共謀空間FC

Archive page< - 2012年07月

Archive2012年07月 1/2

私は私の正義で動く。

  「タナトスの声を聞け」 劇場版公開も間近のアニメ『TIGER&BUNNY』に登場するヒーローたち。 S.H.フィギュアーツで6番目に登場したのは狂気のダークヒーロー、ルナティック。  超高温の青い炎で犯罪者を焼き尽くす謎のNEXT能力者。 その正体はヒーローたちの行動を法的にサポートする管理官にしてシュテンビルトの若き敏腕裁判官、ユーリ・ペトロフ。  先ずは基本のマント姿から。パール塗装が美しい。 前後を合わせ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

Crimax Jump!2012

  「やっぱ俺が決めなきゃ始まらねぇだろうが!変身!!」 <SWORD FORM>  「俺、アーツで参上!!」 ・・・とまぁ。 恐らくは現在の平成ライダーシリーズの方向性をある程度決定付けたと思える『仮面ライダー電王』。 S.H.フィギュアーツ黎明期からいくつかリリースされてきている『電王』キャラから、ようやくにして基本形態とも言うべき仮面ライダー電王・ソードフォームが登場。  野上良太郎にイマジン・モモタロスが憑...

  • Comment 0
  • Trackback 0

割を食うのもいつものこと。

 そんなわけで。 熱帯夜以上に日本の夜を熱くしている(時差的な意味で)倫敦世界大運動会。 それ関連の特番により、 本日は『仮面ライダーフォーゼ』はお休み。 日曜恒例特撮レビューは『特命戦隊ゴーバスターズ』のみである。 さて。新戦士にして先輩キャラ・陣マサトと最初の3人との絡みを描いてきた最近の『ゴーバスターズ』であるが。今回絡むのは最年少のヨーコ。ほぼ物心付いた頃からヴァグラスとの戦いを宿命付けら...

  • Comment 0
  • Trackback 0

祭典序曲。

 ―今日は別の記事を書こうと思っていたんだが。 やはりまぁ、四年に一度のことなので。今朝方開幕した世界大運動会に関して。 金まみれのコマーシャリンピック、などという揶揄の声も聞こえ始めたのはアトランタの頃からだったか。 今回もまた。多大な費用と人手と手間暇をふんだんに用いた壮大なオープニング・イベントが繰り広げられた。 だがまぁ。世界最大級のイベントである。そのセレモニーも世界最大級であってもいいん...

  • Comment 0
  • Trackback 0

光の国から僕らのために。(Spec2)

  バンダイのキャラクターアクションフィギュアシリーズの中でもカテゴリ内進化の目覚しい「ULTRA-ACT」シリーズ。 今回、その最初のアイテムであった初代ウルトラマンが2年の歳月を経てリニューアルリリース。 製作者の深い愛を感じるこのシリーズ、その溢れる愛により全面的にリニューアル。  ガイア以降のマッシヴなプロポーションを継承しつつ、シンプルなシルエットでスマートなイメージ。  質感もちょっと安っぽか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

カテゴライズシフト。

 周知の通り。 4年に一度の夏季世界大運動会が開幕寸前。 それに先駆けた女子サッカー予選第一戦白星で沸き返る日本列島なわけだが。 まぁ根が捻くれているもんだからこういう時期にはこの沸き返りっぷりにちょいと引いてしまう嫌なやつだったりもする。 古代オリンピアは神に奉納するための一種の神事。 現代オリンピックは金の神に奉納する経済行事だなんて身もフタも無い物言いもするつもりは無い。してるけど。 何度か...

  • Comment 0
  • Trackback 0

環境非対応。

 「今夏一番の暑さ」のバッケンレコードを日々更新し続ける今日この頃。 皆様いかがお過ごしですか。ボクは煮えてます。おいしくなさそうに。  しかも今週は夜勤なので。 どうにか涼しくなる時間帯には起きて仕事をせねばならず。 暑い最中に寝なきゃならんと言う。 安眠するためには文明の利器を使わざるを得ない。 寒さはともかく。暑さはそうせねば凌ぎ難いし身体にもよろしくない。 電気代が勿体無いとか。 かまわね...

  • Comment 0
  • Trackback 0

朦朧。

 この時期は我が家の姫様にとってちょっぴり受難の日。 猫三種混合ワクチン接種の時期である。 病院に連れてゆかれてチクリ。 それ自体は何てことなくすぐ済むのだが。 その後、ちょっと熱っぽくなって元気が無くなることがある。 だが今回は接種を受けた直後は全く何事も無く過ごし、食欲もある。 今年は大丈夫かな、と思っていたら。  一夜明けてからやはり熱っぽくなり、表情もぼんやりしている。 何か遅れて出るよう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

初挑戦の成果(文字通りの)。

 今年は初めて畑で小玉スイカを作ってみた、と言うことを先日書いた。 さて。アレはその後どうなったかと言うと・・・  このサイズ。 合計9個ほど収穫できた。 ―しかし。 一番大きなのが右程度のもので、これがたったの1個。 残りは左の大きさがせいぜいで、この程度成長したところで葉や茎が萎びてしまった。 何か間違ったかなぁ。むぅ。 ちなみに食べてみると。 意外に甘く、ちゃんとスイカだった。 ・・・・・・このサイズ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ブレイクダウン・イノセンス。

 ・・・・・・はっっ!! 気付けば先週は完全に玩具紹介ウィークになってた!!(今更 そんなこんなしているうち大暑も過ぎ、世間は夏休みに突入。 世界大運動会の開幕も近い昨今。日曜恒例・特撮ヒーローレビュウ。 『特命戦隊ゴーバスターズ』。近年は意外と見かけなかった、ヒーローに憧れる嘘吐き少年のお話。世間に認知されているヒーローが子供の憧れの対象になっているって描写自体最近あまり無かったんだよね。昔は単なる見...

  • Comment 0
  • Trackback 0

火星に抗う。

  「星に、願いを・・・」 『仮面ライダーフォーゼ』に登場する悪しき星空の化身、ゾディアーツ。 黄道十二宮を司る幹部級ゾディアーツ「ホロスコープス」の一人、蠍座の使徒スコーピオン・ゾディアーツが、S.H.フィギュアーツで登場。 仮面ライダーシリーズの「敵怪人」としては恐らく初の、一般販売アイテムである。  弦太朗らの前に初めて現れたホロスコープス。天ノ川高校教師・園田沙理奈がその正体。 新たなホロスコープ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

わたしの、最高の友達。

 「クラスのみんなには内緒だよ!」  それは、一人の少女を修羅に変えてしまうほどの、出会い。 未だ話題冷めやらぬアニメ『魔法少女まどか★マギカ』の真ヒロイン、暁美ほむら。 先冬のWFで限定発売されたfigma・暁美ほむらの制服バージョンが、ようやく通販にてリリース。  見滝ヶ原中学制服姿。 コンプレックスの塊なオドオド少女と言う、今までのイメージとは真逆の姿で第10話に登場した際は全ての視聴者を愕然とさせ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(俺の究極合体編)

  さて。昨日に引き続き。 『特命戦隊ゴーバスターズ』ロボミニプラ、「特命合体バスターヘラクレス」より。 ビートバスター=陣マサトの相棒、マイペース過ぎるバディロイドのビート・J・スタッグ=スタッグバスターが搭乗するバスターマシンSJ-05スタッグビートルと、 5体のバスターマシンによる合体パターンを紹介。  バスタービークルSJ-05。 ややずんぐりしているがジェット戦闘機型メカである。  飛行...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(ダメなものほど面白い編)

  毎回変形合体ギミックと可動とプロポーション(+ローコスト)の高度な融合を追及する食玩ミニプラ・戦隊ロボシリーズ。 『特命戦隊ゴーバスターズ』ロボミニプラに、新戦士ビートバスターとスタッグバスターの駆るバスターマシンが登場。 全3種、各300円ほど。  今日はそのうち、ちょっと困った人だが頼れる天才エンジニア、陣マサト=ビートバスターの操るBC-04ビートルを紹介。  バスタービークルBC-04。二箱分割...

  • Comment 0
  • Trackback 0

自分の翼で羽ばたくために。

  ゲームのデジタルキャラをアクションフィギュア化する『D-Arts』シリーズ。 『ペルソナ』シリーズ第3弾は『P4』に登場する天城雪子のペルソナ・コノハナサクヤである。  モデルは記紀神話の天孫降臨譚に登場する女神、木乃花佐久也姫。 大山祇神の娘である美しくも儚き花の精。 ゲーム中では強力な火炎魔法と回復魔法で攻守にわたって活躍する。  純和風少女である雪子のペルソナとして「女性らしさ」をテーマにしたと...

  • Comment 0
  • Trackback 0

公式なんて意味が無い。

  S.H.フィギュアーツ・仮面ライダーフォーゼに対応したアストロスイッチモジュールセットに、第3弾が登場。 今回はやや小ぶりなモジュールばかり5種がセットに。  チェーンアレイモジュール。もはや宇宙でも何でもない原始的でさえあるツール。 金属製の鎖で繋がれている。今回このモジュールなどで用いる持ち手首が左右付属する。  残念ながらアレイ部分を本体に固定することは不可能。 鎖ももう少し長いのが付いてい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

我は影真なる我。

 まだ梅雨も明けず、地域によっては大変な暴れ梅雨になっていたりもするが。 暑さは既に夏本番。何かと大変な暑中お見舞い申し上げる共謀空間。 日曜日は恒例・特撮ヒーロータイムなんだよ。 『特命戦隊ゴーバスターズ』。冗談を真に受けたことから生じる一悶着、という割とお約束なお話ではあったが。逆に言えばそういうことが実際起こってもおかしくはない境遇に立たされているのが彼らな訳で。そんな点でマサト先輩は絶対言...

  • Comment 0
  • Trackback 0

天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。

 悪を倒せと、俺を呼ぶ!  ・・・こんな時代劇調の名乗りがある仮面ライダーも何気に空前絶後だねぇ。 S.H.フィギュアーツ・昭和仮面ライダーシリーズに、 7人目の仮面ライダー、改造電気人間ストロンガーが登場。  ブラックサタンの改造手術により城茂が生まれ変わった姿。 精神を支配するサタン虫の移植を拒み、正義のためにブラックサタンやデルザー軍団と戦う。  改めて見ると昭和ライダーの中では格段に派手だねぇ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

暑い中お疲れさん。

 年度末でもないのにねー。 最近周囲でやたら工事してんのよ。 道路舗装とか、ガス水道管の敷設とか、家の新築とか。 おかげで昼間はうるさいうるさい。おちおち昼寝も出来やしない。 より音には敏感な姫様も、 この状況にはご不満の模様。  でも、外は気になるご様子なのね。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

内なる声の正体。(その2)

 ―ヒトとは、恐らく地上最弱の生物である。 少なくとも、同じクラスの動物の中ではぶっちぎりに脆弱で惰弱な種であろう。 どれだけ鍛錬したところで、豚一匹殴り殺せないのが実情。 早く走れるわけでもない。上手く泳げるわけでもない。もちろん空なんか飛べない。 弱いだけではなく、逃げるのも隠れるのもへたくそな動物なのだ。 さて。 こんなポンコツな生物が、それでも生き延びていこうというならば。どうすればいいの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

こ、これが噂の・・・

 ・・・今日は何だか体調が悪い。 頭が痛い。吐き気がする。顔が火照っている気がする。腹を壊した。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 はっっ!! これはまさか、昨今の夏の風物詩! 「熱中症」というやつではないか!? 真偽はともかく。 しんどいのには変わりない。 PCなんぞ弄ってないで、今日は早く寝よう。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

内なる声の正体。(その1)

 「性善説」「性悪説」なる考え方がある。 人間の生まれ持ってきた本質は「善」なのか「悪」なのか。 倫理哲学的に長い間取り沙汰されてきた問題ではある。 さて、実際のところどうなのだろう? ―極めて個人的な見解であるが。 「善」とか「悪」とか言うのは、ヒトと言う生き物が数を増やして密集して生活するようになり、「社会」なるものを形成するようになってから出来上がった、実は結構後付けの概念。 「社会」のなかで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

時節を冠する。

 半夏生(ハンゲショウ)とは、夏至から数えて11日前後。 ちょうど先週頃の時期を指す。 夏前の農作業を一区切りする時期。 天から毒気が降るということもあるらしい。 この時節と、同じ名を持つ草があることを、ご存知だろうか。  半化粧、カタシログサとも呼ばれるドクダミ科の多年草である。 特徴は何と言っても、この時期何枚かだけつや消しの塗料を塗ったように真っ白くなる葉。 これが花びらの代わりになるのだそ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

暗雲の時節。

 ああ、梅雨はイヤだねぇ。 外出するモチベーションも沸いてこない。いつも以上に引きこもりがちになる今日この頃。 TVとPCの画面だけ見てりゃ過ごせるようなそんな時代だから。そのうち電磁波障害でも患うかもな。 ネガティヴな気分になる日曜日。 ヒーローレビューするのである。 『特命戦隊ゴーバスターズ』。突如現実の只中に現れる擬似亜空間。敵たるヴァグラスの「目的」の雛形を示すことにより、特命戦隊各員のモチベ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

EVEN ANY FUTURE.

  コトブキヤHMMシリーズのライガーゼロCASに、 第3の換装、重砲火形態のパンツァーが登場。  ・・・今回も武装ユニットのみのセットを購入。恐らく今まででも最大級のボリューム。 元キットの時も換装パーツの数だけゼロ買ってる人いたけど、ちょっとマネはできんな。  いつもながら元キットのデザインを拡大解釈したハイディティールが心地よい。  元キットでもそうだったが、箱状の大型パーツをガシガシくっつけて非...

  • Comment 0
  • Trackback 0

奥深さの現れ。

 さて。 『武装神姫』と言えば、基本二体一組と言うのが基本。 EXウエポンを除き、第一弾から類似コンセプト対照的モチーフによる二体同時リリースというのがデフォルトである。 この件に関する例外は、歴代ではアルトレーネのみ。 ―何が言いたいかと言うと。 先日侍型MMS・紅緒を紹介したが。 となると相方であるコイツも紹介するのが筋であろうと言うことだ。  騎士型MMS・サイフォス。 2006年12月、同じ篠房六...

  • Comment 0
  • Trackback 0

飯の友の条件。

 夏野菜の美味しくなる時期。 晩飯のおかずの一品が「いとこ煮」であった。  かくのごとく、カボチャと小豆を甘く煮含めたものをいう。 美味いことには違いないが。 ご飯のおかずとしてはどうなんだろうね、これ? 辛党を気取るつもりもないが、 砂糖甘い料理をご飯に添えるのって、あんまり合うとは思えんのよ。個人的に。 何かお茶請けの一種みたいな感覚で見てしまう。 ―まぁ、その辺は弁えて甘さ控えめで仕上げては...

  • Comment 0
  • Trackback 0

恐々利用中。

 ―ふと気付くと、 一時期しばしば発生していた不慮のシャットダウンが、以来全く起きず安定稼動している。 前にも書いたようにこのマシンも5年目に突入するので何が起きてもおかしくないとはいえ。 結局アレは何だったんだろう。 外部バックアップ作成に挫折し、何だか野となれ山となれーって感じで開き直ってるけど。 ないと不便なんだろうなぁ。やっぱり。 だがまぁ。 ネットで拾ったオブジェクトをファイル保存する習...

  • Comment 0
  • Trackback 0

細分化。

 特撮番組レビューと並ぶ共謀空間のメインコンテンツと言えば、玩具レビュー。 本格的な玩具レビューサイトととは比ぶるべくも無いが、摘み買っている玩具をチョコチョコ取り上げている。 その中でもアクションフィギュア系玩具に関する記事が聊か増えてきたため、 これをさらにジャンル別に分けてみることにした。 ―いいんだよ。我自身が見やすいんだから! ジャンルは以下のとおり。  特撮キャラ。 事実上のメイン。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

間隙の観察者。

 外出から戻ってきて、 家の前に差し掛かると。 風入れるのに少し開いていた窓から姫様が覗いてたので、一枚。  こんな風に外を覗いて、割と知らない人にも愛想をしているらしい。 野良の時期がない分、人見知りは弱い。それが我が家の姫様。...

  • Comment 0
  • Trackback 0