共謀空間FC

Archive page< - 2010年06月

Archive2010年06月 1/1

途中放棄。

 時々当ブログでも玩具レビュウみたいなことをする関係もあって。 他のレビュウサイトを巡回することもよくあるのだが。 ブラウザのせいか回線のせいなのか。 画像の多いページなどだと一度のブラウジングでは表示しきれないことがままある。 リロードを繰り返すと表示することは出来るのだが。 これがADSLの限界なのかのぉ。 綺麗な画像が多く見られるのは嬉しいのだが。 ページあたりの容量が増大すると、やはり起きやす...

  • Comment 0
  • Trackback 0

憤怒と傲慢の罪。

 非常に、喜ばざることだが。 人間には、暴虐を好む性質が、確かにある。 他者を打倒し、蹂躙し、一方的な優位に立つ。 そのことに、強烈な快絶を抱く性質。 これは自然界における弱肉強食論とは実は全く異なることだ。人間は精神を発達させた生物であるという。生命の維持より精神の充足を求める側面を持つ。嗜虐とは、そんな側面の一つの顕れなのである。 ゆえに。人間社会には暴力が尽きない。学校や職場ではいじめが横行...

  • Comment 0
  • Trackback 0

アクト作戦第1号。 (金属怪獣アロザルス登場)

 群雄割拠のアクションフィギュア業界。 我が国において仮面ライダーと並び代表されるスーパーヒーローもまた、そこに殴り込みをかける日がやってきた。   「ULTRA ACT」ウルトラマン。 満を持して登場した、ウルトラマンアクションフィギュアの決定版である。  劇中ライブスーツのイメージと可動性能を追求した結果、動かしてもプロポーションが破綻しない驚異の出来栄え。 独特の前傾姿勢の構えもご覧のとおりである。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

みんなヤンデレになっちゃえ。

 蒸し暑いねぇ。 非常に梅雨らしい鬱陶しい日曜日。こんな日はおうちでヒキコモリしてましょ。 そんな本日のヒーロータイムだが。何か両方レビュウしづらいなぁ。 『天装戦隊ゴセイジャー』。意外としばしば戦隊で取り上げられる恋愛ネタ。護星天使は恋のキューピッドになれるか?って話。ことそういう領域においてはメイン視聴者層同様のお子ちゃまレベルである半熟天使どものよく分かってないアドバイスが事態を引っ掻き回す...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今日を生きる。

 ―先月頭ごろ、屋根裏で子供産んだノラ猫さん。 強制退去の憂き目にあったり何かと波乱万丈だったわけだが、その後どうなったかというと―  お庭を居場所にして過ごしていたりする。 ・・・3匹いた仔猫は1匹だけになっている。ちょっと悲しい現実。  お母さんと全く同じ柄の仔猫は現在可愛い盛りやんちゃ盛り。  好奇心旺盛な様子にお母さんはちょっと気が気じゃないのである。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

旅はまだ、終わらない。

  「―俺は全てを破壊する・・・」  先冬上映され現在DVDもリリース中の『ムービー大戦2010』。 その、仮面ライダーディケイド・ファイナルエピソードに登場した仮面ライダーディケイド・激情態が、 S.H.フィギュアーツで登場。  頭部は新規造形。内なる憤怒が噴出したようなディメンジョンアイズの形状を再現。ノーマルより色の濃いグリーンだ。 体色のマゼンダも彩度が落とされ、ちょっと落ち着いた感じの色になっている...

  • Comment 0
  • Trackback 0

マッシーン小話。

 割と高い頻度でマウスの感度が悪くなる。 思うところに動いてくれない。 目的のところまで動かしたつもりでもカーソルはそこまで行ってなくて、おかしなところをクリックしちゃう可能性もある。じんわりと危険。 ―原因は明白。 埃がたまるからだ。 マウスのボールに付着した埃がシャフトに絡み、空転するようになってしまうから。 時々裏っ側を開けてボールを取り出し、シャフトを掃除してやればほら元通り。 光学マウス...

  • Comment 0
  • Trackback 0

夏はこれだね。

 今年も西日よけ兼夏のビタミン補充のため、 ゴーヤ育成中。  蔓植物がどんどん登ってゆく様子は面白いものだね。 よく見るとすでに花をつけている。  大きくなれよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

やるやる詐欺にならないように。

 ―思うところあって。 また絵を描くようにしようかな、と思っている。 ・・・何だか以前にも似たようなこと書いて結局やらないってパターンばかりなのだが。 何らかのモチベーションを持ってなきゃ色々とダラクしそうだからね。 自己満足であれ何であれ衆目に晒すにはそれなりの完成度が必要、というのが個人的なポリシーゆえ、 たとえ描いてもここにUPするとは限らない。 だがまぁ。一応こういう風に決めた、という覚悟を...

  • Comment 0
  • Trackback 0

試練を乗り越えろ。

 ―6月というと。 我らがハンナ姫様にとっては年に一度の猫3種混合ワクチンを接種せねばならない月。 病院でもらわれてきたとはいえあまり病院好きでない姫様にとってはいささかストレスなイベントではあるが。 健康には代えられん。ことしもチクリと一本。 去年などは接種後がっくりと元気がなくなりなかなか起きてこなくなったりしたが。 今年もやはり少々調子が悪くなったようだ。 一日中、ぼんやりとした様子で過ごして...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今週は完全版。

 さて。いつもならヒーロータイム枠押しのけるゴルフ中継も蹴球世界杯に遠慮してか枠を譲る2010年6月。 今週はヒーロータイムいつもの2本で行くよー。 『天装戦隊ゴセイジャー』。相容れない二つの「正義」が相容れるにはやはり共通の目的が必要、ということで。見習い護星天使と断罪の騎士ちょっとだけ歩み寄るの巻。・・・だが。ゴセイナイトにとって人間は護る価値のない存在であるという点は未だ変わっているわけではないと...

  • Comment 0
  • Trackback 0

改めて見てみよう。

 SHF・グローイングフォームが届いたのを機に、 実に久々に、『仮面ライダークウガ』を見返してみている。 平成ライダーのパイオニアとして伝説のように語り継がれる番組ではあるのだが。 第1話だけ見ていると「・・・こんなに慌しい話だったかな?」って印象。 実は「番組開始時点で主人公がすでに仮面ライダーである」ってパターンが多数派である平成ライダーを見てきたせいかも知れんが。 事の発端である遺跡発掘から主...

  • Comment 0
  • Trackback 0

強くあるために。

 「―変わった!!」 S.H.フィギュアーツの中でも特に充実のラインナップを展開する『仮面ライダークウガ』。 その、不完全形態であるグローイングフォームがWeb通販限定で登場。 ・・・究極形態の次の週にこれが来るとは何の冗談だ?  ・・・この体裁のクウガも限定含めて7体目ともなるともう書くこともないな。  ボディのホワイトはつやつやのグロス仕立て。 複眼やアークルのクリア部は薄いオレンジになってい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

生活時間の問題。

 夜勤の星に赴いている間は。 夜っぴいて仕事して昼間は寝てるため。殊ここに書くようなネタは集めにくいのだ。 そういう場合はやっつけ更新にならざるを得ない。悪しからず。 家にいるのに何となく紹介しなかったこれからも紹介する予定のない人たち。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

予行練習。

 梅雨の晴れ間。 それは一足早く見える盛夏の空。  姫様寝乱れる夏である。 おうちも風通しがよくなければ、ということで網戸を開けるわけだが。 問題なのは姫様が外に飛び出さないかということ。  つっかいなどして簡単には開かないようにしているのだが。 不安の残るところだ。最近賢くなったしねぇ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

梅雨時雑感。

 しとしとと降り続く梅雨らしい1日。 じめじめするのは頂けないが、こういう天気も落ち着いた感じで悪くはないやね。 日がな屋内でまったりと過ごしていたのだった。Dは夜勤明けで一日寝てたし。 そんな梅雨空の下。 全国的に蹴球世界杯の1勝に沸きかえっているようだのぅ。 「応援は惜しまんが、まぁ勝てんだろうなぁ」って感じで日本全体が○神ファンにも似た境地にある気がする世界杯。 それだけに今回の勝利は格別のもの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

星拾い還る。

 蹴球世界杯に沸き立つ昨今。 体育会系だけでなく、理数系分野においても人々の感動を呼ぶイベントが、先日発生した。 日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」の帰還。 世界で初めてイオンエンジンを実装し、火星と木星軌道の間にある小惑星帯まで飛行。小惑星の一つに着陸してサンプルを採取してくるという字面で見るとSF小説としか思えないミッションを実行した、小さな機械の顛末である。 地球から離れること3億キロ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

入梅の頃。

 全国的に落ち着いた五月雨の日曜日。 ―だが一部の人々はこれまた4年に1度のスポーツ祭典に盛り上がっている。そんな昨今。 そんなわけで。 本日のヒーロータイムは蹴球世界杯特番のため『仮面ライダーW』はお休み。 レビュウは『天装戦隊ゴセイジャー』のみであるのだよ。 ・・・とはいえ。 内容を語るような番組じゃないのかも知れんね、これ。今更言うことでもないのかもだけど。 見た目的にも言動的にも分かりやすい「...

  • Comment 0
  • Trackback 0

当代禁書事情。

 えー。所謂ライトノベルとか言うジャンルを嗜む方ならば。 最近ネットを賑わせてる某タイトルのスキャンダルを耳にされたことだろう。 とある新人作家の大賞受賞作において盗作疑惑が持ち上がり、絶版回収という処置を受けたというアレである。 ・・・うん。近場の書店で今日まだ見かけたんだけどね。ダメだろ●●ヤ××店。出版元の指示に従わなきゃ。 内容は一応チェックしていたのだが。 「黒●め●かとル●ー●ュがイチャコラす...

  • Comment 0
  • Trackback 0

笑顔の到達点。

  『仮面ライダークウガ』・究極の力を持つもの。 「四本角の凄まじき戦士」アルティメットフォームが、S.H.フィギュアーツで登場。  発売前から色々と物議を醸した1品だが。実際手にとって見るとそう悪いものではない。 全体のブラックはシックなフラット処理。少々うるさいと言われていたグレーのラインも予想より落ち着いている。金のラインの塗装はもう少し丁寧であって欲しかった。 手足の棘は軟質素材で、折れたり刺...

  • Comment 0
  • Trackback 0

人の世で何が起きるとも。

 季節が巡らば花は咲く。   梅雨の足音が近づく中、 今年も「隅田の花火」が花をつけたよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

当たり前でも慣れられないこと。

 ―ニュースを良くご覧の方なら。 数日前起きた害獣駆除中の猟銃事故に端を発したとても悲しい出来事を、ご存知だろう。 ―うん。あれ、在所に近い場所での事なんだけれど。 ちょっとした関わりがあって。 恐らく報道には乗らないであろう、ここから起きたさらに悲しい出来事を聞いてしまった。詳述は避けるが。 ・・・改めて思い知った。 人ひとりが死ぬということは、これほどまでに大変で、そして悲しいことなのだと。  ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

インド神話の話をしよう。

 ヒンドゥー教において最も人気のある調和と維持の神ヴィシュヌは、 神話上、様々な姿に化身(アヴァタール。英語のavaturの語源)して人々の前に現れる。 これはヒンドゥー説話がより多く、より広く信者を取り入れるために様々な説話伝承を取り込んで編纂されたことを表すものであり、 ギリシア神話のゼウス神が数多の女性と浮名を流し多くの神々や英雄の父となっていることと同様である。 元からあるものを否定してしまうよ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

明日のためにその1。

 ―職場の健康診断があってね。 結構久し振りに、バリウム飲んだのよ。 見えないものを見えるようにするためとはいえ。 本来飲むものじゃないものを飲むってのはあまり身体に良くなさそうだね。 昔よりは、かなり量が減ったそうだが。何が変わったのかねぇ。 検査は無事終わったが。 ずっと腹に異物感が残るのがどうにも不快だ。 すきっ腹に入れるものだから余計にかも知れんが。 その後何食ってもあんまり美味くないのも...

  • Comment 0
  • Trackback 0

週に一度は。

 特撮番組レビュウ。 それを続けて早4年余り。 いまやすっかり共謀空間のメインコンテンツ。今日もまた1週分積み重ねるよ。 『天装戦隊ゴセイジャー』。新たな敵と新たな味方?の登場編。どっちも大した前振りなく唐突に出てくるわね。星一つ滅ぼせる奴らが揃った(あまりそうは見えなかったが)地球外映画軍団よりも強いんだか弱いんだかよく分からん怪物映画軍団。地球環境の汚染により力を増して蘇ったという内憂系エネミー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

夢の結実。(リベンジ)

  「不良梱包も解決してあたしも晴れて完動品です!もうダメ神姫なんて言わせません!」 「「おお~~」」 というわけで。 間違いパーツの交換も無事終了。先日中断していた武装神姫第11弾・アルトレーネの武装形態レビュー再開するよー。  戦乙女型MMSだというが何となく後付けくさいね。素体にもう一回り大きな人型をオーバーラップさせるというストラーフと同じ構成の武装だ。 ブルー部分は全てクリアパーツで、その内...

  • Comment 0
  • Trackback 0

滴る。

 そろそろ梅雨の声を聞く時期のはずだが。 まだ長雨になる兆候はない。盛夏みたいな夕立はあるけど。 今年も空梅雨なのかのぉ。 昨今雨はまとまりすぎる気がしていかん。  それでも草木の緑が深みを増すのがこの時期。 お庭ももう夏の色。 京鹿子が今年も綺麗に咲いたので一枚。 ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

一生勉強。

 blogramページをご覧になってる人ならお気づきかと思うが。 「シンクロ有名人」の欄にちょっと意外な名前が挙がっている。 すがやみつる氏。 石ノ森プロ出身の漫画家。 かつては『仮面ライダー』シリーズの児童誌連載漫画で知られ(児童誌にしては容赦ない描写でも有名だった)、 昭和50年代には『ゲームセンターあらし』で「アーケードゲームまんが」というジャンルを確立した、 まぁ、一定以上の年代には馴染み深い作家...

  • Comment 0
  • Trackback 0

夢の結実。(ただし出端挫かれ)

 ―5月末のフィギュア玩具地獄もやっと最後のアイテムに漕ぎ着けた。  武装神姫第11弾・アルトレーネ。 一般公募されたデザインを元に、漫画家の羽音たらく氏とメカデザイナー柳瀬敬之氏がクリンアップした企画モノである。リリースまでかなり時間がかかった。  見てのとおり扉付きのパッケージを止め、普通のウインド付きの箱になった。 箱のサイズは従来と同じくらいで、やや厚みがある。 「・・・これで値段が我らの2倍...

  • Comment 0
  • Trackback 0

部長輝く。

  ・・・ああ・・・何やかんや言いつつおかしな空気になってゆく・・・ かーなーりー安定供給が進んできた感のある『けいおん!』figma。くたばれ転売屋。 5月末リリースのでこっぱドラマー、田井中律も無事入手。  一応軽音部の部長だということだが基本部長らしいことはあまりやらない。大雑把な性格でエネルギッシュだが空回り気味。 お騒がせポジションなムードメーカーである。 例によって造形には問題はないが、制服...

  • Comment 0
  • Trackback 0