召喚の軌跡。

 ―何だか1年半もかけてだらだらと続けた挙句先週全72柱を数え終えた邪道企画「おねがいソロモンせんせい!!」。 悪魔事典みたいなコンテンツはネット上にいくらでもあるけど。 共謀空間ならではの切口での紹介になってたかな? 今回は72柱を序列順にソートし、各何回目で紹介してるか索引してみることにする。 其々にリンクを張ればいいのかも知れないけど、手間だしね。 1.「東の王」バエル(第七十二回)      2...

Post image

エナジーチャージャー増設。

 ―はるか西方の彼方から、 「ジェットファルコンであらゆるゾイドを強化せよ!!」 という電波を受信した。 ・・・まぁ、よく解からんがとりあえずやってみることにする。 デカルトファルコン。 デスファルコン。 ギルファルコン。 丑子ファルコン。 ・・・電波にはこう返信しておこう。  「ネタをくれてありがとう。だがあまりアホなことさすな」...

時代に抗い切れない男。

 共謀空間を守るセキュリティの牙城、TrendMicroのウィルスバスター。 ―その最新ヴァージョンが、PCのOSに適合しないことが判明。 ・・・・・・今後もVBのサービスを受け続けるには、遅くとも来年一杯の間にOSあるいはPCそのものを新しいモノにせねばならんのだ。 今からOS替えるとなるとVistaだろーし、 Vistaが今のPCで動くとは思えんし。 ・・・・・・こりゃ、本体だけ替えるにしても最低10万は見積もらにゃならんなー。あいたたたた...

あと3ヶ月ほど。

 毎週末は特撮タイム。 ヒロイックなのやら割とそうでもないのやら。今回の展開やいかに。 『セブンX』。人間の願望を媒介して人知れず行われる侵略、という搦め手ながら割と真っ当なインベーダー話。脳内寄生エイリアンが人間の思考をコントロールする(「ひぐらし」かい)だけでなく、彼ら自身人間の持つ欲求や願望によって進化していったという何とも皮肉な話。やはりこの作品にも地球人類の持つ弱さ醜さ愚かさを槍玉に挙げ...

Post image

今すぐ行こう約束の場所。

 共謀者達が在住する京都府F市は。 かの明智光秀公が交通の要所として拓いた街であり、国鉄時代から近畿北部の鉄道分岐点となっている。 さらに。数十年前までは大江山炭鉱の鉱石を運ぶ北丹鉄道も通っていて、鉄道には縁の深い土地柄なのだ。 故に。ここ最近は「鉄道のまち」としての町興しを図っている。 その一環として。 毎年秋には全国でも有数の規模のイベントが開催される。 本日と明日の「ミニSLフェスタ」だ。  ...

借り物人生。

 以前も書いたかも知れんが。 実は「ビデオレンタル」というものを利用したことが無い。 特に理由はないが。 手続きに踏み切るのに何となく躊躇があるっちゅうか何ちゅうか。 それでも。 最近何だかビデオの予約録画が当てにならなくなってきてる気がするので、補完のためにぼちぼち利用も考えるかなー、とか思ってたりする。 見たいタイトルもいくつかあるしね。 明日から『仮面ライダー The NEXT』の公開が始まるが。 ...

伝説が終わる瞬間。

 その昔。図書館小僧だった頃。 日本の怪奇短編小説集なんかを読んでたら、 かの江戸川乱歩先生の作品があったのね。 『鏡地獄』という。鏡の持つ妖しい魅力に取り付かれた男の話。映像化もされたらしいね。 この作品のオチは、「内部が鏡面の球体に入ってみたら気が狂った」という何ちゅーか救いのないモノ。 確かに凹面鏡と合わせ鏡の組み合わせとも言える状態が如何なるものかはちょっと想像が出来ないが。 これをね。先...

Post image

αにしてω。

 1年半に渡り性懲りもなく続けてきた週一企画。 悪魔で見る人間界遍歴も遂に最後の一柱を召喚するときがやって来た。 では。ゴエティア魔術至高の一篇をここに。  「おねがいソロモンせんせい!!」 最終回: バエル(Bael) 66の軍団を統括する地獄第一の王にしてソロモン72柱の筆頭に記される「東の王」。それがバエルだ。カナアン・バビロニアの主神でありユダヤ・キリスト教最大の対抗信仰の主であった豊饒神バアルを...

嬉しいこと悲しいことも全部丸めて。

 「現代人は孤独だ」と言われて久しい。 世の中これほど人で溢れ返っているというのに。誰もが言い知れぬ孤独感を抱いて生きている。 他人と関わるのが怖い、という矛盾した思いもまたあるからだろうか。 だから。 上っ面だけで済ませるコミュニケーションに人が群がるようになったのかもしれない。 生きた人相手ではなく、ただのテキストチャートを辿るコミュニケーションごっこに興じる輩がいるのもまたそんな風潮の一環か...

焦る。

 ―うぉ。入れたよ。 何やら回線が不安定で、DB error(L001) という表示のみが出て管理画面に入れない事態が発生。 調べてみると、このブログでは半年に1度ほど起きる現象みたいだ。 「毎日更新」だけが取り柄みたいな共謀空間にとっては悪夢のような事態だなぁ。 おかげで書いてた記事がプァ。テンション下がるなー。  これからは記事投稿する前にコピーしといたほうがいいかな?...

薄ら寒さも特撮の味。

 秋が深まるどころかすでに冬の声が聞こえつつあるようにも思える昨今。 そんな週末はやはり特撮レビュウなわけだ。 『セブンX』。昨今の人材派遣業の人を人とも思わぬ実情をモチーフにしたとさえ思える、何とも寒々しい「仕事」の話。職を求めて集まる者たちをトラックの荷台に押し込めて運ぶ、なんてのは実際あることなんだからやるせない。「落伍者」「負け組」とかのレッテルを貼られ社会システムから零れ落ちた人々を集め...

安物買いのマジ銭失い。

 アジトで稼動しているDVDレコーダーがどうしようもない安物だということは以前も書いたと思うが。 最近、ディスクのフォーマットさえ出来ないという事態が重なり始めた。 機器のせいかディスクのせいかは分らんが。 新品のディスクが使えません、というメッセージには正直泣きたくなる。 銘柄によるものなのか。それとも買い置きの古いディスクのせいなのか。 安定して使用できるディスクが限定されてきてる感じで、しかも...

時間軸の点と線。

 ―先日『ef』というアニメを取り上げた中で。 ヒロインの一人が電波っぽいようなこと書いちまったが。 実は彼女は「記憶障害」を患っていることが次の回で明らかになってしまった。 記憶が13時間しか持続しないのだ。 メモなどをとって可能な限り生活に支障がないようにはしているものの。昨日出会った人は今日にはもう見知らぬ人になっている。今日また出会っても明日にはまた見知らぬ人になっているのだ。だから反応が、ギ...

何事とて明日はわが身。

 ―そうか。もう丸3年になるんだな。 兵庫県T市を水没させ、京都府M市でやはり沈んだバスの屋根の上で乗客が夜を明かしたあの2004年の台風23号から。 あれは強烈な台風であると同時に、それまで我にとってはTVニュースの中の存在でしかなかった「被災者」にさせられた出来事でもあった。 ―まぁ、職場から家に帰れなくなっただけだけどね。道筋の病院の待合室で夜明かしした程度で被災なんていうもんじゃないな。 その帰り道は...

Post image

セミファイナル。

 実に1年半に及ぶ悪魔探訪録もいよいよ大詰め。 有名どころが残った状況今回は。 「おねがいソロモンせんせい!!」 第七十一回: アスタロト(Astaroth) 40の軍団の指揮をとる地獄の偉大なる公爵である。序列は29。黒ずくめの美しくも尊大なる天使の姿をとるこの「恐怖公」は、召喚すると手にクサリヘビを持ち、血塗られた唇に笑みを湛え地獄の龍に乗って現れる。出現の際、強烈な悪臭を伴うとも言われる。 世界全ての...

Post image

苦楽は糾える縄の如し。

 ふと思ったが。「糾える」ってアザナエルと書くと天使の名前みたいだよな。 ・・・いやまぁ。今日はDが書く予定にしてたんだが何かあったらしくて書く気にならんそうだ。 突然振られたがこちらとてネタがあるわけじゃない。困ったなぁという気持ちで行を稼ごうとする姑息な手段。 ま、そんな日もあるわな。どんまい。 今月は買う予定の玩具も無いのでネタが欠乏しがちだなぁ。経済的には助かるけど。...

Post image

わんもあちゃんす。

 以前咲くのを楽しみにしつつ開花を見逃してしまった「月下美人」だが・・・ 先日見ると、秋も深まったというのにまた新しい蕾をつけている。 間抜けな我らのためにもう一頑張りしてくれるようだ。 今度こそ見逃さんようにせねば。花は愛でてこその花なればね。...

Post image

夜から朝まで特撮。

 さぁて。土日は特撮レビュウだぁよ。 深夜3時半から朝8時までのお楽しみ。今週はどんな感じかというと。 『セブンX』。太田愛脚本では恒例の彼岸への旅立ちを望む人たちのお話。高度に管理化され、マニュアル化された未来社会。それは人間の類型化、均一化、そして個性の磨耗を呼ぶ。そんなあり方に疑問と疲れを覚えた人々の心の隙間に忍び込んでくる甘い誘い。寝床に背丈をあわせるかのような社会から抜け出し、この世のただ一人であ...

世界に「敵」は必要か?~アニメ編~

 特にネタも無いので。 また『ガンダムOO』のことでも書く。 戦争を題材とはしているが。 基本的にガンダムはデザイン的にも記号的にもヒロイックな「正義の味方」ではある。―まぁ最近は「悪者のガンダム」も珍しくは無いのだが。 「武力による戦争の否定」というこの番組におけるガンダムのスタンスも要するに「世の中から戦争を無くすためにガンダムが活躍するんだー」という「正義」を成さんとするような印象はある。それは2...

まだだ。まだ終わらんよ。

 ―今年からなのか。プロ野球両リーグにクライマックスシーズンなんてのが出来たのは。 リーグ優勝チームとはまた別に日本シリーズ挑戦権をかけて上位3チームが対決するまさしく佳境に用意されたステージ。メジャーリーグのプレーオフみたいなもんか。少し違うか。 状況にもよるがリーグ優勝ってのは早いうちに決まってしまうものなので、これはこれでシーズンを最後まで楽しんでもらうためにはいい工夫なんだろうね。相撲だって優勝争...

エンタープライゼス。

 あー。 共謀者達が所謂「ギャルゲー」をやらないということは以前も書いた。 だが。 今期の深夜アニメにはギャルゲー原作のものが妙に多い気がして何だかなーではあるわけだ。 それでもそんな中。 ちょいと気になるタイトルが一つあってチェックしてみたぞ。 『ef~a tale of memories』だ。 ことわっておくが原作ゲームにはこれっぽっちも興味は無い。 ただ、監修:新房昭之、制作:シャフトというスタッフにちと心引かれる...

Post image

背徳の耐え難き甘さ。

 残すところあと三柱。 最早何も言うことはあるまい。今週の 「おねがいソロモンせんせい!!」 第七十回: ベリアル(Belial) 50あるいは80の軍団を従える地獄の偉大なる王。序列は68。地獄の君主ルシファーに次いで創造されたというベリアルの名には「無価値」「邪」「偽り」等の意味が含まれ、「偉大公爵」「暗殺神」「虚偽貴公子」等の異名を取る。炎に包まれた戦車に騎乗する美しい二人の天使の姿で現れ、その物腰は威厳...

究極魔法ヤスミーン。

 最近、 「眠いのに眠れない」 というステータスに陥ることがあって困る。 やることがあって寝たくても寝られない、という意味ではなく。 眠気を覚えて寝床に入っても寝付けないのだ。 これは困ったもんだぞ? 何かをする気力も湧かず。 かといって休むこともままならぬ。 結果心理的に疲労感を募らせることになる。 まさかとは思うが。 鬱の兆候だったりせんだろうな。 勘弁してくれよ。はは。...

Post image

コネクションの意外な効用。

 父の代からの知人に、 「従軍経験とシベリア抑留経験のあるベテラン獣医さん」 なんて物凄い波乱万丈な方がいるのだが。  とあることがきっかけで、この方からいい肉を頂いたぞ。 やったぜかあちゃん。今夜は今期最初のすき焼きだ。 共謀者呼んでこい。おじさん取って置きの山田錦大吟醸開けちゃうぞ。...

Post image

新番組開始。

 先週述べた通り。 新しい特撮番組の放映が始まった。 そう。『ウルトラセブンX』だ。 特撮ヒーローモノとしてのみならずハードなSFドラマとしての側面からも評価の高い『ウルトラセブン』を、最近ちょくちょく見かける「大人向け特撮番組」として現代に蘇らせたニューヒーロー。深夜枠1クールながら、それなりに話題を呼んだ1本だ。 さて。内容は、というと― ・・・・・・まぁねぇ。去年春の『メビウス』ほどには心に響いてこな...

またガンダムかよ。

 まぁ韜晦しても始まらんが。 我ら共謀者はご多分に漏れずガンダム世代なわけだよ。 ファーストでロボットアニメの新境地を目の当たりにし、当時何処にでもいたガンプラ少年となって開店前のデパートの入り口に並び、映画化されてどんどん手垢にまみれてゆくこのタイトルを見守ってきたという人生の黒歴史を持ってるわけだな。そういう奴は結構転がってるとは思うが。 だが。 今の我らのガンダムファンとしてのカテゴリは揃っ...

合成樹脂と溶剤と。

 思えば。 我らももう模型離れして久しい。 最近作ったプラモデルなんて食玩のミニキットくらいのものだ。 今にしてみるとねぇ。 プラモデルって相当に時間を食うホビーなんだよね。 綺麗に仕上げようと思えば特に。 これは我らだけに言えることでもないのかも知れない。 ホビーもあまりに多様化してしまい色々楽しむには手間暇懸かるものは敬遠されがちなのだ。 よって。綺麗に形成色が分けられたり接着剤不要のスナップ...

番組改変期も過ぎてるわけだが。

 10月に入り。 TVプログラムも切り替わりの時期を迎えてるわけだ。 深夜アニメウォッチャー共謀空間としてもこの時期は色々と思うところがあるわけだけど。 思えば前期はなかなかに盛り沢山だったな。2クールモノが多かったし。 先日取り上げた『らき☆すた』はもとより。 巨大ロボに恋する少女(比喩的な意味でなく)の話というどういう顔していいかわからないシロモノになっていた『アイドルマスターXenoglossia』とか。...

Post image

最終コーナー回った。

 最後の直線に入った連載企画。 ここからは残った魔王級の連中が登場。はてさて。 「おねがいソロモンせんせい!!」 第六十九回: アスモダイ(Asmoday) アスモデウス、シュドナイとも。72の軍団を統べる地獄の偉大な王であり、地上の虚しき富を司る悪魔マモンの副官であり、彼自身七つの大罪のひとつ「情欲」の罪を司る。序列は32。「剣の王」「復讐公子」等の様々な異名をとる。その姿は牡牛、牡羊、王冠を被った人...

モチベーションて大事だよね。

 ―うんまぁ。何一つやる気が起きない時ってのはあるもんで。 そういう時は玩具を弄る気にもTVやビデオを見る気も起きないわけで。 無論ネタを搾り出すことも出来ないわけで。  何をかやらかすモチベがばばばーんとやってこないもんかなぁ。マウスで絵を描いてた頃の自分は一体何処に行ってしまったんだろう。...