FC2ブログ
食い散らかされ人生。
未分類特撮随想アニメゲーム薀蓄折々見物花愛づる日々味覚玩具/アクションフィギュア(特撮キャラ)玩具/アクションフィギュア(アニメ・漫画・ゲームキャラ)玩具/アクションフィギュア(武装神姫)玩具/アクションフィギュア(その他)玩具/ゾイド玩具/食玩玩具/その他システム猫のいる生活旅先より創作緊急措置健康RSS|

日本が静止した日。

 目下関東圏を蹂躙している模様の台風。
 在所界隈は激しいとまでは行かんが絶えず降る雨と多少ざわつく程度の風が吹くくらいで済んだ。

 それでもそうそう外には出られない。
 幸い不要不急の用事すらない身の上、部屋で姫様と一緒にまったりと過ごしたのだった。
 IMG_3119.jpg

 …やらなきゃならんことはそこそこあるんだけれどね。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/12(土) 23:19:46|
  2. 見物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イケニエの栄誉。

 人間社会を多少なりともいい方向に推し進めようとする人々に贈られる世界最高のプライズ。
 その受賞者が今年もどうやら国内から選ばれた模様。

 もう5年ほど前の青色LEDに続き、
 またそんじょそこらにありふれたものにまつわる授与である。

 IMG_3118.jpg
 そう。リチウムイオン電池。
 何気に電子機器の携行性を飛躍的に推し進めた電源ソースの革命。
 今回の受賞者はこれの開発者だという。


 …だがまぁ、当たり前のことだが、
 開発に携わったのは件の人だけではないだろうねぇ。

 例えばこの外殻ケース。
 これは原板を一発でこの形にぶっこ抜いて形成されていて、
 それは町工場の熟練工が成し遂げた世界でも随一の技術だという。
 そしてそれに成功しなければ、そもそもこのサイズでの作成は不可能だったとのことだ。

 受賞者が開発にあたりどのような役割を担ったのかは与り知らぬが、
 そういった人々の尽力あっての栄誉であることはまた、言うまでもないことなんだろうねぇ。

 発表直後に1時間からの会見が開かれ、
 今後しばらくはあちこちに引っ張り出されるであろうことを考えると、
 代表たる受賞者最大の役割はそれなんじゃないかなんて意地悪くも思ってしまったり。
  1. 2019/10/09(水) 23:25:26|
  2. 見物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

15人の浮かれる男。



 年末年始の時期。
 何だかガタイのいいお兄さんたちが寒風の中半袖短パン姿でフィールドを走り回っている。


 国内では何となくそういうイメージの競技世界大会が周知のとおり絶賛開催中。


 まぁ走り回るだけじゃなくがっつんがっつんぶつかり合う競技でもあるためプレイヤーは筋骨たくましくあるべきと言うのが必定で、
 もはや世界ごついおじさん博覧会みたいにもなってるわけだけど。
 見た目でビビらすのも戦術のうちなんじゃないかと思うほどおっかないよ正直。発祥の国にちなんで皆紳士なんだろうけれど。


 その発祥の国故国旗にユニオンジャックが入ってる国が強豪ってイメージあるけど、
 さてさてアジア初の開催国となった本国フィフティーンはどこまで食い下がれるかねぇ。
 注目度が高まってる分、素人なりに興味があるよ。
  1. 2019/09/24(火) 23:21:55|
  2. 見物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

超人たちのあり方。

 開催まで1年を切ったということで取り沙汰されることが多くなった世界大運動会。
 特に今回その障碍者部門の話題をよく聞く気がする。

 やはりその呼び名が先の国内開催で初めて使われたことをアピールしてるのか。
 国際的に見たらああいう人たちへの対応が進んでいるとはまだまだ言えないレベルの国なのにねぇ。
 まぁそれはさておき。


 下手をすれば健常者よりもよほど驚くべきパフォーマンスを見せることのある件のアスリートたち。
 それ以外にもね、心なしか競技生命も長い気がするのよ。
 もう何回目の大会だ、って人もちょくちょく聞くし。
 健常者よりも分母が小さいってことももちろんあるだろうけれど。

 何やら、スポーツのへの向き合い方がより理想に近かったりもするのかもするのかもねぇ。
  1. 2019/08/31(土) 23:51:25|
  2. 見物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勘繰り案件。

 備忘録的に、書いておくと。
 某有名アニメ制作スタジオ放火事件が発生したのが、今日この日である。



 何十人という犠牲者の出た火災としても酷すぎる件である。
 うかつなことを書くと不謹慎になるのは免れない。

 それでも。コンテンツ分野で度々話題になる場所での事件だ。どうにも憶測を回してしまう。
 元より創作関連の人々が理不尽な被害に遭うと、どうしても少々浮世離れした動機を勘繰りがちなものだ。
 何だかそれっぽい供述も伝え聞こえてくるし。


 ただでさえ理不尽極まりないのに、そんな動機があったとしたら犠牲にされてしまった人は浮かばれん。
 該当の会社の作品にはそれなりに思い入れもあるので、何ともやり切れん気分にされられる。
  1. 2019/07/18(木) 23:29:13|
  2. 見物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0