野獣の食卓。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
07 /31 2013
 IMGP1667_20130731233145192.jpg
 『仮面ライダーウィザード』に登場する古の魔法使い・仮面ライダービースト。
 その力の源であるファントム・ビーストキマイラの力を引き出すために右肩に現れるビーストマントのセットが、S.H.フィギュアーツ対応のオプションセットとして登場。
 魂web限定商品である。

 IMGP1671_20130731233151c09.jpg
 装備のためにまずビースト右肩のアーマーを取り外す。
 取り付け軸は腕の可動と別になっていてマントを取り付けると腕とは独立して動かすことが出来る。

 IMGP1672_20130731233215f3e.jpg
 可動タイプ(後述)を取り付ける際は背中の一部パーツも外す必要アリ。

 IMGP1679_20130731234110aac.jpg
 アーマー取り付けヒンジにマント本体を取り付け、ヘッド部分はこちらのボールジョイントに接続。

 IMGP1670_2013073123315033d.jpg
 ベルトもリングホルダーから対応のリングが外されたものに交換する。
 わざわざ腰を引っこ抜き、バックルも付け替えなければならないので結構手間。

 IMGP1668_2013073123314709d.jpg
 そんなわけでファルコマント装着完了。
 これは見栄え重視の固定タイプ。

 IMGP1669_20130731233148b9c.jpg
 造形および塗装は申し分なし。だが硬質のPVC製で右腕はほぼ動かせなくなる。

 IMGP1673_20130731233217830.jpg
 一方こちらは可動式のアクションタイプ。

 IMGP1674_20130731233219c5f.jpg
 肩以外にも背中にも装着する。

 IMGP1675_201307312332200fa.jpg
 暖簾のように広がって右腕をフリーに出来るが・・・
 正直あまり見栄えは良くないね。

 もちろん他の3タイプのマントも固定・可動両タイプあり。
 IMGP1676_20130731233221c7a.jpg
 カメレオマント。
 長く伸びた舌が欲しかったところ。

 IMGP1677.jpg
 バッファマント。
 鼻輪が稼動する。

 IMGP1678_2013073123540205c.jpg
 ドルフィマント。
 見てのとおりファルコ、カメレオは外側に、バッファ、ドルフィは内側になびいた形で造形されている。
 後者は右腕を前に出すポーズが取れるので、セイバーストライクの際ダイスサーベルにリングをはめるポーズが可能。

 これでアーツビーストもようやく完全版と言うところだねぇ。
 簡易スタイルチェンジをこれひとつで再現。出来れば一般販売して欲しかったところだが。

 
スポンサーサイト

「ねぇ、何の話してたっけ?」

玩具/アクションフィギュア(アニメ・漫画・ゲームキャラ)
07 /30 2013
 IMGP1662_20130730223353b67.jpg
 芳文社ビジュアル四コマの看板タイトルのひとつ『ひだまりスケッチ』のキャラクターたち。
 アクションフィギュア・figmaの第2弾はもちろん主人公ゆののお隣さんにして親友、宮子。

 IMGP1659_2013073022334776b.jpg
 ひだまり荘で一番家賃の安い202号室の住人でゆのと同じくやまぶき高校美術科所属。
 あけっぴろげで少々図々しい、人間よりも懐っこい野良猫に近い生き物。
 意外に学業優秀、抜群のプロポーション、天才肌の芸術感覚とハイスペックだが、フリーダムな性格ゆえひだまり荘の面々の中ではムード&トラブルメーカーといった立ち位置。

 IMGP1660.jpg
 やはりやまぶき高校のブレザー姿。
 私服のほとんどはお兄ちゃんのお下がりだという宮子が唯一持っている有名ブランドデザインの衣服だそうである。


 IMGP1661_20130730223351645.jpg
 顔の造形はやはりアニメ第4期『ハニカム』準拠。再現度も文句なし。
 肩の上の襟足は軟質素材で首の動きを妨げない。

 IMGP1663_20130730223354984.jpg
 付属の表情が二つとも満面の笑顔だと言うのがいつも上機嫌な宮子らしい。
 ごはんさえあれば幸せ、な子故オプションはお箸とお茶碗を持った手。

 IMGP1664.jpg
 ちなみにお茶碗からはご飯だけはずすことが出来、「おかわりー!」って感じにも出来る。
 結構生い立ちがタフな子らしく、食べることには人一倍執着するのである。

 IMGP1665_2013073022343386c.jpg
 ちっちゃいゆのっちとの身長差も再現。

 出来自体はすばらしく、ゆの共々弄ってて自分が気持ち悪い笑顔になってるのが分かるくらいに見てて幸せになってくるアクションフィギュア。
 ・・・だけどやっぱりオプションがあまりにも少ないなぁ。もう少し何とかならなかっただろうか。



 IMGP1666_20130730223435aea.jpg
 ―ちなみにゆのを紹介した際書いたスカートのねじれは結構簡単に直ったりした。
 接着なんてされてなかったのね、これ。
 

 

パワーを搾り出せ。

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
07 /29 2013
IMGP1649_20130729233824.jpg
 そして、光は受け継がれる・・・

 ウルトラシリーズの異色作、『ウルトラマンネクサス』に登場する第3の適能者、千樹憐。
 彼が変身する青い光の巨人、ウルトラマンネクサス・ジュネッスブルーがULTRA-ACTに登場。


 IMGP1647_20130729233821.jpg
 「プロメテの子」の一人である少年、千樹憐が適能したウルトラマンの能力開放形態。
 遺伝子異常により残り少ない生命を燃やし尽くすかのような苛烈な戦いぶりが特徴。

 IMGP1648_20130729233823.jpg
 例によって造形は安定して良好。
 塗装は細かいところが少々雑だが、気になるほどではない。

 IMGP1650.jpg
 目や胸部エナジーコアは言うまでも無くクリアパーツ。

 IMGP1651.jpg
 姫矢准の赤いジュネッスと。
 配色だけでなく実はボディパターンも大きく違っている。

 IMGP1652_20130729233901.jpg
 スタンド用ジョイントを取り付ける事が出来るが、今回ちとポロリしやすいかな。

 IMGP1653_20130729233903.jpg
 エナジーコア赤。
 彼も姫矢に負けず劣らず心臓に悪い戦い方をするウルトラマンだった。

 IMGP1654.jpg
 基本の光線技、クロスレイ・シュトローム再現エフェクト。
 ジュネッスのオーバーレイと違い普通に右手首と一体型。

 IMGP1656.jpg
 シュトローム・ソードエフェクト。
 右腕アームドネクサスの赤い部分と差し替える。

 IMGP1657_20130729233907.jpg
 ジュネッスブルーの代名詞とも言うべきアローレイ・シュトロームの再現エフェクト。
 取り付け方はシュトローム・ソードと同じ。

 IMGP1658_20130729233921.jpg
 アローレイとソードのエフェクトを組み合わせると強敵イズマエルを粉砕した大技オーバーアローレイ・シュトロームに。

 
 安定した出来栄えでジュネッスブルーの雄姿を再現。
 ACTネクサスのリリースを機にTVシリーズの動画なんか見返しているけど、このブルーが登場した頃は放映短縮のため展開が早くなって格段に面白かったんだよねぇ。

 今後web限定ではあれウルトラ屈指の熱い最終回を飾った「あいつら」がリリースとのこと。こちらも楽しみ。

集中投入。

特撮
07 /28 2013
 IMGP1646_20130728231444.jpg
 
 ―むぅ。
 月末名物玩具ラッシュでなんか色々届いたよ。
 とても開ける暇が無いが、ひとつずつ消化するしかあるまい。


 それに先んじて。
 日曜はいつもの特撮ヒーローレビューなんだよ。


 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。現状まるで歯が立たない相手に対し、それでも立ち向かう気概を失わない心に獣電竜が答える。そも、デーボスが復活のために人の感情を欲するのはなぜか。それはこの星でそれだけが物理法則をも上回る巨大な可能性を秘めたエネルギーだから(少なくともフィクションの上では)。そして同時にそれだけがひとつの種族をも絶滅させんとする意思に抗うことが出来るのだ。それを踏まえ、打ちのめされた仲間たちを再び奮い立たせるキングは本当に正統派ヒーロー的レッドだね。そのあり方が、語らずして荒事とは無縁だった技術者肌の女性の勇気も奮い起こす。この番組の性格的にややあっさり目ではあったけれど、前半の山場の締めくくりには相応しい王道EPなのだった。


 『仮面ライダーウィザード』。抱え込み癖のある主人公操真晴人、抱え込みを拗らせて危うく本分を見失いかけるの段。それはすなわち白い魔法使い笛木の思惑に乗ってしまうところだったってことだったんだよね。―だけど。そも彼が絶望を乗り越えて魔法使いと成り得たのは何故か。言わずもがな彼自身が誰かの最後の希望になりたいと思い続けていたから。そしてそれは、彼だけの専売特許ではなかったのだ。「誰かの希望になりたい」と言う思いが絶望から最も遠いものだというのがこの番組のスタンス。皆を支えるのがヒーローの役目ならば、そのヒーローは誰が支えるのか。戦隊レッドが完全無欠のヒーローであることを求められる一方、ヒーローも弱さを持った人間であることを描くのが平成ライダーの特徴のひとつ。その弱さを埋めるものを描くのがドラマになるわけね。

台所ミステリー。

味覚
07 /27 2013
 何を思ったのか、家族が、
 「炭酸水」を一箱買ってきた。


 「何か割る以外に使い道無いか」とか聞いてきたのでちょっと調べて見ると―
 「卵焼きがふんわりする」「てんぷらの衣がサクサクする」「肉や野菜が軟らかく煮える」などといった効果が続々。

 食用のほかにも鍋の焦げ付きやしつこい汚れを落とすにも役立つのだそうだ。


 汚れ落しはともかく、
 料理に与える効果の仕組みは良く分かって無いそうで。


 「沸騰した水をそのまま製氷すると早く凍る」こと同様、簡単に再現できるのに理屈が分からないことはまだまだこの世に溢れている模様。不思議不思議。

立ち上がれ。

猫のいる生活
07 /26 2013
 特に書くことも無いので。
 暑さで溶けてる姫様でも貼る。

 IMGP1644_20130726115246.jpg
 ごはんの量もいつもの半分くらいになってしまってて、ちょっと心配。


 IMGP1645_20130726115244.jpg
 ・・・こんな姿見てると、こっちのモチベーションもだだ下がりだなぁ・・・

食玩侮るなかれと言うほどでもない。 (どっちの海も俺の海編)

玩具/食玩
07 /25 2013
 IMGP1643_20130725100648.jpg
 『獣電戦隊キョウリュウジャー』登場の獣電竜カミツキ合体をお手軽に楽しめる食玩ミニプラシリーズに、
 9番目の獣電竜、プレズオンがラインナップ。3箱分割アソート。
 第1シリーズのキョウリュウジン再販と共に発売中。

 IMGP1633.jpg
 獣電竜プレズオン。
 ・・・正直プレシオサウルスモチーフと言われても「お、おう・・・」としかリアクションできないが、それはまぁ今更言うことでもあるまい。

 IMGP1634.jpg
 DX玩具は首部分のバレルアクションがキモなので、こういうデザインになるのは必然なんだろうけど。

 IMGP1635_20130725100603.jpg
 宇宙航行用ロケットモードに変形。
 ・・・うんまぁ。気持ちは分かるがあまり変わってないよね?

 IMGP1637_20130725100606.jpg
 組み替えて、爆裂変形。

 IMGP1638_20130725100607.jpg
 プレズオー完成。
 プロポーションは中々良好。

 IMGP1639_20130725100608.jpg
 サイズはデザイン的に大きく見えるが、キョウリュウジンとほぼ同じ。
 やはりここでは右腕になっているプレズオンの首がボリュームの大部分を占めているせいかね。

 IMGP1640_20130725100643.jpg
 可動は今までのロボと比べると随分マシといったところ。
 肩が広がり左腕は肘も曲がる。
 ただ、胴のひねりが無く特殊な足首も左右のみに動く仕様。

 IMGP1641_20130725102339.jpg
 プレズオンの首を外しノーマル右腕に差し替えれば右腕の肘も曲げられる。
 ・・・だが何と言うか。すごく地味。

 IMGP1642_20130725100646.jpg
 腕のジョイントは共通なので、もちろん他の獣電竜をカミツキ合体させることが可能。

 IMGP1636.jpg
 そしてさらに。
 獣電竜ガブティラ、ブンパッキーと爆裂カミツキ合体。

 IMGP1630_20130725100526.jpg
 バクレツキョウリュウジン完成。
 凄いプロポーションだが、今まで横を向いていたガブティラの顔が正面向きになるため問答無用の迫力が。

 IMGP1631.jpg
 ガブティラの尻尾なんかそのまんまなので後姿が何か愉快なことに。

 IMGP1632_20130725100529.jpg
 可動はまぁ、それなりではあるが。
 プレズオーの股関節由来の肩関節のおかげで肘が曲がらないなりに結構表情がつけられたり。

 可動面に難があり正直今までより遊びがいのない今年の戦隊ロボミニプラだが。
 流石にここまで揃えばプレイバリューも増し増しになっている気がする。


 ―さて、
 今年の年末大物は歴代でも最大ボリュームになりそうなのだ、が?

傾向と対策。

味覚
07 /24 2013
 ―家で食う米は親戚の農家に頼んで精米したのを分けてもらっている。
 収穫用の紙袋に詰めてもらってくるのだが、この時期困った事がひとつ。


 虫がわくのだ。


 小さな小さな蛾の幼虫が入り込み、米を糸で綴ってしまう。
 ちゃんと研げば食べる分には問題ないのだが、流石にそのままにしておくわけにもいかない。

 よって、虫干しにするのだった。
 IMGP1629_20130724113638.jpg
 あとは防虫剤を入れておけば、
 これ以上の被害は免れるであろう。多分。

ふと気付けば。

折々
07 /23 2013
 世間一般は先の週末から「夏休み」とかいうやつなんだねぇ。


 子供たちはこれから楽しいことたくさんあるんだろうねぇ。
 そして夏が大好きになるんだろうねぇ。



 ・・・・・・・・・今の内に楽しんでおくといい。



 夏休みなんて無い社会人になったら、
 夏なんて暑くてしんどいだけの期間だからね!?



 ―とまぁ、悪態をつくような嫌な大人にはならないように。


IMGP1625_20130723020428.jpg
 この子は毎日が休日みたいなもんだね。
 それはそれで有り難味が無い気もするが。




 

Secret desire.

玩具/アクションフィギュア(アニメ・漫画・ゲームキャラ)
07 /22 2013
 IMGP1620.jpg
 最高にいい男の傍には、最高にいい女が侍るもの。


 寺沢武一・著のスペースオペラコミック『コブラ』の主人公、コブラに続き、
 その永遠のパートナーであるレディもfigmaで登場。


 IMGP1612.jpg
 全身を特殊鋼の装甲で覆われたアーマロイド。
 一匹狼の宇宙海賊であるコブラの唯一無二の相棒であり、淑やかかつクールな大人の女性。

 IMGP1613_20130722015811.jpg
 空山基の描くセクシーロボもかくやと言う妖艶なボディを完全再現。
 全体のメタリック塗装も非常に美麗。

 IMGP1614_20130722015812.jpg
 無表情なフェイスの再現も完璧。
 胴体部分は可動のため軟質素材製だがここが横に広がるとちょっと寸胴さんに見えてしまったり。

 IMGP1616.jpg
 シンプルなシルエットゆえ可動も優秀。
 腰や脚の付け根も艶かしいラインを崩さず動かすことが出来る。

 IMGP1617_20130722015847.jpg
 肩のラインを崩さぬよう、上腕部は肘のすぐ上でロールする構造。

 IMGP1615_20130722015814.jpg
 バストは独立パーツの上軟質素材で繋がっているため、腕の動きに合わせ若干寄せる事が出来たりして。

 IMGP1618_20130722015849.jpg
 印象的なビジュアルを再現するための固定シフトボディと専用手首。
 胸の下から丸ごと差し替える。

 IMGP1619_20130722015850.jpg
 ・・・・・・何と言うか、こう・・・・・・(以下コメント略

 IMGP1621.jpg
 さらに先に発売されたfigmaコブラのためのボーナスパーツが付属。
 交換表情のないコブラのバリエーションを広げるウインク顔。

 IMGP1622_20130722015950.jpg
 ノーマル同様目線を動かすことが可能。
 葉巻も付属するが、ノーマルとくわえ方が違ったり。

 IMGP1623_20130722015951.jpg
 そしてサイコガンの発射エフェクト。

 IMGP1624_20130722015952.jpg
 光条は専用スタンドやfigmaスタンドでディスプレイが可能。

 何と言うか。セクシーキャラのアクションフィギュア化に新境地を開いたできばえ。
 コブラと並べて飾るのももちろん。単体でもその美しさに魅了されること請け合い。
 

天下分け目、の。

特撮
07 /21 2013
 良い大人のみんなー!
 ちゃんと投票はしたかなー?

 投票率が1%下がると一人当たり年13万円損をするなんてどういう根拠かわからない試算も出てるよー。
 行ってないひとは次回から必ずするようにー!


 まぁ今更なことを言いつつも。
 日曜恒例はヒーロータイムだよ。


 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。新戦力投入は敵の強大化と連動しているのがお約束だが、今回その辺が2段構えになっている様子が結構巧妙。プレズオン帰還はよほどの脅威なのかデーボス側は行動を前倒し。本尊の強制的復活に踏み切る。かくして全く制御の利かない暴乱として活動を開始したデーボスの前に獣電戦隊風前の灯・・・といったところで協力合体の前振りとしては完璧。ちょっぴり人間関係にも波風の立った獣電戦隊ではあるが、それがプラスに働くであろうこともお約束なんだろうね。

 『仮面ライダーウィザード』。抱え込み癖のある魔法使い操真晴人、煩悶の果てに色々と余裕がなくなっている模様。ドーナツ屋などにもなりふり構わず正体を晒したのも最後白魔の使い魔に誘い出されたのもつまりはそういうことなんだろう。コヨミに残された時間がもうないことから、白魔のほうももうなりふり構うつもりが無いのだろうね。そんな彼の危なっかしさを知るかつての恩師の登場も恐らくは必然なのだろう。絶望すれば命が危ないゲートをして、「お前の希望になってやりたい」と言わしめるのが今回の鍵なのだろう。ちょっと暑苦しくはあるけれど、「絶望に瀕した者の最後の希望になる」ことを切実なアイデンティティにしている晴人にはきっと彼のような存在が必要。今はまだ状況に振り回されるだけの魔法使いたち、その打開はきっと今まで培ってきたものから始まる。

ミッション失敗。

システム
07 /20 2013
 ―はて。
 何やらデジカメの調子が悪く、撮ったと思っていた写真が保存できていない。

 使っているとたまにフリーズすることあるよねデジカメ。
 そんな挙動不良の後では、時折起こる現象。


 よって今日は予定の更新が出来ず。
 ―まぁ、たいした内容でもなかったんだけどね。

進捗遅延。

折々
07 /19 2013
 地元は沖縄でもなんでもないが、
 なぜか「ゴーヤー」の御当地キャラがいたりする。

 涼をとるための所謂「緑のカーテン」のためにゴーヤーを植えるキャンペーンを行っているからだが。
 そんなことは関係なしに以前からゴーヤーを植えている。


 ―だが今年は植えるのが少々遅れ、
 そろそろ7月も下旬に差し掛かろうと言うのに、まだまだカーテンが薄い。
 IMGP1610_20130719205541.jpg
 暑い日が続くが、
 まだしばらくこの恩恵は受けられそうにないなぁ。

選良とか言う呼ばれ方。

随想
07 /18 2013
 気にしようがしまいが、
 国政選挙真っ只中である。


 ―まぁ、いつものことではあるけれど。
 皆全く同じく「国民の皆様のため」と言う点だけは口をそろえつつも、
 全くの真逆の政策を口にする候補たちが並び立っている、と言う状況を見ていると、
 彼らの言う「国民」とは一体誰のことなんだろう、とか思わないでもない。

 人の価値観とは千差万別であり、
 国政を預かる立場に対して求めるところもまたそれぞれ違うであろうことは百も承知なのだが。

 選挙の結果が一応の「国民の総意」を反映するとしたら、
 割を食う結果となった人たちは立場が無いことになってしまうよねぇ。


 単純には割り切れるわけの無い事々を単純化してしまうという側面をも持つ「選挙」という制度。
 単純化の結果「総意」から漏れることになった人々が多ければ多いほど、選挙に対する期待度も下がってゆくのかも知れないねぇ。

ギブミーグリーン。

味覚
07 /17 2013
 猛暑続きで野菜類が高騰していると聞く。
 それでも身体が欲するのが緑黄色。

 それはさておき。
 この季節を代表する京野菜の一つがこれ。

 IMGP1609_20130717200325.jpg
 万願寺唐辛子。
 長くて大きな甘唐辛子である。
 京野菜といっても、原産は府北部のほうだったりする。

 実は結構な高級食材だったりするんだが、
 こういうひん曲がったりしてて見目のよろしくないものはリーズナブルにお買い求めいただける。
 味は変わらんしね。

 肉厚で歯ごたえよく、味もエグ身が無く食べやすい。
 今時分でもお手軽にいただける、貴重な緑色野菜。

7月の羽根。

折々
07 /16 2013
 何だか梅雨明けてからが梅雨空みたいなどんより空。
 モチベーションとか上がらないことこの上ない。

 そんな中。庭に出て見ると。
 紅葉にたくさんの実が付いていたので一枚。

 IMGP1608_20130716183232.jpg
 この羽根でくるくる回りながらゆっくりと落下する、ちょっと不思議な実。
 物言わぬ植物にも、造化の神秘は満ちている。

ブラック企業に勤めているんだが僕達は(以下略

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
07 /15 2013
 IMGP1598_20130715182039.jpg
 「「イー!」」

 ・・・というわけで。
 先日紹介したS.H.フィギュアーツ・ショッカー戦闘員である。
 やはり一人では寂しいと言うことで、二人目を導入して見たよ。

 IMGP1599_20130715182041.jpg
 今までの戦闘員系アーツよりは複数いて欲しいキャラだしねー。汎用性高いし。

 IMGP1606.jpg
 「イー!(・・・大首領・・・)」
 「イー!(・・・小さい・・・)」

 「・・・・・・・・・・・・(怒)」

 アーツとしてはちょい背が高めなのが世間一般では不評なのだが・・・

 IMGP1600_20130715182043.jpg
 ならば低く構えさせればよいのだ。

 IMGP1601_20130715182044.jpg
 棒立ちで並べるならともかく、動きをつけて絡ませれば気にならないってものさ。

 IMGP1602_20130715182045.jpg
 束になってもやられ役がはまるのは仕方ないわけで。

 IMGP1603_20130715182106.jpg
 「今日もお疲れさん!飲みにでも行くか!奢るよ!」
 「イー?」
 「イー!」


 IMGP1604_20130715182107.jpg
 「イー!(明日も頑張るかー!)」
 「イー!(次こそ勝つぞー!)」


 この齢この御時勢になると戦闘員のほうにシンパシー持っちゃうんだよねぇ。

 やっぱり複数あると楽しいなぁ。んふふふ。

プレ夏休み中。

特撮
07 /14 2013
 連休中ではありますが猛暑やら豪雨やらでお出かけしづらかった日曜日。
 ―だが在所は適度に降って適度に気温が下がって割と過ごしやすかったのだよ。

 そんなわけでおうちでまったり過ごしてたんだが。
 話題はもちろん、朝の特撮ヒーローレビュウなんだよ。


 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。何か全編楽屋オチくさいノリでお届けする新ロボ登場編。ナレーションの中の人であるシゲさん登場で何かもうあまりにも濃すぎる30分。帰還から初変形までスピーディーに展開しつつ雑な印象は無いと言うのがまた濃い。再生怪人ユニットの戦隊パロが霞むくらいの濃さ。そんなわけでまたも戦力増強成った獣電戦隊、だがそれは前半最大の山場の前振りでもあって。神官カオスの企みとドクターが宇宙で集めていた何か。その二つを伏線として、強き竜の勇者の物語も折り返し地点。


 『仮面ライダーウィザード』。久々のアンダーワールド描写を経て、『ウィザード』の「絶望と希望の物語」という構図を改めて描く。心の支えが過去から現在の自分を形成している要素ならば、それを失っても尚希望を持つと言うことはすなわちある意味の生まれ変わり。過去を忘れず、だが囚われずに生きてゆくための契機を描くのがこの物語の骨子。最近はその構図自体をひっくり返すような展開が多かっただけに今回は真っ当なEPだったように思うのだった。―そして、ようやく見えてきた白い魔法使いの意図。彼もやはり極めて私的な理由により、人ならぬ力を求めた存在なのか。彼もまた、ひとつの絶望を乗り越えて今に至る者には違いないのだろうか。「本来取り返しが付かないものを取り返す」ための力が魔法ならば。今後には聊か切ない展開が待っていそうだね。

ブラック企業に勤めているんだが僕は(以下略

玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)
07 /13 2013
 IMGP1585_20130713230659.jpg
 「イー!」


 ヒーロー番組の花・群闘シーンのある意味主役。それが「戦闘員」。
 数々の作品に登場した中でも代表的な戦闘員である『仮面ライダー』のショッカー戦闘員が、S.H.フィギュアーツで登場。

 
 IMGP1586_20130713230701.jpg
 ショッカー戦闘員もいくつかバージョンがあるが、これは最もポピュラーな所謂「骨戦闘員」。
 旧作のみならず最近の作品にもちょくちょく出現してるね。

 IMGP1587_20130713230702.jpg
 所詮はただの全身タイツなので非常に地味ではあるが。
 ベルトやブーツの金具、ファスナーなんかも丁寧に塗られていたり。

 IMGP1588.jpg
 何か目が死んでる顔。まぁこれはこれで正しい。
 身体の骨パターンは印刷だけでなくちゃんとモールドが彫られている。
 ベルトのレリーフにはシャドーが噴かれ、良好な質感。

 IMGP1589_20130713230705.jpg
 シンプルなデザインの分可動は優秀。
 相変わらず足首だけは難だなぁ。

 IMGP1590.jpg
 ククリナイフのような武器。
 片側にはショッカーマークが印刷されている。

 IMGP1591_20130713230730.jpg
 スティック状武器。

 IMGP1592_20130713230732.jpg
 ライダー1号に付属の剣を持たせても良し。

 IMGP1596.jpg
 なぜかセルメダルを持った右手も付属。
 映画『レッツゴー仮面ライダー』のワンシーンを再現可能。

 IMGP1597_20130713230755.jpg
 海藤先生にしてみたり。(流石にディエンドライバーは付属しません)

 IMGP1593_20130713230733.jpg
 IMGP1594_20130713230734.jpg
 やっぱ戦闘員はライダーにボコられてこそ花だよねぇ。

 ネタ的にも色々と使い道がありそうな一品。
 だけどやはり一人じゃ寂しいかなぁ。

放熱モード。

猫のいる生活
07 /12 2013
 この時期毎年書いてる気もするが。
 姫様の食欲がめっきり落ちてしまっている。


 IMGP1584_20130712234615.jpg
 ごはんも食べずに、一日のほとんど寝てすごしている。
 こんな風に床板の上でなるべく平べったくなって、涼を取っているのだ。

 寒いときはどこかに潜り込めばいいけど、
 暑いのはどうしようもないよね。

 せめて冷房の効いた部屋にいれば、と思うのだが、
 連れて来てもすぐ出て行ってしまう。冷房苦手らしいのだ。

 
 今夏も酷暑が続く模様。
 何とか乗り切っておくれよ。

平賀源内の大罪。

随想
07 /11 2013
 ―聞くところによると。
 ウナギがほぼ、絶滅状態なのだそうだ。


 人間が食い尽くしてしまった生き物なんて史上枚挙に暇が無かろうけれど。
 今の世となっても、割と身近で誰でも一度は口にした事があろうって生き物がそんな状態に陥るとは。

 需要の高い食材は人為的に繁殖育成するようにしてきたのが近年の人類ではあるが。
 ウナギの場合、発生・成長のメカニズムが未だに詳らかになっていないというミステリアスさ加減が仇となった。
 養殖とはいえ天然発生の稚魚を使わざるを得ず、結局天然資源の枯渇に繋がったわけだ。


 ・・・そんな現実とは裏腹に折り込みチラシなどに「もうすぐ土用の丑!」なんて宣伝文句と共に蒲焼の写真がでかでかと載るここ最近。
 何と言うか、日本人の業の深さというやつなのだろうか、ね。

季節と聴覚。

折々
07 /10 2013
 すでにうだるような暑さでもうおなかいっぱいと言う感じの今夏であるが。
 それでもひとつ、物足りない気がする。


 蝉が、鳴かないのだ。


 生まれて数年間を地中で過ごすこの昆虫はそれゆえ発生数に年周期があり、
 どうやら今年はあまり出てこない年のようだ。
 木立のある界隈を通っても、その声をあまり聞かない。

 暑さに加えあの合唱は気が滅入ることもあるが、
 無いなら無いで、少々寂しいものだ。

 それでも夕刻くらいには遠くから蜩の声が聞こえてきたりして、
 ああ、夏の知覚だなぁ、と耳を傾けても見るのだよ。

ある物は使ってみよう。

システム
07 /09 2013
 昨今あまりに多機能すぎて通常あまり使いきれていない感があるIT機器の類。

 今使ってるような安物ノートにも、HDMI端子とか付いている。
 IMGP1582_20130709235002.jpg
 最近はIT機器とAV機器も随分ボーダーレスになってきたもんだね。


 正直、入力か出力かも分からなかったりした体たらくだったりしたので、
 ためしにTVと繋いで見ることに。


 IMGP1583_20130709235004.jpg
 おー映る映る。きれいきれい。
 居間の大画面TVにも映せるなこれ。

 画面に収まるように表示するには解像度をいじらにゃならんようだが、
 これはこれで、有効な機能。

贅沢マシーンON.

折々
07 /08 2013
 灼熱列島日本にお住まいの皆様大事ありませんか。いや割と冗談抜きで。
 在住の地域でも日中の気温は35度を軽く越えやがりました。体温とほぼ同じです。押し競饅頭状態がデフォ。何でやねん。

 流石にこれは健康維持に差し障るコンディションだろうと言う気がして、
 ついにエアコンのスイッチに手が伸びてしまいました。

 多分、誰も咎めはせんだろうとは思う。そのくらいの暑さ。


 ホント年々暑さに弱くなってきてるのか、
 それとも暑さ自体が増し増しになってきてるのか。

星に願いを。

特撮
07 /07 2013
 IMGP1580_20130707233611.jpg
 「―呼んだかね?」
 「いえ呼んでません帰って下さい」

 ってなわけで今日は七夕。
 元は字の上達を願った短冊の行事が拡大解釈されて現代に至ったらしいけど。

 願いを持つと言うことはモチベーションを持つと言うこと。
 そんな正しい夢と希望を育む、今日のヒーロータイム。

 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。邪悪な意図により叶えられる願いなんてろくなモンじゃありませんよと言う最近結構お約束になりつつあるお話だったような。何か強制的に叶ってゆく願いが可笑しかった。もし「地上からデーボスがいなくなりますように」なんて願い書かれたらどうしたんだろうね。そんな悪意から叶った願いなど、本当に星が叶えてくれた願いの足元にも及ばないと言ういいお話だったわけだが。何気に本筋の複線が張られた模様もあった。深く物事を考えないキング。それは吉と出るのかそれとも。


 『仮面ライダーウィザード』。白魔とワイズマンの目的とソラの意図、そして今まで何だか捨て置かれてきた感のあるコヨミの正体に関しての事案が複雑に絡み合っていたが、お話自体は前振りで今回は特に切るところはなかったかな。状況に振り回されるばかりの魔法使いたちの様子がもどかしくもあるが、深遠なる策謀を食い破ってこそヒーローもののカタルシスもあるわけで。さて、これから始まる大魔術。現代の魔法使いたちの物語も残り2ヶ月足らず。
 

仁義無き流通。

随想
07 /06 2013
 最近、よく酒類を所謂ドラッグストアで買っている。


 …いやその。
 変なスーパーやら酒屋で買うより安く付いたりするのよ。これが。何でやねん。


 ドラッグストアがもうスーパーかコンビニと区別が付かんと言うのは前から書いてることだが、
 流通コストやらについてもその辺の上を行ってるってことなのか。
 食品なんかも安くであるみたいだし、こんなのが台頭すると本当にスーパーたまったもんじゃないな。


 しかし、まぁ。
 薬屋で酒買うってのも変な感じだな。
 身体に良くない嗜好品の代表みたいなもんなのに。それ言い出したら昨今口に入るものは何でもある程度身体によくないって言えるかも知れんけど。

 これも規制緩和と言うやつの影響なのか。
 売り物の住み分けとでも言うべきか。そういうものが曖昧になってきていることを感じずにはいられない。

こちらの経過は。

猫のいる生活
07 /05 2013
 先日お医者に見てもらった、姫様の顎の下のハゲ。

 大分目立たなくなってきたとは思う。
 IMGP1578_20130705023707.jpg
 それでもちょっと薄い感じはするけどね。


 さほど気温は高くないが、湿気のせいで不快指数は高い。
 お猫様はこんな時期どう感じておられるのか。汗なんてかかない生き物だしねぇ。
 IMGP1579_20130705023705.jpg

システムオールグリーン。

随想
07 /04 2013
 ―この歳になると毎回結構な緊張感を伴うイベント。
 それが、健康診断。

 先日職場で行われたそれの結果が戻ってきた。
 気になるその内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








 ―よし!所見なし!至って健康体!!



 同僚が軒並み再検査通知を食らってたのを踏まえたら、
 これはガッツポーズくらい取らせてもらってもいいんじゃないだろうか。


 何をするにも身体が資本。
 ホント、健康だけには気をつけたいよねぇ。

我が内なる蛇。

玩具/アクションフィギュア(その他)
07 /03 2013
 日本における元祖フィギュアである仏像と当代のアクションフィギュアが奇跡の融合を遂げた海洋堂のリボルテックタケヤ・仏像シリーズ。
 他ジャンルのフィギュアとは格調も有り難味も一味違うこのシリーズの新作に心惹かれる一品があったので、買って見たよ。

 IMGP1562_20130703022216.jpg
 リボルテックタケヤ・軍荼利明王。
 密教曼荼羅に描かれる荒ぶる仏法の守護者、五大明王の一柱がアクションフィギュア化。

 IMGP1563_20130703022217.jpg
 蛇とそれに象徴される体内の気の流れを表す梵語クンダリーニを語源に持つ、曼荼羅の南方に座す明王。
 宝生如来の教輪転身として様々な障碍を祓うとされる。

 IMGP1564_20130703022219.jpg
 青銅の肌や錆の浮いた金属器の表現、造形された仏像とも神仏そのものの表現ともつかぬ質感など、相変わらず何とも壮絶な仕上がり。

 IMGP1565_20130703022221.jpg
 三眼を見開いた憤怒の形相。目線が不安定との報告もあるが自分が引いたのでは気にならなかった。

 IMGP1566_20130703022222.jpg
 手足や腰にはその名に冠する白蛇が巻きつく。
 手首の環などと同様別パーツがはめ込まれている。

 IMGP1568_20130703022254.jpg
 多くの仏像に見られる足の親指を持ち上げた表現も再現されていたり。

 IMGP1569_20130703022255.jpg
 8本もの腕が須く動いて作り出す表情の豊かなこと。
 余分な手首パーツは付いていないが、手首はいずれの腕にも付け替えることが可能。

 IMGP1570_20130703022257.jpg
 付け根の特殊な接続法と腰周りの分割により、下半身も意外なほど良く動く。

 IMGP1567_20130703022252.jpg
 後背輪も2重リボジョイントで可動。

 絵図や彫像にも描かれている宝具も付属。
 IMGP1571_20130703022259.jpg
 矛。穂先を外して持ち手に通す。

 IMGP1572_20130703022331.jpg
 三鈷杵。これも分割して持ち手に通す。

 IMGP1573.jpg
 鉤。これは柄頭を外して持たせることが出来る。

 IMGP1574_20130703022334.jpg
 輪宝。これは専用の手首に何となく挟むようにもたせる。
 いずれもやはり錆の噴いた金銅のような質感がすばらしい。

 IMGP1575_20130703022401.jpg
 全装備。
 こういうレイアウトで持つようになってるみたいだね。

 IMGP1576_20130703022403.jpg
 これも良く描かれている、二つの蓮の花を模した台座が付属。
 蓮の花はそれぞれリボジョイントで可動する。

 IMGP1577_20130703022404.jpg
 蓮の上で片脚を挙げたポーズを取るのがデフォのようだ。

 可動部が非常に多い分、大変に弄り甲斐のあるアイテム。
 聊か罰当たりかもしれないが、仏像の格好良さとプレイバリューを兼ね備えた逸品。
 

よく出来たほう。

味覚
07 /02 2013
 というわけで畑のジャガイモは失敗した今夏であるが。
 それでも初夏の実りが豊かだったのは世間一般的には明らかなわけで。

 そんなわけで。
 そんな実りの代表的なものを、此度頂いたのだ。

 IMGP1561_20130702020235.jpg
 梅である。
 場所によってはたわわを通り越して枝が折れるほどに生ったとのこと。

 非常に大粒で、よく熟れている。
 甘く爽やかな香りが強く、このままでは食べられないとは到底信じがたい。


 梅干に漬けてもよかろうが、
 コレは砂糖漬けにして、シロップで頂くとしよう。楽しみ楽しみ。

A.V.S.&ドラティア

 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら