FC2ブログ

バラージの青い石。

 IMG_2728.jpg
 『ウルトラマン』に登場した中でも殊更に強い印象を残す怪獣の一体、磁力怪獣アントラー。
 このウルトラマンを大いに苦しめた強敵が、S.H.フィギュアーツで登場。
 これも魂ウェブ限定商品。


 IMG_2729.jpg
 幻の古代都市バラージ付近の砂漠にアリジゴクのように巣食う怪獣。
 強力な磁力光線を放つ能力を持ち、謎の航空事故を引き起こす。

 IMG_2730.jpg
 その昆虫じみた姿を心地よく再現。
 さほど重いわけではないが、やはり幾分トップヘビーなので自立は困難。

 IMG_2731.jpg
 昆虫ともカニともつかぬ独特の頭部。

 IMG_2732.jpg
 アーツウルトラマン(Aタイプ)と比較。
 ボリューミーだがそれほど身長があるわけではない。対比としてはまぁ適当か。

 IMG_2733.jpg
 可動範囲そのものはさほど広いわけではないが、関節が目立たない割にはよく動く。
 ほとんどが二重ボールジョイントで構成され、フレキシブルに動くのもポイント高い。

 IMG_2734.jpg
 大あごもボールジョイントで可動。眼柄や二対の触角もわずかながら可動し表情付けに一役。口吻も開閉する。
 これらの細かいパーツは硬質素材のため破損に注意。

 IMG_2735.jpg
 オプションとして砂の中から姿を現すシーンを再現可能なパーツが付属。
 下半身を外してはめ込む仕様。

 IMG_2736.jpg
 何気にウルトラマンもほぼ歯が立たなかった難敵。
 バラージの遺産がなければ勝てなかったという。

 相変わらず怪獣アーツには外れがないねぇ。
 今後も細々でいいから続いていってほしいところ。


 
スポンサーサイト

親しみやすさ。

 ビキッ!ビキビキッ!ワレッナイッ!!
 IMG_2719.jpg
 ようやく今月最初の玩具レビュウ。
 『仮面ライダービルド』より地獄を見た男・氷室幻徳が変身する「西都の仮面ライダー」、仮面ライダーローグがS.H.フィギュアーツで登場。
 例によって魂ウェブ限定商品。

 IMG_2713.jpg
 スクラッシュドライバーにクロコダイルクラックフルボトルを装填することで変身する仮面ライダー。
 ダイラタンシー流体効果を利用した鉄壁の防御力が特徴的。

 IMG_2714.jpg
 造形・質感など映像中のイメージを気持ちよく再現。

 IMG_2716.jpg
 クリアパーツの発色が大変美しい複眼部。
 各部のひび割れ模様はプリントで再現。

 IMG_2717.jpg
 後頭部に輝く「割れ物注意」もしっかりプリント。

 IMG_2718.jpg
 ベルトのスクラッシュドライバーにはクロコダイルクラックフルボトルを装填。
 やはりシリンダーの色がクローズチャージやグリスとは違う。

 IMG_2721.jpg
 クロコダイルクラックフルボトルはもちろん着脱可能。

 IMG_2720.jpg
 イモヒゲコンビ(笑)。
 同じスクラッシュライダーのはずが共通する部分は皆無。
 というかビルド系ともトランスチーム系とも違う何だか浮いたデザイン。

 IMG_2722.jpg
 武器として付属するネビュラスチームガン。
 トランスチームガンにディティールが追加されたもの。

 IMG_2723.jpg
 スチームブレードはナイトローグなどに付属のものと同じ。

 IMG_2724.jpg
 ライフルモードに組み合わせることももちろん可能。

 IMG_2725.jpg
 なぜか鷲尾兄弟が使っていたギアリモコン、ギアエンジンも付属。

 IMG_2726.jpg
 ネビュラスチームガンにセット可能。

 IMG_2727.jpg
 エボルトに対抗する4人の仮面ラダーがこれで集結。
 あとはビルドの強化フォームだな。最近は何か主役ライダーが後回しになるアーツ関係。
 

史上最大の侵略。(前編/後編)

 IMG_2685.jpg
 第1期ウルトラシリーズでも格別の人気を誇る『ウルトラセブン』。
 その最終エピソードに登場した双頭怪獣パンドンが、S.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品。豊富なオプションで作中のあらゆるシチュエーションを再現可能なその名も「史上最大の侵略セット」である。

 IMG_2687.jpg
 ゴース星人が侵略の尖兵として送り込んできた宇宙怪獣。
 二つの口から高熱の火炎を吐き、歴戦のダメージで衰弱したセブンを怪力で苦しめる。

 IMG_2688.jpg
 独特の体形と体表の質感を再現。
 色がちょっと鮮やかすぎる気がしたが、本編見直したら大体こんな感じだった。

 IMG_2689.jpg
 頭が二つある、と言われないと分かりづらい得体の知れないデザインの頭部。

IMG_2690.jpg
 二つの嘴はそれぞれ開閉。
 よく見ると嘴の上に小さな目がある。

 IMG_2692.jpg
 アーツセブンとの大きさの対比はこんなもの。

 IMG_2686.jpg
 怪獣アーツの常で可動には癖があるが結構よく動く。

 IMG_2693.jpg
 前編での第1戦はホーク3号の援護もありどうにか辛勝。

 かーらーのー…

 IMG_2694.jpg
 後編で機械の手足を取り付けた改造バージョンを再現可能な差し替え手足。
 こう、応急処置を施され即時再投入されるあたりが如何にも現地運用の侵略兵器。

 IMG_2695.jpg
 生身手足とは若干可動性能が異なるあたりもらしい。

 IMG_2696.jpg
 アイスラッガーを奪った状態を再現できる手首も付属。

 IMG_2699.jpg
 奪われたアイスラッガーを投げつけられて…

 IMG_2697.jpg
 念力で投げ返し、スパっ。

 IMG_2700.jpg
 この、決着シーンを再現するための首パーツまで付属するのだ。

 IMG_2698.jpg
 かくしてゴース星人の野望は潰え、ウルトラセブンは傷ついた体を癒すために地球を去るのだった。

 伝説の名EPの各シーン再現を執拗なまでに追求したこだわりのセット。
 改めて『ウルトラセブン』が愛された作品であることを実感できるのだった。
 

大空に青。

 IMG_2683.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズに『仮面ライダー響鬼』からようやく二人目。
 息吹く鬼・仮面ライダー威吹鬼が登場。これも魂ウェブ限定商品。

 IMG_2665.jpg
 関東十一鬼の一人で猛士宗家の御曹司、イブキが変身する。
 音撃管を用いる「管の鬼」であり、撃ち込んだ鬼石を介して清めの音を流す技は主に空を飛ぶ魔化魍に有効。

 IMG_2666.jpg
 全体の黒に近い濃紺はつやつやの塗装で再現。
 
 IMG_2667.jpg
 やはりクリアパーツなどなく塗装で再現された顔面部。
 額の鬼の顔なども精密に再現。

 IMG_2684.jpg
 もう4年も前の発売になる真骨彫響鬼と。
 やはり素体部分は共通。当時はスーツそのままに見えたものだが、今見ると随分ほっそりして見える。

 IMG_2669.jpg
 ベルトには音撃鳴・鳴風。

 IMG_2676.jpg
 着脱可能で裏側や外した部分も再現されている。

 IMG_2670.jpg
 左腰にはディスクアニマル。

 IMG_2671.jpg
 右腰には変身鬼笛・音笛。

 IMG_2673.jpg
 IMG_2672.jpg
 これらは取り外した空ホルダーに差し替え可能。
 小さいので紛失注意。

 IMG_2674.jpg
 音笛は行使形態も付属。ディスクアニマル起動シーンを再現可能。

 IMG_2675.jpg
 ディスクアニマルはアサギワシ・キアカシシ・ニビイロヘビの3種が付属する。

 IMG_2677.jpg
 主力装備の音撃管・烈風。

 IMG_2678.jpg
 『響鬼』における銃撃ライダー枠でもあるんだよね。

 IMG_2679.jpg
 音撃のために鳴風を取り付けマウスピースを付け替えた状態は別に付属。

 IMG_2680.jpg
 吹くために唇が現れた顔面も付属。
 頭部前面を付け替える方式。ちょっとキモい。

 IMG_2681.jpg
 音撃専用の手首が付属。ちょっとホールドが弱いか。

 IMG_2682.jpg
 もう一人、戸田山のリリースも決定済み。
 平成ライダー20年を期してアーツ界隈も色々動きがある様子。スキマになってたキャラのリリースも期待したいところ。

心火を燃やしてぶっ潰す!!

 ルォボットイングルルルルイスゥ!ブルルルルルゥア!!
 IMG_2653.jpg
 昨日最終回を迎えた『仮面ライダービルド』より、
 猿渡一海の変身する「北都の仮面ライダー」、仮面ライダーグリスがS.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品である。


 IMG_2654.jpg
 スクラッシュドライバーにロボットスクラッシュゼリーをセットして変身が可能になる仮面ライダー。
 変身者猿渡一海のハザードレベルが高かったのか、暴走することもなくビルドやクローズを圧倒する戦闘力を見せつける。

 IMG_2655.jpg
 全体のゴールド塗装やボディパターンなど精密に再現されている。

 IMG_2656.jpg
 頭部や胸部を覆うクリアパーツも作中に近い色合いや質感。

 IMG_2657.jpg
 ベルトのスクラッシュドライバー。同じスクラッシュライダーであるクローズチャージと同じ仕様。
 ロボットスクラッシュゼリーが装填されており着脱可能。シリンダー部の色がクローズチャージとは違うのが細かい。

 IMG_2658.jpg
 そのクローズチャージとはクリアパーツ部や両肩、下腕以外は共通の造形で可動性能も同じ。

 IMG_2659.jpg
 両肩のパックも可動し、必殺技発動時を再現可能。

 IMG_2661.jpg
 武器のツインブレイカーもクローズチャージと共通。

 IMG_2662.jpg
 IMG_2663.jpg
 フェニックスフルボトルとロボットフルボトルが付属。ツインブレイカーに装填できる。

 IMG_2664.jpg
 クローズチャージから借りてくれば終盤の両腕ツインブレイカーも可能。

 中途登場のライダーとしてはさしたる弱体化もなく最後まで見せ場のあったライダーだったね。
 かずみん(と中の人)のキャラもあって中々に魅力的だった。このアーツの出来栄えも良好。