FC2ブログ

恋する妖精。

 炎天下に咲く花と言えば、やはりヒマワリかねぇ。

 IMG_2618.jpg
 人の背よりも高くなって大輪を開くのもいいけど、
 こう、小さく慎ましやかに咲くのも悪くない。

 お空の太陽はぎらぎらと容赦がないが、
 それに似たこの花は、お庭を明るくしてくれる気がする。
スポンサーサイト

酷暑に繚乱。

 灼熱列島日本。
 アフリカ出身の皆さんも音を上げるデスヒートアイランドでも一番暑い日。

 外に出ると炙られてるような気分になる日中、
 植物も喘いでいるように見える。


 IMG_2543.jpg
 植えるのが遅かったせいか今年はまだ薄いゴーヤーのカーテンも心なしかぐったり。


 そんな中、お庭でカサブランカが開花。
 IMG_2542.jpg
 …清楚な白百合の類なのに何でこう暑苦しいの。

水の花定期。

 梅雨時になったらアジサイを見に行く。それが日本人のルールだろう。
 IMG_2462.jpg

 というわけで。またいつものアジサイ寺を訪問。
 IMG_2458.jpg

 IMG_2460.jpg

 IMG_2463.jpg

 IMG_2459.jpg
 時が移るにつれて色彩を変えてゆくアジサイは何度見に行ってもいいものだろうねぇ。

 お寺の方も参拝を集めるべく色々と工夫をしている様子。
 本堂の軒には風鈴がたくさん飾ってあった。
 IMG_2461.jpg
 生憎無風だったが、
 そよ風くらい吹くといいだろうねぇ。

緑滴る季節。

IMG_2449.jpg
 アジサイが咲いたらお庭は初夏から夏前半戦の様相。

 人にとっては過ごしづらくとも、この季節を待ちわびるものたちは確かに存在する。


 IMG_2448.jpg
 スカシユリ。

 IMG_2450.jpg
 京鹿子。

 IMG_2451.jpg
 ホタルブクロ。

 IMG_2452.jpg
 ハンゲショウも早くも色づき始めたな。

移ろわぬ花。

 梅雨の声が聞こえ始めるこの時期、
 決まって繚乱と花咲く場所が近隣にある。

 IMG_2446.jpg
 「タチアオイ」という花。
 緑濃くなる時期群れて咲く華やかな色彩は殊更に目を引く。

 IMG_2447.jpg
 聞けばもう70年来以上この場所に咲き続けているそうで。
 付近の様相が変わろうとこれは毎年の季節の情景であり続けているのである。善哉。
プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽
投票ボタンなんだそうな。
blogram投票ボタン
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク