共謀空間FC

Archive page< - 2009年03月

Archive2009年03月 1/2

ドジでノロマで頼れる亀さん。

 毎回「ディティールの拡大解釈」が楽しいコトブキヤHMMゾイドシリーズ。 3月の新作は共和国軍の火力支援型ゾイドの傑作、カノントータスである。  ※キャノピーなどの色が違うだろ、とかいうご指摘もあろうが。 「クリアパーツは単一色でなければならない」というこだわりによるもの。御意見無用。 元々AFVっぽいデザインのゾイドではあったが。 このキットで余計にそういうイメージが増した。サンドイッチ装甲を着込んだ突...

  • Comment 0
  • Trackback 0

遅ればせニューウインド。

 つい忘れてたのだが。 現PCには地デジチューナー内蔵されてたりする。 まぁ、言っちゃえばモニタ入力の都合で使いたくても使えなかったわけだが。 件の如くディスプレイモニタを新調したので、 物はついでとばかりデジタル放送アンテナも買い込んできたのだ。 いやいや予想外に綺麗な画面でTVが見られるもんだねぃ。 もうTVもビデオデッキもいらないじゃないか。 10万もせずに地デジチューナーとHDDレコーダーを買ったよ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

終わりと始まりの季節。

 ・・・あー。 半年のインターバルを経て都合1年続いた某有名ロボットアニメが本日放映終了したわけだがね。 何と言うか。お話としては「こいつをやっつければ終わりですよ」って奴が出てこなきゃならんと言うのは分かるんだが。それに決着がついたはいいが他が投げっぱなしな感が否めなくてねぇ。 要はこの話はアレか。「『地球幼年期の終わり』をやろうとしたけどオーヴァーロード役が出来損ないだったので1年かけても触りま...

  • Comment 0
  • Trackback 0

時代をゼロから始めよう。

 「大丈夫!(^^)b」  ※この人がこう言って大丈夫だったためしがありません。 平成仮面ライダーシリーズの草分け。仮面ライダークウガが「S.H.フィギュアーツ」レーベルのアクションフィギュアとして熱く蘇ったぞ。 クウガは現在放映中の『ディケイド』でも活躍中だが、このクウガ=小野寺ユウスケを演じる村井良大さんは元祖クウガに敬意を示しその決めポーズだったこのサムズアップを封印しているんだとか。よってこの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

通りすがりの大迷惑野郎だ。(社畜編)

  「ゼンバイ!ザグヤズェンバイッ!!」 「わぁっ!どうしたカズマ!?」 「クルンディス!!クスグトゥアイノガクルンディス!!」 「落ち着け!何を言ってるのか全然分からん!!」 「・・・・・・もう来てるぞ」 「ヴェア!?」  「ちょっとくすぐったいのからは逃れられんのだから。観念しろって」 『ファイナルフォームライド・ブブブブレイドォ』 「ウェエエエエイ!?」 「うわあああああああああっ!?」 ・・・とか何とか。 『ディケイド』名物ファイナルフォームライドシリ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

アピールの方法。

 ―唐突だが。 在所やら故郷やらに縁のある戦国武将はご存知かな? ・・・我が在所たる北関西辺境の場合は・・・ 「明智光秀」だったりする。 「―ああ、あの裏切り者」と思われるのが一般的かも知れんが。 丹波地方においては交易路を開き街を作り人々の暮らしに貢献した文化功労者。 最寄にはその御霊を祭神として奉る神社まであるのだ。 あの吉良上野介が地元の近江では名君と称えられているのと同様。世間一般に流布して...

  • Comment 0
  • Trackback 0

怪談の真相。

 「脂肪」というのは。 非常に高エネルギーな物質である。 酸化分解することにより大きな熱量を発し、その上炭水化物の燃焼よりも多くの水分子を生成する。 エネルギーと水分の蓄積には最適の状態と言える。 故に。脂肪を摂取することはエネルギー補充の恰好の機会である。身体は脂肪を積極的に摂取することを要求するように出来ているのだ。 脂肪の味が旨味として認識されるのは、そのためなのである。 すなわち。 ハンナ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

スポーツナショナリズムと言う考え方。

 件の如く。 今月何かと話題を巻き起こしたスポーツイベント・WBCが本日決勝を終えた。 V2を果たした日本。・・・だけど、全試合中半分ほどの相手が韓国だったってのは正直どうだろう? まぁ互いを高めあう因縁のライバルとの度重なるぶつかり合い、という燃えるシチュととれなくもないが。国際スポーツイベント最大の意義と個人的に思っている世界各国との競技ルールを通じた交流、と言う意味ではいまひとつ好ましくないよう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

さまよえる時節。

 暑さ寒さも彼岸まで、なんてウソらしい、と思えるようになったのはいつからだろうか。 基本的に暖かくて春本番か、と思わしめた連休前から、昨日は打って変わった台風のごとき風雨。 そして今日は冬の逆襲と来たもんだ。 せっかく咲いたこの季節のフェイバリット花木、白木蓮も風に吹かれ寒さに晒されで可哀想。  この気候の不安定感もまた、春の醍醐味ではあるんだけどねぇ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

春の嵐の中で。

 好天に恵まれた昨日とは打って変わって風雨激しかった連休最終日。 今日はおうちで大人しく、TVでも見ていよう。 そんなわけで今日のヒーロータイム。 『シンケンジャー』。ヒーロー側と異なる言霊の「悪い使い方」をする敵を用い、関西っ子黄色のキャラをクローズアップ。人間臭いヒーロー描かせりゃ天下一品だね小林脚本。今回の隠れた肝は黄の子が悪く言われることに本人以上に緑が怒ったこと。そして赤殿がウソツキと言わ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

さよならジェイコブズラダー。

  ―ひねもすのたり、と言うには少々波高き春の日本海。 晴朗なる連休中日。家に引き篭もる手はないとばかりに少々遠出をしてきたぞ。 行き先は兵庫県北部の山陰海岸部。 海沿いまで斜面が迫り、小さな入江が幾つも連なって漁村の浦となった地形のこの地方。 日本海の荒波は様々な奇観を形作っている。例えば― 「―へぇ。“天然記念物・はさかり岩”だってよ」 「はぁ?なんじゃそりゃ?何か挟まってるのか?」 (※はさかる=...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(君の気持ちを受信した編)

  「・・・・・・・・・ルルルー♪  ルルルー♪  ルルルー♪」 「―ん?誰?」  べちゃ☆ 「(びくぅっ!)」  「・・・・・・・ええと。大丈夫?」 「問題ない。大丈夫だ」 「あんまり説得力ないけど」  「・・・で、キミは何なの?」 「俺の名はゼロワン。フォンブレイバーゼロワン」 「フォンブレイバー?」 「そうだ。モバイル型の自律能動端末と言えばお前達には通りがいいか。 あいにくミニプラ版なのでこの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

自己主張インターフェイス。

 ・・・まぁ、モニタを新しくしたからと言うわけでもないんだが。 在所では放映がなくて悔しい思いをしていたとあるTV番組を、今更ではあるが動画サイトでチェックしていたりする。 本放送は先ごろ終了した、『ケータイ捜査官7』だ。 ・・・いやぁ。噂には聞いていたけど面白いねこれ。何と言うか、世界観がモロ好みだ。AIツールを相棒にしてネット犯罪を捜査。勇者シリーズ世代にはなかなか堪えられないものがある。文字通り...

  • Comment 1
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(一件落着編)

 ―電鬼社長ー。 リンク変更しましたよー。 ・・・とまぁ、私信はさておき。 昨日の続き。ミニプラ紹介合体の巻~。  「シンケンオー、天下統一!!」 五体の折神が合体。巨大侍シンケンオー。  DX玩具より胴回りがすっきりして脚が長い分スマートな体格に見えるね。  背中に秘伝ディスクシールド装備。武器のダイシンケンは腰に挿すことができる。 シールドはディスク部分を取り外すことが出来るが、回らない。 変形...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(出陣編)

 ―さて。3月も半ばになると。 アレがリリースされるのだよ。アレが。  戦隊ロボの食玩ミニプラ。 毎年毎年バンダイCT事業部の意地と執念と狂気までもが盛り込まれる傑作。 今回の「侍合体シンケンオー」も、各機のエンブレム→折神獣への変形と合体を再現した優れものだ。 獅子折神、龍折神、熊折神、亀折神&猿折神の4種で各300円。 戦隊ロボとしては複雑な変形をする部類だが、意外なほどパーツは少ない。各箱ランナー2枚...

  • Comment 1
  • Trackback 0

目から鱗。

 ―昨日チラッと書いた通り。 新PCを導入して1年余りしてやっとこさモニタも新しくしたのさ。 液晶薄型!19インチワイド!  在庫一掃バーゲンで16,000円台まで値下がりしたのを買い叩いたのさ!とか言うと有り難味が薄れるけどな!! ・・・実は繋いで見ると縦横スクリプト比がどうも違和感でフォントも綺麗に表示されないなー、と首を捻っていたのだが。 見に来た一退が言った。 「グラボの解像度を上げればいいと思うよ!...

  • Comment 0
  • Trackback 0

綺麗だよう明るいよう。

 ・・・まぁ、何のことかといわれると。 実は新しいモニタを買っちゃったってことなんだが。 まぁそれに関しては後日。 ・・・・・・何故か、って? 日曜は特撮レビュウの日だからに決まってるじゃないかっ!! 『シンケンジャー』。5話目にして早くも武装合体お披露目EPだったわけだが・・・パフォーマンス型君主である赤殿のそれゆえの重荷である、「臣下に弱みを見せられない」という問題を浮き彫りにしたお話。元々外道...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今がチャンス。なのだが。

 ・・・考えてみりゃ実に贅沢な話なのだが。 ちょいと予定していたことを思うところあってキャンセルすることにし、それに当てようと考えていた費用が丸々浮く形になった。 その機会に、何か普段出来ない買い物をしようかなとも思ったわけだ。 気付くと、近場のJ〇shin電器が改装処分セール中。全品10%引き。 ・・・・・・で、出かけてみたわけだが・・・ そういうときに限って、特に欲しいものが思いつかないと言うこの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

通りすがりの大迷惑野郎だ。(鏡の法廷編)

  「そうか、真犯人はあんたなんだな!」 「シンジ、俺は・・・」 「言い訳なんか聞かない!俺はあんたを倒す!」  「―はいはい。それはともかくとしてな?」 「ビクッ!!」 「わかってるな、ちょっとくすぐったいぞ?」 「ま、待っ、やめ・・・」 『ファイナルフォームライド・リリリリリュウキ!!』  「あああああああああーーーっ!」(めきばきごき) 「・・・・・・・・(ガクガクブルブル)」 ―てなわけで。 『仮面ライダーディケイド...

  • Comment 0
  • Trackback 0

人の身の弱さ脆さ。

 ―持論だが。 この世に不可思議なことなど、人間の頭の中にしかないと思っている。 一見奇妙に思える、不条理に見えることも、「その全容を知覚認識できない」からそう見えるだけ。手品と同じだね。 奇蹟は起きないから奇蹟と言う。起きてしまえば、それはただの現象に過ぎない。 ・・・・・・そんな自分でも、だ。 こうもやることなすことうまく行かない日があったりすると、何だか超自然的な力の介入を疑ってしまったりも...

  • Comment 0
  • Trackback 0

縦横無尽。

  毛布にもぐりこむの図。 ・・・世間一般の猫の居る家には、 猫がくぐる専用の猫ドアが設えられてるとも聞くが。 ハンナ姫様にはそんなもの無用! 引き戸はもちろん、取っ手式ならばドアでも開けるスキルを身に付けてしまった。 もはや彼女を阻むものは何もない。好きなところに好きなときに行ってもぐりこむ。 いたずらしても本気で怒れない奴は得だな。くそっ。 夏場になって網戸にしたら外に飛び出しそうで怖いな。対...

  • Comment 0
  • Trackback 0

所詮他人の痛み。

 ―さて。 今日、3月10日が何があった日なのか、ご存知だろうか。 パッと出てくる人は、存外少ないかもだね。 東京大空襲。 第2次大戦中の単一の戦術行動の中でも、未曾有の非戦闘員被害者を出したと言われる空爆である。 しかしまぁ。 この「生活領域に対する一方的な空爆」という戦術は、何なんだろうね。 「戦争」が、「領地や労働力の確保」を目的に行われていた時期から考えると、とても理にかなうものではない。みんな...

  • Comment 0
  • Trackback 0

血の流れない戦争。

 体育会系なノリは好きになれない共謀空間ではあるが。 話題になっているスポーツイベントなどは、それなりに気になる。 と言うわけで。 第2回目になるワールド・ベースボール・クラシックが開催中。 V2を目指す日本チームは中国・韓国に快勝。いやが上にも気勢は高まる模様だ。  ・・・しかしねぇ。 サッカーのW杯の際にも書いた覚えがあるけど、どうにも日本人の応援の仕方ってナショナリズム的に見えてならんのだな。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

何かを守るためなんてエゴの言い訳だから。

 日曜に来るのは特撮ヒーローレビュウ。 「筋は追わない。独自の切り口で」というのが共謀空間でのレビュウのモットーなわけだが。うまく行ってるんだろうか。 まぁ、こういうスタイルしか我らにはできない。だから、出来ることをやるしかない。 そんなわけで今週の様子は。 『シンケンジャー』。お役目の為に抱いていた夢を捨ててきた二人。その葛藤を覗かせる青桃の組み合わせの話。古来「正義の使命」に殉じその妨げになる...

  • Comment 0
  • Trackback 0

綺麗は汚い。汚いは綺麗。

 ・・・まぁ、今更なのかも知れんが。 「ズシスワフ・ベクシンスキー」という名前を、ご存知だろうか? 最近ちと某所で名前を知り、何気なく調べてみたのだ。 ポーランド現代美術孤高の巨匠と言われる人物である。 どういったアーティストなのかは・・・まぁ、詳細は敢えてここでは書かない。 知りたい方は検索してみるといい。 ―ただ、一言だけ言っておくとしたらだ。 泣くよ? 彼の絵にはすべて、題名がない。 ただ、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

汝、罪深きもの等よ。

 ―うぉ。 今日も例によって迷惑コメント削除しにかかったら。 とてもご無沙汰な方からコメント頂いてたよ。 お久し振りです電鬼社長。サイトにも繋がらなくなってどうしておられるかと思ってたけれどお元気そうで何より。 長々とお付き合いいただいているようで汗顔の至りでありますよ。これからもほどほどに気合入れて更新していきますのでどうぞ良しなに。 ―さて。 今日は久し振りに、『レスキューフォース』を取り上げて...

  • Comment 0
  • Trackback 0

思えばこの啓蟄の折。

 ヘビやらカエルやらと一緒になって、 この共謀空間がひょっこりとネット上に現れてもう丸3年になってしまった。 まぁ誰も見てないようなブログではあるが。 毎日毎日まぁ意地のようによく更新してるもんだとは思う。おざなりな日も多いけどね。 こんなプライベートをほとんど反映していない内容のブログでも、 ログを遡ってみるとその時々のことが結構思い返せるものだから意外と日記としては機能しているもんだと思われる...

  • Comment 1
  • Trackback 0

ようすがへんだ。

 ・・・まぁ、書くほどのことでもないとは思うが。  先日新品が届いた携帯の電池が、妙に減りが早い気がしてしょうがない。 以前は一度充電したら1週間は保っていたのに、 4~5日くらいでもうゲージが減り始めている。 使い方は前と変わらないはずなのにな? 電池以外のところに問題があるのか、 電池自体、容量が少なくなってるのか。はてさて。 電池交換ではなく、機種変更の方向で考えたほうが良かったのかな。むー。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

電動ゾイド今昔。(今編)

 えー。 昨日に引き続きゾイドのお話。 件の如く80年代後半に一度眠りについたゾイドは。 21世紀を目前にして突如復活を遂げる。メディアミックスを伴って。 それから早くも10年ばかり。ゾイド登場からは実に四半世紀。 現在は新シリーズ「リ・バースセンチュリー」が展開中なのは周知の通り。 その25年の歴史の末にどんな進化を遂げたかと言えば・・・  何と小型ゼンマイユニットと同サイズのモーター動力ユニットが開発...

  • Comment 1
  • Trackback 0

電動ゾイド今昔。(昔編)

  2月発売のリバセンゾイド、キングライガー。 旧後期中型電動シリーズの、動力伝達コネクタを持つ所謂「グレードアップゾイド」の一つ。 リバセンゾイドの中でも、旧時代の完全復刻のものを買ったのはこれが初めて。・・・実は旧時代にも実物を手に取ったことがないゾイドの一つだったりする。  その動力ユニット。 復刻版ではこの状態でパッケージされているが・・・ 旧時代はこのギアボックスまで組み立てなきゃならな...

  • Comment 0
  • Trackback 0