愚者を装う賢者を畏れよ。…ただしこの世にはその逆ばかり多い。

# がんばれ!われらのヒーロー!

IMG_2464.jpg
 大変今更ではあるのだが。
 S.H.フィギュアーツ「ウルトラマン・Aタイプ」を購入したので軽くレビュウしてみる。

 IMG_2465.jpg
 番組1クール目で使われていたスーツを再現したバージョン。

 IMG_2466.jpg
 当初はスルーするつもりでいたのだが、あまりに評判がいいのと時折突発的に安くなるのでついポチリ。
 発売はもう去年の秋。

 IMG_2467.jpg
 この歪でお世辞にも洗練されていない造形の頭部を執拗なまでに再現。
 
 IMG_2469.jpg
 ある意味不気味ですらあり、黎明期ウルトラマンの得体の知れなさをまざまざと想起させてくれる。

 IMG_2468.jpg
 Cタイプ準拠の前アーツと比べると造形の差は歴然。
 体形の野暮ったいひょろ長さも再現されており全くの別造形。

 IMG_2471.jpg
 IMG_2473.jpg
 だが、「これこそがウルトラマンだ」という声が多いのもまた事実。

 IMG_2470.jpg
 IMG_2472.jpg
 このタイプと絡んでたキャラクターも多くリリースされてるしね。

 IMG_2474.jpg
 何というか、開発の並々ならぬ拘りと狂気すら覚える一品なのだった。

 
スポンサーサイト

# 悪を蹴散らす嵐の男。

 IMG_2363.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形版昭和ライダーシリーズの2作目は、
 勿論一文字隼人の変身する仮面ライダー新2号である。

 IMG_2364.jpg
 仮面ライダー1号・本郷猛と共に戦う剛力の戦士。
 その南米での転戦後の姿。

 IMG_2365.jpg
 やはり当時スーツのイメージを高度に再現した仕上がり。

 IMG_2366.jpg
 マスクのちょっと歪な造形まで再現されている。

 IMG_2367.jpg
 ベルト。

 IMG_2368.jpg
 真骨彫新1号、旧アーツと。
 
 …一見1号のリデコに過ぎないように見えるのだが…

 IMG_2372.jpg
 実はスーツ部のしわ表現がかなり違う。
 サイドのラインが1本になっただけでなく、スーツ部分は完全な新規造形の模様。
 ベルトの造形も微妙に違うのである。

 IMG_2370.jpg
 造形上の一番目立つ違いがマフラー。
 2号は通常状態のマフラーはネクタイのようにほぼ正面に垂らすのがデフォなように作ってある模様。
 胸のコンバーターラングの形状・彩色も少し違う。

 IMG_2378.jpg
 腕の太さや体の厚みも少々異なり、1号よりも気持ちがっしりした体格に見える。

 IMG_2369.jpg
 マスクは共通造形の模様。

 IMG_2373.jpg
 IMG_2375.jpg
 造形は違うが可動性能はほぼ1号と同じ。
 やはり中に人がいるかのような自然なシルエットでポーズできる。

 手首以外のオプションはなびいた状態のマフラー。こちらも1号とは別造形。
 また、アンテナの予備も付属する。

 IMG_2376.jpg
 1号との握手を再現できる手首も付属。

 IMG_2379.jpg
 並び立つのもいいが、この二人は背中を預け合ってこそ。

 やはりダブルライダーが揃うと感慨も一入。
 昭和真骨彫次はアマゾンだそうで、何気に旧アーツと同じ順序になってるのかな。

 

 

# 怒りの蛇。

 IMG_2356.jpg
 『仮面ライダービルド』において暗躍を続けていた黒幕ポジション。
 その飄々としながら悪辣無比な行動がある意味絶大な人気を呼んだブラッドスタークが、S.H.フィギュアーツで登場。
 これも魂ウェブ限定商品。

 IMG_2351.jpg
 謎の組織ファウストの大幹部で、コブラフルボトルをその力の源とするトランスチーム。
 その正体は桐生戦兎を拾い仮面ライダービルドに仕立てた張本人、石動惣一

 …に憑依した火星の邪悪な生命体・エボルト。


 IMG_2352.jpg
 複雑な配色だが正確に再現されている。

 IMG_2353.jpg
 やはり透明度低めのクリアパーツで中の目がうっすら見えるバイザー。
 時々クリアパーツの色合いが作中と違うことがあるアーツだが、今回はイメージ通りのエメラルドグリーン。

 IMG_2354.jpg
 同じトランスチームのナイトローグとは下半身、背中などが共通造形。
 頭部も実はバイザーと額の煙突以外は共通だったりする。

 IMG_2355.jpg
 よって可動性能などもナイトローグとほぼ同じ。
 デザイン上顎が引きづらいのが難か。

 IMG_2357.jpg
 IMG_2358.jpg
 武器のトランスチームガンとスチームブレードもナイトローグと共通。

 IMG_2359.jpg
 勿論スチームライフルにも。
 スタークはこの状態で使っていることが多かったか。

 IMG_2360.jpg
 装填されているのはちゃんとコブラフルボトルである。

 IMG_2361.jpg
 またキャンペーンオプションとしてスチームエフェクトが同梱されている。

 IMG_2362.jpg
 変身シーンなどを再現可能。
 付属のスタンド以外に魂STAGEなどで使えるジョイント穴もあって汎用性は高い。

 印象深い敵キャラを細密に再現。企画当時はナイトローグよりこちらが出番多くなるとは思われなかったんだろうなぁ。
 さり気なく主人公らを支援しているように見えて味方なんじゃ…と思わせて実はすべてを掌の上で転がしてた極悪キャラ、今後再登場はあるだろうか。

# 0速!

 IMG_2343.jpg
 「あれぇ?のせられちゃった?」


 『仮面ライダーエグゼイド』前半にて退場し、ファンに惜しまれるも後半復活し主人公永夢たちと共に戦った監察医・九条貴利矢。
 彼が変身する仮面ライダーレーザーターボ・バイクゲーマーLv.0がS.H.フィギュアーツで登場。
 
 IMG_2340.jpg
 バグスターとして復活した九条貴利矢が壇正宗より与えられた『爆走バイク!』のプロトガシャットにより変身する。
 Lv.0とは言えレベル50相当の戦闘力とバグスターウィルスの活性を抑える能力を持ち、各Lv3ガシャットも使いこなす。

  IMG_2341.jpg
 Lv.0故非常にシンプルなスタイル。

 IMG_2342.jpg
 マスクの造形もイメージ通り。

 IMG_2346.jpg
 ゲーマドライバーには『爆走バイク!』のガシャット。インジケーターの表示も相応。

 IMG_2344.jpg
 実はエグゼイドLv.2とは頭部と背中のフェイス以外は全くの共通造形で、配色のみで差別化。
 よって可動性能も同じ。

 IMG_2347.jpg
 武器としてガシャコンスパローが付属。

 IMG_2348.jpg
 ゲンム・ゾンビゲーマーLv.X付属と同じもので、『ギリギリ・チャンバラ』と思しきガシャットも装填されている。

 IMG_2350.jpg
 自分に乗せてみたり(笑)。やはり統一感バッチリ。
 実際作中でも乗ってたけどバイク側には目が無いのが正解。


 これで主人公以外は番組終盤での姿がほぼ出揃った感じかな。
 ラスボス・クロノスのリリースも決まりエグゼイドアーツも大詰め。
 

# Blast of FANG.

IMG_2308.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズの中でもかなり優遇されている印象のタイトル『仮面ライダーW』より、
 仮面ライダーW・ファングジョーカーが真骨彫ブランドに登場。

 IMG_2300.jpg
 「牙の記憶」を封じたファングメモリとジョーカーメモリにより形成される仮面ライダーWの強化形態。
 フィリップの護身用という側面も持ち、その攻撃性能は過剰気味。

 IMG_2301.jpg
 素体のベースは従来と共通だがボディパターンが鋭く起き上がってるため手足部分は新規造形。

 IMG_2302.jpg
 とげとげしくなったマスクデザインを再現。
 ファングサイドのレリーフ部はクリアパーツで再現されている。

 IMG_2303.jpg
 ファングメモリが装填されたWドライバー。

IMG_2304.jpg
 何気にドライバー自体新造形なのかな?
 メモリのすっこ抜けやすさがかなり改善されている一方、逆に外しにくくもなっていたり。

 IMG_2306.jpg
 そんなわけで例によってメモリスロットは可動、メモリも着脱可能。

 IMG_2307.jpg
 ファングメモリの方は流石に恐竜型への変形は不可能ながらメモリ部分は可動する。

 IMG_2305.jpg
 旧アーツ、真骨彫サイクロンジョーカーと。
 元々旧Wアーツの中では出来が良かったファングジョーカー、案外別物感は少なかったり。

 IMG_2309.jpg
 そしてファングメモリのレバーを押すことで発現するファングセイバーも再現。

 IMG_2310.jpg
 アームセイバー。
 右二の腕全体を差し替えて再現。

 IMG_2312.jpg
 ショルダーセイバー。
 右肩アーマーを差し替え。

 IMG_2311.jpg
 投げつけたりして使っていたオフ状態は別に付属。

 IMG_2313.jpg
 そしてマキシマムセイバー。
 右アンクレット部分を差し替える。

 IMG_2314.jpg
 「「ファングストライザー!!」」

 これもプレイバリュー高くて楽しめるね。
 最近コミック連載も好評でまだまだ廃れない『W』、アーツに力入ってるのもそのおかげか。



 

 

# プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

# 分析生物飼育槽

# 投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

# 最近の記事

# 月別アーカイブ

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物