共謀空間FC

Archive page< - 2013年10月

Archive2013年10月 1/2

憤怒と高慢の罪。

 「猫に火をつけて焼き殺す」という、 通常レベルの猫好きをして万死に値すると思わしめるような事件が起きたと聞いた。 割と最近漫画で同じような内容を見かけた覚えがあり、 その模倣でもしたのかね、とも思ったが。 考えて見れば。 通常そこら辺の野良猫なんて結構用心深いものだ。 知らない人が近付くと、さっと逃げるのが普通だ。 油か何かを引っ掛け、さらに火をつけるなんてそう簡単に出来ることではない。 出来る...

  • Comment 0
  • Trackback 0

実りあれこれ。

 お庭のミカンの木が、 今年は何と、二つも実をつけている。  ―何でこんな地面すれすれに着いたのかは謎だが。 最初の歳に生ったのが一つだけだったことを考えると格段の進歩だよ。 ―さておき。 先日サツマイモを掘った後の畑を耕していると、掘り残しが出てくることがあるのだが、 その一つが、すでに新しい葉をつけている。 逞しくも美しい姿なので、ちょっと飾って見た。  つくづく不死身だよね、植物って。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ささやかな未練。

 ―以前、「9月に入ってもまだ咲いている紫陽花『隅田の花火』のことを書いた。 それから一月余り。 流石に冬支度の近いお庭の様子を見ていたら。  ・・・なんとまだ残ってたりするのだった。 ここはその逞しさに驚嘆すべきところなのか。 異常さに慄くところなのだろうか。むぅ。 あと、オンシジウムも咲き出したよ。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

失策。

  コウちゃんとノブくんはおさななじみ。 とってもなかよし。 ―さて。 もしこの世に訓練された共謀空間閲覧者なんてものが存在するとしたなら。 「普通この時期はもっと玩具レビュウが続くんじゃないのか?」とか思うかもしれない。 確かに先週末あたり例によってweb限定商品が届く予定で、 以降そのレビュウを行うつもりだったのだが・・・ そのうち一つの発送が遅れることになり、 まとめ発送にした他の商品もつられて...

  • Comment 0
  • Trackback 0

戦士は孤独であるべきや否や。

 台風連発で空模様的な意味でも不穏だった昨今にようやく爽やかな秋晴れが。 だが間もなく立冬。今年の冬も寒くなるのかヒーホー。 そんな、晩秋のひと時にふと想う。 ―日曜日は特撮番組レビュウをしよう、と。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。もうほとんど最終回のようなノリで送る最強合体お披露目編。最大戦力の参入が逆に最大のピンチを招き、そして人々の声援でそれを跳ね除けると言う王道の展開。所詮デーボスの一味...

  • Comment 0
  • Trackback 0

Long long ago 20th century.

 『仮面ライダー』シリーズ第3の新生とも呼べる『仮面ライダーBLACK』。 未だに根強い人気を誇るこの作品の主人公、世紀王ブラックサン=仮面ライダーBLACKが、約4年ぶりにS.H.フィギュアーツでリメイク。   太古より人類を闇から支配してきた暗黒結社ゴルゴムの首領・創世王の後継者候補の一人、南光太郎がキングストーンを埋め込まれて改造された姿、世紀王ブラックサン。 世紀王となる運命を拒絶し、人類をゴルゴムから解...

  • Comment 0
  • Trackback 0

公開前夜。

 ―多分、figma持ってる人は皆やったんじゃないかって言う一枚。   可動範囲やら二次元のウソやらで完全再現は出来ないけどねっ。 そんな『魔法少女まどか★マギカ』は劇場版新作が明日公開。 それに先駆け、関西圏では前劇場版前後編が今夜(と言うか明日未明)TV放映。いえっひぃ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

バラルの呪詛。

 ―とある世界的アクションスターが、 「また大地震や大津波が起これば人々は手を取り合えるのに」という旨の発言をして物議を醸している、と言う話だ。 配慮の足りない発言には違いないが、 どこか人には、「全人類共通の困難でも発生しなければ世界は一つになんかなれない」というある種の絶望感があることは、確かかもしれない。 創作物を見ても、「異世界や宇宙からの脅威に対抗するために世界各国が団結する」というジャ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

神のみぞ知る世界。

 ニュースなどでで捜査・公判沙汰の記事など見てると、 容疑者・被告が主張を一転させるなんてこともよく聞くわけだが。 こういうのはやはり受け持つ弁護士のアドバイスなどで変わってくるものなのだろうとは思う。 対象の罪状、科刑を可能な限り軽くするのが彼らの仕事なのだから。本来は違う気もするけど。 そもそも裁判沙汰の起因となった事件・事故は、 当然のことながら「もう、すでに起きてしまったこと」。 過去と言...

  • Comment 0
  • Trackback 0

身体が資本。

 ―最近玩具写真が載らないので。 以前から思い出したようにやっている『武装神姫』リバイバルレビューの一環として。 そもそも神姫の中核であるアクションフィギュア素体MMS(Multi Movable System)とはどういうものなのか。  今更ではあるが検証して見ようかなー、とか思ったり。  ―今を去ること7年前。 アクションフィギュア界に様々な革命をもたらした浅井真紀氏が世に問うた新規格素体、それがMMS・1st。 その仕様...

  • Comment 0
  • Trackback 0

最後の彩。

 くすんでゆくこの時期の庭先に、 一際鮮やかな色彩をもたらすのが、石蕗(ツワブキ)。  キク科の多年草であり、つやのある丸い葉は常緑。 アルカロイド系の毒素を含み、薬用にもされる。 この時期に花茎を伸ばし、黄金色の花をつける。  この、目を奪うほどの鮮烈な黄色が現れると。 今年の花はおしまい、という気がする。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ガキの使いじゃねぇんだぞ。

 様々に憂慮の絶えない俗世間ではあるが。 週に一度くらいはまったりしたい。どこぞの神様もそういう生活を推奨しておられる。 大人もたまに子供に還りたい。そんな欲求をちょっとだけ叶えてくれる日曜日。 共謀空間では特撮ヒーロータイムレビュウである。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』は暫く続いていたクエストの達成編。最終アイテムである巨大ロボ・ブラギガス復活。引っ張らずサクサクお話の進むキョウリュウジャーで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

文化侵略の垣根。

 ―以前も「万聖節(ハロウィン)」について書いた事があったが。 商業的便乗がしやすいイベントと言うことで、結構喧伝しているイメージはあれど。 実質その浸透度はクリスマスの足元にも及ばないといったところのようだ。 実は1年ほどキリスト教の環境で生活したことがあるんだが。 それでも、万聖節にイベントをした記憶が無いのだな。 降誕節(クリスマス)はもちろん、復活祭(イースター)やら収穫祭(サンクスギビン...

  • Comment 0
  • Trackback 0

御開帳。

 先日収穫した、育ちすぎのサツマイモ。 これだけ大きいともしかして中のほう腐れてるんじゃないか、という心配もあったが切ってみるとそんなこともなく。 とりあえず、蒸かしてみることに。  切るとやたら嵩が増える気がするなこういうもの。 皮があまり綺麗じゃなく、その上少々厚くて硬いが、 味は中々に甘く、良好な出来。 充分食べられることに一安心なのだった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

対応困難。

 ―先週は真夏並みに暑かったと言うのに。 台風が過ぎてからは場所によっては雪が降るほどの冷え込み。  最近の気候はおかしい、とは常々言われていることだが、 こう夏と冬が交互に来る様な有様はちょっと今までにもなかったかも知れん。 ―また暑くなるとか言ってるよな、今週? 体調を崩すほどではないが。正直着るものの選択に困るところだ。 気候のこと位しか書くことも無いが、 気候が語り草になるような状態でもある...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ユートピアを探して。

 子供の頃。 『やさしいライオン』という絵本を読んだことがある。  親を失い、むく犬に育てられたライオンの仔の話。 穏やかなむく犬を母がわりにしたライオンは、立派に成長しても性格は温厚なまま。 やがてサーカスに売られ養い親と引き離されるが、親に会いたさに檻を破り、年取ったむく犬と再会を果たすも射殺されてしまうと言う、救いのない話である。 作者はかの、やなせたかし氏。 かの人の境遇を鑑みるに、様々な...

  • Comment 0
  • Trackback 0

バッドステータス。

 ―体調をネタにするのは気が引けるが。 連休中はずっと頭痛が出てほとんど何も出来なかったりした。 痛くなるのは必ず左側頭部なんだよね。 何でだ?血行とか噛み合せとかの関係か? 今日はこの頭痛を引きずったまま出勤せねばならんかったわけだが。 ま、仕事に没入すれば痛みも紛れるであろ。 やはり痛みが続くと言うのはダメなもんだね。気分も沈んでくる。 早いとこすっきりしたいものだが。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

無断外泊。

 ―穏やかな休日の朝。 起きてくると、家族が青い顔をしている。 曰く「ハンナ姫様が昨夜からどこにもいない」。 家の中のどこかに潜んでいるのはいつもの事なので、自分も探して見るが確かにいない。 ―だが。 トイレの割と高いところにある小窓が不自然に開いている。 さてはここから抜け出したか。出たはいいが戻れなくなったな、と悟り、 付近一帯の捜索を開始。  箱入り猫の姫様、外では三日と生きられまい。 すでに...

  • Comment 0
  • Trackback 0

性情だけはどうしようもない。

 妙に暑い気候が続くと、 時期相応の気候になったらえらく冷え込んだ気になるねぇ。 皆様風邪など引かぬように。 そう祈りつつ、日曜恒例・特撮ヒーローレビュウ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。巨悪に挑むため一致団結が不可欠な戦隊ヒーロー。だが個性の強い連中が6人も集まると馬が合わない奴がいるのも仕方ないわけで。ということで。戦隊中最ナンパのイアンと最カタブツのウッチーの対立。・・・というかウッチーが...

  • Comment 0
  • Trackback 0

数多ある奈落。

 昨今。悲惨な事件事故がやたらと耳目につくような気がする。 メディアやネットが発達したせいで情報を受け取りやすくなっただけで、ずっと前からこんなものなのかも知れないけれど。  だがまぁ、所詮は画面越しの出来事。一つ一つはほんの一月も経てば覚えているかどうかあやふやなものでしかない。 だがいくつもの知覚や思考が潰え、それを取り巻いていた人々にとっては決して忘れられない出来事となったということは、厳然...

  • Comment 0
  • Trackback 0

四次元的二次元考。

 四半期に一度の番組改変期。 こう言う機会に前期終わったタイトルや今期始まったタイトルに関して一くさり語ることもある深夜アニメウォッチャー共謀空間さんである。 様々に意図や寓意を含んだ作品か、さもなくば何の裏も読むことなく雰囲気だけを楽しむ作品とかを主に取り上げているわけだが。 今回は、そのうち後者の今期代表と言うべき一本に関してちょっとばかり。 お題は『のんのんびより』。 よくある日常少女コミュ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ぶり返す夏。

 ―備忘録的に書いておくと。 暑い。 もう10月も中盤に差し掛かろうと言うのに、暑い。 一時期肌寒いまでになり「本格的に秋冷かなぁ」とか言ってたのがウソのようだ。 いい気候の時期がどんどん短くなるようで、 「春や秋なんて都市伝説になる」っていうのがまるで冗談じゃなくなりそうだ。 …数年後この記事を見返す機会があったら、 「ああ、そういやそういう歳もあったなぁ」と思うだろうか。 それとも、「こんな事わ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

好奇心は猫をも××。

 不定期になんとな~く続けている共謀空間的『武装神姫』リバイバルレビュウ。 黎明期の神姫を再検証している今回は、共謀空間の看板神姫の一人と言えるこの子。  猫型MMS・猫爪(マオチャオ)。 2006年9月にリリースされた武装神姫第2弾の1種。 デザインは同時発売のハウリンと同じく漫画家・イラストレーターのBLADE氏で、ハウリン以上に氏の趣味を色濃く反映した神姫である。  素体状態。やはりレオタード式のベーシッ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

彼岸への疾走。

 最近いやでも耳に入ってくるのが、 某芸能人の悲惨な交通事故死に関する報道なわけだが。 ―普段から留意しておくべきなのだろうけれど。 こう言う機会があって、やっと思い出す程度なのが現状だ。 我々が日常、人間など容易く挽き潰してしまうような代物を道具として使っていると言うことに。 何度か書いていることだが、 本来人一人の手には負えないはずのエネルギーを用いているのだ。 常に手綱を引き締めていなければ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

色彩とj嗅覚と。

  神無月に入り、空気に木犀の甘い香りが混じり始めるのを皮切りに、 近隣の装いは、晩秋のそれへと移ろう。 ―何かまだ暑いけどね。  咲き始めるシュウメイギク。 ・・・なぜか白いほうが咲かんな?  キンミズヒキ。  そして、ワレモコウ。 何だか、もう冬の足音が聞こえてくるなんて嘘みたいだなぁ・・・...

  • Comment 0
  • Trackback 0

世界樹の木陰で。

 平成仮面ライダーシリーズ数えて第15作目。 個人的には歴代最も何だかなぁなモチーフを取り上げている新作、『仮面ライダー鎧武』が本日より開始。 それを含め、日曜恒例。 特撮ヒーロータイムレビュウ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。某世界大運動会誘致成功記念なのか、唐突にスポーツ対決編。スポーツモチーフの敵は割と正々堂々勝負するタイプが多いのが伝統だが、今回人数で圧して来ると言う戦隊お約束のクレーム...

  • Comment 0
  • Trackback 0

イメージ悪いなぁ。

 最近ちょくちょく地元近隣の地名が全国ニュースで流れる事があるのだが。 ―悉く良くない話題だと言うのが何だか切ない。災害やら事故やら事件やらで。 世間一般で「またあの辺か」って思われてそうだ。自意識?過剰かも知れんが。 所詮他所の人間は知らない土地のことなどそうそう知る機会などないわけで。 その土地の事は限られた情報でしか窺い知れないわけで。 その情報が偏向していたら。どうしてもそういう方向に印象...

  • Comment 0
  • Trackback 0

水面下で働く。

 とりあえず、この時期恒例のセキュリティソフトバージョンアップが完了。 あまり体裁が変わったように見えないなぁ。まぁ最近メイン画面を開くことさえあまりなくなったが。 閲覧ページに口を出してくるMcAfee先生のサイトアドバイザに比べると存在感が薄いと言うのは否めないところ。 それでも人知れず世も知れず働いていることには変わりないんだろうなぁ。 インフラの有り難味と言うのは、感じないでいられるのが一番平和...

  • Comment 0
  • Trackback 0

段取り遅れの結果。

 例年から遅れること1週間ほど。 ようやくにして、畑のサツマイモの収穫が完了。 サツマイモの芋は根に養分を溜め込む器官。 枯れない限り、土の中で成長を続ける。 よって、収穫が遅れると相応に肥大してしまうわけだが。  これはでかすぎだろぉっ!? 身長15cmの神姫さんと比べたらご覧のとおり。 重量は実に2kgに及ぶ。 大きく育ちすぎた野菜って何か美味しそうに見えないよねぇ。 大味そうで。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

赤い影の軍団。

  デザインやギミックを拡張解釈してゾイドをハイディティールで再現するコトブキヤのゾイドHMMシリーズ。 この秋に登場した久々の新作は、帝国軍装甲師団の中核をなす小型量産機、イグアン。  共和国軍の主力小型機ゴドスに対抗すべくゴドスを徹底的に解析した結果完成した、ゼネバス帝国版ゴドスとも言うべき機体。 占領接収した共和国の工業施設のゴドス生産ラインをそのまま利用していると言う説得力ある設定が追加され...

  • Comment 0
  • Trackback 0