが。

 もう何枚か撮ってみよう。

 SN3R0156.jpg
 SN3R0159.jpg
 SN3R0160.jpg
 ・・・やはりどうもソフトフォーカス風味になるというか。
 発色もおかしいな。

 というか、以前はもっと綺麗に撮れてたような。
 何か劣化したか?

能書きフェイズ。

随想
04 /22 2015
 所謂統一地方選挙後半戦も佳境のようで。
 地元では最近各地で少々問題視されている無投票選挙になることも無く、賑々しく選挙戦が繰り広げられている。
 今夜は近場で実に3箇所で同時に演説会が開かれてたりして。

 ・・・しかしなぁ。
 演説会の目的が政見を披露して支持を募ることならば、
 各候補がひとりひとりばらばらに演説会しても意味合いは薄いんじゃないか。
 それぞれの候補のもともとの支持者が集まるだけだろ、それでは。

 だから。
 かつてはよくやっていたという、立会演説会を復活させればいいんじゃないか。
 選挙民が指示する候補を選ぶには、合理的なやり方だと思うんだけどね?


 ・・・・・・それとも、
 何かしちゃまずい理由でもあるのかねぇ?
 票の減るリスクを避けたいなんていうのは、本末転倒だと思うんだけどね?

抑え登板。

折々
04 /21 2015
 日付けが所謂ゴールデンウィークに近付くと、
 春の花は終盤のものの出番である。

 IMGP3632.jpg
 ―だが今年はお庭の牡丹の出来がいまひとつ。

 IMGP3633.jpg
 代わりといっては何だが繚乱と咲いているのが躑躅。

 ・・・また、近場の牡丹が綺麗な寺に行ってみるかねぇ。


 IMGP3634.jpg
 お庭に夏を呼ぶキモッコウバラが準備万端。

伝説は塗り変えるもの。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /20 2015
 IMGP3622.jpg
 その造形に並々ならぬこだわりを盛り込んだS.H.フィギュアーツの新機軸「真骨彫造形」。
 第3弾は平成仮面ライダーシリーズの草分け、『仮面ライダークウガ』から仮面ライダークウガ・マイティフォームである。


 IMGP3617.jpg

 長野山中の遺跡から発見された変身ベルト・アークルを身に付けた五代雄介が変身する古代種族リントの戦士。
 赤いマイティフォームはバランスに優れた格闘向けの基本形態。

 IMGP3618.jpg
 元がシームレスのスーツだった下半身の分割はいかんともし難いが、それでも骨格や筋肉までも折り込んだ驚異的な造形。
 脛の骨の形がわかるアクションフィギュアってどういうことなの。

 IMGP3619.jpg
 ライブスーツのイメージそのままのマスク造形。アークルも細密に再現。
 胸の赤い色は『クウガ』本編でのグロスレッドと『ディケイド』登場時のメタリックレッドの中間くらいをとったそうである。

 IMGP3621.jpg
 アーツとしては最初期のリリースである旧版と。もう同じキャラとも思えないほどの別物。
 旧版はもう6年前の発売ではあるのだが・・・言いたかないが値段は真骨彫の半分以下だったりする。

 IMGP3625.jpg
 IMGP3626.jpg
 襟や胴回りの古代文字も細密に掘り込まれている。
 胴の古代文字部分は蛇腹状に可動し、胴を引き出して動かした際の見栄えをよくしている。

 IMGP3624.jpg
 肩プロテクターは二重ジョイントで可動。下腕部にもロールあり。
 手首足首の小さなオーブもいちいちクリアパーツで出来ている。

 IMGP3620.jpg
 クウガと言えばアクター富永研司さんの魅惑のヒップライン。
 この辺も再現されているが・・・自分が引いたのにはここに塗料溜りみたいなのがあったり。

 可動も抜かりなし。
 やはり動かしてもシルエットに全く破綻が現れない。
 IMGP3628.jpg
 IMGP3629.jpg
 IMGP3627.jpg
 「おりゃーーーーーーーーーっ!!」
 IMGP3623.jpg

 IMGP3631.jpg
 これまでの真骨彫と。
 何気にすべて本編で演じたスーツアクターが違う(カブト=高岩成二氏 響鬼=伊藤慎氏)のも意図されたことなのかな。

 そういうキャラではあるのだが、オプションは交換手首のみという極めてシンプルな内容にもかかわらず定価が5000円オーバーという強気な値段設定だが、
 やはり妥協のない作りに手にした満足感も一入なのだった。

「秘密」とはもはや死語なのか。

特撮
04 /19 2015
 ・・・今期のヒーロータイム見てるともう「今まで何でヒーローって正体隠してたんだっけ・・・?」というゲシュタルト崩壊を起こしそうになってくる。
 まぁ理由は色々あるんだろうけれど。今回戦隊のみならずライダーも正体オープンにする理由もちゃんとあるみたいだね。

 そんな感じで。
 今週のヒーロータイム。

 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。今度こそようやく不遇&常識人担当の妹キャラ、白の子風花の話。ぶっ飛んだ兄やいとこ達の中で常識人たろうとしてるのはおいしいポジションなのだが、結局それをかなぐり捨てることになってしまったという。やっぱラストニンジャの孫ということで他の4人の同類なんだわこの子。過去の自分と対面することでその気持ちを思い出し、何だか色々と吹っ切れてしまう。それはそれで、モチベーションの統一がなされたってことなのかね。お友達にも受け入れてもらえたようだし、さすが戦隊慣れしてる世界の住人は適応力が違う。さて序盤が終了し、お話は早くも追加メンバー登場の段階に差し掛かる模様。

 『仮面ライダードライブ』。歴代稀に見る、その素性が広域にわたって公然のものと相成った仮面ライダー泊進ノ介。「試験運用されていた重加速犯罪対応特殊装備」という体裁になるみたいだね。G3ユニットなんかと同じ感覚か。そんなわけで意外とスムーズに公表されることになった警察ヒーロー仮面ライダーだが、その初っ端から極めて個人的な理由から失態を犯す羽目に。チェイスの変身する新ライダーお披露目のお膳立てとはいえちょっともどかしい。そして、悩んだ末に自分が生まれてきた意義「人を護ること」に準ずることを決めたチェイス。その選択を気持ちよく認めるハートも敵ながらいいキャラだねぇ。卑劣でも狡猾でもないという結構珍しいタイプのボスキャラだよね。そんな風に仮面ライダーとしての道を歩み始めるチェイスだが、まだ進ノ介達の仲間となるには蟠りが残る様子。それは剛が彼を異様に敵視するのと同じ理由なのかもね。
 さて今回黒幕001の正体も発覚。警察ヒーローの敵として、国家権力の中枢に食い込む立場の存在は相応しいのかも知れない。ちょっと今までにないステージでの戦いになってくる様子だねぇ。



IMGP3615.jpg
 ・・・恐らくは初めて、警察公認で活動していた仮面ライダー(民間協力)。
 そしてこの玩具については明日紹介。

叡智の蒼。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /18 2015
 IMGP3604.jpg
 25年の時を経て地球に訪れた、もうひとつの光。

 『ウルトラマンメビウス』に登場した第2のウルトラマン、ウルトラマンヒカリがULTRA-ACTで登場。
 魂web限定商品。

 IMGP3606.jpg
 M78星雲光の国出身の科学技術者。
 研究フィールドであった惑星アーヴを滅ぼしたボガールを追う復讐者・ハンターナイトツルギに成り果てていたが、ウルトラの母の力により元の姿を取り戻す。
 地球ではクルーGUYS前隊長・セリザワと一体化している。

 IMGP3607.jpg
 例によってマッシヴなプロポーションで再現。
 腹筋が割れてるのは初めてかもしれない。

 IMGP3605.jpg
 ハズレを掴んだのか塗装の精度がいまいちで、顔などに塗装ムラが。
 肩のスターシンボルが省略されているのは関節の処理上仕方ないのかも知れない。
 顔の造形そのものは良好。

 IMGP3609.jpg
 右腕のナイトブレスはクリアパーツを用いて再現。
 流石にナイトブレードが抜けたりはしないか。

 IMGP3608.jpg
 可動はACTの常で優秀。
 特に今回ACTでは難のある上腕のロールの可動域が広いのがポイント高い。

 IMGP3610.jpg
 背中にスタンド用ジョイントを取り付けられるのも今までどおり。

 IMGP3613.jpg
 カラータイマー赤。

 IMGP3612.jpg
 ナイトビームブレード。
 ナイトブレス全体を差し替え。

 IMGP3611.jpg
 ナイトシュートのエフェクトは従来どおりの仕様。

 IMGP3614.jpg
 赤と青のヒーローが並び立つと映えるねぇ。

 所々残念なところはあるがほぼ満足な仕上がり。
 しかし思えば『メビウス』も放映開始が9年前なんだよなぁ。その事実にまた愕然。
 

聞こえてくる 正義の叫び。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /17 2015
 IMGP3601.jpg
 『人造人間キカイダー』の続編『キカイダー01(ゼロワン)』。
 この作品の主人公、イチローことキカイダー01がS,H,フィギュアーツで登場。
 魂web通販限定商品。

 IMGP3597.jpg
 悪の気配に反応し、仁王像の中から復活したキカイダー=ジローの兄ロボット。
 原作漫画では単純粗暴な性格をしたプロトタイプに過ぎなかったが、TV版では完全無欠の正義のヒーローとして登場する。
 太陽電池が動力源で、陽光が途絶えるとエネルギーが供給できなくなるのが唯一の弱点。

 IMGP3598.jpg
 やはり作中スーツのイメージで再現されている模様。
 全身のカラーは形成色で、ちょっと安っぽいかな。

 IMGP3599.jpg
 光り輝く太陽電池の01ボディ。
 スーツはもう少し丸顔だったイメージがあるが、割とシュッとしたイケメンフェイスに。
 どうせならばアクション用スーツの覗き付きピンク目の頭部も付けて欲しかった気もしたり。
 頭部や胸部のクリアパーツ内のメカモールドも再現。ケーブルを色分けしたらまた雰囲気変わりそう。

 IMGP3600.jpg
 キカイダーと。
 スーツの質感の違いもそこはかとなく再現されていたり。

IMGP3603.jpg
 可動は優秀。胴や脚の付け根は引き出し式。
 ストイックに戦ってたキカイダーに比べ、01は身体を開いた派手な立ち回りが多かったイメージ。

 IMGP3602.jpg
 ちょっと邪魔っけそうな胸のメカ部分だが、肩も引き出せるので腕も前に出しやすい。

 出来は良好なのだが、やはり割高感は如何ともし難いわね。交換手首も少なめだし。
 ただハンドル持ち手首も付属しているので、ダブルマシンのリリースもあるんだろうね。多分買わないけど。
 

運試し成功・・・なのか?

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
04 /16 2015
 何だか随分久し振りな気がする玩具レビュウ。
 モノはこれである。

 IMGP3590.jpg
 『仮面ライダー鎧武』より、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバロン・レモンエナジーアームズ。
 昨年開催されたイベント、「魂ネイション2014」において限定販売されたアイテム。
 その後受注抽選販売となっていた。
 当然イベントになんて行く余裕もなかった我は運試しのつもりで応募してみたが、これが見事当選。
 世の中の玩具レビュウしてるような人はイベント参加で持ってて当然みたいなアイテムなので、今更ながら軽めにレビュウ。

 IMGP3591.jpg
 戦極凌馬が与えたゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードを用いて駆紋戒斗が変身した仮面ライダーバロンの姿。
 戦闘能力は他のゲネシスライダーと同等。

 IMGP3592.jpg
 出来は良好と評判の鎧武系アーツ。
 これも安定した仕上がり。
 背中のマントは表情豊かに可動する。

 IMGP3593.jpg
 目や胸部アーマーは気泡の入ったクリアパーツで炭酸のイメージを再現。
 アームズ部分は仮面ライダーデューク(当方未購入)と同造形のようだが、左胸エンブレムのレリーフは別のもの。

 IMGP3594.jpg
 バナナアームズと。
 手足の造形、塗装は共通。

 IMGP3595.jpg
 右肩の大きなアーマーは腕とは独立可動して肩の動きを妨げない。
 武器はゲネシスライダー共通装備のソニックアロー。変わり映えせんのが難だな。

 IMGP3596.jpg
 もちろん引き絞った状態のものも付属。
 レモンエナジーロックシードの装填も可能。閉じた状態のロックシードも付属する。

 いやまぁ、正直当選するとは思ってなかったので予想外の出費になったというか何と言うか。
 しかし何でこれ抽選販売になったかねぇ。一応副主人公ライダーの強化形態なのに。


出不精の根源。

猫のいる生活
04 /15 2015
 前述どおりこの週頭は一泊旅行に出かけていた我々だが。
 実は儂にはあまり旅行で家を開けられない理由がある。


 言わずと知れた、
 IMGP3589_convert_20150415115940.jpg
 この子である。

 猫を飼ってる人なら心当たりあるだろう。
 基本放っておいても大丈夫な動物とはいえ、
 留守番させるのは不安が残る。

 よって、獣医さんのペットホテルに預けてゆくわけだ。

 人間は一泊で済んでも、
 この子はその前後も預ってもらわねばならんので、都合三泊四日。

 最近妙に甘えたな姫様は、
 ちょっと心細い思いをしたのか、
 帰って来たら更に甘えたになったような気がする。

何処の誰かを知らなくもない。

特撮
04 /14 2015
 さてさて。そんなこんなで遠出からも帰ってきた事だし。
 二日遅れになっていた今週の特撮ヒーローレビュウでありますよ。

 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。多分あるんだろうなとは思いつつこんなに早く来るとは思わなかった先輩忍者戦隊、ニンジャレッド・サスケとハリケンレッド・鷹介の客演回。前回の引きからどう出てくるのかと思えば普通に特別講師として出てきて拍子抜けしたが、当人たちとしては10年前の悔恨を取り戻しに来てたわけね。だがまぁ、修行ではともかく本番では何とか出来てしまう天晴って師匠殺しだぁね。なんていうか、半熟忍たまの成長譚のはずがひとつも成長しそうにないのが困りどころなわけで。何だか力技で強引に認めさせた感に見てる分にはモヤッとしたものが残ったのだが、子供にはストレスなくていいのかね。

 『仮面ライダードライブ』。かつてはクライマックスに持ってこられるべきだった「ヒーローの正体バレ」をこれまでにないレベルで大々的にやらかしてしまう急展開。正体をあまり隠そうとはしなかった仮面ライダーは平成にはいくらかいたが、これほど世間一般に公表してしまうのは初めて。これはまぁ、ロイミュード犯罪の実態をより広く知らしめると同時に進ノ介たちの行動に公的便宜を計りやすくしようという本部長の意図なのだろう。そしてそれはきっと、チェイスを除けば最初のロイミュードである001の行動開始とも無縁ではないはずだ。次回登場する第3の仮面ライダーとも相まって、ロイミュードとの戦いは誰も予想し得なかった領域に突入する。

花は花は花は咲く。

見物
04 /13 2015
 ―そんなわけで。
 結構懸案だった東北訪問を思いがけず実行して、無事戻ってまいりました。

 大規模な被害のあった被災地ではなかったが、それでも垣間見る震災の爪痕。
 だがそれでも各地の花の美しさ、そして出会う人の人懐こさ温かさに癒された旅だった。
 普段行き先の住人の人柄ってあまり気にならない自分が言うんだから間違いない。何と言うか、あのお国言葉だけでも和むのよ。

 この辺では終わってしまった花を追ってきたつもりが、
 それ以上に色んなものに触れた気がしたよ。うん。

 IMGP3560.jpg
 携帯の写真があまりにもしょぼかったので改めてちゃんとしたデジカメで撮った三春瀧桜をUP。
 人の大きさと比べればそのスケールがわかるかと。

名桜ここにも。

旅先より
04 /13 2015

 白河市内の『乙姫桜』。

天守閣じゃなくて。

旅先より
04 /13 2015

 櫓だそうな。

白河小峰城址。

旅先より
04 /13 2015

 ここにも残る震災の爪痕。

宿付近にて。

旅先より
04 /13 2015

 福島第一まで数十km。

旅先ごはん。

旅先より
04 /12 2015

 県内某所のペンションにて。
 山菜とイワナのお料理。

花の郷。

旅先より
04 /12 2015

 瀧桜のみならず至るところに桜のある町。
 もう少し経てばさぞや見事なことだろう。

まだ八分咲きというところ。

旅先より
04 /12 2015

 家族が訪れて六年。
 ついに目の当たりに。

目的はこれ。

旅先より
04 /12 2015

 日本三大名桜に数えられる、三春瀧桜。

此方では。

旅先より
04 /12 2015

 桜はまだこれから。

初上陸。

旅先より
04 /12 2015

 そんな訳で久々遠出。
 共謀空間、初の東北である。

前線を追う。

未分類
04 /11 2015
 先日一寸書いたが。
 我ら明日からちょいと遠出をする。

 久し振りに一泊だが旅行をする機会を得たのだな。

 またいくつか、旅先レポートを投稿することになると思う。
 そして日曜恒例の特撮レビュウは帰ってからすることになる。

 何処へ行き、何を見るのかは投稿を持って発表。
 では、行ってきます。

けえかほうこく。

見物
04 /10 2015
 かのSF中篇の金字塔『アルジャーノンに花束を』がTVドラマ化され、今夜から放映されているそうな。

 「・・・あれ?前にもTVドラマなかった?」と思ったがもう13年も前なんだな。ほとぼり冷める頃合か。
 せっかく取得した著作権を眠らすのも勿体無いのかなー、という下世話な勘繰りをしてしまったり・・・ってのもちょっぴり作品テーマに関わってくるというか何と言うか。
 知ってはならぬことなどこの世にはないのかも知れないが、知らないほうが心穏やかで居られることは確かにあるのだ、という。

 本作の原作を読んだのはもうほんの学生の頃だったが。
 その頃にはただ単純に「一人称小説ってこんな手法もあるんだなー」って思ったくらい。
 ヒネた嫌なガキだった自分は内容に描かれてることにはヘイヘイとしてたような気がする。

 その作品の体裁上、叙述的なドラマに仕立てるのはその持ち味を殺してしまうような気もするが、
 以前のドラマは結構好評だったようで。
 あのドライなスタイルよりも、ウエットに肉付けされたほうが日本人の好みに合うのかな。

 人間が生きてゆくうえで求めて止まない「幸福」という概念に、
 この上なく真摯に向き合った内容を、淡々とした「経過報告」のなかに折り込んだ本作。
 どんな形ででも、現代人が繰り返し触れて考えるべきタイトルなのかも知れないね。

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら