帳尻合わせの日。

 4年に一度やってくる。 今日は2月29日。 暦にしてようやく春の入り口かと言う日ではあるが、 全国的に又雪降りの様子。 在所はまぁまぁ雪慣れしている地方ではあるが。 東京なんかは足元も覚束ない人が多いとも効く。 1センチ程度の積雪でオタオタするなんてここいらの常識じゃ考えられないのだが。 だが。 そんな関西北部でも慣れない自然現象はある。 「地震」だ。 最近関東圏では体感できるかできないか程度の...

電子侵食。

 ―唐突だが。 今現在、御身の居られるお部屋を見回してみよう。 「ピッ」という電子音を発するところが、どのくらいあるだろうか? 電器が生活の基幹を担う昨今、 この「ピッ」という作動音を立てるものが氾濫してるのが現状。 あまりにありすぎて、一瞬どれが放った音なのか分からないくらいだ。 TV番組の中からまで流れてくる。もう紛らわしいったらありゃしない。 夜、真っ暗な部屋に戻ってくるとする。 照明をつける...

Post image

春の祭典。

 まだまだ寒いが。 暦的には桃の節句が間近。   せっかくなので。 おうちの中にもそれっぽい装飾をば。    気持ち的にもちょっぴり暖かく。...

新たなる旅立ち。

 さてさて。スーパー戦隊シリーズの一つの集大成としてありとあらゆる「戦隊ヒーローを愛する人々」の夢の結実となったシリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』が先週円満終了。 スーパー戦隊シリーズはまた、新たな歴史を刻み始める。 そんなシリーズ第36作にして新生第一作ともいえる『特命戦隊ゴーバスターズ』が、いよいよ本日より放映開始。 毎度戦隊ヒーローのフォーマットを拡大解釈し独特のドラマを展開することでは...

Post image

ボスキャラ転じて。

 ―さて。昨日に続き『武装神姫』新作レビュウ。 当初ウェブコンテンツのキャンペーンイベントのボスエネミーとして登場し、後に商品化された忍者型MMS・フブキのバリエーション、ミズキ。 此度のフフキ弐式のリリースに伴い、同様に島田フミカネ氏がリデザイン。  それがこの、ミズキ弐式である。  素体はやはりMMS3rd-tall。 テクスチャは旧ミズキの印象を引き継いでいる。  ・・・基本カラバリのはずが、やはりあまり...

Post image

もう一つの原点回帰。

  なかなかどうして、まだまだ終わりそうに無い『武装神姫』シリーズ。今年最初の完全新作が到着。 神姫デジタル・コンテンツにデフォルト装備されていた忍者型MMS・フブキ。そしてそのバリエーションであるミズキ。 当初オンラインサービスのデータのみだったのが、要望に答えフィギュア化。  ある意味では「最初の神姫」であるこれらが、島田フミカネ氏のリデザインにより其々「弐式」として登場。  今日はそのうち、フブ...

Post image

禁止項目。

 すっかり忘れていたが、 昨日2月22日は猫の日だったそうで。 1日遅れだが、うちの姫様のご尊顔でも。  さて。勝手気ままに振舞う姫様であるが。 それでも「やっちゃいけないこと」と決められていることはある。 その一つが「食卓の上に上がること」。 上がると必ず叱って降ろすようにしているのだが。 やはり不満なようで、相当文句を垂れる。 暖かい部屋から出たくなく、 そして運動量も少なくなるがゆえどうして...

Post image

営業の成果。

 久々に。 「今日の機獣」。  スナイプマスターは、ZAC2100年代初頭にヘリック共和国軍が配備した汎用小型ゾイド。  ガンスナイパーの後継機として、そのコンセプトをより洗練した設計となっている。 開発当時の戦況から単機あたりの火力をムリヤリ増大させ完成度的には高いとは言えなかったガンスナイパーに比べ、より実用的に整理された印象。 そのデザインラインが従来の共和国軍機獣とやや異なること、 そしてキ...

情報享受。

 書く事もないので、TBテーマでも。こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「ニュースは主に何で知りますか?」です。今日(2月21日)は「日刊新聞創刊の日」だそうですね。昔は新聞でニュースを知るようにしてましたが最近は、ニュースサイトなどで知ることが多くなりました。ニュース番組も時間があれば、見るようにしたいのですがニュース番組を見る機会も減った気がします。新聞も取りたいとは思っ...

Post image

40年祭最後の一本。

 さて、 わが町の映画館は、話題の作品は結構配給されるものの。 上映館が少なめのタイトルなどはやってくるのがかなり遅れる傾向がある。 昨年暮れ公開された『仮面ライダーフォーゼ×仮面ライダーオーズ/OOO MOVIE大戦MEGAMAX』も2ヶ月以上遅れてようやく配給と言う有様。 それでもなかなか好評の様子なので、見に行ってみたよ。 公開から日が経っている故、ネタバレを考えずにざっくりとレビュウしてみると。 ―うん。『...

錨を上げる時。

 大いなるマンネリと言われつつも実に35作。 変わらぬ人気を博してきたスーパー戦隊シリーズ、その一つの節目となる作品『海賊戦隊ゴーカイジャー』が本日終結。 このシリーズに関わってきたスタッフ、キャスト、そしてファンの夢の結集となったこの番組。その終幕とは。 スーパー戦隊と言う偉大な力の源となった地球と言う星。その星を護る35番目の戦隊に、最後の最後でようやく成りえたとも言えるゴーカイジャー。・・・...

Post image

君だけを守りたい。

  こんなポーズをとるウルトラマンって、実は空前絶後なんじゃないかな。 前作『ウルトラマンティガ』と世界観を同じにしながら全く性格の異なるバラエティに富んだEPで人気を博した所謂平成ウルトラシリーズ第2作『ウルトラマンダイナ』。 スーパーGUTSのアスカ隊員が変身する新たなる光の巨人、ウルトラマンダイナが、ULTRA-ACTで登場。  もちろん基本形態のフラッシュタイプ。 ティガ同様の赤青銀の3色が基調ながら、...

Post image

一輪ほどの。

 口を開けば「寒い」しか出てこない今日この頃。 現在も今冬最大級という寒波襲来中である。何回目だ今冬最大。 それでも時折晴れ間が出る。 外の空気は冷たいが、日差しがあるとやっぱりちょっとほっとする。 室内に置いたシンビジウムも、ほころび始めたよ。  花の彩というのは、 やはり暖かいものだね。...

Post image

飽くなき占有権主張。

 春は名のみの風の寒さや。 この冬は近年に無く寒い気がするねぇ。ストーブに火が絶やせん。 灯油の消費量がやたら多い気がしてならん。 天候もずっと優れないため、洗濯物が乾かない。 よって。安全面では聊か問題があるが、ファンヒーターの温風に当てることで乾燥機代わりにしている。 ファンヒーターの前に、一番良く熱風が当たるように台をすえるわけだな。 そうすると。 当然の如く、こうなるわけだ。  ・・・さす...

幸福の対価。

 聞くところによると。 全国の都道府県民の「幸福度」が一番高いのは、福井県なのだそうだ。 貯蓄などの財産、公共設備の充実度などから割り出したランキングなのだそうだが。 福井は近場なのでたまに赴くことがある。 確かに綺麗な街である。学校などの校舎も非常に立派。中央から少々離れた地方とは思えないものがあったりもする。 ただ、これは。 福井県の、特に若狭地方が日本最大の原発密集地域であることと、決して無...

拡大解釈の先に。

 今日はどうやら、 「クリスマスと並んで製菓業界が賑わう日」であったらしい。 聖ヴァレンタインデーというのはアメリカの風習を日本の洋菓子メーカーが取り込んだものと言うことで、 我が国においては実はまぁ、最初から商業的イベントであったりするわけで。 「ただのコマーシャル」とdisったところで「そうですよ。それが何か?」と返されるだけなわけだよな。 最近は「恋愛的お祭」というより、 ただただ「お菓子をギフ...

魚がいるから糸垂れる。

 ・・・いやまぁ、つまらない話。 同じアドレス長いこと使ってるとどうしてもやってくる迷惑メールの類。 入ってきてはアンチスパムにポイされるおかしくも虚しいシロモノではあるが。 削除される前に現れる表題を見てると。 いくらなんでもコレは、と思うのが時々ある。 所謂出会い系の広告。 表題から意味するところを察してみれば。 「出家するので財産を喜捨します。受け取ってください」 ・・・・・・・・・・・・い...

なりたい自分になるために。

 人は誰でも、なろうとしている人間になるものだ、と誰かが言った。 一見不遇に見える境遇でも。何処かでそう望んでいたからこそそうなったのだ、と。 それがただの慰めなのか真理なのかはさておき。 今日のヒーロータイム。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』。圧倒的な数の暴力の前にたった6人で挑まねばならない宇宙海賊たち。普通に考えても普通じゃなく考えても勝ち目などあるはずもない戦いに勝つためにはイカサマをするしか...

Post image

飛べ飛べ高く。

  改造人間、空を飛ぶ。 S.H.フィギュアーツでもリリースされてゆく昭和仮面ライダーズ。 今月の新作は『ストロンガー』以来数年の沈黙を破って誕生した新シリーズの『仮面ライダー』、通称スカイライダー。 その名の通り、重力低減装置を用い飛行するセイリングジャンプ能力が最大の特徴。  イモムシがモチーフと言うことでそこはかとなくキモい系デザイン。 1号以来の昭和ライダーの特徴として、ライブスーツを意識...

自前システムメンテ。

 夢と言うのは不思議なもので。 社会人になってもう随分経つのに、 いまだに学生時代の夢を見ることがある。 今日も出勤前にしばしまどろんでいて、 「大変だ!講義あるのに!」と思わず飛び起きてしまった。 直後に一人で苦笑いしてみたり。 夢と言うのは、 眠っている間に脳が記憶ストレージを最適化する作業なのだと言う説を聞いたことがある。 その際、普段は忘れているような古い記憶を掘り起こすこともあるのだとか。...

Post image

撃退方法。

 何か最近トップが味気ないので。 冬の晴れ間のハンナ姫様でも。   寒いと良く膝上に来るのはお約束だが。 乗っかられると動けなくなるのが難。 だが。そのままミカンを剥きだすと速攻で逃げ出すのだ。 やはり猫は柑橘の匂い苦手なもののようで。 家族が「膏薬貼ってると寝床に入ってこない」と言ってるし。刺激臭全般が嫌なものみたいだね。...

バイアス不足。

 ・・・どうも微妙に時間が取りづらいのが、昼出勤シフト時。 何をするにも中途半端な時間帯にしか家に居ない。 おかげでこの週はどうもここの更新もおざなりなものになってしまい勝ち。 消化更新程度にしかなってなくて、記録としてはどうもなぁ。 それもあるが、 最近録り積みしたアニメタイトルが少々かさんできて、 早いところコレも消化したいなぁとは思っているのだが。 やはり「いつでも見られる」っていう安心感は...

日常の一方で。

 普段から当たり前のように使い続けているものも。 使う限り、磨り減ってゆくものであると言うことは致し方ないことなわけで。 そうなると、あるのが当たり前でなくてはならないものも、ある日突然使えなくなってしまうことがある。 ―そんなわけで。 家の風呂のボイラーが、故障した。 思ったより早く修理が完了して事なきを得たのだが。 数日間風呂なし台所などで湯も使えないと言う事態に陥るところだった。 被災地など...

Post image

この阿漕さ加減。

 『ファイブスター物語』というタイトルがある。 アニメ誌上に連載が始まって四半世紀。『ベル○ルク』『○殖装甲ガ○バー』と並び、「日本3大いつ終わるんだコミック」の一つと言われる作品である(言われてません)。 もう半ば以上作者のわがままだけで展開しているこのシリーズ。 関連グッズは嫌ほど出ているが、本編連載のほうは停滞して久しく、単行本も12巻が発売されたきりそろそろ6年になる。 コレがまぁ。「Reb...

思い通りにならない世の中だから。

 寒さと共にインフルエンザも全国的に蔓延中。 病気したら自分が苦しいだけじゃないよ。予防に努めよう。 そんな風潮を吹き飛ばす、 今日のヒーロータイム。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』。大いなる力も名実共に揃い、遂にお目見え宇宙最大のお宝。それはこの手の多分にもれず万能の願望器。曲げられないはずのものを曲げ、取り返しの付かないものを取り返すそれはまさに究極の宝。だがそれは同時に、34の戦隊全ての存在をリセ...

環境限界。

 唐突だが。 「今まで体感した最低の気温」ってどのくらいになるかね? まぁそれを言ったら北海道旅行した際はマイナス何十度かを経験したりもしたが。 今朝の「マイナス9度」は、恐らく今住んでいる土地では最低だと思う。 気温なんてまぁ、一定以下だと何度でも同じだね。 高温だと命に関わってくるが、低温の場合身に着けるものさえ考えていると凍死するほどになることは先ずない。 痛いほど寒い気候ってのは、それはそ...

Post image

春への食卓。

 節分である。 たとえ全国で史上最低温を記録しようと、暦の上では明日から春である。 節分に食べるものと言えば恵方巻きだが。 これを「単なる寿司屋の宣伝」と軽視する向きも。 だがまぁ。旨いものを食う機会として示してもらえるのは悪いことではなかろう。 ・・・とか何とか言って。 うちでは太巻きではなく、手巻きを食ってたり。  イワシのほうは魔除けの意味があって故事来歴がちゃんとあるんだよ。 ...

Post image

油断は出来ない。

 こんばんは。 豪雪列島日本から共謀空間がお送りいたします。 在所は今朝方は全然大したこと無くやれやれ一安心と思っていたのだが。 日が高くなってからの降りが凄まじく、 気が付けばご覧の有様。  まだもう暫く降るようでちょっと心配。 こういうときこそテンション上げねば。  「ハッハッハ。寒イダロウうるとらせぶん」 ・・・いや零下140度ってほどじゃないけど!  「なれたんだね。究極の力を以下略」...

本音の美徳と悪徳。

 そこいらの小学生から国家元首まで。 ネットに触れられる人間なら、ほぼ完全に平等にその意志を表示できるツール。 Twitterとは、だいたいそのようなシロモノのようだ。 PCから、携帯から。ネット端末を使う人ならば最近はほぼやって当たり前のようになっているのだが。 どうも我はこのTwitterと言う奴が好きになれず、未だ手を出してはいない。 そんなひっきりなしにネット上に意識を示す必然性も覚えない...