Post image

けぶる初夏の色。

 梅雨の晴れ間。お庭に出て見ると、 「京鹿子」が開花していたので。  バラ科の多年草。鹿の子模様のごときぽつぽつとした花が特徴。 栽培種は普通に見られるが、野生種は絶滅危惧らしい。  わけあってちょっと思い入れある花なんだよね。 派手ではないが、可憐ではないか。...

湿度加速。

 ―気付けば水無月に入る前にもう入梅だよ。 気候のいい時期を感じる間もなく、日本は一年で最も過ごしにくい季節を迎える。 湿気の高さで生理的心理的にモヤモヤするのもさることながら、 この「じっとしていると肌寒いのに、動くと汗が噴出す」梅雨寒感が何とも厄介。 夏風邪の元にもなるんじゃないかなぁ。 ―梅雨が明けたら明けたで。 また溶けるほどに暑い夏がやってくるのだろうか。...

Post image

操魔の鞍。

 <コネクト><プリーズ>  (エフェクトセットは買っていません) 最近結構コンスタントにリリースされているS.H.フィギュアーツ用バイク。 『仮面ライダーウィザード』のバイク、マシンウインガーも順当に登場。  指輪の魔法使いウィザードの機動力を担うマジックアイテム。 アンダーワールドにも持ち込む事が可能で、ファントム・ウィザードラゴンをコントロールする制御装置に変形。  オフローダーをベースにしたス...

Post image

鉄より強く、音より早い。

  セタップ! S.H.フィギュアーツ昭和ライダーシリーズに、 5号ライダー、仮面ライダーXがついに登場。  謎の巨大組織・GOD機関の凶弾に斃れた神敬介が、父の手により深海開発用改造人間カイゾーグとして蘇った姿。  昭和ライダーアーツの常としてスーツ感の再現を追及した造形。 赤い塗装が剥げやすいので取り扱いにはちと注意せねばならない。  銀の仮面に黒マフラー。額に輝くVとV。結構特徴的な形状のXマスクを忠実...

Post image

陽気に口笛吹いて♪

  所謂ビジュアル系四コマ誌の覇者、まんがタイムきらら各誌。 その看板作品のひとつ、蒼樹うめ原作『ひだまりスケッチ』の主人公・ゆのが満を持してfigmaにてアクションフィギュア化。  私立やまぶき高校正門向かいに立つ学生アパート・ひだまり荘201号室の住人でやまぶき高校美術科所属。 ちょっと天然入ったぽやぽや少女だが努力家で何事にも一生懸命。 下手すると●学生に間違えられる幼い外見がコンプレックスだが、おか...

天は自ら助くる者を。

 むぁ!蚊だ!もう蚊が刺し始めている! 蚊は春先にはすでにいるんだよ。ある程度気温が上がると産卵準備のため血を吸い始めるんだよ。これ豆知識。 あまり嬉しくない季節の便りを文字通り肌で感じつつ。 日曜恒例・特撮ヒーローレビュウ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。昔の夢の叶え方、をテーマにした、中々に真面目で深いお話。その夢の始まりが高尚なものであるほどにその進む道はどんどん誤った方向に向かってゆくも...

Post image

父の背中。

  そこに宇宙の平和をかけて。 ウルトラシリーズのキャラクターをアクションフィギュア化するULTRA-ACTシリーズ。 今月の新作は宇宙警備隊の大隊長・ウルトラの父である。  『ウルトラマンA』において、ヒッポリト星人の前に全滅したウルトラ5兄弟を救うべく初めて地球に飛来。 その際力尽き倒れてしまうが、後にサンタクロースの姿を借りて復活。地球におけるクリスマスに新たな意味を付加することになる。 強く、厳しく...

朗報。(超個人的)

 「連休後で仕事溜まってるから休日も出勤してね♪」            ↓ 「でもあんまり手当払いたくねぇ」          ↓ 「じゃあ出勤するのは最低限人数でいいや♪♪」 ・・・・・・そんなわけで。 今週末の休日出勤はなくなりました。 日曜に休めるのは一般的には当然なのに、 なんか得した気分になるのが、ちょっと哀しい。 そして、 職場の温情でもなんでもなく、 ただの打算に過ぎないってのもやっぱ...

Post image

成長点の味わい。

 この時期、文字通り「目に見えて」伸びる野菜がある。 ―そう。 アスパラガス。  こう見えて多年草。 地中に驚くほどに根を張り、 毎年初夏頃に茎を伸ばしてゆく。 若芽と言うものは最も成長の早い部位だが、 こいつはまさしく一日で括目せねばならぬほど伸びる。 味わいやら口ざわりには少々癖があるが、 何と言うか、すごくパワーをもらえそうな食材だと思わんかね?...

極端気候。

  ストーブを 仕舞わぬ先の 夏日かな (―これじゃ季語二つか) ―そんなわけで。 上旬まだまだ暖房の火が絶やせないとか思っていたら、 幾許もしないうちに連日の日中30度越え。 もう真夏だよコレ!! まだ朝夕は涼しさが残るのだが。 一日の温度差が大きいのもしんどいわね。 来週からはそろそろ梅雨の声も聞こえ始めるというが、 そうなったら気温はともかく湿度が上がりまくるんだろうなぁ・・・ 先週までのからっ...

Post image

ナイトレイド。

 ―ぬぅ。 ああいや失礼。 ついほんのさっきまで姫様の脱走騒ぎがあったもんで。 ちょっと空いていた2階の窓から抜け出したらしかったのだな。 もうとっぷりと暮れた後。探すのは難しいと悩んでいたのだが― どうやら出たはいいが屋根から下りられず、屋根の上をうろうろしていたらしい。 どうにか抜け出した窓からまた家の中に追い込むことに成功。  その後も少し興奮気味に、家中走り回っていたのだった。 箱入り娘のヘ...

Post image

許されるはずもないPeace&Love。

 ―軟弱な男ばかりが氾濫する昨今。 宇宙最強のタフガイが、僕らの前に戻ってきた。  寺沢武一氏の描く日本のスペースオペラコミックの最高峰・『コブラ』。 その主人公である不死身の男・コブラがfigmaで登場。  タートル号で宇宙を駆け巡る一匹狼の宇宙海賊。 銀河の暗部を牛耳る海賊ギルドから身を隠すため顔を変え記憶を消して冴えないサラリーマンとして生活していたが、ひょんなことから記憶を取り戻し、再び冒険と闘...

愛と法規の鞭。

 いやいやいや。 半ばあきらめていた事が思いもかけず叶うってやっぱり嬉しいもんだねぇ。詳述はしないけど。 まぁそれはさておき。 日曜は例によって、ヒーロータイムレビュウなのだよ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。実は意外に珍しいはねっかえりお嬢様系戦隊ヒロイン、アミィと苦労性の執事ジェントルのお話。令嬢と言うには少々ガサツなアミィをちゃんと躾けたいと思うのは偏に愛故なのだろうけれど、それが怪物と同...

Post image

諸行無常。

 ―昨日の記事を書くために、 久し振りにフィギュアーツ・ファイズを取り出してみたら。 顔の赤いラインの退色がかなり進んでいることに気付く。  結構切ない、と某所のチャットで愚痴っていたら。 「ハイパーカブトの手首なんかもヤバいよ」って意見が出る。 ま、まさか・・・・・・  うわぁぁぁぁぁマジだぁぁぁぁぁぁ!! 時の流れはどうにもならんとはいえ、コレはちょっと凹むレベル。 何かの塗料でリタッチすべき...

Post image

破壊の色彩。

 ―平成仮面ライダー見返して見ると、 「赤」「黒」「銀」の3色で構成されているものが妙に多いことに気付く。  こういう「戦闘」をメインに据えた作品のキャラクターには、 やはり戦闘的なイメージを盛り込むことが商業的にも狙いになっている、と聞く。 名前などでもそうで、 特に「ガ」行の発音は相手の首を締め上げるときに出る声のイメージで攻撃的なため、よく使われるのだとか。 赤は火と血の色。黒は闇の色。そして...

下世話人間。

 ―あまり楽しい話じゃないとは思いつつ。 つい取り上げてしまうのが時事、それも政治関連のお話。  ・・・まぁ、今回の話題を政治関連と言っていいのかどうか分からんが。 ともあれ。 昨今物議を醸してる某タレント弁護士上がり子沢山市長の従軍慰安婦だの米兵性犯罪だのにまつわる発言であるわけだが。 敢えて明け透けな物言いをすることで衆目を集めると言うのはいかにもタレント上がりらしいかな、とは思うわけだ。 兵...

Post image

御寝所流浪。

 ついこの間までいつまでも寒いなぁとか言ってたのに。 急に日中は30℃を越えるような夏日がやってくるようになって。 やはり何かと、しんどい時期だわね。 さて。うちで一番気候の変化に敏感なのはやはり姫様。 人の寝床に潜り込むのがデフォだった姫様が、急に一晩何処にいるのかわからなくなった。 どちらにおいでかと探して見れば。  押入れの中の座布団の上にいらっしゃいましたり。 まぁ。自分で居心地のいい場所探...

まずは名刺をよこせ。

 ―まぁ、時々さぁ。 PIXIVとか、覗いたりするんだよね。 商業的プロとか野生のプロとかの美麗なイラストが閲覧できるし。 ・・・でもね、特に最近。 やたら登録しろ登録しろってうるさいんだよね。 画面にその旨のポップが出るんで、じゃまっけな事この上ない。 なぜか自分は、 登録とかサインインとかいうのをあんまりやりたくない性癖があるので、 こういうの見ると醒めちゃうんだよね。 未だに所謂SNSの類に全く手を...

軽い絶望感。

 ―やっても詮無いと思いつつも、 つい漏れてしまうのが、仕事の愚痴。 そんなわけで、薄々そうなんじゃないかとは思ってたけど休日出勤のオンパレード。 普通なら休めるはずの日に休めない、ってのは疲労感半端ないよな。心理的に。  少々息苦しささえ覚えつつも、 逃げ出すことも出来ずにいるのだった。...

繋がりと断絶と。

 ああ。ようやく安定して温かくなってきたのかな。 本来の意味とは違うかもだが穏やかな五月晴れだった日曜日。恒例・ヒーロータイムレビュウ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。実は歴代でも世代差の幅が広い戦隊である今作。高校生のソウジを中心にした甘酸っぱい青春物語。純情少女の恋心の後押しにお節介を焼くお話だが、プレイボーイと素ボケ侍の援護じゃ上手くいかないのは目に見えてると言うか。それでも戦隊が「チーム...

Post image

偉大なる先達。

 「装着変身」といえば。 今から10数年前。バンダイのキャラクター玩具の中で所謂「ボーイズトイ」と「ハイターゲット向けアクションフィギュア」の区分が未だ成されていなかった頃スタートした玩具ジャンルである。 当時放映されていた『仮面ライダークウガ』『仮面ライダーアギト』におけるライダーのフォームチェンジを外装パーツの付け替えで再現する「男の子向けの着せ替え人形」であり、外装の付け外しに重きを置き各部関...

Post image

5月の花。

  何だかやたらかたまって咲いた今年のカミツレ。 こんばんは。季節の花々を愛でる似非ボタニカルブログ、共謀空間です。 この時期お庭で見られる花をご覧あれ。  鯉幟の季節に矢車草とは出来すぎだとは思わんか。  純白のカラーは清楚な佇まい。  そして牡丹と並ぶ麗人花、芍薬のターンだ!!...

Post image

必然贅沢。

 ―いやね。まだ連休の話するのもアレかもしれないけどね。 今年はいつも猫連れて帰ってくる一退の姉がね、都合で帰省できなかったのよ。 ・・・・・・するとだ。 客用にしていた取って置きのビールを消費する機会がなくなってしまうわけなのよね。 実は正月からの買い置きなので、 うかうかしてると消費期限を過ぎてしまう。  だからね。 一人で飲んでしまうのも、致し方ないことなんだよね。  うん。コレは仕方ない、...

何も起きず、起きるはずも無く。

 ―特に書くこともないので。 今期放映されてるアニメの話でもするか。 珍しくオリジナルロボアニメが3作も放映されてたり、 ラノベ原作アニメが好評だったりとなかなかに話題の豊富な今期。 だが今回ここで取り上げるのはそれらではない。 お題は『ゆゆ式』。 今期の所謂「きらら枠」。ヴィジュアル系四コマ原作のアニメ化だ。 原作既読だが。 正直最初聞いたときは「あんなもんアニメにしてどーするんだ」としか思えな...

てなわけで今日から通常営業。

 ―あー。 終わっちゃったねー。連休。 カレンダー的に今年はほぼ絶望視してたのだが思いがけず4連休もらえて、 実はちょっぴり困惑してたりもしてたんだが。 そんなお休みの有意義な使い方といえば― そう。 部屋の掃除。 困ったことにこんな気候のいい時期の余暇と言うのは、 遊ぶとか、どっか出かけるとかよりも普段中々出来ない家のことやるのにうってつけだったりするんだな。 そんな感じで我がとても人には見せられ...

Post image

城と白磁と蕎麦の町へ。

 穏やかに晴れた連休最終日。 家に篭ってるのはもったいない、と言われ、 近場ではあるがちょっと出かけることにした。 行き先はこちら。  この櫓「辰鼓楼」がシンボルの町。 兵庫県豊岡市出石町である。 「但馬の小京都」などと称される城下町。 かの桂小五郎が動乱期潜伏し、また現在の大河ドラマヒロインの元旦那である川崎尚之介の出身地として幕末ファンにも最近話題らしい町だ。  小京都とはちと驕り過ぎと言う気...

男の子の日。

 連休もラス前。端午の節句。立夏。 連休は夏の入り口。だがどうも昨今朝夕冷え込むねぇ。 そんな時節の挨拶から始まる日曜日。 恒例・ヒーロータイムレビュウ。 『獣電戦隊キョウリュウジャー』。「強力な追加戦士に抱かれるイメージ」を完全に逆手に取ったうっちー、引っ張り過ぎることなく真の仲間入り。思えばこんなことになったのは偏に亡き主君そっくりなキングの人に対しどう接していいか分からなかったから。アミィの...

タナボタ無駄遣い。

 こんばんは。共謀空間の連休なんてないと思っていたほう、ドラティアです。 実は直前に金曜から月曜まで休みになることが決まり、思いがけず4連休をいただいてしまったり。 ・・・・・・そしてそのうち一日を半分寝て過ごしちゃったよ!! うわぁ。夜勤明けでもないのに昼前まで寝てるなんて久し振りにやっちゃったよ。 やはりそう簡単に生活リズムって変えられんなぁ。そんなスイッチ入れたり切ったりするみたいに寝起き出...

Post image

常連さんいらっしゃい。

 連休後半の穏やかな昼下がり。 姉のところに行った子達の親猫、通称「お母さん」が姿を見せたので1枚。  御近所の「猫共済」で避妊を受けて以来太ったんだろうけれど、 何か妙に足が短くなったように見えて何ともかんとも。可愛らしいんだけどね。  お庭の監視者に緊張走る。...

矜持と鬱屈。

 ―政治屋の暴言失言が取り沙汰されることなど珍しいことではなくなっている昨今。 某国際運動大会誘致に関し誘致競争相手都市を貶めるとも取れる発言が飛び出して物議を醸しているのは周知の事実。 前にも書いたと思うが。 失言と言う奴は。「心にもないこと」では決してありえないものではある。 「体裁だけ整えとけばOK、みたいな?」という国民性だか社会性だかに基づく「無難の堤」に開いた小さな穴からちろりと漏れた「...