明日から新学期。

 また近所の学校が賑やかになる。 この夏、どれだけの子供達が冥府魔道に堕ちたやら・・・ イヤな話はやめて。今日のヒーロータイムー。  『ゴーオンジャー』。軍平先生のかつての相棒登場しての地道な捜査話。やってることはまんま刑事モノのそれではあったのだが・・・鍵が「ペン回し」ってとこがゴーオンジャー。いや確かにペン回しって協会まで実在するらしいけど。初回からおいしい役どころのグンペイ回ははずれが無い。...

Post image

11.8mのモルガにも1.5mのゾイドコア。(その1)

  ・・・新世紀版のほうが色的には近かったか。 てなわけで。ゾイドHMM今月の新作・モルガのノーマル版をちゃちゃっとパチ組みしたので上げてみる。 小型キットの上肢体のない分構造も簡単なので、2時間もかけずに組みあがったぞ。  可動部はといえば体節くらいなので、ポリキャップさえ使ってない仕様。 毎度ディティールの拡大解釈が面白いHMMだが、今回は「ロボット」的アプローチよりもAFV的アレンジが目立つ。身体が...

Post image

侑斗ぉ!シイタケ攻撃だぁ!!

  「・・・ああっ!誰かと思やてめぇはオデブじゃねぇか!!」 「デネブです。どうか侑斗をよろしくお願いします」  「終了1年半たってもまだそれやってんのかよ!!」 ・・・バンダイのアクションフィギュアレーベル『S.H.フィギュアーツ』。 このレーベルで『仮面ライダー電王』の人気キャラ、デネブイマジンが登場。電王再放送やってる我が在所ではリアルタイムで絶賛活躍中だ!!  デネブにしては細い、とか前評判で...

Post image

クエストNo.1121.

 >未完成のプラモデルを手に入れた!  てなわけで。コトブキヤゾイドHMMシリーズの新作は発表の際誰もが目を疑ったと思われるモルガである。 しかも2機セット。1機はキャノリーユニット付き。ジェネシスゾイドで発売されたときのカラーだな。 正直こんな方面からゾイドファンの琴線に訴えてくるとは思わなんだわい。 なにやらビジュアルブック付きの限定版なんだそうで。内容は今までのボックスアート集と開発スタッフ談話...

Post image

ジレンマはきりがない。

 何となく目に付いたので555の装変を貼る。 ちょっと前のライダー改めて見ると何か新鮮だよね。   「突如、異能の異形と化した人々」を描いた『仮面ライダー555』という番組は、 それゆえの人と人ならざるものとの葛藤に取り組んだ意欲作だった。成功したかどうかはともかく。 そして、「仮面ライダー」はその異形のものオルフェノクのための単なる「道具」として登場し、 使用する者がコロコロ変わると言う非常にド...

Post image

寝過ごしたので一言だけ。

 ・・・・・・「量産型ブラフマン」ってどんな作品に出てきたどんなロボなんだろねぇ・・・・・・ 今時パチ組みも出来ないみたいだから相当昔に発売されたキットなのかも知れんが。 非常にわかる人の限定される一言ですまん。今日はコレだけ! ...

Post image

ふと気づけば。

 最近このブログにはハンナ姫様がいらっしゃらないではないか!! と言うわけで久々にお姿を貼る。  高い場所から下々を見下ろしご満悦の図。 暑い日が続き昼間はほとんど寝て過ごしておいでであったが、 ここ数日めっきり涼しいため元気を取り戻されたようだ。 食欲も戻ってきたご様子であるし、夏痩せ気味だったのも戻るかな? 生後半年近く。そろそろ避妊なども考えねばならぬ時期に来ているが、 まだまだ仔猫気質が抜...

夏の終わりに。

 ヒーロータイムも今週から通常営業復帰。北京五輪も閉会を迎え、2008年の夏ももう終わりかな、と言う感じ。朝夕めっきり涼しくなったしね。 そんな今週の内容はといえばだ。 『ゴーオンジャー』。エドはるみ蛮機で話題を呼びたかったのかも知れんが、お話の筋としても二転三転がなかなかよくできていたのだった。人情モノと言ってしまえばソレまでだが、ああいうパターンは結構好きだ。やはりヒーローには誠意がなくちゃね...

探偵王子!!君は(以下略

 ・・・書くことといえば『P4』の進捗状況報告くらいしかないつまらん日々を送ってる。 しかし発売から一月余でプレイ時間80時間超というのはここ数年無いくらいのモチベーションだ。 ・・・それでようやく10月突入と言うペース。やはり一度戦闘フィールドに入ったらキツネさんに大枚払いつつしこたま粘るのが原因か?つうかあいつトリッシュよりアコギだ。 ・・・しかしただのミジンコどチビだとばかり思ってた直斗がホン...

だからドリルは外せと以下略。

 ・・・1クール遅れの『レスキューフォース』を今のところ忘れずにチェック出来てるわけだが。 『リュウケンドー』同様のオーソドックスな作劇にいろんな意味で安心して観てられる作品ではある。 今回こちらではとある方面からお勧めだったレスキュードリル登場EPが放映。 ・・・なるほど。主人公のニューフェイス君と無機質なナヴィAIとの交流めいたものを描いたなかなかの良EPであった。 人間って奴はどんなものに対しても...

帳尻あわせ’08

 てなわけで。 本日午前中のイレギュラー放映で関西圏の『キバ』も他地域にやっと追いついたよ。 ちょうど映画の時期なのにどうにかならんもんかな、全く。 さて内容は。 バックトゥザ753首尾よく?過去の改竄に成功の巻。もちっと心に余裕を持てとの音やんから助言も頂いたが。いつもテンパってなきゃ753じゃねぇよな(酷)。 ほのかーに心動かすものを感じた美女がファンガイアのクイーンで、しかも現在の知人である...

集中攻略の結果。

 ・・・長期休みの間にネトゲコミュ進めてるような感覚だな・・・ さて。ゲーム内カレンダーでは2学期を向かえ、月光館の元会計メガネが相変わらずはわわわわなのに何かちょっとホッとし、地獄のサバイバル王様ゲームも生き延びて現在地下秘密基地に潜入中の『P4』である。まぁ脳改造までに間に合えばいいだろう。・・・我ながら絶妙にゲームやってない人には何だかさっぱりわかんねぇ書き方だ。うん。 また長い鼻の歌を聞くと...

Post image

食玩侮るなかれ。(太秦アドベンチャー編)

  「俺たちの胸にも、正義の心が!!」 公開中の映画『炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!』。 江戸時代のような異世界サムライワールドを舞台にした特別編。 この作品に登場した流れ炎神、炎衆の裂鷹・獅子之進・月之輪がミニプラで登場。  まぁ見て解る通り。1号ロボ・エンジンオーを構成する3体の炎神のリデコ。 モノとしてもエンジンオーの色換え・パーツ追加したものとなっている。 いつもならミニ...

久々。

 いろんな意味で想定外の事態が頻発している模様の今年の五輪。多分フェンシング人気が高まるだろうねぇ。 そんなTV枠の事情の中隅っこに追いやられがちな特撮番組。今週は久々にキバもあったよ。2週も空いてお話忘れがちだが。 そんなこんなで『ゴーオンジャー』。恋に恋する炎神と、美を愛する変わり者の蛮機族が織り成すわけのわからん恋の悲喜劇。そして二人の女戦士のあれやこれや。ただまぁ、ちょいと嗜好が違うために人...

盆休み進行。

 このお休みを利用してゲームを進めていたりする。とはいえ『P4』1本だけど。 某所のとある人が「9月に入るだけで50時間越えちまったよー。遅いなぁなはは」とか書いてたけど。 夏 休 み が 終 わ ら ん う ち に 6 0 時 間 オ ー バ ー で す が 何 か ? ・・・・・・個人的には極々ふつーに進めてるつもりなんだけどね? 女帝コミュランクが現在7、と書けば、わかる人にはキャラクターレベ...

Post image

盂蘭盆ももう終わり。

 新デジカメに「花火撮影モード」があるので地元の花火を撮ってみる。  ・・・・・・シャッターのタイミングシビアすぎるよコレ。  さておき。 花火大会が終わるとこの辺りではお盆もおわりという時期なのだが。 そんな色々と慌しい時期に東京某所で大規模な自費印刷物の売買イベントが始まるらしい。 ・・・盆暮れにそーゆーお祭りをするってのは、明らかに一般人とは隔絶したスケジュールを持ってる人だよね。 そんなイ...

Post image

親世代ヲタ希望の星。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・また、変な人形を増やしてしまった・・・・・・・・・・・・・・・  Max Factoryのアクションフィギュアレーベル「Figma」。 京アニ作品モノから第2のタイトル『らき☆すた』の泉こなたである。  何と言うかまぁ。映像作品のイメージをそのままアクションフィギュア化するクオリティにおいては他の追随を許さないFigma。今回もその手首のぷにっと感やらちびっこキャラ故の「制服に着られて...

Post image

マイルドビター異変。

 今年もアジトの西日よけにゴーヤを植えていることは以前も書いた。 ―しかし。雨が少ないせいか成果はいまいち。 葉はよく茂っているのだが。 その茂った葉に日光を遮られたらしい。 世にも奇妙な「白ゴーヤ」を発見。  ・・・・・・なんか、美味しくなさそうだな・・・...

Post image

今がその時だ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・あー。 自分なんて死んじゃったほうがいいんじゃないだろうか、と思うことって、ある? ああっとごめん。別に欝とかじゃないから。多分。 ただまぁ。一日散々なことが次から次へとあると 「自分は世界に愛されてない」 とか考えちゃうよね。 実際は世界はすべてを愛していて、それはつまり何も愛していないと言うことなんだろうけど。 とりあえず。 どうしようもなくダウンな気分な...

時事ネタから一言。

 何でも略語にしてしまう言葉足らず昨今。 「KY」なんて言い方がある。  トンカツ屋のチェーン店ではない。 「空気読め」の略らしい。 そうやって周囲の雰囲気にそぐわぬことを野暮の極みと斬って捨てる無慈悲な二文字なわけだな。 だがね。 今一番KYなのはほら、アレだと思う。 オリンピックの真っ最中に紛争なんかしてんじゃ、ねぇぇぇぇぇぇぇ!!...

Post image

北京と甲子園のツープラトン。

 そんなこんなで今日もキバがお休み。今日は全国的。 2週も空いたらどんな話だったか忘れてしまいそうだよ。とに。 んで、今日も『ゴーオン』オンリーのレビュウになるわけだが。 早い話、今日はおかんキャラ青の人が出来るまでってことらしかった。 今後の展開の前フリでもあったようだが。どっちかと言うと金のアニキと同じ正論派だった黒の人にかばい立て役をさせたのはどういう意図だったんかな。まぁ、何のかんの言いつ...

Post image

2年越しに掴んだ光。

  「お前らはいいよな。俺達は今頃登場だぜ」 「どうせ俺達には、話を攪拌することも出来なかったからな」 ・・・というわけで。 仮面ライダーといえどもどん底な境遇が続くとどうなるか、という事情を具現化したような歴代最もやさぐれた仮面ライダー。 『カブト』に登場した地獄兄弟ことキックホッパー&パンチホッパーが、装着変身から派生したレーベル「S.H.フィギュアーツ」においてリリース。  久々のバッタモチーフ...

数の暴力。

 4年に一度のお祭り騒ぎ、リアルタイムで開会式典中。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ええと。何これ。何が起きてんの。 五輪開会アトラクションいくつか見てきたけれど。 「何をやってるのかさっぱりわからない」ってのは初めてだ。 さすが世界最強の人海戦術国家中国。マスゲームも桁が違う。 半口あけてぽけらっと見てしまう。いやと言うほど手間暇頭数使えば人間って何でもできちゃうのね。 これより夜半まで見てし...

まだまだちんたら。

 何か書けといわれてもやはり『P4』ネタくらいしかないわけだが。 現在7月上旬でプレイ時間47時間。主人公のレベル38。夏休み前に50時間を越えるのはほぼ確実かと思われ。何にそんなに時間かけてんだ自分。 7月に入って結構ショッキングなイベントが発生するわけだが。 あのキャラ何となくだが口が悪いだけで実は自分が憎まれ役になるのも厭わない熱心な人なんじゃあないかなーと思ってそんなところが垣間見えるイベントと...

世界を変える光。

 ―アニメのシチュから引っ張ってくるのもどうかと思うが。 『コードギアス 反逆のルルーシュ』世界と現実世界の最大の差異の一つは、「エネルギー事情」だ。 常温超伝導物質サクラダイトの存在が電気機械技術を飛躍的に進歩させ、非常に高効率な電気エネルギー利用によりその他のエネルギー資源を駆逐してしまっているのだ。  ―だが。 劇中の時代において、全く新しいエネルギー資源の利用が発明された。 そう。原子核が崩...

困ったときの進捗状況。

 相変わらず『P4』のろのろとプレイ中。 それでもプレイ時間は40時間を越え、りせクマも救出。さらわれた人は二日から三日で救出するのを目標にしてるのでその後は割と余裕が出来る。ようやく手馴れてきた感じかな。このプレイ時間でようやく7月というのも時間かけ過ぎかも知れんが。それでもパラは伝達力のみ4で残りはすべて3。発生したコミュは12で最高ランクは戦車の7。まずまずの進め方かな。 しかしまぁ。今回もな...

カン違い皇子泥濘記。

 お話もそろそろ佳境に入りつつある『コードギアス 反逆のルルーシュR2』だが。 毎回毎回よくもアレだけどんでん返しが仕込めるなぁ。時々お話を作るフリをする身としては心底感心するわ。ストーリーがどこに行き着くのかまるで見えないんだもん。 普段無駄に尊大なルル山が這い蹲ってでも情に訴えようとしたのが今回のヤマ場だったわけだが。 その際ウザクに対して吐いた質問の答えがほとんどウソばかりなのがミソなんだな。...

毎度おなじみの事態だが。

 ―暑い。 どこ行って何してても暑い。一人でも暑い。咳をしても暑い。 こうも暑いと。 この炎天下で野球なんてやってる学生どもがヘンタイに見えてくる。カラダいぢめて何がそんなに楽しいねん。 そんな高校野球のおかげで関西圏は『キバ』がお休み。どこの枠に行くのやら。 よって今日のヒーロータイムレビュウは『ゴーオンジャー』だけだよ。夏のホラー編と言うか映画リンク編と言うか。とりあえずは機械生命体にして理論...

わたしにできること。

 ・・・方々で言われていることかも知れぬが。 今期放映中の深夜アニメの中で一番イカれた1本はやはり『ストライクウィッチーズ』だと思うわけだ。 ・・・・・・いや、ホントコレ作ってる人たちあらゆる意味でアタマがオカしい。「いくらなんでもここまではやらないだろう」ってぇレッドゾーンを軽々越えている。 物語の舞台は我々の世界と似てちょっとだけ異なる世界。時代は恐らく20世紀半ば―こちらで言うと大戦の只中の...