FC2ブログ

共謀空間FC

〜74年目の復習。〜
手慰み。 2019.08.18
残暑凌ぐ。 2019.08.17
彼岸の火。 2019.08.16
嵐の盆。 2019.08.15
鬼門コンビ・白。 2019.08.14

勘繰り案件。

 備忘録的に、書いておくと。
 某有名アニメ制作スタジオ放火事件が発生したのが、今日この日である。



 何十人という犠牲者の出た火災としても酷すぎる件である。
 うかつなことを書くと不謹慎になるのは免れない。

 それでも。コンテンツ分野で度々話題になる場所での事件だ。どうにも憶測を回してしまう。
 元より創作関連の人々が理不尽な被害に遭うと、どうしても少々浮世離れした動機を勘繰りがちなものだ。
 何だかそれっぽい供述も伝え聞こえてくるし。


 ただでさえ理不尽極まりないのに、そんな動機があったとしたら犠牲にされてしまった人は浮かばれん。
 該当の会社の作品にはそれなりに思い入れもあるので、何ともやり切れん気分にされられる。

スポンサーサイト

星拾い再び。

 地面にえいっ、と小さな弾を打ち込み、
 飛び散った石や砂を拾い集める。

 子供にでも出来そうなごく簡単なお仕事。
 …だが。地上からはるか数億㎞の彼方での遠隔操作による作業。入力とレスポンスにかかるタイムラグをも織り込んで進めねばならぬミッションとなればその難易度は如何ばかりか。
 何度聞いてもその途方もなさに戸惑うばかり。

 そんなわけで小惑星りゅうぐうに到着して5か月ばかり。粛々と人類未踏のミッションに挑み続けているはやぶさ2である。
 本日無事再着陸も果たし、順調にプログラムをこなしている模様。なかなか思うように動いてくれなかったという初号機とは随分状況が違うな。それはまぁログの積み重ねありきだろうけれど。

 絶対不可能だけど、ほんと実際作動しているところを見てみたい機械だよ。
 星空の彼方に思いを馳せる、ちょいとテクニカルタームなロマンチシズム。

母なる身の上。

 先日言及した勝手口のヤモリさん。
 よく見るとどうやらお腹に卵が。

 IMG_2921.jpg
 そうか。こうして密かに繁殖もしてるんだねぇ。


 築ン十年のあばら家ではあるけれど、
 こういう人たちにとって住みよいのなら何より。

窓明かり食堂。

 勝手口のガラスを餌場にしてるヤモリはいつも同じ個体なんだろうなぁ。

 IMG_2915.jpg
 家の内外に住み着いてる生き物たちにもそれなりのテリトリーがあるのかな、とか思うとちょっと楽しい。


 そしてそんな生き物たちのボス気取りなこの方。
 IMG_2916.jpg
 住人の動向が気になって仕方がない。

傍猫常在。

 さて。
 あまり出かけたくはないとはいえ大型連休。

 日帰りでもどこかに行きたいな、と検討した結果。
 ちょっと見てみたいな、と思っていた映画が割と近場に配給されていると聞き鑑賞に赴いた次第。


 先日ちょっとだけ触れた、世界最強の猫好きにして猫好かれの動物写真家岩合光昭氏初監督作品、
 『ねことじいちゃん』である。


 全世界に56億7千万人ほどいるであろう猫好き待望の一本。
 何というか、見てて幸せになる映画だった。


 小さな漁村を持つ瀬戸内海の小島。
 人生の黄昏を迎えた人々、少々心に疲れがたまった人、そして島を離れ行く若者などが過ごす1年。
 その喜怒哀楽の傍らにはいつも猫。


 ただ猫が寄り添ってくれるだけで、
 ほんのちょっとでも日々が安らかになる。
 そんな他愛のない、物語というほどでもない物語。


 見終わったら早く家に帰って、
 うちの猫を撫でてあげたい。
 そんな風に思わせてくれる映画だった。