共謀空間FC

一度主観を手放してみろよ。世界が見えてくるかも知れんよ。

ご指名だがね。

 ・・・ああ?今日儂に書けって?

 ネタないし作業することあるから書けんよ?


 意地だけで毎日更新してるとそういう日もあるだろうが。ここじゃプライベート晒さないってのが前提だし。


 ・・・それはともかく。
 こんな誰も見てないようなブログにまでスパムコメが入るんだから困ったもんだよなぁ。
 チラシばら撒くよりも安上がりで手間もかからんのかも知れんが。傍迷惑な話だ。
スポンサーサイト

当方に迎撃の用意あり。

 先日紹介したfigma長門には何となくではあるが神姫の手首が合うので、
 武器持ち手を利用していろいろ持たせてみた。
SN340026.jpg



 ポン刀。キ○ビル?
SN340027.jpg



 ナガモンにナガモン。
SN340029.jpg



 何か抜いちゃいけなそうな剣。
SN340028.jpg



 ・・・・・・いかん。楽しくなってきた。
 これじゃ4月発売の団長や騎士王も買ってしまいそうだ。美少女フィギュア買うのに抵抗なくなってきたってどーよ。

1度見た技は通じん。

 何やら今年もまた、麻疹が流行しつつあるという話だ。

 儂の頃には水痘(水疱瘡)、耳下腺炎(お多福風邪)と並ぶ3大早めに済ましときましょう病だったのだが。
 ちなみに儂自身はすべて物心付く前にやっちまった。麻疹なんて最初の誕生日前だ。発疹して高熱にあえぐ0歳児。儂のオツムが少々故障気味なのはそのせいかも知れんのぉ。

 医療が進歩して。保健意識も進歩した昨今。
 やや過剰に予防滅菌を進めてきた潔癖社会は、逆に生物としての抵抗力の減退を招いてるのかもしれない。アレルギーが増えてるのもそのせいかもね。

 ・・・しかし。
 ふと思ったが、自分の病歴や罹患中の病をことさらに並べ立てる心理ってのは何なんだろうね。
 プロフィールに既往症ずらずら書く人なんかいるけど、見てる分には引いちゃうんだけどね。
 「オレ体弱いねん。気ぃつこてや」とでも言いたいんかねぇ。心理的な弱みは隠したがるが、身体的な弱みは晒したがる。ヒトは妙な生き物だ。

頑固者だけが悲しい思いをする。

 新新PCと既存の周辺機器との応不応の検証が一通り終了。

 プリンタ ×
 スキャナ ○ ドライバのみ 編集ソフトもインスト出来るか?
 デジカメ × ただしメディアスロット付きなので問題なし
 ペンタブ ○ というかドライバ標準装備

 てなわけで肝心のプリンタのみ使用不可。使うには外部メモリを介してファイルを旧PCに移さねばならぬ。

 フォローしてるのがXPまで、というのが多いというのはマイクロソフトとの共謀か。こんちくしょー。

 ・・・まぁ、例によってOfficeがまだないので、
 新PCでプリンタを使う事態には当分ならないとは思うが。


 にしても。最近のプリンタはスキャナと一体化してるのがデフォなんか。あまり周辺機器見なかったし最近まで知らんかったよ。

続・妥協点の模索。

 W茅野とW植田。
SN340021.jpg


 ―さて。今週はかの「武装神姫」第8弾の発売週の予定だったのだが―

 なにやら問題が生じたとかで間際になって発売延期となったという。なんということ。
 組んでた予算が浮く形になったので、代わりといっては何だが少々気になっていた別のアクションフィギュアを買ってみることにした。何つうか、ダメなおもちゃ好きおっさんの理論。

 それがこれ。マックスファクトリーが今月半ばにリリースした新シリーズ『figma』第1弾、長門有希。
SN340025.jpg
SN340022.jpg


 原型製作は神姫と同じ人。アニメのEDでふしぎなおどりを踊ってる以外は椅子に座って本を読んでいるイメージしかないキャラをアクションフィギュアにするってどーよとも思ったが、プロポーション的にあのあまりアクティヴでない小動物的な可愛らしさをよく表現できている。関節の構成もよく考えられており、相当にやわらかい素材で出来ているスカートやカーディガンのおかげで違和感なくポージングできる。こいつに比べるとリボフロ遠坂のスカートは鉄板。
 オプションは手首4種、表情換えフェイス、眼鏡つき前髪、本、パイプ椅子、専用スタンド。細かいパーツ用の袋や交換手首用ホルダーも付属。この手のフィギュアが増えた昨今なかなかに分かっている仕様。
SN340023.jpg


 カーディガンをつけて多少モコモコした服装になっている分、可動とのすり合わせはうまく行ってると思う。腰がフレキシブルに動く分ポーズにかなり自然な表情がつけられるのね。

SN340024.jpg

 魔術師ごときじゃ歯が立ちません。

 つい小1時間ほど弄ってしまう、という噂どおり、なかなかに触ってて飽きない一品なのだった。

憧れは理解から一番遠い。

 「ヒーロー」とは、普通憧れの存在である。
 さて。なぜヒーローに憧れるのか。

 誰かの役に立ちたいと思うからなのか。
 ただただ単純に格好いいからなのか。
 ―それとも。倒すべき、というか「倒してもいい」「敵」が存在するからなのか。

 今日のヒーロータイムレビュウは、そんな観点からのお話。

 「番組が始まった時点ですでにヒーローであるもの」と「番組最初のエピソードがヒーローになる経緯であるもの」が混在する構成の『ゴーオンジャー』。3人構成の戦隊にすぐさま追加メンバーが現れるという今までにない形なわけだが。特に今回黒になった人はなかなかにイカレてる。既存メンバーをバカ呼ばわり。自分のほうが相応しいと豪語。それを理由に窃盗まで働く。使命感に燃えてるのかと思いきや出たセリフが「カッコよすぎる!!」。一見シリアスながらレベル的にはのーてんきな緑の人と変わらない。こやつ基本的に正義や人々のためとかじゃなくて単にヒーローとして活躍したいだけなんだわ。モノが戦隊だけに(特にゴーオンだけに)そうそう意地悪く考えることもないのかも知れんが、あくまでも人々を助けたいと考えて蛮機族に立ち向かう様を炎神に見込まれた最初の3人とのスタンスの違いは如何ともし難く思えてならない。


 『キバ』のほうに登場する賞金稼ぎ・名護のほうには何つうかもっとやらしいものを感じる。恐らくは、彼は「讃えられること」に強い快感を覚え、その快感のために行動している。稼ぎをすべて寄付する、という行動にもそんな意識がにじみ出ているし、キバに拘るのも「ファンガイアよりも危険な存在」と戦い倒せばより賞賛される存在になり得ると思っているからではないのか。そんな自分に心酔し、リスペクトしまくるお化け太郎君はきっと大変に心地よい存在に違いない。批判的意見はすべて羨望と嫉妬から来ていると解釈する傲岸さ。こういう手合いは実はヤバい。火事場で活躍したいが為に自分で火をつけるマッチポンプになりかねない。わかりやすくデフォルメされた歪んだ人間像を作らせたら天下一品の天才構成。今回それが端的に現れているのが、この名護というキャラのように思える。

またもや設備更新案。

 かねがねデジカメを新しくしたい、と思っているのだが。

 一番安上がりに適度の性能のあるものを導入する方法が「携帯の機種換え」であることが判明。

 500万画素カメラつきの機種に1000円足らずで変更できるのだ。ミニSD使えばPCとも容易に互換できるし。
 ・・・なんか最近デジカメの存在意義なんてなくなりつつあるなぁ。安物なら特に。

 一時期あらゆる電化製品で見られた「機能バブル」現象だが。
 ここのところ携帯で特に顕著だよねぇ。機種の移り変わりが激しくてあっという間に安価になる分、安物買いグセのある身には有難かったりするのだった。いいんだよ。無理してゼータクする趣味なんかないんだから。

錆びても終わっても侑斗の装変をよろしく!

 先月、好評のうちに幕を閉じた『仮面ライダー電王』。
 
 その物語に登場するもう一人のライダー。自分に関する人々の記憶という「その時間に存在していた証」を消費しながら戦うという、悲壮さにかけては歴代でも指折りの桜井侑斗=ゼロノス。
 
 その、現在の自分のみならず過去の自分に関する記憶さえも食いつぶす新形態・ゼロフォームが、装着変身で登場。
0nos01.jpg

 終盤はこの形態で並び立つのが印象的だったね。

 基本的にノーマルゼロノス・アルタイルフォームのリペイント。ゼロカードが挿してあるベルトさえ、よく見ると塗装で表現されている。「赤い」イメージが強いゼロフォームだが、「錆の色」であることを強調してか渋いカッパーで塗装されている。塗装の雑さが目立った電王装変だが、今回塗装はきれいだ。

 0nos03.jpg

 武器はやはりデネビックバスターが付属。大きすぎないほぼ適切なサイズだ。劇中では使っていたゼロガッシャーのほうは今回ついていない(ベルト装備用のは付属)。このライダーのキモなのにノーマルゼロノスには付いていなかったゼロノスカードが今回は付属しているが、電王のパスケースと同じものの片面にシールを張るだけのもの。だが、デネビックバスターにはこのカードを差し込むスリットが開けられており、必殺技状態を再現できるようになっている。
0nos04.jpg

 一度だけ見せたWゼロノス。

 さて。ほぼ文句のない今回の出来だが。如何せん発売時期が微妙すぎた。りぺ商品は発売が遅れるものなのかも知れんが。新番組商品売り出し時期になるとはタイミングが悪すぎ。いつも買ってる店では「終わった番組の商品なんか入荷しないよ」といわんばかりに見つからなかったりして結構焦った。

 さて。あとはクライマックスフォームとガオウなんだが・・・どっちも望み薄だなぁ。てんこ盛りは需要多いだろうに。

リトライ。

 ・・・結局のところ。
 新PCは交換する事になり、新新PCとなったのであった。

 謎のダウンの原因は結局分らずじまい。お店の人のいう事にゃ、

 「機械的な故障も考えられなくは無いが、もしかしたらSpybotが立ち上がる際の不都合かもしれない」とのこと。
 ―そんなにフリーウェアが気に食わんかよ。

 よって新新PCにはSpybotは入れないで置くことにする。やれやれ。


 さぁて。セットアップやら各種インストールやらまたやり直しだいこんちくしょー。ネット接続はモデムの段階で設定されてるから楽ちんではあるのだが。面倒くせぇなァ。

* 夢 オ チ *

 ―はぅあ。

 飯食ったあとちょいと一眠りと思ってたらマジ寝してた。
 あやうく日付変わるかって勢いの時間じゃねぇか。
 起こせよ共謀者。最近睡眠が不規則になってる気がしてならん。早死にフラグだこれ。


 つうわけで今日の更新はおざなりで済ませとこう。
 書こうと思ってたことはいくつかあるんだけどね。


 コレだけじゃ何なので。
 W黒子さんでも。kuro2-2.jpg

粉もんファイト。

 いささか唐突だが。
 「お好み焼き」を自宅で作る際、どんな風に焼くだろうか?

 我が家の場合、従来次のような手順だった。

 1)まず肉を焼く。
 2)ある程度肉に火が通ったら上に生地を流し込む。
 3)キャベツやネギを乗せ、さらに上に生地をかけてしばらく焼く。
 4)ひっくり返してさらに焼く。ソースを塗り、トッピングする。

 ずっとこんな風に焼いてきたのだが。
 上側が生状態でひっくり返すためばらけ易く、その上分厚くなりがちで生地に火が通りづらいという難点がありうまく作るのはなかなか難しかったりした。肉が焼けすぎてペチペチになったりして。

 そこで。
 この情報化社会、ネットで焼き方を検索してみたところ―
 まったく違う関西風焼き方を見つけた。いわくお好み焼きの主役はキャベツ(パリパリの冬キャベツが好ましい)。生地はつなぎに過ぎないのだとか。
 その手順はこう。

 1)生地を作ったら、キャベツやネギなどはその中に最初から混ぜ込んでしまう。
 2)鉄板上に野菜入り生地を広げ、肉はその上に乗せる。
 3)しばらく生地側を焼いたらひっくり返し、肉に火が通るまで焼く。
 4)もう一度ひっくり返し、生地側を仕上げに焼きながらソースを塗りトッピングする。

 ―なるほど。これならひっくり返したりするのも簡単だし肉の焼けすぎもない。さっくり&ふんわり焼き上げることが出来る。

 従来の微妙に広島焼きが混ざったような焼き方は何だったのだろうか。昔お好み焼き屋の知り合いがいたので、そこから伝わったプロ用の難しい手順だったのかも知れない。

 よりうまいものを食うために、慣れたやり方を変えてみるのも手だよな。うん。

でかい買い物にケチがつく。

 立ち上げ中に強制ダウンする現象の起きる新PCだが。

 やはり2、3回に1度くらいもそんなことが起きるのは気になるので、
 お店に問い合わせてみたわけだ。

 すると、「一度様子を見たい。交換にも応じる」とのレスポンス。
 ・・・そりゃそうだよな。保証期間もへったくれも、まだ買って一月経ってない。

 だが。
 交換してもらうとなるといろいろ面倒だ。
 特に落とすのに時間のかかったDLアプリケーションなんかもあるのだ。これをやり直すのはちと辛い。

 ・・・待てよ?
 こういう時のための、大容量フラッシュメモリではないか。
 DLファイルが残っているので、コピーコピー。ものの4分で移転完了。

 これで交換にも対応できそうだ。さて。今度こそ快適PCライフは来るだろうか。

何か色々全開。

 ―っちゅうわけで。

 今日から新しいスーパー戦隊始まったのであるよ。

 『炎神戦隊ゴーオンジャー』!今回のモチーフは2大子供が好きなもの:動物と乗り物の合成と言う贅沢さ。異世界の意志持つメカ生命体・炎神の力を借りて戦う戦士たちの活躍!
 ・・・・・・・・・近年の戦隊は割と年長な視聴者の目も意識したつくりだったが。
 今回の『ゴーオンジャー』は単純明快・高速展開・愉快痛快と本来のターゲットである子供たちに回帰したような、深く考えないとにかくノリと勢いで突っ走るような内容。いい意味でアホっぽさ満点の画面となってたのだった。悩むような奴は一人も出てこない。軽く大丈夫かお前らと言いたくなるようなお馬鹿なやりとりの応酬。昭和テイストなかなり突き抜けた内容はいっそ清々しい。レビュウを書くのは難しいというか、何も考えずに頭カラッポで見たほうがいいのかも知れんねぇこれは。いやまぁ、楽しかったよ。

 一方の『キバ』のほう。・・・こっちはまた別の意味でレビュウしづらいなァ。現在と過去を親子2代の視点で描こうというのは分るが、同じファンガイアがその両者をつなげるというのもわからんでは無いのだが。それでも22年前のことを今更引き合いに出してくるというのは不自然さが拭えない。何というか。気にしちゃいけないことが天才脚本には多すぎる気がする。ザンキさんの人強化アイテムとして召喚。次回過去編にも顔を出すようで。現在の状況がどういう経緯でもって成り立っているのかが描かれるのか。その辺は本作のキモだと思うので、ちゃんと描いて欲しいものだが。

突出と欠落。

 ―今回の記事はもしかしたら人によっては不快に思う内容かもしれない。常々の内容が不快じゃないかどうかはともかく。

 一応、対象になっている人物の了承は得ているのでこちら的には全く問題はない。だが、結構デリケートな話題であるとも思える故念のため隠しておく。読んでみようと思う方のみ「続きを読む」を参照されたい。最初に言っておくが、愉快さなんぞ欠片もない辛気臭いいつもの勝手な考察文である。では。

錆付いてるにも程がある。

 ふと。思い立って。
 実に久しぶりに描画ツールを立ち上げてみる。

 タブレット用ペンを握って暫しこちゃこちゃと―


 結果は・・・ダメでした。


 とてもじゃないが衆目にさらすよーなもんがすでに描けない。
 人間怠るといくらでも退化してゆくもんだなぁ。びっくりだ。


 こんな奴でもな。
 数年前にはWin付属のペイントツールで。しかもマウスで。むやみと細かい絵書いてたりしてたんよ。今じゃ自分でも信じられんけど。今でもどこかで見られるよ。どこなのかは内緒だけど。

 ・・・・・・リハビリ、してみるかなぁ・・・

生存報告。

 今日も、何事もなく平穏な一日だった。

 ―ブログ的にはトピックがなくて困るかもだけど。
 これは得難いことだと思うんだよねぇ。

 朝方のバシバシに凍った道で事故ることもなく、
 職場でトラブることもなく、
 晩ご飯にもありつけて、
 こうやってPC画面に向かってアホな文章捻ってられるんだから。

 信仰なんてないし、信心深くもない。だから感謝なんてしない。何に感謝していいかわからないから。
 だが。今日も死なずにすんだなぁ、儲けた。とは日々思っては暮らしてるわけだな。

 このブログを延べ何人の人が見てるかなんてわからんし、
 その人の気にとまってるかどうかも解らない。
 だいたい、ここにこんなことが書いてあること知らない人のほうが圧倒的に多いわけだ。当たり前だけど。
 それでも。
 我らはここに存在していますよ、ということをささやかに主張してやまないわけだ。そろそろ丸2年。

春未だ遠し。

 ここしばらく雪が少ないと。
 たまに降るとちと困ったりもする。

 先日ほどではないが今日は降雪。
 加えて気温もかなり低くなったので道が少々危うかった。
 結構雪道慣れしてる地方だと思うんだけど最近はそうでもないって感じだね。

 毎年冬タイヤに変えるのがもったいなくなってきてる気がするが。
 油断は出来んよな。

 必要だけど、使う頻度の少ないものって困りものだねぇ。

最新OSの不安。

 どういうわけか。
 新PCに「立ち上げ中に突然不正シャットダウン」という怪現象が発生し始める。

 一旦セーフモードで起動してから再起動するとOKなのだが・・・
 時々それでも落ちちゃうことも。

 おいおいこんな体たらくで大丈夫かVista.
 何かウィルスとかじゃあなかろうな?

 割と思い切った買い物だったのだが・・・
 どうにも前途に不安が残るな。むぅ。

戒めが破られる日。

 あー。
 共謀空間認定優良玩具である『武装神姫』であるが・・・
 購入に当たってはひとつの戒律を課していた。

 すなわち。「ダブりはなし」。

 共謀者の共同でそろえてゆき、各々が同じものを買ったりはしない、という取り決めだ。
 理由は・・・まぁ、ギリギリの正気というか矜持というか何というか。

 だが。

 ダメだった。

 こいつだけは。こいつだけはどうしても。「自分用」が欲しかったのだ。
 共謀空間マスト神姫であるこいつだけは。
kuro2.jpg


 てなわけで。店頭で見つけてしまったので購入してしまったのだ。黒子さん。

 以降ここではこいつだけ2頭立てになることとなる。ああもったいなや。

 「はっはっは。気にするな。世の中黒子だけ異様に数持ってる人だっているんだから」
 ―そんな特殊な例と一緒にしないでくれっ。

今日よりも明日よりも強くなる。

 さて。
 善悪の対決という2元論のヒロイックな構図に「強さ」という共通の課題に対するスタンスという要素を加えた今期の戦隊『獣拳戦隊ゲキレンジャー』。
 それが今日、最終回を迎えた。
 戯事だけで多くの運命を狂わせ弄んできた戦隊史上でも最低最悪の部類である無間龍ロン。だが、そんな戯事から生まれたイレギュラーによりその思惑を阻まれるというのも世の常。長らく相克の向こうにあった流派・臨獣拳アクガタを単なる敵としてだけでなく、互いに切磋琢磨しあう存在として受け止めてきたトライアングル。それは臨気すら受け入れる土台を作る意味もあったのだろう。そうして会得した臨獣拳奥義。それを伝えるのが創始者である三拳魔の遺志だというのも熱い。かくして分かたれた2流派は再びひとつとなり、不滅の存在を永劫の闇に封じ込める。かくしてひとつの伝説は終わり新たな伝説が始まる。有限で弱く脆い人だからこそ強さの意味を求め、その意思を受け継いでゆく。時には怒りや憎しみといった人の負の部分と向き合いつつも。
 総評として主役サイドの不遇さユルさがどうにも緊張感を欠いてきたシリーズだったが、求道者たちの物語としてまずまずの着地だと思ったのだった。


 さて『キバ』のほう。今更知れる享楽バブリー親父の悪行三昧に内気な息子ショック。どう扱うんかねあの親父。謎を秘めた主人公の出生にまつわるエピソードゼロを本筋と並行して進めるというお世辞にも視聴者にやさしくはない構造で進める本作だが、今はただただ破綻しないのを祈るばかり。なんつうか、正直感想の書きづらい番組だなぁ。

日々是アップトゥデート。

 ―てなわけで。
 今更ながらにリンク追加。神姫関連。

 その方面からいらした方、神姫の記事は時折しか載らないので申し訳ない。
 共謀空間には神姫は全員で18素体20姫いるけど、メインコンテンツになるには至ってないのよ。だからって何がメインなのかはよくわからんが。

 
 ―話は変わるけど。
 共謀空間セキュリティの牙城その2であるSpybotがまたヴァージョンアップしてたようだ。

 以前の変更では突然アップデートが対応しなくなり何事かと思ったんだけれど。
 今回はUD検索の際新ヴァージョンのDLも一緒に行われた。

 -やっぱアナウンスなしというのは不評だったのかねぇ。
 フリーウェアとはいえかなりの大御所ゆえ。結構フレンドリーである。うん。

移転から半年も経って。

 ふと。
 
 こちらにはリンクを掲載してないことに気づく。 (をい


 勿体無くも新たなリンクの申し出なんかもあったんで。以前載せさせてもらってたリンクから張っていくか。うん。

マイノリティレポート。

 ―ここにゾイドの記事が載らなくなって久しい。
 (ブキヤのHMMは載ってるけど)

 あのどーしよーもないネオブロックスが止めをさしたような感じで最近はスピンオフ商品しかリリースされなくなってるからだ。

 どうもあの商品は小売店にとっては売り場を圧迫しがちな困ったシロモノらしく、売れ行きが悪いとなると入荷を控えられがちになるようなのだ。

 ネットなんかで見かけるゾイドファンの意見なんざ、少数に過ぎんというわけね。

 ただまぁ。少数ながら根強い支持派を持つシリーズであることは確か。先に出したHMMなんてその典型例だろうし。復刻キット付き雑誌なんかも創刊されてるらしい。この辺の本屋じゃ見かけんけど。

 少数意見だからといって悲観することもないというのは、いい時代なのかもしれない、ね。ボられがちだけど。
 ―そういや件の雑誌の新号にはマルダーが付くとか。これは買っとかにゃならんか。


 ・・・こやつも近々再販されるらしいなぁ・・・
gg.jpg

まったり悪戦苦闘中。

 特に書くこともないのだが。
 相変わらず新PCの扱いにためつすがめつしていたりする。

 IMEパッドはセキュリティの保護外で作動するためWEB上で使用するにはリスクがあるらしい。
 ―だからって、すぐ消えちゃうことがあるってのはよくわからんなぁ。消えないこともあるし。


 あと。周辺機器のドライバのうちいくつかがOSに対応してないことも判明。
 上位バージョンなんだから既存ドライバにも対応できてるだろうとか思ってたが甘かった。
 -まぁ、いくつかはWEBのほうでサポートされてるようだが。

 なかなかスムーズに移行できるものでもないな。むぅ。

時代に迎合できない。

 何だか焼酎が人気あるらしい。

 有名な銘柄のものは高値で取引され、需要も多い。酒販店などに立ち寄っても焼酎コーナーは随分と幅を利かせている。


 だが。
 どーも儂はこの焼酎というのが苦手だ。あまり旨いとは感じられない。
 ―というか。蒸留酒の類はどうも苦手なのだ。好きな人には悪いが、匂いの付いた消毒薬みたいにしか思えない。ウィスキーなんて全然ダメ。泡盛ならどうにかといったところだ。

 醸造酒なら大好物なんだがなぁ。
 みんな口をそろえるように「日本酒はきつくて飲めない」って言うんだけれど。儂にしてみりゃ焼酎のほうがよっぽど刺激が強くて好きになれない。日本酒のような旨みやコク、切れが感じられないのもどうもね。

 日本酒でも純米のものに限る、ってのはあるけどね。アルコールくさい酒なんて最低。すっきりした淡麗系の清水のごとき口触りなんてもう。

 飲食物の好き嫌いなんて理屈ではないとはいえ。
 世間一般の意見とこうも違うというのはいかがなものかとも。

 酒屋行って日本酒コーナーの冷遇っぷりにちと思うところあって一言。今宵はこれにて。

導入より1週間。

 漫然とVistaマシンを使ってみているわけだが。

 まだまだ機能を使えてるわけではないな。まぁ仕方ないか。地デジアンテナとかないしね。


 ちょいと不便に思ったのがブラウザ上ではIMEパッドを開いてもなぜかすぐに消えてしまうこと。これは何事なのかねぇ。メモ帳などの上では使えるのだが。


 ・・・・・・しかし、このウィンドゥ切り替え機能はウリではあるらしいけどなんか意味を感じないなぁ。もっと多数のタスクを並行したら意味があるのかもしれんけど。
window.jpg

怒りのモディリアーニ。

 今日は節分。旧正月。厄を払う日。
 そんな日にも吸血鬼とかは暗躍。

 『ゲキレンジャー』。前回で和解した理央メレ禊の巻。敵だったものが味方になるとやはり取り沙汰されるのは今まで働いて来た悪行の数々なわけで。それが罪である以上贖罪の場は設けられなければならない。それが解っている分、彼ら二人には裁きを受け止める資格があるといえる。悔恨の意思がなければ審判と劫罰には意味がないのだから。二人は敢えて倒されることでそれを示そうとする。―だがそこに乱入する絶対悪。すべてを嘲笑うものの前に淡い悔恨は脆くも吹き飛ぶ。それでも。想定する形とは違ったが二人は贖いを全身全霊を持って示して見せる。ようやくにして、「本当の強さ」に至った獣拳使い二人。これで終わりなのか。強さの意味を問い続けた物語次回終劇。

 『キバ』。相変わらず両時間軸の主役のウザさ全開。特に空気読まないこと夥しい親父のほうは何らかの欺瞞なのかそれとも素なのか。ファンガイアに対峙して見せたのも単に音楽に対する態度が気に入らなかっただけみたいだし。だがそれでも臆さず怪物と渡り合ってみせるあたり只者ではない。まだまだ謎の多い人物。
 そして社会性皆無の現在の主人公。仕事のために犯罪行為に及ぼうとするなんざヒーローものにあるまじき。その辺もう少し考えろよ天才脚本。それでも、音楽を愛するものには普通に接することが出来るのね。何かが欠落している者は何かが突出しているというジンクスか。音楽を愛しながらも、音楽を利用して人を誘い込む今回のファンガイア。人に身をやつしながらも、どうやら独特の美意識を持った存在である模様。―さて。キャラの立て方にどうも不快感が付きまとう今年のライダー。乗っていけるかなぁ。
 ・・・どうでもいいが何の脈絡もないコウモリトリビアは何なんだか。

ゲートオープン。

 新PC使用に当たっての最大の懸念は前述のとおり「Officeなし」のわけだが。

 別段普段からよく使うものでもないのだけれど、
 時折WordやらExcelやらのファイルが添付されたメールが届くことがあるのが問題なわけだ。

 どうしたものか、と思ってたところ、一退がこんなことをのたまった。

 「ファイルをメディアに記録して、移せばいいんじゃね?」


 ―なるほどその手があったか。
 添付ファイルを外部記録媒体にDLし、それをOfficeの入っている旧PC上で展開させればいいわけだ。さすが腐ってもIQ140。誰でも思いつきそうなことを如何にも勿体ぶって言ってのける。

 さて。簡単に移すことが出来るメディアといえば・・・
 やっぱあれか。USBメモリスティック。

 早速電器屋さんに出向いてみれば。
 1GBで1,280円という格安のシロモノ発見。即ゲット。相変わらずの安物買いだぁ。
memory.jpg

 実験したところ。新PCからDLしたファイルを見事移送することに成功した。
 これで旧PCはまた一歩オフラインワークステーションへと近づいた。


 金をかけずともどうにかなることもそこそこあるもんだね。うん。

買い物心理。

 千円二千円程度のものなら気軽に手が出る。

 五万から十万くらいする高い買い物でも結構踏ん切りがつくもんだ。


 ---------だが。五千円から二万円くらいの中途半端な値段帯のものにはなかなか手が出ないのは、何故だろう?


 前者は言わずもがな。後者はそうそう機会のある買い物じゃないって事なのかも知れんが。

 この中途半端な値段帯のものほど外すと「買うんじゃなかった」感が強いということなのかもしれない。実際経験もあるし。


 ―デジカメを新しくしたいとは常々思ってるわけだが。
 こーゆー理由で踏み切れなかったりするのだった。ああ小市民。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん