FC2ブログ
食い散らかされ人生。
未分類特撮随想アニメゲーム薀蓄折々見物花愛づる日々味覚玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)玩具/アクションフィギュア(アニメ・漫画・ゲームキャラ)玩具/アクションフィギュア(武装神姫)玩具/アクションフィギュア(その他)玩具/ゾイド玩具/食玩玩具/その他システム猫のいる生活旅先より創作緊急措置健康RSS|

※答え③。

 本土から沖縄地方に行ったことがある人ならば、
 その街並みの明らかな相違が先ず目に付いたことだろう。

 特徴的な琉球瓦が甍を連ね、
 商店などに看板はなく、屋号などは壁に直接書かれている。


 これらはすべて、台風の暴風に備えてのもの。
 古来台風の通り道だった彼の地においてはその席巻は「前提」であり、踏まえた上で街づくりをするのが当然なのである。


 …さて本土においては。
 南西ほどではないにせよ毎年台風に関してはその接近が警告され、
 その他地震なども珍しいものではなくなっている。このせせこましい島国は自然災害の巣なのだ。

 にも、かかわらず。
 「災害なんてなかったらいいな」という希望的観測に基づいて生活環境が整えられているように思えてならない。
 災害への備えが、「起こりさえしなければ金を溝に捨てるような無駄」でしかないように捉えられてるんじゃないかとさえ思う。


 それはそれで、仕方ない。誰にも先のことなんてわからない。
 不確定事項に対する投資なんてしたくないとどうしても思ってしまう。


 …だから。
 人の身勝手な祈りなんて天に通じるわけもなく、
 いざ起きてしまってからはせいぜい嘆くことしかできない。
 結局そういう覚悟をするしかないのかな、と空しく空を見上げる今日この頃である。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/16(水) 23:44:18|
  2. 随想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

油買い顛末増税編。

 んあー。

 やっぱ今月入ってからガソリンが値上がりしてるなー。
 どうやらリッター7円ほど跳ね上がってるみたいだ。

 元よりガソリン税と消費税の二重課税が取り沙汰されてるのに、
 いつまで経っても対策されない果てにこの様だよ。


 今回の場合海の向こうで起きた紛争も関わってるのかなぁ。
 限りある資源だ何だ言いながら政治的意図だか何だかで大量にフイにするとか愚かと言うも愚かしいわ。
 ナントカに持たせるもんじゃないなぁと毒の一つも吐きたくなる。
  1. 2019/10/07(月) 23:54:13|
  2. 随想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

積年の夢も醒めてしまう。

 福井県高浜町には何度か足を運んだことがある。
 若狭海岸特有の入り組んだ湾がいくつも連なり、
 穏やかな湾内は格好の釣り場なのだ。

 船を浮かべて仕掛けを降ろし、
 ふと目を挙げるとドーム型の大きな建屋が見えていた。


 言わずと知れた、
 関電高浜原発である。


 今ここを舞台に、
 関電と所謂「地元の名士」にまつわる醜聞が取り沙汰されてるのは周知の事実。


 正直言って、
 何でいまさらそんなこと掘り返してんのかなー、と軽く首をひねるような話ではある。


 危なっかしいのに噛んで含めるように安全を言い立て、
 誘致した地域は何だか妙に金回りが良くなり、
 批判的な意見は逆賊のように非難される。

 そんなもん、利権でずっぶずぶなものに決まってることは少し考えればわかるだろうに。


 これはあれか。喉元過ぎたところで行う禊みたいなもんか。
 件の名士もくたばって暫く経つしそろそろ掃き出しとこう、って感じで。


 醜聞の更に裏を勘繰るのは単なる下衆の了見でしかないんだろうけどさ。
  1. 2019/10/04(金) 23:36:09|
  2. 随想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピンハネ感覚。


 古今東西。
 お役人のやる事で最も世間一般の顰蹙を買う行為。

 それが、徴税。


 統治の体裁を保つにはどうしても必要なのは確かだが、
 どうにも上前をはねられてる印象ばかりが先に立つ。

 それが否応なく上乗せされたとしたら猶更。
 その上乗せが目にも分かりやすく明記されていたら猶更の更である。


 そんなわけで。
 ついに消費税10%時代の到来である。
 軽減税率とかも導入されてるが、いずれこれもなくなるんだろうなぁ近い将来。

 実質ではなく感覚的にこれで景気が良くなんてなるはずもなかろうってものだけど、
 我々レベルでは結局ぶつくさ文句言いつつどうにかやってゆくしかないわけで。


 どうにかできてしまえるから決行されてしまうんだろうね、結局。
  1. 2019/10/01(火) 23:50:13|
  2. 随想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

首都圏消失。

 台風接近による関東圏麻痺で始まる週である。
 浸水や停電などインフラ破壊による影響が広がっている模様。

 何というか。
 これだけ地震やら台風やら割とひっきりなしに起きる国土だというに、
 それを念頭に置いているんじゃなくて「そんなことなかったらいいな」という希望的観測だけで
 この国の整備は行われてる気がする。

 故に、毎回毎回同じような事態に陥ってしまうんじゃないか。

 確かに不確定な未来予測でしかなく、
 待ち構えていても起きなければ全くの無駄にしかならないのが災害に対する備えと言う奴。

 ではいっそ、後から文句をつけるよりも、
 起きてしまえばもう泣き寝入りする以外ないんじゃないかっていう姿勢なんじゃないかって思ってしまうんだな。
  1. 2019/09/09(月) 22:57:52|
  2. 随想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0