Post image

愛欲の青。

  「少しは頭が冷えたかしら?」 魂web限定S.H.フィギュアーツ、『仮面ライダーオーズ/OOO』より月刊グリード。 今月はもちろんこの水棲系幹部・メズール。  現代に蘇った欲望の怪物グリードの中でもリーダー格。 欲望の苗床となる人間に卵を産みつけ一度に大量のヤミーを発生させる。 性格は一見穏健で他のグリードたちに細やかな気配りも見せる。 ただしそれは自身の欲望が「愛し愛される」ことに固執するものであるた...

Post image

最後の力が枯れるまで。

  道を違えたライバルとして、最も心強き仲間として。 複数のウルトラマンがレギュラー出演するのは意外と空前絶後。 『ウルトラマンガイア』に登場する青き光の巨人・ウルトラマンアグル。 地球の海の力を代表して根源的破滅招来体に立ち向かう戦士が、ULTRA-ACTで登場。  ウルトラマンガイアよりも「地球の守護者」としての属性が強いためにしばしば人類の存在を蔑ろにする傾向があり、ガイアとは反目しあうこともあった。...

一人ぼっちの僕にさよなら。

 うわ。うかうかしてるともう11月終わりだ。気候的にも冬本番間近。 そんな日曜。恒例・特撮ヒーロー共謀空間風味レビュウ。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』は『時空戦隊タイムレンジャー』編・・・というか。構成は映画『ゴセイジャーvsシンケンジャー』の舞台裏編と言った感じ。何であそこにゴーカイジャーがいたのか、何で鎧はいなかったのか、その辺まできっちりと辻褄を合わせると言う巧妙さ。未来から来訪したタイムレン...

Post image

鉄・騎・連・携。

  「保健室の常連やチアリーダーには重すぎる道具だ」 『仮面ライダーフォーゼ』に登場するフォーゼの強力なサポートメカ。 仮面ライダーシリーズではおそらく初の大型ロボット、パワーダイザーがサウンドギミック搭載の大型トイとしてリリース。   子供向け玩具ゆえ精度はそれ相応だが、造形も塗装も結構頑張っている。  可動も変形の都合もありそこそこ動く。各関節にクリックが入っていて気持ちよく動かすことが可能。...

ちょびっと愚痴愚痴。

 ・・・あー。 夜中仕事して、昼間寝ている状況の週は実は非常に書くことに乏しい。 今日感じたことなんて、録画で見た『輪るピングドラム』がすげぇ切ねぇってことぐらいだ。 気候もイジイジと寒くなると気持ちも萎縮しちまうな。 あああ。紅葉見に行きたいなー。...

足元をすくわれる。

 最近、晩飯時に地震速報が流れることが何度かあった。 件の震災以来、地震には過敏になってる感のある日本列島。突然TVから例のチャイム音が流れると思わずどきりとするのも詮無い事だと思うが。 先日島根のほうで起きた際は、速報が流れた直後在所でもミシミシと揺れて非常に生々しいものを覚えたりもした。 日常生活を文字通り根底から覆してしまうこの自然災害。 予見も回避も防止もままならぬ、いつ起きるか分からない現...

Post image

てんこ盛りでなければ生き残れない。

  この夏、玩具業界サバイブ・バンダイの意地と威信をかけてリリースされたS.H.フィギュアーツ『仮面ライダー龍騎』。 その見る者が却ってドン引きするくらいの豪華仕様で話題を呼んだ『龍騎』シリーズに第2弾が登場。   もちろんこの仮面ライダーナイトである。 発売が予定より1ヶ月ほど延びたが、満を持して登場。  素体の構成はほぼフィギュアーツ・龍騎に順ずる。 塗装なども問題なし。というか、異様に細かい部分...

虎の威を借る。

 ―特に書くこともないので。 実は結構取り上げてる気のする『機動戦士ガンダムAGE』について一くさり。  ファン層の若返りを目指して低年齢層にターゲットをシフトした感のある本作。 おかげでか。割と年季の入ったガンダム視聴者には甚だ喰い足りない印象が否めないところではある。 従来のガンダムの骨子から「いかにも子供に受け入れられそうな」部分だけを抜き出し、あとはそれっぽく肉付けしてるだけのような。 「子供...

学園天国。

 青少年がその時期の大部分を過ごす場所、学校。 その閉鎖された独特の環境には様々な軋轢もあろうけれど。 それでも。その後世界の中で生きてゆくための様々な準備をする重要な場所であることには変わりは無い。 元より学園が舞台である『仮面ライダーフォーゼ』だけではなく。 今回は『海賊戦隊ゴーカイジャー』も学園モノだったり。そんな、今日の特撮レビュウ。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』はかつて学園ものの側面を持っ...

Post image

では、お見せしよう!

  並び立てば、恐るるもの何もなし。 今夏発売された1号に続き、 南米帰りの一文字隼人が変身する仮面ライダー新2号もS.H.フィギュアーツで登場。   基本は1号のマイナーチェンジ。 グローブとブーツの赤が目を引く。  造形面ではサイドのラインが一本に。  ベルトの配色の僅かな違いも再現されていたり。 風車の後ろが白いのが何と言うか、「そうそうこれこれ」って感じ。  オプションもほぼ1号と同様だが、シ...

Post image

聖殿の秋。

 在所の隣町に、全国的に結構有名らしい宗教法人の総本山があるのだが。  そこで紅葉のイベントがあると聞いて、ちょっと覗いてきた。 今日はまだ準備中で目立った催しなどは無かったが、境内の紅葉は見ることが出来た。     本番とまではまだ行かないかな。  綺麗に色づくところもあるのだが。 もう茶色く枯れているところもあったり。 中々見所難しいな。最近の紅葉。...

最適化済み世界。

 携帯に配信されるニュースなんぞをぼんやりと見ていると、 たまにとんでもない記事に出くわすことがある。 中国からの報道。 幼稚園の送迎バスが事故を起こし、運転手、引率の先生、そして園児17名が死亡すると言う痛々しい事件。 事故ったのは、小さなバスだったそうだ。定員9名。バスと言うよりワゴン車みたいなのか? ・・・・・・・・・・・・・・。 何かおかしい、と思うだろう。 バスには、実は定員を大きく超え...

Post image

続・怪シヒ美術館。

 以前紹介したCASIOの画像加工サービス「イメージングスクエア」にこの秋からまた新たな機能が加わっている。 新しい画像変換や、ダイナミックフォト機能を応用した「DPアニメーション」を作成したりする機能。 新しい画像変換は4種。現在のところサイトに画像保存が出来ないのでここに貼り付けるには一手間加えねばならないのだが。これまた結構面白い効果になっている。  「刺繍」。糸目のようなパターンが加わることで民...

先物買いってわけでもないが。

 ハァイ。共謀空間のやたら通販で玩具買って家族の顰蹙も買うほう、ドラティアです。 何か通販サイトの値段見てたら店頭買いがバカらしくなってくる気もするけれど。 買いたい、或いは買おうと思って予約した商品が次々発売延期になるのはちょっと切ないわね。何アイテムかそういうのが続くと軽くへこんでしまう。 ・・・まぁ、ショップそのものが潰れて先払いの代金も帰ってこないなんて事になるよりはマシだけど。 便利なの...

Post image

食玩侮るなかれ。(35番目の力編)

  ばーりばりぃー。 変形合体とプロポーションとポージングの高度な和合を追及する食玩ミニプラ・戦隊ロボシリーズ。 最新作は『海賊戦隊ゴーカイジャー』の「海賊合体カンゼンゴーカイオー」。 『炎神戦隊ゴーオンジャー』終了後3年を経て登場した13番目の炎神マッハルコンと、ゴーカイガレオンからなるラインナップである。  全4種のうち三つを構成するのがこのマッハルコン。 『ゴーオンジャー』の炎神スピードルと...

本当のことは中々見えない。

 ―むぅ。 どうもニチアサの毎週録画予約が失敗しやすい傾向があるな。何故だ。 そんな風に若干の不安を覚えつつ。 今日のヒーロータイム。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』。(多分)最強合体の完成に伴いこれまでザンギャックサイドを良くも悪くも引っ張ってきたワルズ・ギル殿下の終焉。誰からも顧みられぬ無能王子と影で嘲笑されていると思いこみ、操り人形だけを頼りに孤独な戦いを仕掛ける。確かに決して切れ者とは言い難か...

Post image

緩衝期間減少。

 ―度々言われていることではあるが。 季節の変わり目の、過ごしやすい期間が短くなった気がするね。 暑いと思ってたら、急転直下で寒くなったり。 おかげで季節の風情もちょいと事情が変わってきたような。 この時期目を楽しませてくれる紅葉の鮮やかさがあまり見られなくなったり。 すぐチリチリに枯れちゃうんだよね。  お庭に植えたドウダンツツジ。 鮮やかに紅葉するはずが、イマイチくすんでいる。 ―コレは気候のせ...

未来投資無用時代。

 さて。 この夏からのあれこれ考えつつ視聴するアニメ枠である『輪るピングドラム』であるが。 物語も(多分)終盤に突入。シュールでエキセントリックな演出を交えつつも運命の交錯と言うにはあまりに痛々しい群像劇を描き続けているわけで。 昨夜放映の第18話を見て、つくづく思ったことがある。 ―登場人物悉く、親がロクでもねぇ。 大規模テロの首謀者と目される主人公兄妹の両親をはじめ。 娘の死をきっかけに家庭崩...

光になれと誰かが囁く。

 巷じゃどうかは知らないが、 うちの辺りにはよく某通信最大手さんからの「光回線にしませんか」という勧誘が来る。 「すぐ近くまでケーブルが来たので」「今なら工事費無料」とか何とか。 何度か断っても来るので、ちょっと鬱陶しい。 うちは携帯から電話回線から一括した契約にしているので切り替えが煩雑になるし、 安い安いと言われても結局は割高になるし、 正直必要性も感じないため断り続けているのだが。 最近、 ...

人知れず働く。

 ―まぁ、つまらない話。 近年はクラウドコンピューティング対応になり、軽快に動くようになっているセキュリティソフトだが。 その分自己主張は乏しくなった気がする。何か存在感薄いのね。 水面下で働くものゆえあまり表に出られても困ると言うのは確かだが。 日々のアップデートとかも気付かないうちに終わっている。 それが。 昨夜遅くには突然、「セキュリティが停止した」という警報が出て焦ったんだよね。 すぐに回...

Post image

戦場の兇器。

  レヴラプターはエウロペ戦役・通称「オーガノイド戦争」においてガイロス帝国軍が開発配備したゾイド。 ZAC2100年初頭実に数十年ぶりに配備された、新型小型量産機。  基本的に近接格闘戦に特化したその仕様は、オーガノイドシステムによるゾイドの行動指向性への影響を最大限に生かした結果と思われる。 機獣に強烈な攻撃性と生命力を付与する一方操縦性を低下させ運用に問題のあるオーガノイドシステム搭載機の中で、最...

やはりこうなる運命か。

 そんなわけで。 今年は無いのかとばかり思ってたスポ中による10月度ニチアサ侵食枠。実はずれ込んだだけだったと言う。 故にヒーロータイムは『海賊戦隊ゴーカイジャー』のみであるよ。 スーパー戦隊35作目のお祭番組の側面を持つ『ゴーカイジャー』ではあるが。一方でコレまでの戦隊ではあまり語られなかった「戦隊は地球最後の砦」という点に言及することになってしまった。連戦連勝。戦えば必ず勝つのがヒーローのお約束だ...

時代の一側面。

 最近ちょっと話題になっている、『MAGネット』とかいうNHKのTV番組を、初めて視聴してみた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 何と言うか。 月イチとはいえ。天下のNHKがこういう番組をOAする時代なのだな。 微妙に気恥ずかしいと言うか、痛々しい心持になるのはこういうジャンルを見ている身の上に若干の後ろめたさがあるが故かも知れないが。 コレはこれで、立派な...

Post image

限定品の有り難味。

 チョコレートって、案外万能の食材だと思うんだ。 例えば地域の特産品で新作銘菓など作ってみようとか考えたら、 まず「チョコでくるんでみね?」って事にならないか? 結果チョコらっきょうとかさきいかチョコとか奇態な物が出来たりするんだけど。 ―さて、 先日家族がビール工場を見学に行く機会があったとかで。 御土産に工場内ショップ限定の商品を買ってきた。  ビールのゼリーを封入したチョコレート。 苦味のあ...

Post image

私は人間で、警察官だ。

  ぱぱらぱーぱー ぱぱらぱー 最近他社のニッチにカチコミをかけるような商品が時折見られるMax factoryのfigma。 何ゆえか唐突に洋画のキャラクター、「ロボコップ」が登場。 度重なる発売延期でやきもきさせたがようやくリリース。  プロポーションは作中ライブスーツに忠実。 メタリック部分はマット、黒い部分はグロスでスーツの質感を再現。  所々に紫系のシャドーが吹かれていて装甲部の色合いを再現している。 ...

Post image

小さな同居人とのこと。

 ―今回の話題は少々嫌な話である。 特に、「動物好き」を自負する人にはいささかキツい内容かも知れないが、ご了承頂きたい。 先の週末に帰省していた一退の姉から聞いた話。 知人に、「野良猫を引き取っては里親を探している人」がいるそうである。 然るべき処置や治療を施し、大事に飼ってくれる人を募っては引き渡しているのだそうだが。 そうやってとある人に里子に出した仔猫の一匹が急死したと聞いて亡骸を引き取りに行...

Post image

里帰り(2回目)。

 先週末。 猫好きな一退の姉が、半年振りくらいに自分の家の子たちを連れて帰省して来た。 前に書いたとおり姉の家の子たちはこちら生まれなので、 彼らにとっても帰省ということになる。  とはいえすっかり姉の家の子になってる兄弟。 生まれ故郷とはいえ、既に「借りてきた猫」状態。  すっかり大きくなった兄貴。 物怖じしない(姉曰く「おバカちゃん」)性格だが少々緊張気味。  ようやく1歳になる弟は相変わらず...