共謀空間FC

Archive page< - 2008年03月

Archive2008年03月 1/2

彼岸過ぎても寒い。

 もう桜も咲こうというのに何だこの寒さは。 風邪引きやすい人は覿面そうな昨今。甲子園では選抜の真っ只中。 ・・・・・・・・・正直ね。NHK教育が高校野球ばかりやってる時期はね、困るのよ。 ―ビデオの自動時間合わせが効かなくなるから。 まぁどうでもいいことはおいておいて。 共謀空間3年目突入と、Dの新PC導入を機に、ちょいと新しい事でも始めてみようかなぁと準備をしていたりする。 衆目に晒せるくらいになれば...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ネタキャラの熱意。

 花冷えの日曜日。冷たい雨が降るのであまりお外に出られなかったよ。 そんなわけで今日もヒーロータイムのレビュウだ。筋はほとんど追わないので注意。 『ゴーオンジャー』。まだ序盤だというのにロボ最大のピンチ。そして早くも2号ロボ登場というスピード展開。脚本が會川氏になりちょびっとだけシリアスな空気が漂っていた。いつもは何となくお気楽なガイアーク3大臣もまじめにヒーロー攻略。しかし錆びさせる能力なのは分か...

  • Comment 0
  • Trackback 0

春先に色々と。

 白木蓮は花盛り。 枝垂桜の蕾も色づく。 普通の桜はもうすぐ咲くな。そんな春先。 電器屋のゲームソフトコーナー行くと『P4』のプロモ流してた。 今度のベルベットルームはバスなのか?そして鼻オヤジの新たな助手マーガレット。とっかえひっかえかよ。あやつも最強キャラだったりするのか? OPが妙にエロかったり、ダンジョンがテレビの中にあったり。またもおしゃれな画面とサウンド。結構楽しみだ。うん。 それはそうと...

  • Comment 0
  • Trackback 0

装変にウェイクアップ。

 OPのこのカットが印象的だよね。 てなわけで。共謀空間が扱うアクションフィギュアの原典。装着変身シリーズの最新作は言うに及ばず『仮面ライダーキバ キバフォーム』である。 去年のモモタロスや今年のフィギュアーツで取り入れられた構成の素体で劇中のスーツのイメージから多少乖離したクリーチャー的なイメージの造形。モンスター的なデザインのキバには相応しい。電王以来の構成で中の人の顔はなし。背面を覆うアーマー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

カラコル。

 何やら妙にでかい箱が届きやがりましたよ。 スカスカで軽いけどな! 中身はこれ。「月刊ゾイドグラフィックス」。某デアゴスティーニのような「書籍扱い玩具」として初期小型ゼンマイゾイドを復刻するシリーズである。 Vol.1ゴドス、Vol.2ヘルキャットときてVol.3はこのマルダー。前2号はスルーしてたのだがこいつは所持していないので注文してしまったぞ。 しかしまぁなんつうか。パーツ数20数個、説明書など見ずともほいほ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮るなかれ。(エンジン全開編)

 どるどるー。 おんおーん。 ぶいぶーい。 ・・・てなわけで。ようやくにして我が家にも炎神たちがやってきた。 サイズは炎神キャストよりさらに小さいが。 もちろん。侮るなかれと言うかもう誰も侮ってなどいないバンダイキャンディトイのミニプラ、「炎神合体エンジンオー」である。スピードル、バスオン、ベアールV各300円。 ・・・なんつうか。今年の戦隊ロボは初見の印象が「そりゃねーよ」って感じだったのだが。散...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ATLUSと僕。

 ―そういえば。 『ペルソナ4』の情報が公開されたねぇ。 キャラは『P3』同様ギャルソン副島だが、どうもペルソナは悪魔絵師金子氏のようだ。 特攻隊みたいなイザナギだの。キルビルみたいなトモエだの。相変わらずの謎解釈。 アニメのペルソナデザインしてる玄馬氏でも良かったかも知れんね。 そして巷で話題の「全員眼鏡」だが・・・戦闘中以外はかけてないところ見ると、もしかしたら今回はコレが召喚機なのかも知れない...

  • Comment 0
  • Trackback 0

全力フルスイングで空振り。

 今日はとある食玩の入荷日のはずなので探しに行ってみたのだが・・・ ない。どこにもない。久々に駆けずり回ったがじぇんじぇんない。 おかしい。こんなはずはないんだが。 ・・・・・・なんか非常にヘコんだ。何もやる気がせん。もう寝る。ぐぅ。...

  • Comment 1
  • Trackback 0

ヒーローモノと恋愛沙汰の相性。

 ・・・・・・ぶっちゃけ相性がいいとは思えんが。 男と女が出てくれば。そーゆー方向に話を持っていきたがる。そんな思春期的思想がどんな世代にも蔓延してる。様な気がする。ああ下世話。 そんな側面から見たり見なかったりする、今日のヒーロータイム。 『ゴーオンジャー』。追加の緑黒のキャラが濃すぎる分ほんのり薄味な初期メンバー3人のうち、赤黄のふたりの何かこのお子ちゃま共めと言いたくなるようなむず痒いお話。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

春ですよー。

 春分前後は少々冷えたが。 今日はまたとっても暖かくなった。桜はまだだが春本番間近。 鉢植えのシンビジウムもこれこのとおり。 浮かれてお庭に出てみれば。 蘇芳の蕾も色づいて。 白木蓮もほころび始める。 いやいや。木の花が色づくと巷が賑やかになる気がするねぃ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

特に書くことでもないが。

 CD-Rってさ。 一度に700MBもの容量使う事って、あんまりないよね。 データのBUに使うならともかく。ちょっとしたアルバム作る程度なら。 写真データなんて1枚200KBもないくらいなんだし。  何かすごいもったいない気がするのは単なる貧乏性なんだろうね。 それならCD-RW使えばいいじゃん、ってことなんだろうけど。 ビデオのDVD-Rが容量いっぱいになるまで使える事考えると、どうもな。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

デジタル丼勘定。

 丼勘定なんてありえんのがデジタルだろうがっ!! とセルフツッコミしてみたものの。 録画したタイトルのうち、残そうと思ったものはCMカット編集してダビングしてる事は以前も述べた。 クオリティは2倍速。120分ディスクに240分録画できる。 ―さて。大抵の30分番組1本からCMだけを除いた正味がどのくらいになるのかご存知だろうか? 正解は、ほぼ一律24分。全体の8割。 2割はCM入れねばならない制約あるみ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ビッグタイトルは続く。

 TVアニメ『PERSONA~Trinitysoul』がいい感じだ。 2クール放映もほぼ半分を消化。展開はそう早くもないがその分じっくり描かれている。次々と現れる謎また謎。少年たちの心の遍歴。派手なペルソナ戦描写は3回に1回くらいでお話自体は地味っちゃあ地味だが、ダークなトーンと時折挿入されるコミカルな風味が何とも「ペルソナ」らしい。不満といえばペルソナに神話由来の名前が付いてたりしない事だが、コレはゲームを知ってる...

  • Comment 0
  • Trackback 0

攻めの脱力。

 Dのとこの新PCを弄らせてもらうたびに 某動画サイトは見てしまう。うちの環境じゃ快適に見られんし。 こーゆーサイトの利点の一つは、 この辺じゃあ放映されないアニメでも見る事が出来る、ってことだな。 最近取り憑かれるように見てしまうのが『スケッチブックFullcolors』。 昨秋放映されるもこの辺じゃ入らなかった奴だ。 ―まぁ、最近時々見かける「美術系学生の日常4コマ」原作アニメなんだが・・・ ええと。まぁな...

  • Comment 0
  • Trackback 0

暑さ寒さも彼岸まで。

 とは言うけれど。 ここ1週間で急速にあったかくなった。 何かスギ花粉もすごいらしい。あまり花粉症持ってるつもりもないが心なしか目がしばしばする。 いくら何でももう道に積もるような雪は降るまいと、 冬用タイヤはパージしたのさ。 ・・・・・・去年の事思うとまだ100%安心と言うわけでもないんだけど。 まぁ、大丈夫だろうさね。 ―しかし今年はもう車検だなぁ。 点検したらタイヤ替えろって言われるだろうなぁ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

規定業務。

 どこの どこの どこのだれからたのまれた~♪ 別に要望があるわけでもなく毎週日曜にはやってくるヒーロータイムレビュウ。基本的に筋を追わない、見た人にしか伝わりづらい、そんな形式。 読む人に当たっては今日のOAを思い起こされたく。 『ゴーオンジャー』。メンバー5人とその相方がそろったと言うことで各員のお当番回の始まりと言うことか。すでにキャラが際立ってる奴が約一名いる気がするんだが。今回はお人好しで...

  • Comment 0
  • Trackback 0

素敵な魔女3人。

 やぁ。昨年の夏以来久々に舞台演劇を見に行く機会に恵まれましたよ。 今回の演目は『恋はコメディー』。 浅丘ルリ子、渡辺えり子、秋吉久美子と言ういずれ劣らぬ3女優による、ピカレスク・スラップスティック・コメディ。 お3方の魅力を堪能できる瀟洒で愉快な舞台でありましたよ。 いやぁ。小娘にはどうがんばっても出せない妖艶さ、小粋さ、そして可愛らしさ。 軽妙なやり取りと何とも言えぬ絶妙な演技の間。こりゃ参っ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

まだだ。まだ終わらんよ。

 旧PCに電源を入れる頻度がぐっと落ちてきた。 新PCの扱いに慣れてくると、明らかなスペックの違いにどうしても、ね。 旧PCでしか出来ないこともまだまだあるんだから、 お蔵にしてしまうわけにはいかないんだけれど。特に新PCではプリンタが使えんからなぁ。 あまり使わない電機に久々に通電すると、 内部にたまった埃でショートしてあぼーんしてしまいそうで何か怖いし。 ・・・PCではないけど、前例があるからなぁ。 電...

  • Comment 0
  • Trackback 0

春急襲。

 いやぁ。ここ数日急速にあったかくなってきましたねぃ。 夜になっても部屋に暖房つけずに過ごせるくらいだよ。 コレは寝た子も起こすあったかさと言うことで。 まだまだ堅いと先日書いた木蓮の蕾もふくらんできたよ。 これはあと1週間くらいで咲くかな。今年は寒が戻ってダメになったりしないでくれよ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

We're in the edge.

 我が家は閑静な住宅地の本道から外れた道に面しているのだが。 今朝出勤の際、普段はさほどはない車の交通量が異様に多いのね。 何事かと思えば。 本道からその道に入る交差点で大きな事故があり、通行止めになっていたのだ。 なにやら、救急車が2台も来るような多重事故だったらしい。 車社会の昨今。 世に交通事故の種は尽きない。 どれほど交通安全が叫ばれていても。決して減らない。まぁ我自身も起こしちまったこと...

  • Comment 0
  • Trackback 0

でみうるごす。

 =造物主のフリをする無知なひねくれ者。 確定ではないがちょいと創作依頼の打診があり、 プロットを捻っていたりする。 別段稿料が入るってわけでもない所詮お遊びではあるのだが。 人目に触れることが前提である以上は一定以上の完成度は必要。 チラシ裏のラクガキ、って言い方がただの謙遜に見える程度にはしたいところだ。 大まかなプロットを文芸担当のドラに言ってみたところ。 「・・・・・・文庫一冊くらいのボリ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

コミックノベルとアニメの相性。

 3月も中盤に差し掛かり放送的に言う07年度第4クールも終わりに近づいた。 まぁ要するにアニメ番組なんかも改変期なわけだが。 昨今いわゆるライトノベルのアニメ化が目立つことは前にも触れた。そしてアニメ化に向き不向きなタイトルがあることにも。 今期終了のラノベ原作アニメを、ちょいとその辺の観点からそれっぽく検証してみると― 『レンタルマギカ』。角川スニーカー文庫原作。 世界中のトラディショナル魔術に...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ヒーローと一般人の距離感。

 こんばんは。どうにもレビュウしづらい今期のヒーロータイムに頭をひねる共謀空間でありんす。 語りづらい理由がそれぞれでぜんぜん違うってのもなぁ。もしかして我らのレビュウぢからって物凄くショボいのかもしれん。 さて『ゴーオンジャー』。追加炎神到着の話。ヒューマンワールド側の人選はボンバーが適当にやってるはずなのに何となく似たもの同士がパートナーになってしまうと言う。ハードボイルド気取りで子供が苦手と...

  • Comment 0
  • Trackback 0

その境目の一日一時。

 柄にもなく花を愛でる。こんばんは花待ち人共謀者ズです。 暖冬だった去年と比べ、今年は割りと寒さが長引く感じで。 去年の今頃もうふくらみかけていたアジト付近の木蓮の蕾が、今年はまだまだ硬い。 まぁ去年みたいに寒の戻りで蕾がダメになっちゃうよりははるかにマシだけど。 それでも。 部屋に挿した桃の小枝が次々花開いたり。確かに花の季節は近づいている。 そういえば。 ロウバイ(蠟梅)という花をご存知...

  • Comment 0
  • Trackback 0

我々は生きている。

 さて。 ついうっかり忘れていたが。我ら共謀者がネットの片隅に居を構えてから丸2年になった。 何気なく初め、出来れば毎日更新したいなー、と思いつつ今のところそれを全うしている。 個人的にも、内容的には日記的要素はほとんどないにしろ「ああ、これを書いた頃はこんなだったなぁ」と思い起こすためのインデックスになっていたりもする。 なんといっても、2年もの間健康的状況的に大きな事件もなかった、と言うことの...

  • Comment 0
  • Trackback 0

世界と戦う覚悟。

 今日もまた、迷惑メールやら迷惑コメントやらを削除する一時。 所謂「出会い系」ってやつの宣伝が氾濫している。氾濫なんて生易しい。だだ洩れだ。 人間関係が希薄になる昨今。飢餓にも似た孤独感を埋めるためこのようなサイトにアクセスする人間が後を立たない。それが幸福な出会いに繋がることも勿論あるだろう。だが、時として生きるの死ぬのなトラブルの引き金になることもまた事実。孤独で無知な人々を食い物にしようとワ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

思い出の道と意外な再会。

 テレ朝系の深夜バラエティに 『ナニコレ珍百景』 というのがあることをご存知の方も多かろう。 まぁ要するに全国各地の「街で見かけたヘンなモノ」をあげつらう番組だ。なぁんだ、「VOW」じゃんってツッコミは無しですかそうですか。  紹介されるものは全国的に見れば確かにヘンなモノかなぁ、という気はするが、 その地元の人にとってはヘンでも何でもない日常風景なのがミソといえばミソかな。おかしいことはおかしいが...

  • Comment 0
  • Trackback 0

定速再生。

 現時点新PCに変えて最大の恩恵は・・・ 動画・音楽ファイルが普通に再生できること。笑うなそこの奴。 いやねぇ。自作だった旧PCはCPUの周波数が弄ってあったのか何か知らないけど、そういうファイルをなぜかみんな早回しで再生しやがってたわけよね。 それで今人気の動画サイトなんて見ても楽しめなかったりしてたわけだが― やはり販売品はそんなことない。メディア閲覧向けのVistaなこともあって快適再生だ。 しかもね。P...

  • Comment 0
  • Trackback 0

メディアの相克。

 世に原付アニメの種は尽きまじ。 漫画やノベルなど読んでて、「これアニメ化しないかな」とチラッとでも思ったタイトルは、ほぼ間違いなくすでにアニメ化企画が持ち上がってると考えてよいものだそうだ。 実際企画が進行して制作され、放映・販売されるのはほんの一握り。無数の企画の中から選び出されたもののみだ。売れると判断されたものだけが日の目を見る。まぁ売れるかどうか実際はフタを開けてみねば分からぬわけだが。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

やりづらい日曜日。

 ―むぅ。今年のヒーロータイムは何となくレビュウしづらいなぁ。いろんな意味で考察しにくくて。 それでもこのブログの一応メインのひとつ。めげずにやってみる。筋は拾わずにね。  『ゴーオンジャー』。戦う環境保護黒い人のオレ様主義で先が思いやられます話。お気楽極楽な先行3人組とノリもソリも合わない黒、そして両者の間でオロオロする緑という図式が確立。いきなりキャラ立てちゃったな黒い人。他が空気に見えてくる...

  • Comment 0
  • Trackback 0