Post image

武器よさらば。(暫定的に)

  また、お膝の上でおくつろぎ中。 朝夕冷えてくると姫様人肌を恋しがるというのは前も書いた。 自分としても膝上が暖かいし、それはそれでいいのだが、困ったことが一つ。 猫飼ってる人なら知ってる「もみもみ攻撃」。 アレが、痛いのだ。爪が伸びてて。 いやもう半端なく尖ってるもんだから。 誇張無く針で刺されまくってるような感じなんだよな。 膝によじ登ってくるのに爪立てられるともう流血沙汰。 だが、爪を切るの...

Post image

その先にあるスタートライン。

 『ファイナル・カメンライドゥ・・・』  『ディケーィド!!』  バンダイのアクションフィギュア「S.H.フィギュアーツ」シリーズに 「仮面ライダーディケイド・コンプリートフォーム」が登場。 フォームチェンジライダーのフィギュアーツは売れ残りやすいので限定や注文販売になることが多い昨今、さすがにこいつは一般販売に踏み切った模様。  ノーマルディケイド、及びFFR版と比較。 最大の特徴である胸から肩にかけたヒストリーオーナメント...

深夜のナンダコリャ。

 窪田正孝といえば。 「普段ヘタレだがやる時はやる少年」役を演じさせれば恐らく日本の俳優では指折りに数えられるんじゃないかなと思えなくも無い俳優さんである。 かつては歩く携帯電話の相棒としてネット犯罪に立ち向かっていた彼だが。 最近は何つうかイカレポンチなカッコした小娘に虐げられていたりする。 ―現時点では関西ローカルのみの放映なのだろうか。 深夜枠で放映中の特撮?ドラマ、『古代少女ドグちゃん』で...

絶賛頭痛中。

 ・・・・・・・・・・・・うううう。 久々に出やがったよ頭痛が。 決まって左のこめかみ辺り。 頭痛いのにパソ画面なんて見るなとか言われると全く持ってその通りで返す言葉も無くて実際甚だ目に来るのだが。 しかしまぁ。 何が原因で出るんだろうねこの痛み。多少の予兆は無いでは無いが不定期にやってくる。 しかも普通に寝るだけでは中々取れない。酷い時は二、三日引き摺ってしまう。 何はともあれ「常にどこかが痛い...

手形でショッピングの功罪。

 普段ネット通販を利用する際はクレジットカードを利用している。代引きとか振込みだとどうしても手数料がかさむからね。 カードでの買い物というのは何か妙なものだ。決済日が決まっているため商品自体が手元に届いた時点ではまだ通帳上の数字が減らないので金を払ったという気がしない。もう商品貰っていいのか、という不安感にも似たものを覚えてしまう。売り手側としては「金を使う感覚に乏しい→どんどん買い物→足りない分は...

Post image

660(km/h)の獣。

  エナジーライガーはゾイド・バトルストーリー本編登場中最後にリリースされた機獣である(BLOX除く)。 ゾイド生命核以外に人造の動力ユニット・エナジーチャージャーを搭載。桁外れの出力に任せて従来の高速戦闘ゾイドの2倍に及ぶ戦闘速度を叩き出すと言うゾイド速度至上主義の権化のような機体である。  背中に張り出したエナジーチャージャーのおかげで他のライガー系とは一線を画す独特のプロポーションをなす。四肢も...

大いなる執着の物語。

 ふけゆく秋。近所の学校では地域の文化祭なんぞをやっていたり。 そんなことお構いなしに部屋でTV見てたりしてたヒキコモリさんなわけだ。 さて。そんな日曜はやはりスーパー戦隊と仮面ライダーが記事になるんだな。 『シンケンジャー』。今年もやってしまった全部載せ合体お披露目の回だったわけだが。実質そんな事はモノのついでに過ぎなかったと言う前代未聞の状況。軸はこの戦隊の前提である、「志を投げ打って使命に順ず...

第七世代。

 ―件の如く。 汎世界的規格OS最新ヴァージョンが今週リリースされたようだ。 アキバの発売開始イベントで名前にちなんだ某円谷ヒーローのテーマがかかった際はちょっと笑った。さすが世界に誇る日本の文化。 ・・・聞くところによると。 挙動を軽くするため機能を絞り込み容量を小さくしているんだとか。 前Ver.まで続いてきた所謂機能バブルの一途から転換を図ったとのことだ。 「アレもコレもあったほうがいい」よりは、...

Post image

反撃の狼煙。

 コトブキヤによるHMMゾイドシリーズ、 久々の完全新作は共和国軍の小型ゾイド、ガンスナイパーである。  オリジナルよりスマートな分ラプトル型らしい剽悍なイメージ。 白の形成色部分を銀系にしてくれたら嬉しかったんだが。  可動性能も優秀で、フレキシブルにポージングさせることが可能。 あからさまに細かくて組み付けにくいパーツは今回少なく、部品ポロリもなくストレス無く弄ることが出来る。  背中のスクラムポッ...

そこんとこよろしくだホー。

 10月も下旬に差し掛かると。 街中にオレンジ色の装飾を見かけることが近年一般的になってきた。 ヒイラギの葉と実の色である緑と赤をクリスマスカラーというように。 このオレンジは西洋カボチャの色なのである。 ―そう。要はハロウィンカラーと言うべきものなのだ。 ハロウィンHalloweenとはHallow Eveが訛ったものだという。 キリスト教に名を連ねる全ての聖人たちを祭る宗教儀礼「万聖節」の前夜のことだ。 教会に...

Post image

青空になる前に。

  「―黒くなった!」 S.H.フィギュアーツに「仮面ライダークウガ アメイジングマイティフォーム」が登場。 「魂ウェブ商店」限定販売。最近は受注販売がメインになりつつあるなァ。  マイティフォームと。お話も大詰めに差し掛かったところで最終形態アルティメットフォームへの橋渡し的に突然登場したフォーム。だんだん闇の存在に近づいていってるのを象徴するかのようであった。 基本はご覧のとおりマイティのリペイン...

Post image

魔獣の王国。

 「うちの猫って喋るんです」 ・・・・・・なんて言うと世間ではイタい猫バカ扱いされるのが通例だが。 喋るかどうかはともかく。犬とはまた別のニュアンスで人の意思を酌んでいるとしか思えない反応をすることは確かにある。 何故「猫は化ける」などというのか。 ある人曰く、「猫って呼べば返事するとか人間臭いことあるでしょ?」 犬は呼ぶと返事するよりまず寄ってくる。「はいはい何か御用でしょうか?」って感じで。 ...

Post image

夏過ぎて後。

 共謀空間認定の優良玩具・「武装神姫」シリーズだが・・・ 新作のリリースが途絶えてもう半年になる。 メーカーが在庫一掃セット販売なんかやってるのを見るともう何をか況やというわけだが。 このままフェードアウトしてゆくのも寂しいなァ。ゾイド以来久し振りに数を揃えた玩具だったのに。 ―さて。 神姫フィギュアの素材は主にABSとPVCなわけだが。 夏場の暑い部屋に放置していると、コレが。  ・・・PVC部分が異様に...

解析は嘘をつかない。

 当ブログ「共謀空間」がBlogramに登録して暫くが経つ。 そろそろ内容の傾向とかが現れていってるようだが。 当方としては結構意外なことに「家族」に関連するキーワードが多く検出されている模様。 ・・・これはだな。恐らくは毎週恒例で取り上げているヒーロータイムで「家族」にまつわるEPがよく登場するのが一因となってるんじゃないかと思うのだが。 今日の『シンケンジャー』もやはり家族にまつわるお話。 先祖代々受け継...

急に使えと言われてもなァ。

 ちょいと用事を言い付かって。 実に久し振りにプリンタなんか動かしたわけだ。 ・・・実は普段そうそうプリンタなんか使う機会が無いもんで。 ヘッドが寝ぼけててなかなかうまく印刷出来なかったりするんだよね。 ほんのわずかな印刷行うのにやたら時間かかっちまったい。 必要だけど使用頻度が少ないものって始末悪いよね。 普段洟も引っ掛けないようなものを急に当てにされても困るって話だよ。やれやれ。...

Post image

たまにはやってみよう。

 ―巷には至るところにカプセルトイ販売機、所謂ガチャガチャが置かれているわけだが。 さほどコレクター気質と言うものを持たない自分はああいったものにさほど興味が湧かない。 だが。 最近出来が良いと評判のユージン「ファイアボール」スイングを見かけたのでたまにはと思い回して見た。1回400円。結構するなぁ。  装備違いのドロッセルお嬢様が全4種というシリーズだが、1度回した結果がこの格闘ユニット「ベリンダ」装備...

いろいろ茶々が入った。

 自動アップデートと予約ウィルス検索に意外と手間がかかりすっかりやる気を失いました。 モチベーションが持たないので今日の更新はおざなり。 ・・・・・・まぁ、ネタが無い、って言うのもあるんだが。 毎日毎日ブログに載せるほどのネタがあるスリリングな日々なんて送れないわね。平和が一番。...

Post image

ぬくぬく。

 いささか肌寒さを覚えがちな昨今。 夏場は見向きもしなかった彼女が、あからさまにくっついてくるようになった。現金なものだ。  しかしねぇ。 彼女ら猫にとって、「人間の膝の上」というのはどういう意味を持つ場所なんかねぇ。 通常直立している人体の中で、安定してわが身を預けられる面積と角度を持ちうる唯一の場所、ということか。抱っこされるのはどうしても身体を締め付けられるので好きじゃないのかも。要は完全に猫...

Post image

芸術の秋ってほどのもんじゃない。

 先の連休には例によって猫に会いに帰ってきた家族がいたわけだが。 この家族が何やら陶芸教室に通っているらしい。 んで、家の者にもやってみてもらおうとここ数回帰省の際は陶芸用粘土を持ち帰ってくる。 まぁ、自分もそれなりに粘土弄らせてもらって小さな器とかを作ってみたのだが。 この時余った粘土を使って小さな猫を塑像してみたりしたんだな。 ・・・・・・すると、意外なことに。 この稚拙な塑像が当の陶芸教室の...

Post image

一級品を見に行こう。

 爽やかな秋晴れの連休最終日。 家に篭っているのは勿体無いと、風光を訪ねに出かけることにしたぞ。 場所は先日行った場所と多少近い。兵庫県中部にある山中の渓谷である。 木立の中の山道を、沢の水音を聞きつつえっちらおっちら昇る。 中々険しい山中。沢には大小さまざまな滝が飛沫を上げている。     ―そして上り詰めた先には。 県下最大の瀑布・「天滝」がその威容を現すのだ。  落差98m。その迫力たるや筆舌に...

眠いんです。

 台風一過で気候のいい連休中日。 何だか妙に眠いので日曜恒例ヒーローレビュウも簡潔に。 『シンケンジャー』。即ち「三つ子の魂百まで」ってお話だったのではと。とある夫婦者が思い描いていた理想。その父親が理想が招いた悲劇のみに拘泥していたのに対し、残された息子が抱いていたのは理想の純粋な継承。それは赤殿にとっては大いにシンパシーを覚えるところだったらしい。その想いに絆され、祖父も遂にかつては自分も抱いて...

Post image

秋深し。

 お庭の秋を代表する花といえば・・・ うちの場合、「シュウメイギク」。  白いのと紫のとで全然花の形が違うんだよね。  根を伸ばして際限なく蔓延るので、多少困りものだったりはする。 「フジバカマ」も盛り。 陽光と甘い香りに誘われ、ウスバシロチョウもやってきた。  やや肌寒さを感じる、それでも秋には秋の彩り。...

サドンデス。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 (共謀者Dは修理が終わって間もないPCが再入院と言う事態に陥り軽く再起不能になっています。 誰か慰めの...

風物詩襲来。

 リアルタイムで台風18号接近中である。 勢力の強いのが久し振りに直撃コースと思われるが。最新の情報だとどうやら上陸は免れるかな、と言う様子。だが今現在は雨が強い。朝方には風も強くなる見込み。 ―今時分の台風となると。 どうしても5年前の23号を思い出してしまう。あれは結構得がたい体験だった。もう2度とゴメンだけど。 あの時決壊した堤防が未だに直らず切れたままなんだよね。大丈夫だろうか。 ・・・どうでも...

Post image

手札を増やしてみる試み。

 予てより、PCの作動には若干の不都合を感じていたわけだが。 コントロールパネルのパフォーマンスチェックを用いたところ、こういうことを言い出した。 「メモリが不足がちでお仕事がいっぱいいっぱいですぅ」 ・・・1Gあっても足りんと言うのか。なんと贅沢な。 世の中今尚256Mで頑張ってる人もいるというのに。 だがまぁ。快適PCライフには代えられん。 メモリの増設を考えることにした。 早速対応機種を検索し、「...

本来の利用層。

 最近はヲタ人種とお母様方に阿っているとの見方もあるが、 特撮ヒーローは本来、キッズのためのもの。 故に。そんなターゲットと同じ年齢層の登場人物を配するのもままあること。 ―だが。 子供らしい無邪気さ、無知さ、未熟さがヒーロー達の足を引っ張ったり枷になったりするという筋立ても多い。ヒーローにとって頑是無き子供達は無条件で護らねばならない存在である分特に。 奇しくも。本日のヒーロータイムは両方そんな...

Post image

2年分。

 敷地の一角に「茗荷(ミョウガ)」が自生していることはコレまでにも何度か書いた。 そして去年は雨不足ゆえか出来が悪かったことも。 ―そして。 打って変わって雨の多い今年には。  ・・・秋が深まる今時分でも幾つも顔を出しているのだった。  独特の風味と歯ざわりが楽しい上物の山菜ではあるが。 あまり量があっても扱いに困るなぁ。むぅ。...

Post image

それでもバイクロボには惹かれるのだ、が。

 この夏公開された映画『トランスフォーマー・リベンジ』 その後も関連玩具は続々リリースされ続けているわけだが。 今月も人間キャラフィギュアと組み合わせて遊ぶヒューマン・アライアンスなど数点が発売されている。 さて、そんな中我が購入したのが。 先だって紹介したクロミアと並ぶバイク姉妹の片割れ、オートボット・アーシーである。  聊か武骨だったクロミアバイクとは趣の異なる、スマートなフルカウル。 色もシ...