FC2ブログ

共謀空間FC

この世の誰も彼もが、「〇〇日後に死ぬ××」。

せめてもの。

 昨今仮面ライダーのS.H.フィギュアーツシリーズもめっきり入手が困難になった。
 一般販売品など店頭に並ぶのも稀。予約分しか入荷されない。
 厳密に言えば通販などで買えないことはないのだが、大体アホみたいなプレ値が付いてる。
 そんなん払ってまで買うモチベーションは正直、ない。

 この初夏頃発売された真骨彫造形版・仮面ライダー電王ソード/ガンフォームも当然のように買えなかった。

 多少虚しい思いをしつつも。魂web限定商品にあったこれをポチってみた。


 IMG_3767.jpg
 真骨彫版・仮面ライダー電王プラットフォームである。


 IMG_3761.jpg
 野上良太郎が変身する仮面ライダー電王の、イマジンが憑依していない言わば素体状態。
 イマジン由来のフリーエネルギーによる外装がなく、戦闘能力は皆無に等しい。

 IMG_3762.jpg
 近年の真骨彫に倣った高岩さん体形のある意味どんくさい(失礼)プロポーションも相まって絶妙に弱そう。

 IMG_3763.jpg
 マスクは塗装のみで再現。この何とも頼りなげな容貌。

 IMG_3764.jpg
 ベルトのバックル、ホルダーのデンガッシャーは着脱可能。

 IMG_3765.jpg
 プラットフォームのアクションフィギュアとしては実に放映当時発売の装着変身以来。
 並べてみるとあらゆる意味でもう15年近くになる隔世の感が。

 IMG_3766.jpg
 ソード/ガンフォームの背面上半身部分が同梱されている。つまりこれがあればコンパチになってるソードフォームとガンフォームを並べて飾ることが出来るという寸法。まぁうちでは関係ないがな!

 コンパチブル仕様も取り込んだ最近の真骨彫。ぶっちゃけこいつをベースにしたフォームチェンジパーツセットでも出してくれんかなぁとか思う今日この頃である。
 もちろんweb限定でな!
スポンサーサイト



灼熱真紅の型。

 IMG_3635.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズに、
 仮面ライダー響鬼の強化形態、仮面ライダー響鬼紅が登場。
 これも魂web限定商品。

 IMG_3638.jpg
 強力な再生能力と増殖能力を持ち音撃打しか受け付けない「夏の魔化魍」に対抗するため、鍛えに鍛え直した響鬼が到達可能になる姿。
 身体の炎の気が極限まで高まり、音撃打による一撃で魔化魍を倒す。負担が大きいため持続は1時間程度。

 IMG_3639.jpg
 全身は深みのあるメタリックレッド塗装で再現。違和感なく美しい。

 IMG_3640.jpg
 隈取だけでは造作が分かりづらく不安感があると言われた顔も色分けされより顔らしく。

 IMG_3633.jpg
 作中通りノーマル響鬼の完全なカラーバリエーションでしかない。よって可動範囲なども同じ。

 IMG_3636.jpg
 IMG_3637.jpg
 付属品も全く同一のものである。

 IMG_3631.jpg
 唯一の新要素がこれ。
 「鬼爪」を展開した手首。

 IMG_3632.jpg
 非常に印象的なギミックでなぜ今まで付かなかったのかと。

 IMG_3634.jpg
 手首の色は同じなのでノーマル響鬼にも流用可能。

 カラバリに最小限の新要素と言う結構あくどい商法。
 だがまぁ、案外損した気分にはならないから良し。

トリニティタイム!

 IMG_3615.jpg
 平伏せ!我が名は仮面ライダージオウトリニティ!
 大魔王たるジオウとその家臣ゲイツ、ウォズ!
 三位一体となって未来を創出する時の王者、魂webよりS.H.フィギュアーツに満を持して降臨である!

 IMG_3616.jpg
 この本にも書かれていない新たな歴史が始まったことを示す、我が魔王仮面ライダージオウの新たな姿。
 トリニティライドウォッチの力によりジオウと仮面ライダーゲイツ、ウォズが一つとなり、誰も見たことがない歴史を切り開くのだ。

 IMG_3617.jpg
 造形と塗装の安定感はもはや問うまでもない。

 IMG_3618.jpg
 3人のライダーそれぞれのカラーに分けられたインジケーション・アイも克明に再現。

 IMG_3620.jpg
 胸のジオウのマスクの目部分は塗装で再現。

 IMG_3621.jpg
 IMG_3622.jpg
 一方両肩のゲイツ、ウォズのインジケーションアイにはクリアパーツが用いられている。
 両腕のホルダーのライドウォッチはブランクが三つとバイク。

 IMG_3619.jpg
 ベルトのジクウドライバーにはジオウとトリニティライドウォッチ。

 IMG_3624.jpg
 トリニティライドウォッチは展開した状態のままながら取り外し可能。
 マスクのプリントこそないものの裏側パターンも再現されている。

 IMG_3623.jpg
 ノーマルジオウと。
 金色部分がさらに増え、よりオーマジオウにステージが近づいたことが解る。

 IMG_3625.jpg
 武器としてジカンギレードとサイキョーギレードが付属。
 それぞれバイク&武器セットとジオウIIに付属していたものと同じ。

 IMG_3626.jpg
 サイキョージカンギレードとして組み合わせることが出来るのも同様である。

 IMG_3627.jpg
 またゲイツ、ウォズの武器を装備することも可能。

 IMG_3628.jpg
 トリニティタイム!
 ブレークバーストエクスプロージョン!

 我が魔王のアーツも随分出そろってきた。
 ジオウ系アーツはプレイバリュウ豊富なのが多く、触って楽しいシリーズ。



 

ハイパー大・変・身!!

 IMG_3579.jpg
 輝け!流星のごとく!!

 仮面ライダーエグゼイド、文字通り究極無敵の姿。

 S.H.フィギュアーツに『仮面ライダーエグゼイド』から仮面ライダーエグゼイド・ムテキゲーマーがラインナップ。
 これも魂web限定商品。


 IMG_3570.jpg
 檀黎斗が作り出したハイパームテキガシャットをマイティマキシマムXガシャットと組み合わせてゲーマドライバーにセットすることで変身が可能になる。
 ゲームフィールド内では一切のダメージ・状態変化の影響を受けることがないという正真正銘の無敵形態。
 攻撃能力も無敵クラスで、時間差多段ヒットにより巨大な敵も粉砕する。

 IMG_3571.jpg
 無敵アイテムで光り輝いているイメージを表現したデザインを再現。シャープな造形であちこち尖っており触ると痛いくらい。

 IMG_3572.jpg
 写真ではわかりづらいが目のグラデーション塗装も綺麗に再現されている。

 IMG_3573.jpg
 ベルトにはマキシマムマイティXガシャットとハイパームテキガシャット。
 マキシマムマイティXは着脱も可能。マキシマムゲーマー付属のものより塗装が簡略化されていたり。

 IMG_3574.jpg
 アクションゲーマーLv2と。
 ほぼ全体新規造形だが構成は共通。

 IMG_3575.jpg
 前段階のマキシマムゲーマーとも。

 IMG_3576.jpg
 武器としては今までと同じガシャコンキースラッシャー付属。
 可動も大体従来通りだが、髪パーツのおかげで首周りはかなり窮屈。

 IMG_3577.jpg
 その髪、ハイパーライドヘアーはなびいた状態のものに差し替えられる。
 材質はそれほど柔らかいものではなく、破損には注意が必要。

 IMG_3578.jpg
 ひかる~ひかるぜ~♪

 ……何だったんだあのCM。


 ぼつぼつ未登場の平成ライダー最強形態もアーツ化されてゆく模様。
 やはり妥協のない仕上がり。

痛みは一瞬だ。

 …何か、久々のフィギュアレビューのような…

 IMG_3566.jpg
 昨年の「魂NATION2019」での限定販売品だったS.H.フィギュアーツ真骨彫造形版・仮面ライダーディエンドが魂web受注販売でリリース。
 『仮面ライダージオウ』にも登場したシリーズ屈指のトラブルメーカーにしてトリックスターが真骨彫規格にてリニューアル。


 IMG_3554.jpg
 様々な世界を巡りお宝を探し求める自称「怪盗」、海東大樹が大ショッカーから奪ったディエンドライバーによって変身する。
 レジェンドライダーを召喚・使役しながら戦うのが主な戦術。

 IMG_3555.jpg
 例によってスーツ感を強調した造形。

 IMG_3559.jpg
 ライドプレートによるラジエーターフィンのような造形になったフェイス。
 塗装に若干のはみだしが見られたり。

 IMG_3557.jpg
 ベルトのエンブレムもモールドで再現。

 IMG_3558.jpg
 左腰にはカードホルダー。
 中空に造形されているがカードを収納したりは流石に出来ない。

 IMG_3560.jpg
 真骨彫ディケイド、旧版アーツと。
 ディケイドとは両腕と下半身が共通造形。
 旧版とはやはり各部バランスが随分異なる。

 IMG_3561.jpg
 変身アイテムにして武器にして召喚機というディエンドの全てとも言えるディエンドライバー。
 造形、塗装共に緻密。

 IMG_3562.jpg
 持ち手は左右付属。

 IMG_3563.jpg
 伸ばしてカードスロットを展開可能。

 IMG_3568.jpg
 付属のライダーカードを装填できる。

 IMG_3565.jpg
 IMG_3564.jpg
 カードはディケイド同様ラミネートシートで再現されている。

 IMG_3567.jpg
 ジオウ登場バージョンという事でネオディエンドライバーも付属。
 彩色以外は通常版と同様。

 IMG_3569.jpg
 放映後10年経っても結局ディケイド=士との因縁は不明の腐れ縁キャラ。
 色々と面倒くさい困った奴だが居なきゃ居ないで詰んでた局面も度々。
 ディケイドの真骨彫自体ちょっと前のアイテムだが、今見ても充分見られる出来栄え。

| HOME | NEXT »

« | 2020/09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -