FC2ブログ

共謀空間FC

〜74年目の復習。〜
手慰み。 2019.08.18
残暑凌ぐ。 2019.08.17
彼岸の火。 2019.08.16
嵐の盆。 2019.08.15
鬼門コンビ・白。 2019.08.14

手慰み。

 まだアナザーワールドから抜け出せない共謀空間である。
 今週の金曜日あたりにはディケイドが迎えに来てくれるらしい。
 毎年最終回までには帳尻合わせてくれるけれど、
 最終展開をまとめて見られるってのはいいんだか悪いんだか。


 さてやることもないし。
 暑くて出かける気にもなれん。

 ならば積みプラくらいには手を付けてみようと思い立ち
 いささか古いキットの箱を空けることに。

 IMG_3030.jpg
 フレームアームズの、ガールじゃないほうのグライフェン。

 IMG_3031.jpg
 フレスヴェルクと同じ人がデザインしたとは思えない、武骨で油臭い作業用メカ。
 つま先が後ろ向いたような足首のラインとかは似ているかな。

 IMG_3032.jpg
 今まで組み立てたFAが真っ当にアーキテクトに外装付ける感じで組むのに対し、大分骨組みをいじってから組まねばならない。
 組んでる時も楽しかったし、組んだ後も独特のデザインとギミックが楽しい。

 専用のエクステンドアームズも買ってあるので、こっちも組んでみるかな。

スポンサーサイト

また重なる。

 積みが減らない。
 うかうかしてたらまたでかいのが届いた。

 IMG_2994.jpg
 ヘキサギアは組んでからが本番なので手を付けていきたいところなんだけどなぁ。

世界に敵対。

 この年中一番不快指数の高い時期にわざわざ世界からお集りのお歴々お疲れ様。

 さて、今回の国際会議では環境対策として廃棄プラの削減についても話し合われるそうだけど。
 (またどこぞの赤ら顔おやじがゴネるんだろなぁ…)


 そんな風潮に絶賛非迎合中。
 IMG_2917.jpg
 また届いたよ!今回また妙に分厚い箱ばっかり!
 そして最近この手のプラモばっかり買ってるなぁとか軽くへこんでも見たり。


 IMG_2918.jpg
 IMG_2919.jpg
 こういうスピンオフ系は元ネタのほうも欲しくなるので困りもの。
 いやそうでないと意味がない気がするんだよ。

祝え、補完を!

 IMG_2894.jpg
 最近の通例としてほぼ本体のみの低価格販売となっていたS.H.フィギュアーツ・仮面ライダージオウ。
 これまた例によってオプションセットがようやくリリース。
 「ライドストライカー&ジカンギレード/ジカンザックスセット」。魂web限定商品。

 IMG_2895.jpg
 まずはライドストライカー。
 バイクライドウォッチが巨大化変形する仮面ライダージオウ/ゲイツのバイク。最高速度298km/h。
 タイムマジーンが足として優秀過ぎるのでいささか影が薄いライダーマシン。

 IMG_2896.jpg
 アーツ用バイクとしての仕様は以下略。

 IMG_2897.jpg
 IMG_2899.jpg
 各部にクリアパーツも使用。
 露出少なめのバイクながら再現に抜かりなし。

 IMG_2900.jpg
 実車プロップのベースはHONDA CRF250RALLY。
 何気にライダーマシンのベースには初使用だそうな。

 IMG_2901.jpg
 ジオウが搭乗。

 IMG_2902.jpg
 例によって車輪用スタンド、魂STAGE用ジョイント付属。

 IMG_2903.jpg
 もちろんゲイツを乗せてもOK。
 両者のハンドル用手首付属。

 IMG_2904.jpg
 そしてジオウ、ゲイツの基本武装であるジカンギレードとジカンザックスのセットが同梱されている。

 IMG_2905.jpg
 ジカンギレード・ケンモード。
 
IMG_2906.jpg
 小物の細密さ、塗装の細かさはやはりお手の物。

 IMG_2907.jpg
 ライドウォッチの装填も可能。
 ギリギリスラッシュ!

 IMG_2908.jpg
 ジュウモードは別に付属。

 IMG_2909.jpg
 単純な変形だが文字の都合があるしなぁ。

 IMG_2910.jpg
 ジカンザックス・おのモード。

 IMG_2911.jpg
 武器持ち手もそれぞれ付属。

 IMG_2912.jpg
 ライドウォッチ装填はこちらも同様。

 IMG_2913.jpg
 やはりゆみモードは別に付属。

 IMG_2914.jpg
 撃針を引き出し引き絞った状態は差し替えで再現。

 IMG_2893.jpg
 これでジオウ、ゲイツも完全版。
 プレイバリュウは一気に広がる。


破壊の掌。

 さて、今日は思いがけず仕事が急に休みになった。

 前触れなくブランクになった予定をどうしようかと考え、
 積みプラに手を出してみるかと思い立つ。

 だが大仰なキットに手を付ける気力まではわかない。
 考えた末に選んだのが―

 IMG_2880.jpg
 壽屋のモデルアクセサリMSGヘビーウェポンユニットのひとつ、オーバードマニピュレータ。
 可動式大型ロボットハンドである。

 IMG_2881.jpg
 サイズは実にリアル赤ちゃんの手くらいは十分にある。

 IMG_2882.jpg
 これは右手として組んだがもちろん左右どちらとしても組むことが可能。

 IMG_2883.jpg
 もちろんすべての指がわきわきと自在に可動。

 IMG_2884.jpg
 人間の手で言うと甲の中の骨まで再現されているのでかなり自由度は高い。

 むろんこれを違和感なく手として使えるロボなどどんなサイズになるか想像もつかないわけだが…
 同梱される様々なオプションを駆使して、

 IMG_2886.jpg
 どっかのフランケンが変形するようなスレッジハンマーにしたり、

 IMG_2885.jpg
 四連装ビーム砲に見立てたり、

 IMG_2887.jpg
 はたまたインパクトナックルの打突部分にすることもできる。
 …いずれもちょっと持て余し気味だけどね。

 IMG_2879.jpg
 だがまぁ、自由自在に動く手のモデルというのはそれだけで楽しかったりする。