共謀空間FC背景

共謀空間FC

とりあえず、相手をぶん殴ろうってとこから出発するのが人間の悪いクセ。

INFORMATION

固定表示 削除可




ゼウスの雷。

 IMG_1628.jpg
 目下絶賛連載停滞中の高屋良樹原作・『強殖装甲ガイバー』より、
 第三の殖装者、ガイバーIIIがfigmaで登場。

 IMG_1615.jpg
 ゼウスを名乗るクロノスの反逆者、巻島顎人が自らの意思で殖装した3番目のユニット由来のガイバー。
 その能力は他のガイバーよりも攻撃寄り。

 IMG_1616.jpg
 全身塗装で良好な質感で再現されているが、なんつーか黒い。ゼクトールかと言わんばかりに黒い。
 何をソースにした色調なんだか。

 IMG_1617.jpg
 黒すぎてせっかくクリアパーツ表現の目も目立たない。
 造形自体は非常に緻密。前2作でちょっと気になった墨入れもない分見栄えは良好。

 IMG_1618.jpg
 ガイバーI、ガイバーIIFと。
 造形上同一の部分は一切なし。
 背も一番高くがっしりした体格のためボリューム的には最大。

 IMG_1619.jpg
 反面可動はちょっと窮屈になった印象。

 IMG_1620.jpg
 股関節の可動域が今一つで膝立ちなどもあまり様にならない。

 IMG_1621.jpg
 肘の高周波ソードは大小2対をそれぞれ差し替えて使用時を再現。
 前2作よりもかなり長め。

 IMG_1622.jpg
 胸部装甲はメガ・スマッシャーを開閉できる可動型に差し替え可能。

 IMG_1623.jpg
 レンズ部の表現はガイバーIIFに準ずる。

 IMG_1624.jpg
 また、プレッシャー・カノンのポーズ再現用の胸部も付属する。

 IMG_1625.jpg
 両腕は腕組みポーズ用に差し替え可能。

 IMG_1629.jpg
 左右に分割できるため取り付けも楽。

 IMG_1631.jpg
 ガイバーIに付属していたのと同じユニット・ガイバーも付属。

 IMG_1630.jpg
 最初のガイバーIからの改良が地道に利いてる感があるね。
 主人公・晶とようやく本当に和解を果たした巻島さん。ギガンティック化して2体の獣神将と交戦したままお話が途絶えてるけど。
 今後再開はあるのかなぁ。
スポンサーサイト

遠い記憶。

 IMG_1362.jpg
 久々に、『ペルソナ』シリーズのfigmaが登場。
 『ペルソナ3』の主人公、通称キタローが劇場版アニメのデフォ名「結城理」としてリリース。

 IMG_1364.jpg
 月光館学園に転校してきた少年。ワイルドのペルソナ能力を持ち、S.E.E.S.のリーダーに任命される。
 その身には10年前、死のシャドウが封印されていた。

 IMG_1365.jpg
 月光館学園の制服姿。
 プロポーションは極端に細身。

 IMG_1366.jpg
 顔の造形はゲーム作中よりアニメよりか。
 右目は完全に隠れてしまうが、ちゃんとプリントされている。
 トレードマークのMP3とイヤホンは固定。

 IMG_1356.jpg
 最近の規格のため、ノーマルアイギスと並べるとどうしても小さい。

 IMG_1363.jpg
 D-Artsのエリザベスと絡めても若干違和感が。

 IMG_1358.jpg
 腕章をつけ、腰部分をホルスター付きのものに差し替えて戦闘服状態に。

 IMG_1359.jpg
 召喚機はホルスターから抜いて持たせることが出来る。

 IMG_1361.jpg
 こめかみに当ててペルソナ召喚も再現可能。

 IMG_1357.jpg
 武器としてショートソード付属。

 IMG_1354.jpg
 ラストバトルの指差しも再現可能。

 
 当方劇場アニメは未鑑賞だが、ゲームキャラとしての再現度も結構高い。
 P4の番長と比べるとかなり華奢で、儚げで虚無的なキャラにも合っていると思う。
 欲を言えばキービジュアルでもゲーム中でも印象的なハンドポケットのポーズを再現できれば良かったかな、と。

逆襲の戦姫。

IMG_0842.jpg
 20年以上を経た、OVAからのまさかの逆輸入。
 漫画『強殖装甲ガイバー』に登場する、ガイバーIIFがfigmaで登場。

 IMG_0832.jpg
 かつてクロノスの監査官オズワルド・リスカ―が殖装したガイバーII。その際のデータをもとに作成された人造コントロールメタルにより制御される新しいユニット・ガイバー。
 リスカーの義妹ヴァルキュリアが自らの目的のために奪取して殖装。戦闘能力は通常のガイバーと同等だが、人造コントロールメタルの不完全さゆえにいくつかの不安定さを抱えている。

 IMG_0833.jpg
 造形は良好でほっそりした女性的なラインを再現している。

 IMG_0834.jpg
 顔の再現度も良好。額にはスラッシュの入った人造コントロールメタル。塗料が跳ねてるのを引いちゃった。

 IMG_0835.jpg
 ガイバーIと。細身だが実は少し背が高かったりする。

 IMG_0837.jpg
 可動性能はガイバー1とほぼ同じだが腰には可動分割なし。

 IMG_0836.jpg
 かわりに胸の下で大きく動かせるが隙間が大きく空いてしまったり。

 IMG_0838.jpg
 肘の高周波ソードは伸びたものに差し替え可能。

 IMG_0840.jpg
 胸部粒子砲の開閉も差し替えで再現。レンズはクリアパーツ。

 IMG_0839.jpg
 左右独立しているので片側だけ開くことも。
 今回可動範囲の関係でこう自分で開くポーズがとりにくかったり。

 IMG_0841.jpg
 何か最近連載が滞っている原作。
 巻島とクルメグニクらの決着よりガス欠で動けないアプトムがこいつに出くわした続きのほうが気になって仕方ないのだが。

Time To Make History.

 IMGP4282.jpg
 最新作『P5』のリリースも間近のペルソナシリーズ。
 その中でも最もメディア露出の大きいタイトル『P4』の主人公、鋼のシスコン番長ことデフォ名鳴神悠がfigmaで登場。

 IMGP4272.jpg
 八十神高校に転校してきた高校2年生。奇妙な殺人事件に巻き込まれたことからペルソナ能力に目覚め、自称特別捜査隊のリーダーとなる。
 プレイヤーキャラゆえ性格はプレイヤー次第だが、ゲームシステム上万能超人のキングオブリア充となるのは必定。

 IMGP4273.jpg
 商品的な作品タイトルは格ゲー『P4U ウルトラスープレックスホールド』だがビジュアル的には変わらず『P4』の番長のまま。八十神高校の学ラン姿。
 上着の裾は翻った状態で造形。

 IMGP4274.jpg
 「前髪の下から覗く眼光が肝」とデザイナーの言う顔立ちを表現。イケメンさんである。

 IMGP4275.jpg
 造形上猫背になりがちなのがfigmaだが、今回胸元ごと首が前後する可動部が。
 これは後述で生きてくるギミック。

 IMGP4276.jpg
 TVの中では必須のメガネが付いた前髪部分。

 IMGP4277.jpg
 外した状態のメガネも付属。
 専用手首で持たせる。

 IMGP4278.jpg
 武器の日本刀。

 IMGP4279.jpg
 作中での構えは一寸むずかしいか。

 IMGP4280.jpg
 ペルソナを召喚する際現れるカード付きの手首。

 IMGP4281.jpg
 絵柄はイザナギのアルカナである愚者。

 IMGP4284.jpg
 D-artsのイザナギと並べても違和感無し。

 IMGP4285.jpg
 またボーナスパーツとしてP4U版アイギスに使える組み合わさった手首が付属。
 これは何に使うものかと言うと-

 IMGP4286.jpg
 作品タイトルにもなってるこのキービジュアルを再現するためのものだったりして。

 IMGP4287.jpg
 専用の表情も付いてたり。
 先述の首可動もここで生きてくる。

 決行満を持して、って感じでリリースされた番長figma。
 割高感は否めないが、出来は良好。

「了解。ちょっとだけキツ目に行くぞ」

IMGP3754.jpg
 熱血戦車道アニメ『ガールズ&パンツァー』figmaシリーズ。
 IV号戦車のあんこうチーム5人組、そのどん尻に控えしは天才ねぼすけ操縦士・冷泉麻子。

 
 IMGP3755.jpg
 武部沙織の幼馴染。成績は常に学年トップの才媛ながら朝に極端に弱い遅刻常習犯で、登校日数不足の補填と言う条件に釣られて戦車道に参加。
 クールな知性派の一方早起きの他オカルトやら高いところやら苦手なものが多くテンパることもしばしば。
 だがその天才的な頭脳は本物で、教本を斜め読んだだけで戦車の操縦をマスター。IV号戦車を縦横無尽に操って見せる。

 IMGP3756.jpg
 例によってパンツァージャケット姿。髪で見えないが背中にはあんこうチームのエンブレムが印刷。
 長髪の上小型なので、スタンド穴は背中の他頭部にも開いている。

 IMGP3758.jpg
 顔の造形も問題なし。
 5人中最もお子ちゃま体型ゆえ今回もボディは完全新規。

 IMGP3759.jpg
 小柄キャラを表現するため袖丈が余った感じになっているのが可愛らしい。
 ハンドパーツも他のキャラより小さく、互換性などはなかったりする。

 IMGP3760.jpg
 テンパりキャラでもあるためこの表情。
 汗を表現するジュエルシールも付属。

 IMGP3766.jpg
 チームメイトと一緒に。全員揃うのに丁度丸1年。
 実際はもっとちっちゃい子だと思うがfigmaでの身長差は一回り程度。

 IMGP3761.jpg
 座りポーズ用腰パーツと操縦席。
 操縦桿とシフトレバーは可動する。
 また、椅子は5段階に位置を前後調整することが可能。

 IMGP3762.jpg
 腰パーツの仕様は武部沙織以降のものと同じだが、今回スカートの前部分にもスリットが入れてありより脚を上に上げることが可能に。
 ペダルをぐっと踏み込むポーズが出来るようになっている。

 IMGP3763.jpg
 他のオプションは戦車教本。
 細やかに再現されているが、中身のほうは真っ白。

 IMGP3764.jpg
 これでIV号戦車内部も完成。
 ・・・どうやら本気で対応する1/12IV号戦車を出すつもりらしいが、そんなものは買う金も置く場所もないよ。

 最後発なだけあっていろいろと仕様的に改良されているのが見て取れる。
 やはりチーム物は揃えて楽しい。
 
 

# プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

# 分析生物飼育槽

# 投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

# 最近の記事

# 最近のトラックバック

# 最近のコメント

# 月別アーカイブ

# カテゴリー

# ブロとも申請フォーム


PAGE TOP
広告: