共謀空間FC

Archive page< - 2013年06月

Archive2013年06月 1/1

男が一回り大きくなる時。

 まぁ、いい大人になってからでもヒーロー番組なんか見続けてると、 色々穿った見方をしてしまうのも仕方ないわけだが。 こういう番組の「本来のターゲット」である子供たちはリアルタイムでどういう風に見ているのか。 それを窺い知ることはもう出来ないのかも知れない。 そんな無常観をかみ締めつつ。 今年前半最後のヒーロータイムレビュウ。  『獣電戦隊キョウリュウジャー』。過保護甘えん坊少年がちょっとだけ逞しく...

  • Comment 0
  • Trackback 0

何かが地球に起きるとき。

  タロウ!ウルトラマンNo.6! ウルトラシリーズのキャラクターをアクションフィギュア化する「ULTRA-ACT」シリーズ。 今月の新作はウルトラ兄弟6人目である、このウルトラマンタロウである。  ウルトラの母の導きを受けた青年、東光太郎と一体化して戦うウルトラマン。 ウルトラの父、母の実子で最強クラスの実力を持つウルトラマンとされるが、当初は経験不足から兄たちの力を借りることも多かった。 しかし地球での戦い...

  • Comment 0
  • Trackback 0

横顔美人。

 特にトピックのない日には、 姫様にお願いするのだ。  姫様は結構シュッとした顔立ちをされておられるが、 この、鼻の下口の上部分が「もこっ」って大きくなった猫っているよね。 ちょっと「見目麗しい」って感じではないが、あれはあれで愛嬌のある顔つきよね。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

漆黒の闖入者。

 ―先日のことである。 夜中PCに向かいチャットなどに興じていると、何処からとも無くがさごそという怪しい物音。 何事か、と思っていると、押入れの戸の隙間から異形のものが這い出し、部屋の中を飛び回り始めたのだ。 阿鼻叫喚の様相を成す深夜の個室。 その正体は、といえば―  コウモリ。 人家の屋根裏などにも住み着く、アブラコウモリと言う種類の小さい奴が、部屋に迷い込んできたのだ。  しばし部屋中追っかけっこ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

孤高のケイローン。

  「プレゼンターに会うのは、この私だ」 『仮面ライダーフォーゼ』に登場する悪しき星空の使徒・ゾディアーツ。 その頂点に君臨するホロスコープスの帝王、サジタリウス・ゾディアーツがS.H.フィギュアーツに登場。 これも魂web限定品である。  ゾディアーツ最強究極の力を持つホロスコープス射手座の使徒。 正体はホロスコープスの主宰にして天の川学園理事長、我望光明その人である。  さすがラスボス、凄まじいまで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お前にフィナーレはない。

  「俺は不死身の、フェニックス様だ!」 S,H,フィギュアーツシリーズに、『仮面ライダーウィザード』に登場する絶望の魔物ファントムがラインナップ。 第1弾は前半の強敵、フェニックスファントム。 魂web通販限定商品である。  ユウゴと言う青年をゲートとして生まれたファントム。 地獄の業火を自在に操る力と、倒されてもより力を増して復活する不死身の身体を持つ難敵。 性格は暴虐無比な戦闘狂で、やがてワイズマン...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ピンチはチャンス。

  <L・I・O・N!!ライオーン!!> 仮面ライダーウィザード・操真晴人の自称宿命のライバル。 「古の魔法使い」仁藤攻介こと仮面ライダービーストが、S.H.フィギュアーツで登場。  考古学科の大学生・仁藤が遺跡で発見したビーストドライバーと指輪で変身。 「アーキタイプ」と呼ばれる古い形態の魔法使いで、体内に宿すファントム・キマイラの力で強大な戦闘能力を発揮する一方、ファントムを倒し「食う」ことで魔力を補...

  • Comment 0
  • Trackback 0

くじけない心。

 ・・・ふぅ。やはり日曜の朝はヒーロータイムがないとねぇ。 何と言うか、新しい週が始まった気がしない。 そんなわけで2週間の御無沙汰。恒例レビュー行ってみよう。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。「弱点がないのが弱点」という、歴代稀に見る攻略の難しい問題を突きつけられた赤いキングの人、最後の修行編。一人で何でも出来てしまうというのはつまり自分以外何もいらないと言外にしているようなもの。それゆえ一人で...

  • Comment 0
  • Trackback 0

名前のない怪物。

  「修正が必要になった・・・」 S.H.フィギュアーツの中でも格別の完成度を期してリリースされている『仮面ライダー龍騎』シリーズに、 「13番目のライダー」、仮面ライダーオーディンが登場。  ライダーバトルの主催者、神崎士郎の代行者としてバトルを管理する「安全装置」にして「最終関門」。 そのために最強クラスの戦闘能力と特殊なアドベントカードを持つ。 特定の人間が変身する存在ではないらしい。  造形・塗...

  • Comment 0
  • Trackback 0

湾岸の神の正体。

 某日本海沿岸の原発について、 その真下に活断層が通っている疑いがあるとして、廃炉の可能性が持ち上がっていると言うことは、周知の事実。 そしてそれに対し、 地元住民から抗議の声が上がっていると言う報道を聞いた。 「地域経済の理由上廃炉は困る」「不確定な情報で勝手なことを言うな規制委お前らにそんなことを決める権利はない」「もっと地域の気持ちに寄り添ってくれ」等々。 ―当地の人々にとっては間違いなく死...

  • Comment 0
  • Trackback 0

実りの夏。

 知人からね、ビワを頂いたのよ。  この春は花も多かったが、その上この時期実る果実も豊作だとの事だ。 ビワも例年にない豊作で、品質も良好。 ビワといえばこの大きさにもかかわらず果肉が薄く種が大きい。 よって切り分けるのにも向かず、食べ方といえば皮を剥いてそのままかじり付くしかない。 茶席の水菓子に出されて、客が困り果てたと言うエピソードもあったらしい。 だがそういう聊か下品な食い方に相反して、その...

  • Comment 0
  • Trackback 0

不愉快な奴など何処にでもいる。

 ―思うままに振舞っていながら、 それでいて他人に嫌われない人間って、いると思う? ヒトと言うのは個体ごとの自我が進みすぎた生き物だ。 それでいて大勢寄り集まって生活するのを是とする自称「社会性動物」。  言語程度でコミュニケーションをとるしかないこの生物は、 自然他者との関係性を手探り合い妥協点を模索しつつ形成するしかないわけで。 それが上手くいくとは往々にして限らない。 どんな人とも良好な関係...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ちょっとした異変。

  かきかき。 暑い中でも悠々自適にお過ごしの姫様ではあるが。 ブラッシング中顎の下に毛が禿げている部分を発見。 ちょっと触って見るとかさぶたの様な感触。 ことさらに痒がったりはしないが、触られるのも嫌がる様子。 皮膚病やら腫瘍とかだったら大変なので、 とるものもとりあえずお医者へGo。 ―診察の結果。 カビによる皮膚病やストレス性の脱毛などではないが、かさぶたに少々雑菌が入っているとの事。 消毒と...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれと言うほどでもない。 (頭が硬いのでござる編)

 『獣電戦隊キョウリュウジャー』に登場するロボの最大のギミック、カミツキ合体をお手軽に再現できる(のだけがもはや唯一の取り得の)ミニプラシリーズに、新たな獣電竜がラインナップ。 2号ロボであるプテライデンオーを構成するプテラゴードンと、目下懸案中のブンパッキーだ。   例によって二箱構成のプテラゴードン。  やや隙間が目立つものの綺麗なカイト型にまとまっている。 この状態で可動はほぼ皆無。飛び姿勢...

  • Comment 0
  • Trackback 0

恒例ならず。

 いやぁ!今日放映のキョウリュウジャーとウィザードは凄かったね! 最近割と大人し目の展開が多いと思ってて油断してたらアレだもの!! キョウリュウジャーの新たな特訓法がまさか麻雀だとは思わなかったし! 晴人の骨格が音を立てて変わってゆくシーンなんて手に汗握ったしね!! いやほんと、どちらも来週が待ち遠しくてたまらないよ!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ちくしょう・...

  • Comment 0
  • Trackback 0

evenとfair。

 ―まぁ、ごく安直な、たとえ話。 ここにAさんとBさんという人がいる。 Aさんは毎日毎日出勤して朝から晩まで汗水たらして働いている。 一方、Bさんのほうは専ら家に篭って仕事らしいことはほとんどしていない。 そんな二人に、 政府が毎日パンを支給すると言ってくる。 二人とも、毎日2個ずつ。 するとAさんが文句をつける。 「一生懸命働いてる俺と働いてないあいつが同じ数なんておかしい。不公平だ」 それでは、と ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

毒を吐くのも休み休み。

 ―えと。すみません。 今日はまたまた噴出したtwitterってやつのひと悶着に言及した時事ネタを書こうかと思っていたんだけれど。 あまりに眠い上モチベーションも上がらんのでやめにしておく。あまり愉快な話題でもないしね。 まぁ、ひとつだけ言うとしたら。 他人様を悪し様に罵るのって何事にも増して気持ちの良いことなんだろうな、と。 顔を隠すことで逆に本性をさらけ出すとは、全くもって人とは度し難い。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

梅雨はどこへ行った。

 ・・・暑いねぇ。 もはや夏本番ではないかとも思える暑さ。 雨も降らないのに、湿気が高いのが余計にきつい。 入梅は間違い、とか言い出して久しいが、 じゃあいつから梅雨になるのか。 梅雨寒でも今は恋しいよ。 こう暑いとね。 姫様の根姿がだらしなくなるのよ。  寒い時分の猫プロテクションがすっかり解け、展開放熱モードに。 猫の姿勢や行動も、気候や季節を計る目安だねぇ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

当たり年。

 最近やたらと花をネタに記事を書いているが。 それだけ、今年の春から初夏は花が目に付くのよ。 大量に咲くし、あまり咲かない花もよく咲くし。 近年はあまり咲かなかったデンシフローラムにも、 今年は大量に花序が付いている。  そして開花。  あまりに花にまつわる記事が増えたので、 近々独立したカテゴリにまとめる予定。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

最近の日課。

 フラッシュのフリーゲームサイトを以前紹介したと思うが。 そこの「漢字テスト」と「英語クロスワード」を毎日ワンセットやっている。 こんなものでも多少は頭の体操になってるのかなぁ、とか思いつつ。 やはりね。「空欄を埋める作業」ってのは快感なのよ。ピシッとはまると気持ちいいじゃないか。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ハードウェアチェック。

 ―何か健康診断って今時分にやってるってイメージがあるが、 やはり、比較的穏やかな時期にやるのが適切なのかね。 ・・・さて。 口を開けば不健康自慢ばかりする人などいくらでもいるが、 我はと言えば、診断では毎回結構良好な成績を出している。 殊更に健康に気を配っているつもりもない。 だがまぁ、あえて身体を壊すようなこともしていないつもりだ。 食い物はなるべくは偏らないように。酒は嗜む程度。煙草は吸わな...

  • Comment 0
  • Trackback 0

恒例・最強の敵襲来。

 ―ああ。すっかり忘れてたよ。 いつもいつもいつもいつもこの時期にはおじさんの棒振り番組を早朝から垂れ流して日曜朝の楽しみ枠を潰してしまう慣例があるんだったな。 その手の番組を押しのけてやると言うことは圧倒的に支持されていると言うことなのかもだけど。 釈然としないのは、見識が狭いだけなのかねぇ。 そんなお休みを来週に控えた今週の日曜恒例・ヒーロータイム。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。新たな力導入...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮る無かれ。(強襲王国編)

 ―玩具模型そこそこ好きなことでお馴染みの共謀空間さんであるが。 何となく、最大級にメジャーなのにほとんど手を出していないコンテンツがある。 そう、『ガンダム』系だ。 ガンプラを代表する各種アイテムが非常に良くできていることは知っているが、 何となく、今更手を出す気にはなれないのだ。理由は特にないが。 ―さて。 食玩コーナーにも『ガンダム』関連のものはいくつか見受けられるが、 最近話題なのがやはり『...

  • Comment 0
  • Trackback 0

不機嫌な貴婦人の上機嫌。

 シンビジウムは毎年春先見事に咲くが、 一方でステムが伸びるだけでなかなか咲かなかった蘭が、今年は見事な花をつけた。  デンドロビウムである。 何か数年分が一気に開花したような賑やかさ。 何か今年の冬明けは花が多い気がするなぁ。コレも気候変動の影響か。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

御近所さん。

  ―特にトピックもないので。 庭先でおくつろぎ中の「お母さん」を1枚。   以前は正直近隣を猫がうろつくのにはあまりいい感情を持てなかったものだが、 家で猫が暮らすようになると、他所の猫に対する意識も結構劇的に変わってしまった。 何と言うか、外で猫に会うと意味も無く嬉しくなるよね。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

初夏でも収穫。

 冬場から春先にかけて植え込んだ野菜類が、実りの夏を迎えている。 今回豊作だったのが―  タマネギ。 赤いのもあわせて100個以上出来たよ。これで当分は戦える。  (何と これを横にスパッと切ってオリーブ油を少々。ベーコンとチーズを乗っけてレンジでチンすれば―  お手軽に一品完成。 タマネギの香りと甘味が食欲をそそるのであるよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

それをすてるなんてとんでもない。

 世の玩具・模型好きの御歴々は、 玩具の「パッケージ」ってどうされているだろうか。 すぐに捨ててしまう、と言う方も多いだろうが、 何となく捨てがたいという人もいらっしゃることだろう。 ちなみに自分は圧倒的に後者である。 パケも商品の一部だと思うし。 オプションの多い玩具はパケに詰めなおしたほうが整理もしやすいし。 模型なんかはパッケージアートが美麗なものも多いし。 何かがさっと捨ててしまうなんて、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

揃ってきたので並べてみる。(その1)

 ―まぁ、表題どおり。 後片付けが面倒なので正直やりたくはないが。  『アルティメイタム』で走ってた連中。(バースは見切れた)  ・・・しかし、正直コレはないよな。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

過去からは逃げられない。

 ―何やら「入梅は間違い」なんていう話も持ち上がってるらしいやねぇ。 しっかりしろ気象庁、とか思わなくもないが反面どうでもいいやって気もするんだよね。 そんないつもの時節の挨拶なんかかましつつも。 日曜恒例・ヒーロータイムレビュウなんだよ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。黒の人イアン、割とあっさり過去の呪縛を振り切るのお話。復讐の怨念というドロドロしたものも軽く流してしまうあたりもストレスレスな番...

  • Comment 0
  • Trackback 0

好きなもの色々。

  猫のモミモミ攻撃は定番だが、 人の身体とは無関係なところのマイヤー毛布にも仕掛ける事が。 どうやら感触がいいみたいだねぇ。 最近の姫様は何だか妙に甘えたがり。 人の顔を覗き込んでなにやら訴えるように啼くことしきり。 あんまり構ってもらってない、って思いがあるのかねぇ。 とある作家がエッセイに書いていたが、 「猫は言葉無く、しかし非常に雄弁に語る」とか。 姫様もたくさんたくさんのことを語っている...

  • Comment 0
  • Trackback 0