共謀空間FC

Archive page< - 2014年01月

Archive2014年01月 1/2

奇跡 切り札は自分だけ。

  <アブソーブクィーン><エボリューションキング>  仮面ライダーブレイド、最強最後の形態。 『仮面ライダー剣』に登場する仮面ライダーブレイド・キングフォームがS.H.フィギュアーツで登場。 魂web限定商品で本来の発送は先月だったのだが、その発送の発注には間に合わず。 他商品とのまとめ都合などもあってようやくうちにも到着。 今更かもしれないがレビュウ。  スペードのアンデッド13体全てのラウズカードの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

たまには愚痴愚痴。

 ―あー。 「何でこう俺ばっかり貧乏籤引かされるんだろうなぁ」って思うことって、無い? 我は日々誰にでも出来ることをどうにかこなしているだけで、 それで精一杯だと思っているのだが。 他の人がそこまですら到って無いように見えてしまうのはイヤミな性情の表れなのかねぇ。 何でこう毎日就労する度にぶつくさぶつくさ言わなきゃならんのだろうか。 我そんな難しいこと言ってる?ハードル上げてる? どいつもこいつも使...

  • Comment 0
  • Trackback 0

達人の足捌き。

  約一年ぶりに首輪を新調。 前のが「男の子用みたい」と不評だったので、可愛らしい柄のを選んでもらう。 首輪には鈴をつけることにしているが、 聞くところによるとあんまり良くないということ。 ずっとしゃんしゃんしゃんしゃん鳴ってるのは、猫にはストレスなんだそうで。 だが、付いていないと何処にいるのか分からなくなることがあるので、人間側の都合で付けさせてもらう。ごめんね姫様。 だが姫様もやるもので。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

また一つお別れ。

 「僕にとっては空気のようなもの。語るようなものじゃない」 ―他ならぬ永井一郎氏の、 「磯野波平」についての一言。 凡そ「演じる」ことを生業とする人々にとって、 ここまでの境地に達する役に巡りあえることは、この上なく幸福なのではないだろうか。 そんな、視聴する我々にとってもそれこそ空気のように当たり前なものとして馴染み、 そしてこれからもずっと続いていくのが当然だと思い込んでいた、そんな声。  今...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(続・強襲王国編)

 バンダイの食玩「アサルトキングダム」。 ガンダムシリーズに登場するMSを手のひらサイズでアクションフィギュア化するこのシリーズももう第4弾。 気に入ったMSだけ買ってるこのシリーズ、今回この2種に手を出して見た。   ノリスさんの乗機として大人気のグフカスタム。 このサイズでもシールドガトリングの作りこみが秀逸。  ヒートサーベルも付属。   ズゴック。初の水陸両用MS、そして何気に初の完全量産型のライ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

度し難き現実。

 ―もう1月が終わりだと!? 本当に、年が明けてからの数ヶ月の過ぎ方は尋常じゃないねぇ。 一日が長いくせに1週間が短い。人生損しているような時間感覚。 また、特撮レビュウする日曜日が巡ってきた。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。裏切るかに見せたダンテツの行動の真意、そして哀しみの戦騎らしく全国の視聴者の紅涙を絞ることとなったアイガロンの最期。正直ダンテツはデーボスに擦り寄るように見せかける必要はなか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

空振り。

 ―ええと。 本日の更新内容のネタにする予定だったアイテムの入手に失敗。・・・まぁ察してくれ。 これだけ走り回って手に入らなかったのは久し振りだよ。 聊かヘコんだので今日の更新はおざなり。 悪しからず。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

寒の中休み。

 久々の晴天で気温が上がり、 何だかちょっとほっとしたこの日。 あまり気温の変化が激しいのも困り者だが、 こういうひと息つけるような気候の日がないとやってられない。惰弱にもね。  一皮剥けるまであと一月。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

8bit懐古。

 ・・・ああっと失礼。 動画サイトで、昔のゲームBGMに聞き入ってたものだから。 年代にして’80年代終わりごろ。 ファミコンが円熟期に入り、PCドライブはフロッピーが主流で、街のゲームセンターが若者で溢れかえっていた頃である。(齢バレも甚だしい) その頃のコンシューマーやパソゲーの音楽は、ちょっと拭い去りがたき原体験なのだな。 PCM音源が主流でFM音源は出始め位の頃のサウンド。 昨今のマシンの有り余るスペ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

寒中を凌ぐ。

 TVで「蝋梅(ロウバイ)の花が咲いた」というニュースを聞いたので、 そう言えばうちにも鉢植えがあったよな、と様子を見に行ったのだが。  ―全然お休み中なのだった。  冬来たりなば春遠からじ、とは言うが。 お庭の春は、まだまだ準備中。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

デジタル啖呵売。

 普通にページ閲覧してる際、 突然開いた覚えの無いタブやらPOPやら開くことあるよね。 たいていが「PC診断ソフト」と称するもの。 さもオフィシャルのような体裁でDLを推奨してくる。 やたら危機感をあおる文句と、閉じても重ねて開いてくるしつこさ。 ―そういうのに限って、調べて見るとまず間違いなく有償版購入を強要する上何の役にも立たないソフトだったりする。 邪魔になるけど実害はないので、アンチウィルスとかは...

  • Comment 0
  • Trackback 0

年越しての豊作。

 家の軒先に「金柑」の木がある。 小さな実をたくさん付ける、柑橘系のあれだ。 だが例年実はつけるものの毎回熟れる前に萎びて落ちてしまい、 収穫するほどには到らないと言う状態だったのだが。 今年度は何故か萎びもせず、熟れた実がたくさん取れている。  そのまま食べてもよし。砂糖煮にしてもよし。 煮汁を煮詰めると喉によい金柑湯の材料にもなる。 庭先で取れたものをいただけるのも贅沢だねぇ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

巨星堕つ。

 メフィラス星人やジャーク将軍など、特撮においてもカリスマ溢れる敵役を演じた加藤精三氏の逝去に哀悼の意を。 (一分間黙祷) ―さて。気を取り直して。 今日は日曜日。恒例の特撮ヒーローレビュウをば。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』は戦隊名物ラストに向けての絶望的展開。普段展開が早い分色々唐突に見えても違和感がなかったりもしたり。心のどこかで当てにしていた親父の裏切りでもって全員の心をへし折りに来たわ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

この世界は僕らを待っていた!

 ここ数年figmaで始まっている共謀空間玩具レビュウ。 今年の新作一発目はこの子。  figma・エイミー。 昨年放映され話題を呼んだSF異文化交流アニメ『翠星のガルガンティア』のヒロインがアクションフィギュア化。  陸地の水没した地球上を旅するガルガンティア船団でメッセンジャーとして働く少女。 明朗快活で好奇心旺盛。海中から引き上げられた宇宙少年兵レドとも真っ先に打ち解ける。  独特の色彩と健康的なプロポ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

幾百万のシジフォス。

 ―何をしていても、何もしていなくても。 時間はただ一方的に流れてゆく。人の思惑などお構いなしに。 あの日からもう19年。 つい最近の事の様なのに、先日成人式を迎えた人はまず確実に覚えているはずがないと言う、恐ろしいまでの無常さ。 ―尚且つその後東ではそれを凌駕するほどの災禍に見舞われながら到った現在。 さらにまた巨大な震災がいつどこで起こってもおかしくないと言われながらも。 結局ほとんどの人は、「地...

  • Comment 0
  • Trackback 0

人間の飼い方。

  要所要所で姫様の御尊顔を仰ぐのが共謀空間。 彼女がうちに来てこの春で6年になるが。 家猫もそのくらいになると家人各々への付き合い方が決まってくるのが可笑しい。 膝上に乗るならこの人、布団に潜り込むならこの人、叱られると怖いのはこの人、と言う風に、 人を見分けて対応を変えてくるのだな。 それでもまぁ、自分が愛されてるのは弁えているのか。 相応に立ち回って居心地の良さを追求する。猫とはそういうぬく...

  • Comment 0
  • Trackback 0

火で終わる正月。

 左義長(さぎちょう)とは、所謂小正月のこの日に行う祭事。 正月の飾り物などを焼くことで、その歳訪れた正月神を天に送り帰す意味があるそうだ。 在所では「どんど焼き」とも言い、書初めの字なども焼く。灰が高く舞い上がると字が上達するとも言われる。美しい字を書くことに価値のあった時代の名残である。 子供の頃は学校上げてやってた行事だったんだよね。今は環境問題とかでやってないみたいだけど。 だから、現在は...

  • Comment 0
  • Trackback 0

自動化の功罪。

 あいかわらず家で食べるパンはホームベーカリーを用いて自分で焼いているのだが。 最近の出来栄えはどうもいまいち。  あんまり膨らまない。 やはり寒さのせいか。電気代節約のために夜中に仕掛けてるし。 発酵時間を調整したり出来んからなぁ。 お手軽な反面、融通が利かなくなるってのはこういうものの良し悪しだわね。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

3年目の変節。

 ―はて。  もう2年以上前になるが、 このシリーズはもう買わないとか言ってなかったっけ? 何で増えてるの?  実はやはりこちらでだけでも13人揃えておこうかな、と、 ちまちま買い集めてたりする。 いい加減、安くなってるしね。 色んな意味で今更なのでレビュウはしないけど。 これはこれで、悪くないものだしね。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

冬は冬らしく。

 寒いと外に出る気もしないので、 ちょっと落ち着いた気分になるねぇ。悴んで縮こまるのは困り者だけど。 まったりと録画見て過ごすのも悪くない。 そんな寒中日曜日の、朝のヒーロータイム。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。年度末進行により結構なペースで集まった感情エネルギーによって遂にデーボスは復活。戦隊の攻撃が全く通用しない状態で地球滅亡カウントダウン開始と言う戦隊番組恒例の最大最後のピンチ編。頼みの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

光陰の速さの正体。

 ―最近、時間の使い方が下手糞になっているような気がして成らない。 毎日毎日、何一つ出来ないまま気付くと日付が変わっている。 流石に仕事中は最大限のパフォーマンスを追及しようと言うモチベーションがあるが、 それ以外では正直部屋の生ゴミ状態だ。 時間の経つのが早い、と言う感覚は、 結局こういう、自分で自由になる時間にかけるモチベーションの低下から生じるものなのかも知れない。 そんなことを漫然と考えつ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

柔の波。

  ウゾダドンドコドーン!! ―って撮って見たが。 実はこの雪北側の溶け残りだったり。 一年で一番寒い時期、 暫定的にこの冬一番の寒波襲来とのことだが。 昨夜から降り続いていた雪は、この界隈じゃ昼間の日照でほぼ消えてしまった。 雪が残らずあっさり溶けるのに寂しさを覚えるよりもほっとするのは、 年を取った証拠かも知れない。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

孤独の肖像。

 検察から隙を見て逃げ出した容疑者が、 1日半にわたる逃亡の末に確保されたと報道されたのは、周知の事実。 決め手となったのが、友人の伝で手に入れた携帯電話の位置情報だったというのが何と言うか、現代の若者らしいと言うべきなのか。 足がつくリスクなど想定も出来ずそういうものを持たずにはいられないというのか。 ゆとりがどうのと言う言い方はしたくは無いが、友人と称するtwitterが擁護発言とかを垂れ流したりして...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ひそかに再評価。

 聞く所によると。 兵庫県朝来市にある「竹田城址」が、最近結構全国区で有名になっているそうである。 我ももう5年位前に訪れてこのブログでも取り上げたことのある場所だが。  その際にも書いたかも知れんが、実は在所の近場。 子供の頃には遠足などで何度か行った事のある場所だったりする。 それが「日本のマチュピチュ」などという聊か盛り過ぎな感のある呼ばれ方で取り上げられるのはちょっと変な感覚だ。 周囲360度...

  • Comment 0
  • Trackback 0

初春の芽生えを食らう。

 正月七日とくれば。 言わずと知れた、七草粥なわけだよ。  春の七草といえば、もちろんセリ・ナズナ・オギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ。  うちスズナ(カブ)とスズシロ(ダイコン)は誰でも知ってる。 セリも香味野菜としてポピュラーだし、ナズナ(ペンペングサ)、ハコベラもどこでも見られる草だ。 だがオギョウ(ハハコグサ)とホトケノザ(コオニタビラコ)はいまひとつマイナーだ。 どんな草か...

  • Comment 0
  • Trackback 0

さぁ動き出せ。

 はぁい。まともな社会人は今日から仕事始めだよー。 あんまりまともじゃない社会人の我も今日から仕事始めだよー。 たっぷり英気は養ったかなー。養いすぎて劣化してないかなー。 どんな仕事でも世の中を回す一端を担っていると思えば、 疎かになど出来ないはず。 明るく楽しく健やかに、勤労に励もう御同輩。 ―なんかそうしづらくなってきた気もするけどな!!...

  • Comment 0
  • Trackback 0

事始その1.

 ―聊か長かった此度の正月休みも気づけばあっという間。 今年最初の日曜日である。 そして朝のヒーロータイムも冬休みを経て復帰。 最終章と新展開の導入となる。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。何か声優さんが顔出す番組になってしまってる本作、新春一発目は少年剣士ソウジの最終パワーアップ話と敵であるデーボス軍の最後の一手。ヒーロー活動に否定的な肉親の登場と言うのはお約束パターンの一つではあるが、それを最...

  • Comment 0
  • Trackback 0

軒を貸して母屋を取られる。

 落ち着かぬ様子だった帰省猫兄弟の兄だが、どうやら馴染んだ模様。 家人にも愛想を振りまくようになっている。  ちょっとぽややんな子だと言う彼のこと、野良出身とはいえ基本的に懐っこいのである。 一方。 そんな彼と時に熾烈な(?)争いを繰り広げている我が家の姫様。  コタツの中にヒキコモリ中。 一丁前に追っかけあいをしたりもしているが、 根本的にヘタレな彼女、ちょいと気おされ気味なのである。 そんな帰...

  • Comment 0
  • Trackback 0

マレビトの新春。

  何だかちょっと落ち着かない様子であたりを歩き回る兄貴と、  部屋で家人と出くわすと「あなたと事を構える気は毛頭ありませんよ」とばかりに腹を見せる弟。 休暇時期恒例、帰省した家族んちの猫兄弟の今回の様子。 猫にとって環境の変化は相当のストレスをもたらすものではあろうが、 彼らなりに折り合いをつけている模様である。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

正しい正月の過ごし方。

 ―あー。 気付けば一日の半分くらい寝て過ごしてるような。 箱根駅伝を見ながら、気付かぬうちに意識を失っていたよ。 日ごろあくせくあくせくしてる分、 こうやってのんべんだらりと無為に時間を過ごすことこそが、最高の贅沢と言えるのかもしれない。 そういう貴重な機会を与えてくれる、 この一年最初の節気に感謝。...

  • Comment 0
  • Trackback 0