共謀空間FC

Archive page< - 2007年11月

Archive2007年11月 1/2

個人的追悼。

 ―同年代の友人が少ないからというわけでは無いが。 「親世代」の知己が結構いたりする。 教育者だった親の交流が広く、そのツテでお付き合いさせてもらってたというのはあるかもだけれど。 そのうち一人。 時々飲みに連れて行ってもらったり、一緒に旅行に行ったりした方が、急に亡くなった、と聞いてしまった。 敬虔なクリスチャンで穏和な人柄。儂のようなお世辞にも人当たりが良いとはいえない奴にも丁寧に接して下さっ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

追加事項。

 ―あー。昨日の神姫レビュウの補足というか何というか。 共謀空間に来たヤツだけなのかどうなのか。 所々部品の接着が甘いところがある。弄っているととんでもないところがポロリといっちゃったりする。 特に致命的だったのがこれ。アークの胸パーツ。 この、ボディに取り付けるためのツメ(中央紫の部分)がポロリ。 一応タミヤセメントで接着しなおしてみたが・・・テンションのかかる部分だけに不安だ。 瞬着ならいけるか。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今回ちとお高目。

 ―あっはっはっはっは。何かまた玩具で一度に1万円ほど使っちまったい。 何かというと。そう。やはりKONAMIの『武装神姫』第7弾。漫画家のCHOCOデザインの『アーク』『イーダ』、そしてフィギュメイトなどでお馴染みちびすけマシーンデザインのEXウェポン『シュメッターリング』。 メインのトライク型2種が従来最大ボリュームのため4,000円超。装備をビークル型に組むことが出来るのが最大の特徴で、素体共々スポーティー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

食玩侮る無かれ。(死亡遊戯編)

 ―昨今の戦隊玩具の年末事情は 「大型電動ギミックつきアイテム」でシメとなるのがパターンだ。 タイムレンジャーのVレックス当たりからの伝統だろうか。 これが正直、 玩具としては何とも大味なシロモノになってしまうのも通例になってる気がする。リボルバーマンモスとかマジレジェンドとかゴーゴーボイジャーとか。 また。「大型」「電動ギミック主体」という二つのウリは、 それらをオミットしてしまう食玩においては非...

  • Comment 0
  • Trackback 0

装変でも、電車切り。(センスわるっ!?)

 過去の時間において自分に力を貸してくれるイマジン達と繋がれなくなった電王=野上良太郎。 しかし。そのイマジンの力の宿った剣を手にする事により、彼は最強の電王へと変身する。 そんなわけで登場した仮面ライダー電王最終形態・ライナーフォーム。 本編で活躍中のこの形態が、遂に装着変身にラインナップ。 素体は基本的に従来のもののカラーパターン換えだが、赤いラインが入る部分は若干モールドが追加されている。胸...

  • Comment 0
  • Trackback 0

通常営業。

 ―さて。ドラも無事に帰ってきた連休最終日。 日曜はやっぱし特撮番組レビュウなのであるよ。  『セブンX』。どこか『カブト』を髣髴とさせる、自覚無く人々に紛れて暮らしている殺戮者の話。『カブト』の敵であるワームは「身近にいる人が突如殺人者へと変貌する」恐怖を暗喩しているように思ったのだが。今回の来訪者ヒュプナスは暴力などによる苦痛に晒されるとその凶暴な本性を表す。地球人の暴力性を引き金にして目を覚ま...

  • Comment 0
  • Trackback 0

旅のまとめ。

 てなわけで。 無事生還したドラティアさんですだよ。 天候にも恵まれ、楽しい旅程を過ごすことが出来た。 ぶっちゃけ田舎ではあったが、風光明媚なのはお墨付き。 食い物も美味かったなぁ・・・ ―さて、旅先レポでは今ひとつ分りづらかったであろう謎のテーマパーク「養老天命反転地」について多少補足を。詳細はリンク参照。 二人の芸術家/建築家によって作られたこの謎庭園は、「絶望に満ちた状況を希望ある未来へと変換さ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

養老駅。

 ホームの軒は瓢箪だらけ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

謎のテーマパーク。3

 じゅうりょくがみだれる。 立ってるだけで酔いそうになる。 平らな地面が恋しい。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

謎のテーマパーク。2

 …何だこのマクー空間は。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

謎のテーマパーク。1

 養老天命反転地。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

晩飯だぜ。

 飛騨牛しゃぶしゃぶその他。 めちゃ美味かった。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

てなわけで旅行中。

 これが元祖・養老の滝らしい。 のんびり旅路にあるドラティアさんであるよ。 濃尾平野を一望する養老山の中腹にある宿に逗留中。 温泉でほっこり和み中。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お見送りモード。

 唐突だが。 ドラティアが明日から一泊旅行に出掛けるんだそーな。 何やらオフラインでもお付き合いのある方々とご一緒らしい。 行き先は岐阜県養老。 「温泉と飛騨牛を堪能して来るんだもんね。うへへ」だとさ。 う、羨ましくなんかないぞ。 とりあえずは。 この2日間はネタに困らずに済みそうだ。また旅先レポートが続々送られてくるかな。まぁ期待せずに待つとしよう。 寒いので儂はこの連休冬ごもりじゃ。おやすみ。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

生オケと過ごす夜。

 久々にね、クラシックのコンサートに行ってきたのよ。 新進気鋭の若き指揮者が振る、チェコのオーケストラ。 管弦楽コンサートといえば、序曲→ソリストを呼んでのコンチェルト→シンフォニーという構成がオーソドックスだが、 今回はシンフォニー3曲という重いっちゃあ重いプログラムだった。 ベートーベンの5番、シューベルトの7番、そしてドヴォルサークの9番というポピュラーながら性格の全く違う3曲だったので割合とスト...

  • Comment 1
  • Trackback 0

食玩侮る無かれ。(Perfect Action編)

 ・・・さて。玩具レビュウが割と重要なコンテンツである共謀空間ながら実は2ヶ月近く新玩具導入が無かったりしたわけだが。 久々に新たな食玩が入ったぞ。 バンダイキャンディトイの仮面ライダー電王デンライナーシリーズ最終アイテム、キングライナーだ。塗装・組み立て済みで500円。 時の分岐点に現れるターミナルであり、それ自体が巨大な「時の列車」でもあるという電車の中の電車王。それだけに従来のシリーズとはスケール...

  • Comment 0
  • Trackback 0

冬眠したい。

 昨日あたりから急転直下で寒くなって流石に参る。 暑さ寒さには強い方だと思ってたけれど、これだけ変化が急激だと身体がおっつかん。体感温度が異様に低くて体調を崩してしまいそうだ。 ネタも無いわ寒いわでモチベーション上がらんこと夥しい。今夜は早く寝よう。おやすみー。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

お気楽に佳境。

 めっきり寒くなった日曜日。前日まで比較的暖かかったんで少々堪える。 そんな外に出たくない日曜は特撮番組でも見ていよう。 『セブンX』。今回は寓話的側面は鳴りを潜め、ウルトラシリーズでは結構お約束な侵略者の尖兵懐柔話。地球人にすら愛される描写の少ないこの世界に、異星からの来訪者が愛着を持つ。絶対的な価値観を覆すほどの。音楽の素晴らしさに目覚めた彼女の歌が、遠く険しい道を手を取り合って歩いてゆこう、...

  • Comment 0
  • Trackback 0

スポーツの定義云々。

 なんて語るつもりは毛頭ない。(ぇ まぁスポーツなんて要は遊びだ。ゲームだ。身体的能力を用い、明確なルールを定義して行うアゴン。その条件すら満たしていればそれはスポーツと呼び得る。 でもな。いや、だからこそか。 時々、「ナンダコリャ」と思ってしまうモノまでスポーツとして定義認定されていたりするんだよね。 その一つが『エクストリーム・アイロニング』。 訳すると「極限のアイロンがけ」。 極限状態でアイロン...

  • Comment 0
  • Trackback 0

移り変わるは浮世の常よ。

 現在。アジトの向かいが更地になっている。 住む人がいなくなって久しい家が土地の売却により取り壊されたのだ。 裏に広い畑があった家だけにやたら広々と空間が空いてしまった。 今後、4棟もの家を建てる土地として売られるとの事だ。 元々は祖母の友人が住んでいて幼少の頃は遊びに行ったり預けられたりした家だったので、 なくなってしまうのは結構寂しかったりする。 我が家がこの地に建って結構長くなるが、 もう自...

  • Comment 0
  • Trackback 0

塵と残像淡い影。

 ―最近見てる深夜アニメの中に 『灼眼のシャナII』というのがあるわけだが。 ラノベ原作。2年程前1期が放映され、現在2期目。シリーズ構成は『電王』でもお馴染み小林靖子女史。 知らない人のために内容を極端に要約するとすれば― 「人を喰う異世界の来訪者に対する兵器として特化した少女が恋心を知る」 というもの。ここまで要約したら当てはまりそうな話いっぱいあるような気もするけど。 これが二期に入ってから原作か...

  • Comment 0
  • Trackback 0

何事も日々これ進歩。

 行きつけのホビーショップの中古コーナーでね。 最近、昔の装着変身を良く見かけるのよ。 クウガやアギトの頃の奴。 「装着変身」シリーズは元々フォームチェンジするライダーを再現するため武装パーツの付け替えギミックを採用したアクションフィギュア。 『龍騎』ではフォームチェンジをしないため一時終了したシリーズだ。 その後、単に「ダイキャスト製パーツが着脱できるフィギュア」として新シリーズが始まり現在に至...

  • Comment 0
  • Trackback 0

保険に一刺し。

 ヒーホー。冬が始まるよー。 冬と言えば何故かインフルエンザの季節。大陸奥地で発生したウイルスがはるばるやって来て風邪の酷くなったような奴をばら撒いてゆく。迷惑千番。 しかも毎年モデルチェンジしやがるのが普通という無節操な奴なので他のウイルス性疾患と違い一度罹患したからと言って免疫が付くというものでもない。しかも最近は鳥インフルエンザなんてのも現れてる。お得意の形質転換という奴でヒトからヒトへ伝染...

  • Comment 0
  • Trackback 0

永劫の夜動画に降臨。

 何やら『ペルソナ3』がアニメ化される、という話があるようだが。 どうやらゲームシナリオそのものをシリーズ化するのではなく「世界観を同じにするオリジナルストーリー」であるらしい。 それがこれ。『PERSONA-trinitysoul-』。 作中で語られる「同時多発無気力症」がゲームのデス開放の時期だとしたらゲームと同じ時期の話になるのか。いやニュクス降臨のことならそれから更に10年後と言うことか。 ともあれ。やったこ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

孤独な魂とそうでもないのと。

 日曜日は特撮レビュウの日。これ共謀空間的常識。 次期ヒーロータイムの内容もそろそろ露出し始めた昨今。物語は佳境に差し掛かる。 『セブンX』。第二話に続く、不本意な現実からの脱却の話。・・・だが、二話のような「逃避」とは若干ニュアンスが異なる。効率と成果だけを求められ、夢も希望も持てない現実。子供の頃の夢を捨てきれないが故にそんな現実に馴染むことが出来ない一人の男が、まるで振って湧いたかのような機会に...

  • Comment 0
  • Trackback 0

「何じゃこりゃあああああ!?」

 特にネタも無いので。(最近こればっかだな) 今期それなりに話題を撒いているガンダムOOの話でも。 放映も一月を経て各キャラの立ち方やら状況解説も進んできた本作。 同時にキャッチーなネタ的側面も結構立ってきたように見える。 お隣さんのガンダムマイスターに筑前煮(!)を差し入れる少年とか。 そのマイスターは出撃時に東京湾に飛び込むし。 どピンクのMSに乗る改造乙女とか。 髪の毛が隠す目の向きで人格チェン...

  • Comment 0
  • Trackback 0

彷徨う銭無人。

 以前、PCの買い替えの必要が出てきたことは書いたが。 その後、それとなくは見繕っているわけだ。 今日、「現品限り本体のみ50,000円ほど」(office入れたら20,000円up)というのを見かけてちと心が動く。 グラボもGeforceの6150が入ってるし、そこそこのスペック。 PCでTV見るつもりなんぞ無い儂には充分な仕様だ。 うーん、だがどうかなー。 プリンタやスキャナなんかの従来の周辺機器も使えるんかなー。 でかい買い物...

  • Comment 0
  • Trackback 0

雑記交々。

 TVつけると厳つい顔のおじさんが困ってる映像が出る立冬。こんばんは共謀空間です。 何で折角勝った選挙の結果を台無しにするよーな真似するかなー。選挙なんて当選しちまえばこっちのもんだと思ってるのがみえみえではないか売弁奴どもが。 ―政治の話はやめよう。 最近通勤路に毎日のよーにタヌキがはねられて転がっててねー。 ―こういう嫌な話もやめよう。 何か最近夜寝付けなくて四六時中漠然と眠い状態が続く。今日こそ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

黒い昆虫図鑑。

 デザイナー・モデラーの韮沢靖氏による「仮面ライダー」シリーズクリーチャーデザイン。 現在イマジンデザインで活躍中の氏の手による『仮面ライダーカブト』の敵性体「ワーム」のデザイン画集が、番組終了後1年を待たず出版。早いな今回。 今までの怪人画集が普通に近隣の書店で買えたので今回も大丈夫だろう、と高を括っていたところ何故か全然見当たらない。よって今回止む無く通販を利用する事にして本日お届け。 はてさ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

咲いた。

 秋も深まった頃に新たな蕾をつけた「月下美人」。 寒くなったせいかなかなか咲く気配を見せなかったが・・・  今宵、ようやくほころび始めた。 これから真夜中にかけてゆっくり開いてゆき、朝にはもう萎むのだろうな。 艶やかながらも儚き一夜の夢。...

  • Comment 0
  • Trackback 0