Post image

流転の境遇(1年未満)。

 昨年5月。 アジトの屋根裏で生まれた仔猫のうち一匹。  この真ん中の奴ね。  その後すくすくと育ち、  近所の人にも慣れ、 時には怪我などしつつ年少期を過ごしてきた。 そんな彼が、今どうしているかと言うと― どういうわけかアジトに居候していたりする。 姉が正月に連れ帰ったティトに続き引き取りたいと申し出て、 それまで預かることになったのだ。 そこそこ人懐こいのだが・・・ どういうわけか儂の事は警戒し...

油断は出来ない。

 めっきり暖かくなってきましたが。 また寒が戻ってくるとも聞きます。皆様お体にはお気をつけて。 そんな感じで。 日曜日は恒例、特撮ヒーローレビューだ。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』。歴戦のつわものながらヒーローとしては駆け出しと言う宇宙海賊、歴代戦隊のモチベーションを学ぶその第1弾は魔法戦隊マジレンジャー。本物投入で説得力もアップ。どこか完成している感のある赤船長はともかく、頭脳担当で慎重派の分ヘタ...

対価を捧げよ。

 自然と物理の定理を、時空の順列を超越して自身の「意思」をごり押ししたい、という事は、古今東西ヒトならば必ず思ったことがあるだろう。 そのように意思が具現する様を想像出来るのは、ヒトだけなのだから。 ―だが、一方で。 ヒトは神ならぬ身で定理も順列も越えることなど決して出来ないと、理解し絶望してもいる。 何もかもが思うとおりにいく様を夢見つつ、それが夢でしかないということをどこかで弁えているのだ。 ―...

Post image

薔薇の名前。

 昨秋から続いていた『武装神姫』新作ほぼ月イチリリースもどうやらひと段落。  神姫デザインの大御所・島田フミカネブランドの新作。 デザイナーのブログにUPされたイラストからアレよと言う間に商品化された剣士型MMS・真珠のオールベルンと黒曜石のジールベルンが登場。  素体は両方ともMMS3rd-tall。そういえば島田神姫はsmall素体使わんな。  シンプルなテクスチャはカラーこそ反転だがパターンは同一。  ・・・ジール...

Post image

何だか温くね?

 2月も終わりに近いとはいえ、 ちょっと何着ていいか分からないような陽気。 道端に、小さなタンポポ発見。  くすんだ枯野の中に、鮮やかな原色の彩があるのははっとさせられる。  花壇のチューリップの芽も随分大きくなってきた。 気候がおかしいといわれる昨今だが。 季節の営みは、ちゃんと見ることが出来る。  先日紹介したアロエの花ももうじき開花。...

時間泥棒。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はっっ!! 先日紹介した漢字クイズのある無料ゲームサイトにいたら知らないうちにやたら時間がたってた!! 大仰な演出とかないシンプルなゲームでもはまっちまうもんだなぁ。 軽い気持ちで始めてしまうとごっそり時間もって行かれてしまう。 僅かな暇つぶし、くら...

Post image

最初の脱落。

 「あいつはどうした?」 「ベントされた」 「いつ戻る?」 「戻らない!」  「・・・まぁ、仕方ないか。蟹だし」 「そうだな。蟹だからな」  「・・・・・・ま、またこういう役回りか・・・」 ―そんな感じで。 figma『仮面ライダードラゴンナイト』シリーズ。 ごく当然の帰結として、みんな大好き蟹こと仮面ライダーインサイザーも登場。  やや赤みががった銅色に近いメタリックゴールドが美しい。蟹のくせに。  元々トゲトゲ...

Post image

うそつきは仮面ライダーの始まり。

 「君はあいつに騙されているんだよ。大丈夫、僕だけが君の味方だよ」 「―もういやだあいつ。誰か何とかして」  「ふっ。ではボクに任せたまえ」 「だっ、誰!?」   「千の真実、万の嘘ってね♪」 「はっ、ちょろいちょろい」 「―余計収拾付かなくなったじゃないか!」 「あれぇ?」 ・・・そんな感じで。 全13ライダーコンプに向けてひた走るfigma『仮面ライダードラゴンナイト』シリーズに、狡猾なる射手・仮面ライダー...

ひとでなしの恋。

 ちょいと気候も春めいてまいりましたか。 まだ雪降ったりするんかなぁ。最近いい気候の時期が短い気がする。 そんな時節の挨拶から始まる、 日曜日は恒例、特撮レビュー。 『海賊戦隊ゴーカイジャー』。何のかんの言って悪い奴らじゃない宇宙海賊、最初の地球人類代表と出会うの段。歴代戦隊を振り返る形の企画において、地球とは縁もゆかりもない来訪者を主役に据えこの星を今まで34もの戦隊が守ってきた意味を模索させると...

Post image

風土病の一種。

  お外を気にするハンナ姫様。  天気がよいので、あの人懐こい黒猫さんが遊びに来てたのだ。  よく見るとこの子も目脂で顔が汚れている。 例の眼病はよほどに蔓延してるのかのぅ。...

ネ○リーグを笑えない。

 何気なしにやってみて、 つい夢中になってしまうのが無料ゲームサイトというやつ。 一方で常識問題クイズがTVなどで流行って久しいが、 中でも一時社会現象にまでなったのが漢字テスト。 ネットのフラッシュゲームの中にも、 漢字の読み取りを行うものがあった。↓ http://www.gamedesign.jp/flash/yomi/yomi.html 5レベル5問ずつ、計25の漢字文の読みを一つ10秒以内にタイプすると言うもの。 いやこれが、難しい。日本人...

Post image

食玩侮るなかれ。(チョコ固めるにも使えます編)

  食玩でも展開する『仮面ライダーOOO』のサポートメカ・カンドロイド。 最新型のクジャクカンドロイドも登場。  従来の『オーズカンドロイド』シリーズは塗装・組み立て済み完成品として発売されていたが、 『オーズタジャドルキット』の一つとしてラインナップされたこいつは組み立てキット。 ミニプラなどと同様、シールを貼って完成させる。  おかげでパッケージは今までのものよりかなり大きいが、 組み立てると大き...

Post image

おてがるエフェクト。

 新デジカメの「文字撮影モード」には、何故か「反転」「モノクロ」機能がある。 画像加工ソフトを介さずそういう写真が撮れると言うことで、ちょっと遊んでみる。  「特派員はうぅぉどろいたぁ!!」という演出効果。   ウルトラQ風。 ・・・うん。使いどころは難しいが、結構面白い。...

Post image

切り札はいつもこの手に。

  「仮面ライダー・・・ジョーカーだ」 劇場版『仮面ライダーW AtoZ運命のガイアメモリ』、そして『仮面ライダーW』TV本編最終回に登場した、左翔太郎に残された文字通り最後の切り札の力・仮面ライダージョーカー。 映画公開直前に開催されたイベント・魂FESで先行販売されたこのライダーのS.H.フィギュアーツが、プレミアムバンダイ限定通販でお届け。  モノとしては見てのとおり、従来のWのリカラー。 ベルトはロストドライ...

英雄を産む土壌。

 ―一握りの階級が国家などの治世をコントロールするようになって以来、 人々の歴史には安寧とともに抑圧が付きまとうことになった。 大局に対処するための政策が、個人個人にとっては様々な制約を課せられる事態を呼ぶジレンマ。 恩恵少なく抑圧ばかりが多くなると、当然民衆の不満は大きくなる。丁度先日首長を叩き出した中東某国のように。 そして。そんな大人数の大規模なムーヴメントを起こす以外にも、 抑圧状態と言う...

間隙の来訪者。

 三寒四温と言うか。また寒くなってきたねぇ。 また春が遠ざかった気がする日曜日恒例ヒーロータイム。今日から戦隊シリーズ新スタート。 そんな感じで。 日本が世界に誇る大いなるマンネリ。スーパー戦隊シリーズの新作にして集大成。 スーパー戦隊大戦(語呂わるっ)2011・『海賊戦隊ゴーカイジャー』が今日から開始。 一昨年の『仮面ライダーディケイド』に続き過去からの蓄積に依存したDCD連動番組。ヒーロー不在の地球...

願うことの罪。

 ―ああできればいいな。こうなったらいいな。 そんな風な願望を持つことは、日常過ごしていて普通に生じてくるだろう。 ・・・逆に言えば。 何か願望を抱くということは、「現状と現実はそうなっていない」ということ。 多少の手間をかければ解決出来ることから、決して取り返しが付かないことまで。日々暮らしていくうち生じてくる様々な斥力が、それを解決し思い通りにしたいと言う願望を生み出す。 世界は公正で平等であるは...

Post image

鷹孔雀禿鷲。

   『仮面ライダーOOO』最大のギミックコンボチェンジを再現するOCCシリーズ。 赤い鳥系メダル3枚で発現する灼熱のオーズ・タジャドルコンボが登場。  中盤の重要形態と言うことで今までのOCCとは一線を画したものになっている。 造形・プロポーションは良好。全身の赤は同じ色調で統一感がある。  このコンボ専用のタカヘッド・ブレイブ。 顔面を覆うビークシールドにはクリアパーツを使用。 胸のオーラングサークルは三...

Post image

手近な一品。

 ―特に書く事もないので。 プライベートで愛用しているものを一つ貼ってみる。  まぁ何かって。普段用いている湯呑み茶碗なわけだが。 そんなに上等でもないが有田焼である。 「花鳥一閑人」という種類の陶器。 この一閑人と言う名前は、  側面にくっついている小さな人型のことなのだそうだ。 閑人とは要するに暇な人のことだが、 暇に任せて器に登りついて中をのぞいてやろうという風にも見える人型の飾りのこと。 ...

利便さの弊害。

 諸氏はPCを扱っている際中座せねばならぬ場合どうしているだろう? まぁ、すぐ戻ってくるなら点けっぱなしでも構わんだろうが。 暫く離れなければならん場合は電源を落とすことになろう。 その際、すぐに作業を再開したいならば休止状態に移行することもあるだろう。 ―さて、 この場合、再開した際に挙動がおかしくなること、ないだろうか? うちの場合ネットブラウザを開いたまま休止しておくと、 再開後どうもブラウザ...

Post image

探し物は何ですか。

 冬の終わりの。春の初めの。 その境目の一日ひと時。 だが木蓮の蕾はまだ堅く。  チューリップの芽もやっと顔をのぞかせた程度。  だがまぁ。小さな木瓜(ボケ)にも蕾が付いた。 目を凝らして探さねば春はまだ見つからない。そんな時期。...

Post image

根本部分。

 部屋で玩具などの写真を撮る際の照明は、 もっぱら電球型蛍光灯を用いていたのだが。 とある場所で 「光源は白熱球が望ましい」との記述を見たので。 試してみることにした。  ―今までと比べて、どうだろう? ちなみにオートフラッシュは反応せず。   上が蛍光球。下が白熱球。 白とびやハイライトは若干柔らかくなったかな。 しかし新デジカメは発色に違和感だな。モニターのせいか?...

いつも君のそばに。

 春は名のみの風の寒さや。 そんな歌もあるけれど、立春過ぎてから何だか暖かいねぃ。 一足早く春めいた陽気の日曜日。今週の特撮ヒーロータイム。 『天装戦隊ゴセイジャー』はファイナル。人知れず戦い続けてきた幸福の精霊たち、無知で破滅的な捻くれものの堕天使に打ち勝つの段。最後の最後で、他者から与えられただけであった使命を自身のモチベーションとして獲得することが出来たのかな、という。かくして。1年護り通し...

Post image

新・使いこなせ!ニューアームズ。

  「―みゅ?何であるか?」 ・・・さて。 先日デジカメの挙動がおかしいとか書いていたが。 その後何となく買い替えも頭の隅において過ごしていたところ・・・ 某通販サイトでそこそこのスペックのものを安価で見つけたので、思わずポチってしまったぞ。  有効画素14MP。 顔認識なんかも可能なやつだ。 フィギュアの顔でも認識したりするのがおかしい。   上が旧デジカメ、 下が新デジカメ。発色が結構違うな。 意外にも...

世界劇場。

 ―最近、スポーツ界で物議を醸しているのが、 性懲りもなく発覚した角界の醜聞。 伝統と格式で培われた崇高にして尊厳なる世界であると同時に、 極めて封建的な格付けタテ社会でもある角界の、マイナス面が一気に噴出した形となった。 努力し研鑽し結果を出せば上にいける。羽振りも良くなる。 結果を出せねばそれは「努力が足りない」と言う評価にしかならない。 そんな空気が生み出した、これはある意味必然ともいえる事態...

夕餉トラディショナル。

 節分である。 旧暦のお正月にして冬の終わりを告げる節句。 明日は立春。それに応じてか妙に暖かい1日であった。 ―さて。 節分に食うものといえば何だかお分かりか。 豆撒きにも用いる炒り豆と、焼き鰯だ。あとはまぁ恵方巻きとかもあるけど。 鰯は柊の葉とともに魔除けのまじないにする意味もあるらしい。鰯の頭も信心って奴ね。 実は、今時になっても。 こういう節句の食べ物は欠かしたことがない家だったりする。 冬...

ある蜜月。

 ―諸兄の近隣にも、 書籍売買チェーンのブッ○オフと、 AV・楽器等売買チェーンの○ードオフの店舗があるのではないかと思う。 最近増えたリサイクル店舗の代名詞のようになっているこれらの看板、 実は元々、全く別々の会社であることを割と最近知った。 ○ックオフは神奈川の、 ハー○オフは新潟の企業なのだそうである。 だが、両社の関係は非常に良好。 特にソフトウェア面では扱う商品が重なるのだが、 シェアを争うよ...

Post image

追記みたいなもの。

 相変わらず、ちょこちょこと武装神姫プロキシマとマリーセレスで遊んでいる。  ケイローンはこのくらい長いほうが様になるわね。  マリーセレスに貸すと何だかホラーなことに。  セット購入特典の鉾・デグレサントと刃付楯・ディスインテグレータ。  刃は伸縮可能。 デザイン的にも優れてるし適度なボリュームがありながら気軽に弄れる。 これはなかなか、個人的にはヒットだ。...