共謀空間FC

Archive page< - 2008年04月

Archive2008年04月 1/1

超大型ルーキー。

 唐突だが。 共謀空間に新たなる共謀者が加わった。 彼女である。  名前は旧約聖書から取材して「ハンナ」。生後2ヶ月ちょい。役割は主に愛想を振りまいてネタを提供する事。 しばらくケージ暮らしをしていたところこの度生意気にもアジトの4畳半一間を与えられ暮らす事になった。 突如広いところに移されたためしばらく興奮気味で走り回っていたが、腹が減ったのかおとなしくなった。 なかなかの美人だが意外に物怖じしな...

  • Comment 0
  • Trackback 0

籠のなか。

 ああ、可笑しいだろうが。俺はずっとここから出られずにいるんだよ。  ・・・・・・・・・・・なんてどこかに白い竹が生えてるような竹林でもねぇけど。 今年もね。丹波の筍を掘りに行く機会に恵まれたんよ。 竹林を歩き回り、頭を覗かせた筍を見つけては慎重に掘る。途中で折らないようにうまく掘るには遺跡の発掘のような慎重さが必要でなかなかに難しい。それだけに。根元から綺麗に掘り出せたときは喜びも一入。  ・・...

  • Comment 0
  • Trackback 0

高一の神。

 「あらキョン。最近女の子になったりして調子に乗ってるみたいだけど、今日は何か随分コンパクトになってるわね」  「・・・それは彼ではない。中の人が同じなだけの、別の何か」 いやその実は。 先日紹介したセイバーとともに、もう一つ買ってたのよね。 マックスファクトリー『figma』の団長こと涼宮ハルヒ。  先の長門有希と同様の制服姿だが、キャラの活発さを反映してスカートやリボンは躍動した感じになっている。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

笛吹き踊らせるものたち。

 ―はぁ。もうGWとか言うのに突入か。この間年明けたと思ってたのに時の経つのは早い事。 そんな初夏の声を聞く日曜にヒーロータイムレビュウ。 『ゴーオンジャー』。一般大衆がマスコミに踊らされる現状をちょいと皮肉っているようにも見えた電波ジャック話。これって黒の人がああいうシチュにされなかったら完璧に成功してた作戦だったんじゃあなかろうか。ちょいと間が抜けてるけど、ガイアークの策略ってなかなか効果的なの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

騎士王襲来・新。

  同じモチーフなのに随分と違うもんだなぁ。 ・・・つうわけで。着々と美少女アクションフィギュアの人口が増えつつあるキモい共謀空間。本日やってきたのはマックスファクトリーの「figma」シリーズの新作、セイバー。  セイバーのアクションフィギュアといえば上の写真にある海洋堂のリボルテックが有名だが、意外なほどの人気を博したリボセイバーを意識したかしないでか、様々な工夫が施されて独自性を演出している。顔...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今、切り替えのとき。

 新PCにプレインスコされてたMacAfee体験版の期限が今月一杯くらいで切れるようだ。 最初から入っていたにもかかわらず、立ち上げの邪魔はするわ接続の邪魔はするわといささか困ったちゃんなアプリケーションではあったけど。 課金版の利用は考えていないため、こいつとはおさらばになる。 この週末には、ウィルスバスター2008をインスコする事になろうよ。元々そのためにPC買い換えたんだしね。 だが。 VB08を導入すると...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(昨日の自分をオーバーテイク編)

 ばるばるーか。  がんががーん。  っあげたげ~た~。  ってなわけで。ようやくこちらでも新炎神手に入ったよ。ミニプラ・ゴーオンガンバルオーのバルカ、ガンパード、キャリゲーター。  例の如くの不均衡な内容。バルカとガンパードに比べ、2箱に分かれたキャリゲーターのキャリア部分のボリュームが大変な事になっている。だがキャリゲーター自体は意外とコンパクトに組みあがる感じかな。 もちろんバルカとガンパー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

まゆつば。

 ええと。 在所の今月開始の深夜アニメもようやく出揃ってきたようだ。 何つうか、何もかも放映遅い気がしてならん。『図書館戦争』なんて昨夜からだぜ。 そんな中。 『狂乱家族日記』も『紅』も入らない中、この辺で視聴できるラノベ原作アニメが先に出した『図書館戦争』の他には『我が家のお稲荷さま。』なわけだが・・・ コレが何と言うか。予想以上に微妙な出来だったり。 絵に関してはまぁ。放電映像絵を動かすなんて...

  • Comment 0
  • Trackback 0

困った。

 書くことがない。 それもこれも今週発売のはずのミニプラ・ガンバルオーが近隣には入る様子さえ見られないせいだ。 おかしいな。関西だけ入荷が遅れてるとかじゃああるまいな。 ネットでのレビュウを見ると今回も異常な出来らしいので早く欲しいのだが。むぅ。 ―しかし玩具レビュウが主なコンテンツのブログかも知れんのにあまり玩具に金使ってないほうだろうなぁここ。 ・・・いや、世のオモチャ好きっておかしいよ。ああ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

真っ赤なボディーの♪

 毎回毎回唐突だが。 皆様のご近所では「丸ポスト」をお見かけする事があるだろうか? 丸ポスト。正式名称:郵便差出箱1号丸型。 全高150cmほどの円筒形の郵便ポストだ。 天辺の形状と差込口のひさしが帽子の様にも見える、ややレトロなアレである。 さすがに古いものであり、内部に回収袋を持たない扱いの難しさから数は減り続け、現状全国で現役なのはほんの5,000基余りと言うところらしい。 だが。 我々の住む関西...

  • Comment 0
  • Trackback 0

何はなくとも。

 日曜日には特撮番組レビュウが来るわけだ。 しかたないのさケータイ捜査官もレスキューフォースも見られない身としちゃあ。 ではいつもどおり行ってみようか。 『ゴーオンジャー』。暫定最強合体登場編。異世界の住人を手ずから改造して合体できるようにするとはねぇ。宇宙意思からの預かり物を勝手に改造した某熱血最強なクラスみたいなもんか。サルマネ野郎を倒す最良の手段は真似できない「先」を作って見せる事だというパ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

発掘品さらし。

 先日紹介したR3ウォーカーギャリアにはかつてのWMキット開発裏話などが掲載された小冊子「メモリアルブック」が同梱されていたのだが。  この中に「WMキットは最近再販されたが、1/100ガバメント、プロメウス、オットリッチは金型紛失により再販不可能だった」という記述があった。 -つまり。それは。 先日の記事を書くために発掘したマウンテンサイクルから出土したコレは結構な貴重品だという事か。  なんつうか。当...

  • Comment 0
  • Trackback 0

諸般の事情。

 皆お気付きではあろうが。 今月に入ってからガソリンが値下がりになっているところが多い。 ニュースとか見てて分かるとおり、 「道路特定財源」というやつをガソリン販売時の税金として乗っける制度の期限が切れたためだ。 道路工事やってるところなどに時々書かれてた「この道路はガソリン税で作られています」という、アレである。 だが。 ガソリンにかかる税金と言う奴は、備蓄から卸される際にかかるものなんだそうで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

いつか償う時もある今日と言う日はもうないが。

 サンライズアニメ『戦闘メカ ザブングル』に登場する二脚歩行機械ウォーカーマシンは、 環境の激変した地球上で人類が活動するためのツールと言う、他のロボットモノには例を見ないほどに生活に密着したマシンとして設定されていた。 それゆえか。放映当時バンダイが発売したプラキットは、 アニメーション用の設定画よりさらに実在感を強調したディティールを加えられたリデザイン版としてリリースされた。 現在ガンプラで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

故障中。

 ―今日は特にネタがない。一退が頭痛で一回休みなくらいで。 定期的に故障するなぁ奴も。保障期間切れたか。 よってと言うか今日の更新はおざなり。悪しからず。 ―不良梱包はその後無事解消した模様。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

アニメとかの雑感。

 ―猛烈に今更にも程があるのだが。 ようやくにして『P3』1周目が終了。2年近くかかるってどーよ。 ラスボス倒してからがあんな長くなるとはおもわなんだ。 ・・・しかし、誰かが『DDSアバタールチューナー』を「AIが人間になって解脱するまでの話」とか言ってたが。 『P3』は「戦闘車輌が人間になって嫁になるまでの話」だったんだなー。 今2周目を『FES』で始めてるんだが。これも『P4』が発売されるまでに終わるかどう...

  • Comment 0
  • Trackback 0

花だより最終便。

 K府北部のM湾といえば。 日本でも有数に深く入り組んだ入り江。外海が荒れても静かな理想の港湾である。 この内海に面した小さな集落に。 見事な枝垂桜が咲くお寺があるので今年も足を運んでみたぞ。 樹齢300年になろうという古木と、それから分けた子株。 そろそろ終わり近くで葉も出始めていたが、見てのとおりまだまだ爛漫と咲き誇っているのだった。 頭上の花の滝に見惚れつつも、ふと足元に目をやると。 イカリソウ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

みんな聞いてくれ。

 何度か述べた事ではあるが。 我らが在所ではテレ東系が入らない。 よってこの春の新番組は。ケータイ捜査官7もレスキューフォースも見られない。俺は圏外だ。 リュウケンドーの前例があるからレスキューのほうは一縷の望みが残ってるが。 代わりにと言うか入ってくる地方局が、謎UHF局KBS京都なわけだが― どういうわけか。『電王』の再放送始めやがりましたよ。 平成ライダーシリーズ8作目にしてちょいと異常なくらいのウ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

たまには時事ネタ。

 忘れがちだが4年に一度(冬季がずれたせいであまり有り難味がないけど)のオリンピック・イヤー。 ―だが、今回はどうにも不穏な空気が流れてるのがどうにも困ったものだ。 周知のとおり。オリンピック気分を盛り上げるはずのプレイベントである聖火リレーが度重なる妨害にあい、途切れたり予告なくコース変更していたりするのだ。 この状況は。否が応にももう30年ほど前に起きた旧ソ連のアフガン侵攻に抗議しての各国のモスク...

  • Comment 0
  • Trackback 0

デカルチャー四半世紀。

 かの『マクロス』TV新作『マクロスF』も放映2回目。 第1話はDC版ともまた違うシーンが挿入されててあざといなぁとか思ったりしたわけだが。 『マクロス』も劇場版が正史。 だが。思ったよりTV第1作のオマージュ的な側面が強いようにも見える。ヒロインの空中放り出しとか。これは劇場版でもやってたっけか。かの最初の汎銀河大スターを生んだ伝説の屋号の名物料理が「マグロ饅」なのにもちょっとクスリ。マグロといえば最初の...

  • Comment 0
  • Trackback 0

話に聞くほどクセはない。

 唐突だが。 「へしこ」 と言うものをご存知だろうか。 若狭地方に伝わる郷土食材。主に鯖を用いる青身魚の糠漬けである。いわゆる「鯖街道」を運ばれて京都などにも伝わり関西ではそこそこ有名な水産加工品だ。 通常は炙って頂くものではあるが・・・ 何やら「刺身へしこ」と呼ばれるそのままで食べられるものを頂いたぞ。 塩糠漬けだけあって激烈に塩っ辛いのだが、一方旨味もぎゅっと凝縮されている。燻製ではないが上等...

  • Comment 0
  • Trackback 0

滅私奉公マジェスティック。

 ―さて。深夜アニメウォッチャーズ共謀空間としてだ。 新番組開始週間でもあることだし。1本取り上げてみるか。 今日のお題は・・・ 『仮面のメイドガイ』 「・・・また殊更にアホなタイトルをセレクトしたな」 「失敬な。そもこの世にアホなタイトルなど存在せん。みんな大真面目に作られているのだ。多分」 さておき。 漫画原作。昨今世間一般に流布するどこか間違っている気のするメイドゥン・サーヴァント観に一石を投...

  • Comment 0
  • Trackback 0

山陰出身の魔王。

 本屋さんに良く行く人ならば。 最近、漫画月刊誌コーナーで誰にも真似の出来ない強烈な個性を放つキャラクターを目にしているはずだ。 雑誌名は、「月刊IKKI」。その表紙を今飾っているキャラクター。 「ピンホールくん」。 ―一目で分かる彼は、かの水木しげる大先生が生み出した最新作の主人公なのだ。 水木しげる先生といえば。 日本における「人外の異形」に形を与えるクリエイターとしては掛け値なしの第1人者。 いわ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

帰ってきたカン違い王子。

 4月に入り新番組も続々始まっているわけだが。 深夜枠の第1期から晩飯時に移動と言う、深夜バラエティのごとき栄転を果たしたタイトルが昨日から始まっている。 そう。『コードギアス 反逆のルルーシュR2』だ。 第1期のラストからどう収拾したものか。「何か」によって登場人物の多くが記憶改竄され微妙に、あるいは大幅に書き換えられた日々を暮らしている、そんな始まり。―だが、魔女の帰還によりすべては軋みつつも元の軌...

  • Comment 0
  • Trackback 0

キッズタイムといいおっさん。

 ―日曜朝微妙にコラボアワーだった本日。 だがまぁ。ここ的にはやる事は変わらん。その中ほどの特撮2本レビュウ。 『ゴーオンジャー』。ウルトラマンレオの人をゲストに迎えてのシリーズ最大の危機(もうかよ)克服編。要は「奇跡は待ってても起きないよ」って話。奇跡ってのは予想外に振って沸く以外には人事を尽くした後でなきゃ起きないもんなんだよね、主にヒーロー的には。それを忘れて他力本願的に奇跡を願うってのは現代...

  • Comment 0
  • Trackback 0

爛漫。

  近所の学校の桜は満開。  枝垂桜もこのとおり。  花壇の桔梗咲きチューリップも見事に開き、  黄水仙に蝶も訪う。 うららかな日和に、花を愛でる週末なのだった。春真っ盛り。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お待たせ。・・・だが。

 ・・・今回軽く1万越えちまったい。 というわけで。発売延期からひと月余。「武装神姫」シリーズ第8弾がようやくにしてお目見え。 今回は第1弾と同じ島田フミカネ氏デザインの「ムルメルティア」「飛鳥」、そして第4弾EXと同じ柳瀬敬之氏デザインのEXウェポン“PLUS”「ゼルノグラード」の3種。 旧ドイツ陸軍、旧日本海軍、ロシア陸軍のイメージでミリタリーテイストでまとめた今回。特にムルメルティアとゼルノグラードは組み...

  • Comment 0
  • Trackback 0

君の価値さえも決めかねて分からなくて。

 3~4月は重ねて言うまでもなく番組改変期。 先週から今週は深夜アニメも大部分が終了した。 その中で今期密かに話題だったのは― やっぱアレか。『俗・さよなら絶望先生』。 半年前の第1期よりも混沌成分増量で送った13話。 特に製作に余裕があった(?)前半はもう何が何やらな実験的手法連発で見るも奇奇怪怪なシロモノと相成っていた。 画面は原作どおりにしておいてセリフをすべて意味不明にし、全く内容の違う字幕を当...

  • Comment 0
  • Trackback 0

やれやれ。

 やっとまた少しあったかくなってきたねぃ。 花冷えはちとつらいものがあるので、このまま春本番といってほしいところだが。 まぁ特に書く事もない平穏な一日だったわけよ。 ちと作業する事もあるゆえ、今日の更新はおざなりで勘弁。 ―並べてみるとファイズの素体だけ何か小さい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

黒く塗りつぶせ。

 今日はいわゆる、万愚節とかいうやつ。 ネット上でも様々に工夫を凝らしたウソがまかり通ってるようだが・・・ 普段は息をするように口をついて出るウソが、 「さぁついてみろ」といわれるとそうそう出てくるもんじゃあない。そーゆーもんだ。 この日は紳士の国イギリスでも大新聞が1面トップでウソ記事をのっけるとも聞く。 「お約束」としてのウソだ。楽しみにしてる人も多いのだろう。 ウソついたほうは「はっはっはー...

  • Comment 0
  • Trackback 0