愚者を装う賢者を畏れよ。…ただしこの世にはその逆ばかり多い。

# バイオインフェルノ。

 前にも書いたが恐らくはヒノキ系花粉にアレルギーがあるようで、
 世間でスギが収まったころに症状が出始める。


 …何だか今日は殊更に酷かったな。
 くしゃみが止まらず、鼻水で溺れそうになった。
 ここ数日異様に気温が高かったのが急に下がったせいかな。

 期間限定とはいえ。
 息をするのも辛いというのは困ったものだね。
スポンサーサイト

# 浮世と変わらざるもの。

 IMG_2130.jpg
 共謀空間に毎年春を呼ぶ木蓮が開花寸前。


 この花が開く時期がいつも近隣にある母校の卒業式の時期になる。
 遠くから式で演奏される蛍の光とかが聞こえてくるわけだが。

 これが我々が卒業した時期に流れてたのと同じアレンジなんだな。行進曲風になってるような。
 確か当時在任してた音楽の先生の手によるもの。


 子供の数が減り、
 我々の頃からしてみると寂しさも一入な卒業式になっているのだろうけれど。

 あの楽譜が受け継がれ、今なお読み込まれていると思うとまた別の感慨も。

# すんなりとはいかない。

 ここ数日と比べるとひと月ほど逆行したかと思わせるほどの肌寒さ。
 …実際は真冬ほどの気温までは下がってないのだが。体感温度ってつくづく不思議。

 大分開花準備が進んでいたと思われる各種花々も凍えたのではないだろうか。
 今年もちょいと計画してることがあるので、時期を図れないのはちと困る。

 何やかんや言って。
 やはり変わり目は色々とドラマティックだよなぁ。
 空気の様子だけでもネタになる。

# Get ready.

 めっきり暖かくなった彼岸前。
 枯れ果てていたお庭にも春の息吹が。

 IMG_2108.jpg
 IMG_2110.jpg
 木瓜には蕾、芍薬なども芽吹いてくる。

 IMG_2111.jpg
 だが今年は何故かシンビジウムが遅いなぁ。やはり例年より寒かったのか。

# 動き出せ目を覚ませ。

 啓蟄である。


 冬ごもりしていた生き物が活動を始める日と言う節気。
 今年の場合急に寒が戻って来た日に当たるとか皮肉ではあるが。

 しかしまぁ。
 こういう生き物の活動が暦の節々に折り込まれてるってのは世界的に見て珍しいほうなのかね?
 四季豊かな日本ならではとは言えるのだろうけれど。

 こう、自然の営みを暦に詠み込むことに慣れ親しんだ風土にあるからこそ、
 近年の異常気象には不安感を禁じ得ないところ。

# プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

# 分析生物飼育槽

# 投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

# 最近の記事

# 月別アーカイブ

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物