共謀空間FC

Category page - アニメ

Categoryアニメ 1/27

老舗の尊さ。

 昨夕の話だが、 また『天空の城ラピュタ』がTV放映されていた。 もうこのブログが始まってからも何回放映されたか分からないくらいなのだが、 実に30年以上前のアニメ作品なんだよね、これ。 それでも今見ても全く古臭さを覚えない上、 何回見ても面白いというのはやはり凄い。 …まぁ、現某ゴム海賊の中の人の声は随分と若いけどね。 誰もがいつ見ても好きになるから王道と言う。 だが、それを衒いなく、そして単なる陳...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ひと昔からの帰還。

 先日『地獄少女』が10年ぶりの復活とか書いたが、 今季は他にも『グルグル』だの『タイラー』だのと言った懐かしいタイトルが帰ってくるという何だかよく分からない状況になっているアニメ業界である。 懐かしさで釣るのも戦略の一つなのか、新世代に門戸を開いているのか。 ―そんな中。 どういうわけか唐突に『天元突破グレンラガン』の放映が始まっている関西圏である。 テレ東系列の放映だったのでこの辺では見られなか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

イッペンシンデミル2017.

 今日から7月。ステージは夏季クールに移る。 懲りずに深夜アニメウォッチャーやってる共謀空間さんとしてはそれなりに今期の新番組をチェックしているわけだが。 今季は何だか懐かしいタイトルの復活もちょこちょこ目に付いたりもする。 そのうち一つが。 『地獄少女 宵伽』。 そう。かの「見れば見るほど気が滅入る」を謳い文句にした元祖にして究極の鬱アニメ。 声優・能登麻実子の出世作ともなった問題作が、実に10年...

  • Comment 0
  • Trackback 0

悲しくてやりきれない。

 また、大変に今更ながら、 昨今の話題作をようやく鑑賞する。 『この世界の片隅に』。 昨年初冬静かに公開されて後、『シン・ゴジラ』も『君の名は。』もぶっちぎって話題と各賞をかっさらったアニメ映画。 近隣においては、詳述はしないがちょっとしたご縁も出来ての配給である。 ご覧になった方も多かろうとは思うし今更感想などおこがましくもあるが。 「絵が好きで少々夢見がちな女の子が戦前から戦後に及ぶ圧倒的な現...

  • Comment 0
  • Trackback 0

「ジャイアーン、久し振りに野球やろうぜ」

 また一人、 子供の頃から慣れ親しんでいた声の人がいなくなってしまったな。 肝付兼太氏。 『ドラえもん』のスネ夫と言えば大人世代にはすぐ出てくるあの声の方。 あの、唯一無二と言っていい独特の声音。聞けばすぐにわかる声優さんなんて昨今はあまりいないんじゃないかな。 『銀河鉄道999』の車掌、『サイボーグ009(新)』の007などのムードメーカー的バイプレイヤーも印象に強く、 我々の世代付近で名前を知っ...

  • Comment 0
  • Trackback 0