鋼のムーンサルト。

 IMG_2022.jpg
 現行の『仮面ライダービルド』が早くもS.H.フィギュアーツに参入。
 フィギュアーツブランド誕生10周年の特別価格で登場はもちろん最初の形態である仮面ライダービルド・ラビットタンクフォーム。

 IMG_2025.jpg
 怪物・スマッシュから採取される成分を浄化することで出来上がるフルボトルを力の源とする戦闘システム。
 ラビットタンクフォームは「ラビット」「タンク」二つのフルボトルが形成する最初のベストマッチ形態。

 IMG_2026.jpg
 今回も作中のバランスを如実に再現。
 造形・塗装に問題なし。

 IMG_2027.jpg
 複眼はもちろんクリアパーツ。
 戦車とウサギのモールドも再現されている。

 IMG_2028.jpg
 ベルトのビルドドライバーもクリアパーツを用い緻密に再現。
 ハンドルは回転可能。

 IMG_2029.jpg
 フルボトルは着脱可能。
 ボトル表面のディティールも再現されている。

 IMG_2030.jpg
 複眼以外にもモチーフの戦車とウサギの意匠が各所に。
 足先もキャタピラとウサギの足。

 IMG_2024.jpg
 久し振りに引き出し可能の股関節でポージングの幅も広い。

 IMG_2023.jpg
 値段を抑えるためかオプションは交換手首のみ。
 だが基本的な手指ポーズは網羅。ハンドル回し用の右手も付属。
 
 IMG_2031.jpg
 「勝利の法則は決まった!」

 IMG_2032.jpg
 Volte-----c Fini-----sh!!

 オプション少な目ながら基本的なアクション再現には十分な仕上がり。
 地元での映画公開に奇しくもシンクロしたベストマッチなリリースなのだった。

 
スポンサーサイト

さらばだ、過去の仮面ライダー。

 IMG_2008.jpg
 「メモリの数が違うんだぜ」

 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズの新作は『仮面ライダーW』より。
 劇場版『AtoZ 運命のガイアメモリ』に登場した不死身のテロリスト・大道克己が変身する仮面ライダーエターナル。
 これも魂ウェブ限定商品。

 IMG_1992.jpg
 T2メモリ以外の全てのガイアメモリの機能を失わせる「永遠の記憶」を封じたエターナルメモリとロストドライバーにより変身する。
 全身に25ものマキシマムスロットを装備し、エターナルメモリも併せて26のT2メモリのマキシマムドライブを同時発動させることが可能。

 IMG_1993.jpg
 素体の造形はWやスカルと共通。
 全身パールホワイトの形成。

 IMG_1994.jpg
 顔の造形もイメージ通り。

 IMG_1995.jpg
 ベルトのロストドライバーはスカルと同じ仕様。
 勿論メモリも取り外し可能。

 IMG_1996.jpg
 旧アーツ、真骨彫Wと。

 IMG_1997.jpg
 付属のメモリはエターナルの他に右腰のスロットに収めるゾーン、そして武器に装填して使っていたユニコーンの3本。

 IMG_1998.jpg
 T2メモリと言うことで何気に今までのメモリとは端子部の色が違ってたり。

 IMG_1999.jpg
 エターナルローブはシート素材で縁に針金が通してあるfigmaなどでよく見る仕様で再現。

 IMG_2000.jpg
 首回り部分のみプラ製。胸のスロットの一番上を外し、一度頭部を外して装着。

 IMG_2001.jpg
 IMG_2002.jpg
 軟質プラの一体形成だった旧版とはポージングへの融通が比較にならない。

 IMG_2003.jpg
 武器のエターナルエッジ。

 IMG_2004.jpg
 順手持ち、逆手持ち用手首が左右付属する。

 IMG_2005.jpg
 メモリの装填も可能。

 IMG_2006.jpg
 そして全身のマキシマムスロットはT2メモリを装填した状態に差し替え可能。

 IMG_2007.jpg
 メモリが全部独立してたら大変なことになってたな。

 IMG_2009.jpg
 Wと共通の素体で作れるということで順当にリリースされているわけだが。豊富なオプションでサービス満点の仕様になっている。
 劇場版に登場した敵ライダーの中でも存在感の大きいキャラクターを存分に楽しめる逸品。

 

マザルアップ!

 IMG_1986.jpg
 「永夢、俺と遊ぼうぜ」

 ようやく今年初の玩具レビュウ。
 一発目はS.H.フィギュアーツ『仮面ライダーエグゼイド』より主人公宝生永夢に憑りついたバグスター、パラドが変身する仮面ライダーパラドクス・パーフェクトノックアウトゲーマーLv.99。
 魂ウェブ限定商品。


 IMG_1981.jpg
 「Perfect Puzzle」「Knockout Fighter」の二つのゲームが収録されたガシャットギアデュアルをゲーマドライバーに装填することで二つのゲームの能力を兼ね備えた仮面ライダーパラドクスの姿。
 エナジーアイテムを操る能力と強力な格闘能力を駆使してオールラウンドに戦う。

 IMG_1982.jpg
 全体のメタリックな塗装が非常に美しい。退色がちょっと心配。

 IMG_1983.jpg
 何故だろう、作中と比べると違和感を覚える顔の造形。
 ゴーグルの下の隙間かな?

 IMG_1984.jpg
 ベルトにはガシャットギアデュアル。
 ダイヤルの絵柄も再現されている。もちろん着脱可能。

 IMG_1985.jpg
 スーツのパズル柄もモールドで再現されている。

 IMG_1987.jpg
 エグゼイドLv2と。
 素体の基本は同一だが、フレーム部分などにモールドが追加されている。

 IMG_1988.jpg
 コートの裾は接続部で大きく可動。脚の動きを妨げない。

 IMG_1991.jpg
 武器としてガシャコンパラブレイガン付属。

 IMG_1989.jpg
 実はグリップ、パッド部はブレイブのガシャコンソードと共通で、刀身回転ギミックによりアックスモードからガンモードに。

 IMG_1990.jpg
 ガシャットギアデュアルの装填も可能。

 パラドクスはLv50の2形態よりもこちらが先になったか。後半の印象深いキャラクターではある。
 今後エグゼイドアーツは今のところブレイブLv100やレーザーターボLv0が予定されているようだけど。また主役ライダーが後回しになってるな。

 

第伍拾戦術。

 IMG_1958.jpg
 「斉射!」

 花家大我=仮面ライダースナイプの本編中最強形態である仮面ライダースナイプ・シミュレーションゲーマーLv50がS.H.フィギュアーツで登場。
 魂ウェブ限定商品である。

 IMG_1950.jpg
 二つのゲームが収録されたガシャットギアデュアルβの戦略ゲーム『BANG BANG SIMULATIONS』から召喚されるシミュレーションゲーマを纏った仮面ライダースナイプの姿。
 10門の火砲・スクランブルガンユニットを装備し、長距離射撃や面制圧までも行う重砲火形態。

 IMG_1951.jpg
 基本はシューティングゲーマ―Lv2と共通。
 大がかりなユニットが追加されている。

 IMG_1952.jpg
 制帽のような意匠が追加された頭部。

 IMG_1953.jpg
 ゲーマドライバーにはガシャットギアデュアルβを装填。
 着脱も可能だが、ダイヤルは回らない。

 IMG_1954.jpg
 シューティングゲーマ―Lv2と。

 IMG_1955.jpg
 肩側面の砲塔は回転。
 上面の砲身がそれぞれ独立可動する。
 腕の装備は手首ジョイントに接続されている。そのため交換を含め手首パーツは一切付属しない。

 IMG_1956.jpg
 唯一のオプションはキメワザ再現パーツ。
 腕の装備を外し、これをはめ込んで―

 IMG_1957.jpg
 装備を左右逆に接続すれば、
バンバン・クリティカルファイア!!


 『エグゼイド』ライダー終盤形態のアーツ化第1弾ということになるか。
 今後パラドクスやブレイブ・レガシーゲーマーもリリースされるようだが、エグゼイドの強化形態はアナウンス出ないな。


ゴー!ゴー!レッツゴー!!(New spec)

 IMG_1942.jpg
 S.H.フィギュアーツ・真骨彫造形シリーズに遂に昭和ライダーシリーズがラインナップ。
 最初はもちろんこの人。仮面ライダー新1号。

 IMG_1931.jpg
 もはや語るまでもない。人類の平和と幸福を護るため自らを改造した悪の秘密結社ショッカーと戦う仮面ライダー・本郷猛。
 ひとたび日本を離れ、南米で転戦した後舞い戻って以降の姿。

 IMG_1932.jpg
 遂に中屋敷さん演ずるライダーが真骨彫ナイズされましたわよ。
 ライブスーツ的質感の再現に相変わらず余念がない。

 IMG_1933.jpg
 微妙に歪な造形すらもこだわって再現したマスク。
 アンテナは硬質プラ製で、予備も付属。

 IMG_1934.jpg
 ベルトのディティールもより当時のものに近く。

 IMG_1935.jpg
 旧アーツと。
 平成以降のリメイクスーツと放映当時スーツと言うか。

 IMG_1938.jpg
 マフラーはなびいた状態のものに差し替え可能。

 IMG_1937.jpg
 IMG_1939.jpg
 IMG_1940.jpg
 動かしても「中に人がいて動いている」って感じになるのが凄い。

 IMG_1936.jpg
 ただちょっと造形側に重点が傾いている感じはする。
 胸板部分まで動くにも関わらず、腕を内側には動かしにくかったり。股関節の可動範囲も狭かったり。

 IMG_1941.jpg
 おかげでサイクロンに乗せるのにもおさまりが悪く、シートに腰が落ち着かない有様。
 真骨彫規格のサイクロンが出るとも聞くけど。

 何と言うか、最新の玩具なのに半世紀近く過去からやって来た感がするというか。
 色々と造形上のこだわりは見受けられるが、遊びやすいかと言われると今一つかな。

プロフィール

A.V.S.&ドラティア

Author:A.V.S.&ドラティア
 脳味噌無駄遣い道を探求する共謀者たち・一退役兵とドラティアが関西辺境から世界を睥睨しつつ発信するためにならないブログ。

 旧『共謀空間』はこちら

分析生物飼育槽

投票ボタンなんだそうな。

blogram投票ボタン

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索