共謀空間FC

一度主観を手放してみろよ。世界が見えてくるかも知れんよ。

誰もいないと思っていても。

 IMG_1031.jpg
 死にデモ。(何)

 世界の名だたる芸術作品をアクションフィギュアにしてしまう、figmaの『テーブル美術館』。
 新作は特定の作品ではなく、様々な絵画彫刻に描かれることの多い「天使像」。

 IMG_1020.jpg
 天使を「羽根を持った小さな男の子」としてビジュアライズするようになったのは近世以降。
 ローマ神話のキューピッドがそのイメージの元になったようだ。

 IMG_1021.jpg
 figmaとしては歴代最小クラスで、通常のものの3分の2程度のサイズ。
 その分可動範囲もさほど広くはない。

 IMG_1024.jpg
 小さい分本体は2体セット。
 
 IMG_1023.jpg
 あどけない造形の顔立ち。

 IMG_1025.jpg
 背中の羽根もfigmaジョイントと軸で表情豊かに可動。

 IMG_1028.jpg
 繋いだ手首で組み合わせることも可能。
 figmaスタンドは2セット付属。

 IMG_1026.jpg
 ラッパ。左手首と一体。
 吹くために頬を膨らませた頭部も付属。

 IMG_1027.jpg
 弓矢。これらの付属品はブラス風に塗装されている。教会装飾の大理石像などで見かける方式。
 オプションは一つずつしか付属しない。

 IMG_1029.jpg
 ブリュッセルの有名な噴水像「小便小僧」風に仕立てるオプションも付属。こういうことやらかすのがテーブル美術館。
 台座が付属するが固定できないため、実質自立は不可能。

 IMG_1030.jpg
 …ちなみに○○○は左手首と一体で、本体の○○○の上にかぶせるようにする。○○○オン○○○。

IMG_1032.jpg
 愛らしいが何となくイラッ☆とする感じも味わい。

 特定の作品ではない分汎用性も高く様々なディスプレイが可能。
 今後もちょっとクレイジーなラインナップが続くな、このシリーズ。

 
 
スポンサーサイト

Homo Vitruvianus

 IMG_0886.jpg
 誰もが知っている芸術作品の誰も知らない側面を、誰も頼まないのに暴き出す。
 figmaのちょっぴり頭のおかしいシリーズ『テーブル美術館』。
 第4弾はルネサンスの巨人、万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの手による「ウィトルウィウス的人体図」である。

 IMG_0887.jpg
 古代ローマの建築家ウィトルウィウスの著書『建築論』の記述を人体に当てはめて描かれたドローイングの男性像。
 「プロポーションの法則」「人体の調和」などとも呼ばれ、人体の理想的なバランスを表していると言われる。

 IMG_0888.jpg
 羊皮紙にインクで書かれたドローイングを元にした、初の絵画モデルのテーブル美術館。
 大理石像のような質感になっている。
 よって誰も見たことのない後姿も拝むことが可能。

 IMG_0890.jpg
 元絵の厳めしい顔つきが立体になることでさらに厳つく。

 IMG_0891.jpg
 そのバランスを証明する円と正方形をあしらった背景部分はシートとして付属。
 figmaスタンドに差し込んで立てることが可能。

 IMG_0892.jpg
 IMG_0893.jpg
 IMG_0894.jpg
 絵画としてはこれでよいのだが、ものとしては四腕四脚の異形のアクションフィギュア。
 なまじよく動く分奇想天外なポージングが楽しめる。
 ただし、元絵再現の関係上左脚の付き方にだけ癖があるのがちょいと惜しい。

 IMG_0895.jpg
 胸から上と太腿を交換することで全うな四肢の状態にも差し替え可能。

 IMG_0896.jpg
 こうするとただの真っ裸のおっさんのフィギュアでしかない。

IMG_0897.jpg
 芸術と自然科学の融和を示す名作のはずが。どうしてこうなった。

 何というか。理屈を聞けばなるほどだけど一見異様な絵画を元にした分、シリーズでも最高に狂気を感じる一品になったような。
 彫刻の名作3種を消化した後どんどんフリーダムになってゆく気がする当シリーズのラインナップ。いいぞもっとやれ。

久々ハズレ。

 本日はね、玩具レビュウの予定だったのよ。

 モノはこいつ。
 IMG_0501.jpg

 ・・・しかしエラー品つかまされ、
 手首の一つが穴埋まっててはめ込めない。
 IMG_0502.jpg
 よってまた交換の手間をかけねばならなくなった。
 それが済むまで、紹介はおあずけ。

David.

 IMG_0439.jpg
 誰もが知っている世界の美術作品をアクションフィギュアにしてしまう奇想天外なfigmaシリーズ『テーブル美術館』。
 新作はルネサンス美術の偉大なる金字塔、ミケランジェロの『ダビデ像』である。

 IMG_0430.jpg
 旧約聖書に登場するイスラエル王にしてキリストの祖であるダビデの若かりし頃をモチーフにした大理石像。
 祖国のために戦いに赴く直前を象ったもの。

 IMG_0431.jpg
 基本男性裸像ゆえ色々モロだしだが、そこは軽くスルーの方向で。
 ダビデ像の背中側などあまり印象がないが、武器のスリング(投石具)を持ってたのね。

 IMG_0432.jpg
 決意の表情を克明に再現。
 よく見ると瞳孔がハート型になってるのも再現されていたり。

 IMG_0434.jpg
 元の像は下から見上げる事を前提に作られているそうで、上半身が気持ち大きめになっており正面などから見るとちょっと違和感があるらしい。
 そこを踏まえてか、若干小ぶりの頭部が付属している。

 IMG_0435.jpg
 小さめ頭部には視線可変ギミックあり。
 付属の尖ったツールで動かす。

 IMG_0433.jpg
 スリングを持った手首を交換し台座を外すとフリーポーザブルに。

 IMG_0436.jpg
 可動はそこそこ良好。
 肘関節の接続がボールジョイントになっており、若干ながらフレキシブルな可動に。

 IMG_0437.jpg
 スリングを実際使用している状態のパーツも付属。
 シンプル極まりないけど巨人を一撃で昏倒させるえげつない武器なんだよね。

 IMG_0438.jpg
 険しい表情もこういう手首にすると一転してドヤ顔に。

 前2作と違って固定用シフトボディがない一方色々楽しめるネタオプションで中々楽しめるアクションフィギュアになっている。
 シリーズはまだまだ続くが、今後も突っ込みどころ満載なラインナップの模様。
 

Αφροδίτη της Μήλου

 IMGP4495.jpg
 誰もが知っている世界の偉大な芸術作品の、誰も知らない側面を頼まれてもいないのに引きずり出す。
 有名彫刻をアクションフィギュア化する『テーブル美術館』の新作は古代ギリシャ彫刻の代表作、「ミロのヴィーナス」。

 IMGP4496.jpg
 ミロス島で発見された女神像。美の女神アフロディテを象ったといわれ、B.C.130年ごろの作とされる。

 IMGP4497.jpg
 大きさは一般的フィギュアと同じくらいで、実物が2m超える事を考えると他のフィギュアと絡めるにはちと小さいのか。
 台座部分とは腰布の裾で接続。

 IMGP4498.jpg
 地中海系顔立ちの再現も完璧。

 IMGP4500.jpg
 IMGP4501.jpg
 IMGP4502.jpg
 破損跡や石膏の剥離、塗装の名残なども執拗なまでにこだわって再現されている。
 ギリシャ彫刻ってかつては鮮やかに塗装されてたんだよね。

 さて、おなじみの両腕の欠けた固定上半身を無粋にも両腕再現された可動上半身に差し替えると-
 IMGP4499.jpg
 パーフェクトミロのヴィーナスに。
 パリスの審判の一場面を象ったという説のフルトヴェングラー再現像にちなみリンゴを持たせる事が可能。

 IMGP4503.jpg
 さらに腰布を可動版に差し替えるとフル可動形態に。

 IMGP4504.jpg
 ・・・やっぱポーズって大事だなぁ・・・

 IMGP4505.jpg
 IMGP4506.jpg
 交換手首なども用いて芸術を冒涜する悪ふざけも可能。

 IMGP4507.jpg
 腰布を取ると・・・・・・


 冗談企画の商品ではあるが、元彫刻の再現としても相当のクオリティで作り上げられている。
 さて次作はかのダビデ像だそうで、三大有名彫刻が揃う感じになるかな。
 
 
 

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん